今注目のニュース
小沢真珠が「ルパンの娘」撮了、家族の協力にも感謝
あいみょんのフリック入力の速度が異次元の速さだと話題に!
【大阪】駅のホームから電車が来る直前の線路に「爆竹」を投げるおじさんが目撃され物議!

いだてん〜東京オリムピック噺〜単語

イダテントウキョウオリンピックバナシ

掲示板をみる(939)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

いだてん〜東京オリムピック噺〜とは、2019年1月6日から放送されている、第58大河ドラマである。

概要

1912年に日本人が初めて参加したストックホルムオリンピックから、1964年に開催された東京オリンピックまでの近代現代史を、オリンピックに関わった人々の線から描かれる群像劇主人公は前半がストックホルムオリンピックに参加し、箱根駅伝など日本陸上界の基礎を作り上げた「日本マラソン金栗四三、後半が東京オリンピックの招致を実現させた田畑政治。これに加え、り手兼狂言回しとして落語家古今亭志ん生の3人が物語の中心となる(本作は、古今亭志ん生創作落語という設定のため、クレジットには"り"ではなく"噺"と表記されている)。

本作のテーマ近代オリンピックとなったのは、放送される2019年が、2020年東京オリンピックの開催前年にあたるためである。主人公が複数存在するのは、2006年功名が辻以来、かつ役が途中で交代するのは2000年葵徳川三代以来のこと。また、幕末を含まない近現代を舞台にした大河ドラマは、1984年の「山河燃ゆ」(昭和前期)、1985年の「の波濤」(明治後期~大正)、1986年の「いのち」(戦後~現代)の、いわゆる大河近代三部作から33年ぶりとなる(※いずれも、スペシャルドラマの「坂の上の雲」を除く)。

脚本・宮藤官九郎音楽大友良英など、大ヒットした連続テレビ小説あまちゃん」のスタッフが再集結し、キャストも同作に出演した俳優が多数参加している(スタッフキャストは下記参照)。なお、本作は大河ドラマ初の4K映像作品である(前年の「西郷どん」まではハイビジョン映像だった)。

オープニングは、本人が世界記録を立したときの(実際の)新聞の画像や、東京オリンピック(1964年)の実際の映像など、大変重な映像が盛り込まれているので必見である。

スタッフ

キャスト

主人公

東京高等師範学校・大日本体育協会

三島家・天狗倶楽部

女子スポーツの先駆者たち

熊本の人々

田畑をとりまく人々

東京の人々

水泳日本代表チーム

1964年東京五輪招致チーム

志ん生一家と弟子など

その他

関連動画

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP