ファストフォース単語

15件
ファストフォース
4.3千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ファストフォース(First Force)とは、2016年生まれ日本競走馬である。黒鹿毛

な勝ち
2021年:CBC賞(GIII)
2023年:高松宮記念(GI)

概要

ロードカナロアラッシュライフ、サクラバクシンオーという血統。
説明も特にいらないかと思うが、日本で「史上最強スプリンターは?」という質問の答えはこの2頭のどっちか、というスプリント界のレジェンド2頭。もうこれだけでゴリゴリの短距離血統とわかるやつであるが、も2歳時に函館2歳SファンタジーSで2着となり、桜花賞にも出走した。降級後は1600万下を突破できず条件で終えたが、こちらも走ったレースの大半が短距離。やっぱりどこからどう見ても短距離血統である。
に芝2000mの新潟記念勝ちであるアデイイザライフ(ディープインパクト)がいる。

2016年5月9日ダノンキングリーなどを生産した浦河町三嶋牧場で誕生。オーナーアンジュデジールシュウジを所有した安原浩

名は「Fast Force」ではなく「First Force」。名意味は「第一の」と登録されている。ちなみにデビュー前には「サナダマル」という名で登録されていた。

最初の力

デビュー~門別移籍

東・西村幸厩舎に入厩。デビューは大幅に遅れ、新馬戦も終わった3歳6月であった。この血統なら普通は短距離デビューさせるところだが、デビューしたのはなんと阪神芝2400m未勝利戦。なぜ? ともかく積極的に先行策をとったが、やはり距離が長すぎたか、なすすべもなく13頭中12着に沈む(ちなみにこのレースを勝ったのがあのメロディーレーン)。
その後ダート1800、芝1600、芝1800、芝1800と走らせるも、4着、2着、4着、2着と勝ちきれず、ラストチャンスダート1700m戦は最下位15着に撃沈。未勝利戦シーズンが終わってしまう。血統を見ればどう考えても短距離なのに結局一度も1200mを使わなかった理由は不明である。

あえなく中央登録抹消となり、ホッカイドウ競馬田中厩舎に移籍。門別でのデビューも遅れ、4歳となった2020年4月だった。初戦の1700m戦で初勝利を挙げるが、続く1800m戦は4着。ここでようやく1200mに距離短縮して2連勝。4戦3勝の成績で、中央競馬への復帰を決めた。

中央復帰後

元の西村厩舎に復帰すると、まずは場の阪神・芝1200mの1勝クラスを2身半差で楽勝。続く小倉2勝クラス西部スポニチ賞も勝ってあっさり準OPに昇格する。しかし3勝クラスでは調整に失敗し、510kg台だった体重が530kg台まで増えてしまい、6着・8着と連敗し4歳シーズンは終了となった。

2021年 日本史上最速の馬

明けて5歳は全休。じっくり乗りこんで体を絞り、休養明け初戦は7月CBC賞(GIII)への格上挑戦となった。本来CBC賞中京競馬場での開催だが、本年及び翌年2022年京都競馬場での修工事に伴う開催日割り変更の為、小倉競馬場での代替開催となった。このときの1番人気は地元九州重賞初制覇を九州産馬アイドルヨカヨカ。2番人気は後にスプリンターズSを勝つピクシーナイト。3番人気重賞2勝の実績を持つタイセイビジョンというなかなかのメンバーハンデ戦でファストフォースは52kgという軽ハンデを貰ったが、ヨカヨカは51kgだしピクシーナイトも53kgと、別に飛び抜けて楽な斤量というわけでもない。上は初騎乗の鮫島駿、休養明け初戦、重賞初挑戦、ついでに体重-18kgと軽ハンデだけでは買いづらい感じで、単勝18.2倍の8番人気だった。もっとも前述の通り前走が太りすぎで、-18kgは適正体重に絞れていただけだったのだが。
レーススタートでちょっと出遅れたが、鮫島騎手がグイグイ押して内から果敢に先頭へ。ハナに立ったところで押すのをやめるとぴたっと折り合い、前日に芝1200mの日本レコード1:06.4が出た開幕週の綺麗な馬場の最内経済コースを飛ばしていく。直線に入っても脚は止まらず、内からピクシーナイトが猛追してきたが、最後は半身振り切ってゴールへと飛び込んだ。
重賞初挑戦で初制覇。そしてタイム1:06.0。前日に出た芝1200mレコードをさらに04更新する衝撃日本レコードとなった。

続いて北九州記念(GIII)では稍重の馬場ロケットスタート定評のあるモズスーパーフレアがいたこともあり番手に控えて荒れた内を避け外を回したが、一緒に外を回してきたヨカヨカの末脚に突き放され、逃げモズスーパーフレアは捕らえきったものの2着に惜敗。

続いてスプリンターズステークス(GI)に乗りこんだが、CBC賞で破ったピクシーナイトの後方でブービー15着に撃沈。11月京阪杯(GIII)逃げったもののエイティーンガールタイセイビジョンに差し切られ3着。年末は阪神カップ(GII)1400mに挑戦するも、やっぱり距離が長かったか1200mまでは逃げったが残り200mで尽き7着。

2022年

明けて6歳となった2022年1200mに絞って重賞戦線に臨むも、オーシャンS(GIII)9着、高松宮記念(GI)9着、連覇をしたCBC賞は12着に惨敗した上テイエムスパーダ日本レコード更新され、北九州記念も10着と振るわない戦いが続く。

そんな中で迎えたセントウルステークス(GII)。4年団野大成が初騎乗となったここでは単勝20.7倍の6番人気だったが、スタートから積極的に押していき、逃げシャンリアムーンを2番手でぴったりとマーク。直線でシャンリアムーンをかわして一先頭に立つが、そこで外からカッ飛んできたのが圧倒的1番人気メイケイエール!あっという間に置いて行かれたが、そこからって後続の追撃はぎきり2着を死守した。結局メイケイエールには2身半差をつけられたものの、ファストフォース自身もビッグアーサーコースレコードを01上回るタイムだったので、これは相手が悪かったとしか言いようがない。

団野騎手の好騎乗で復活の兆しを見せた元日レコードホルダー。次走は引き続き団野騎手スプリンターズSへ。大舞台メイケイエールテイエムスパーダリベンジビッグタイトル獲得なるかと期待されたが、テイエムスパーダの後ろ2番手につけるも失速し10着となった(ただしメイケイエール(14着)・テイエムスパーダ(15着)には先着した)。

その後、京阪杯は中団から進んだが+20kgもしてか7着。タンザナイトステークス(OP)では中後方からの競馬となったが、上がり600m2位の339の末脚で4着となった。これまで好走していたレースでは前での競馬だったこともあり、脚質転換でもしたのかという話もあった。

2023年 最速の頂点へ

そんなわけで7歳初戦のシルクロードステークス(GIII)負担重量は57.5kgとそこそこついたためか10番人気に落ち込んだ。ハナするマッドクールを前に見つつ4、5番手付近でレースを進め、最終直線で一気に伸びて先頭を狙う。しかしそれよりもく、もっと後ろから前に出たナムラクレアにアタマ差で振り切られ、マッドクールをクビ差かわしての2着に終わった(ファストフォースは上がり2位タイナムラクレアが上がり最速)。しかし理に前にいけなくても戦えることを示し、収得賞金800万円加算できた。

そして挑んだ高松宮記念人気は因縁のメイケイエールナムラクレア、4連勝中のアグリが集め、他にも1年3ヶぶりのピクシーナイト、連覇を狙うナランフレグ、前年2着3着のロータスランド&キルロードなど実績が多数ったがそれぞれ不安要素もありオッズは割れ模様。ファストフォースは32.3倍の12番人気という評価になった。

が降りしきり不良馬場となった中京競馬場。ファストフォースは713番からまずまずのスタート上の団野大成はやや促し、メイケイエールとアグリを外から見るようなポジションを確保する。4で各一斉に追い出され、ファストフォースもの前のアグリを追ってスパートをかける。直線に入り、ややスペースいたん中を突いて群を突破。勢いに乗って外のアグリり捨て先頭に立ったが、そこへ外からナムラクレアが猛然と突っ込んできた。前走とは逆の構図になったが、今度はこちらが並びかけられてからもう一踏んりして追撃を振り払い、1身差をつけて勝利2021年CBC賞以来実に1年8ヶぶりの勝利が初GI制覇、またデビュー5年上・団野大成、開業9年西村調教師にとってもGI勝利となった。
なおマル地(地方競馬からの移籍)の中央GI勝利2014年中山大障害レッドキングダム以来9年ぶり、地に限れば2002年マイルCSを勝ったトウカイポイント以来21年ぶり。中央デビューで未勝利での地方転出から出戻りしてきたの中央GI勝利史上初である。また、初勝利が古になってからだったGI勝利ダイユウサク1991年有馬記念以来と、いろいろしい記録もついてくる勝利であった。

この後はしばらく休み、セントウルSから復帰予定とのことだったが、結局6月8日付で競走馬登録を抹消したexitとのこと。今後はアロースタッドにて種牡馬入りし、快速を次世代に伝える役割を担うことになる予定である。

血統表

ロードカナロア
2008 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
レディブラサム
1996 鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
*サラトガデュー Cormorant
Super Luna
ラッシュライフ
2003 黒鹿毛
FNo.9-e
サクラバクシンオー
1989 鹿毛
サクラユタカオー *テスコボーイ
アンジェリカ
サクラハゴロモ *ノーザンテースト
*クリアアンバー
フレンドレイ
1997 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
マーチンミユキ マルゼンスキー
ミユキカマダ

クロスNorthern Dancer 5×5×5(9.38%)、His Majesty 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファストフォース

82 ななしのよっしん
2023/06/18(日) 00:15:47 ID: F4DtlAWgTr
引退してたのさっき知った。
最後に高松宮勝てたのは良かった。
子供たちからも活躍するが出てきたらいいね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
83 ななしのよっしん
2023/06/23(金) 12:42:04 ID: YHQV0sLfdX
最初から短距離で使ってたらもっと勝ててただろうなぁという印
キタサンブラックアーモンドアイ幻想でも見たのかなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
84 ななしのよっしん
2023/06/29(木) 16:23:48 ID: apwzcHBsKX
G11勝するまでに相当苦戦してるし種牡馬価値はそこまでとは思うけど血統は良いし、同じく高松宮記念を勝ったキングヘイローのようにお手頃良血種牡馬としていいポジションを獲得してくれないかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
85 ななしのよっしん
2023/07/02(日) 14:13:35 ID: 2hAnJkL43m
カナロア種牡馬でもかなりリーズブルだろうから人気にはなるだろうね。
一応次シーズン日高種牡馬入りするであろうパンサラッサが競合にはなるけど、あっちはもう少し値がつくだろうし牝系も別物だから差別化はできるかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
86 ななしのよっしん
2023/07/02(日) 14:20:07 ID: 76Wr3roO4K
この血統からまた高松宮記念を制するが出てほしい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
87 ななしのよっしん
2023/07/26(水) 14:58:03 ID: nO1hS9bFvF
>>85

パンサラッサワンチャン社台の可い?

海外成績考慮すればシャトル系種牡馬としていけそうな気がする。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
88 ななしのよっしん
2023/12/09(土) 23:18:50 ID: yOjywYlYFf
あっという間に去って行ってしまった印
👍
高評価
0
👎
低評価
0
89 ななしのよっしん
2024/02/09(金) 20:06:16 ID: 3GsUmyDEPS
アロースタッドの展示会で西村先生がセールストークというか熱演説してたな
こののことを好きすぎるでしょ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
90 ななしのよっしん
2024/02/12(月) 11:31:57 ID: ehfh9ItGCR
こんな血統でこんな経歴の、関係者みんな好きどころから脳みそ焦げてるでしょ

いやマジで短距離制覇するような産駒を期待してるで
👍
高評価
0
👎
低評価
0
91 ななしのよっしん
2024/03/27(水) 14:37:39 ID: J4QVaHzFlZ
去年のシルクロードSマッドクールに先着してたんだね
👍
高評価
0
👎
低評価
0