2019年度新人選手選択会議単語

ニセンジュウキュウネンドシンジンセンシュセンタクカイギ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

2019年度新人選手選択会議ドラフト会議)とは、2019年10月17日グランドプリンスホテル高輪 際館パミールで行われた第55プロ野球ドラフト会議である。名称は「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。

7年連続で協賛者は大正株式会社が務める。一般ファン募は11年連続。開催日時は2019年10月17日(木)の17:00から。テレビ中継はTBS系(1巡のみ)、スカイA(全中継)。ラジオ中継はニッポン放送。またParaviBaseball GateSports Bullでネット配信も行われた。

指名順

1巡名は入札抽選で行われ、全球団が確定するまで繰り返し行う。

2巡以降は球団順位の逆順で行われる。2018年まではセ・パ交流戦の勝ち越しリーグからスタートしていたが、「戦均衡のためのドラフト会議なのに、勝ち越したリーグにウェーバー優先権が渡るのはおかしい」との意見を受け、1年おきにセ・パ交互で優先権が変わることになった。今年はセ・リーグ優先権を得ている。

名順 ヤクルト オリックス 中日 日本ハム 広島 ロッテ 阪神 楽天 DeNA ソフトバンク 巨人 西武
1巡 12球団同時入札・抽選
2巡 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
3巡 35 34 33 終了 32 31 30 29 28 27 26 25
4巡 36 37 38 39 40 41 42 43 44 終了 45
5巡 ・・・・・ 48 47 46

1巡目指名

高校生139名、大学生108名の合計247名がプロ志望届を提出。

高校生の注は、最速163km/hを記録した怪物・佐々木朗希(大船渡高)と、第101回全高等学校野球選手権記念大会でチーム準優勝の原動となった恭伸(星稜高)。それから甲子園デビュー戦で16奪三振を記録した西純矢(創志学園)、野手では高校通算53本塁打石川昂弥(東邦高)、走攻守った遊撃手敬斗(桐蔭学園)などが挙げられる。

大学生では、第68全日大学野球選手権大会で最優秀投手いた森下暢仁(明大)に注が集まる。ほかに上位名が予想されているのは、投手では宥紀(東北大)、吉田大喜(日体大)、野手では佐藤都志也(東洋大)、海野東海大)など。

社会人の注は、河野生(JFE西日本)、立野和明(東海理化)、宮川哲(東芝)、太田JR東日本)など。


令和初のドラフト会議。昨年に引き続き高校生人気が集まるドラフトとなった。

最大の競合になったのは前評判通り佐々木朗希で、パ・リーグの4球団が競合。抽選の末ロッテが交渉権を獲得した。恭伸にはセ・リーグの3球団が競合し、ヤクルトが交渉権を獲得した。また地元中日名を言し一本釣りかと見られていた石川昂弥にオリックスソフトバンクが入札してこちらも3球団競合となったが、結局中日が前年の根尾昂に続いて見事に引き当てた。競合確実かと思われた森下暢仁は広島が一本釣りDeNA敬斗を一本釣りした。

2回の入札も重複が発生。河野生と宮川哲にそれぞれ2球団が競合し、前者は日本ハム後者西武が交渉権を獲得した。

名順 選手名 投打 ポジション 名球団
重複1回 佐々木朗希 右右 投手 日本ハムロッテ楽天西武
恭伸 右右 投手 ヤクルト阪神巨人
石川昂弥 右右 内野手 オリックス中日ソフトバンク
重複2回 河野 左左 投手 オリックス日本ハム
宮川 右右 投手 巨人西武

指名選手一覧

セントラル・リーグ

読売ジャイアンツ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 堀田賢慎 右右 投手 青森山田高等学校
2位 太田 右右 投手 JR東日本
3位 菊田拡和 右右 内野手 常総学院高等学校
4位 井上温大 左左 投手 群馬県前橋商業高等学校
5位 山瀬慎之助 右右 捕手 星稜高等学校
6位 伊藤海斗 左左 外野手 田南高等学校
育成ドラフト
1位 隼人 右左 内野手 徳島インディゴソックス
2位 加藤壮太 右左 外野手 埼玉武蔵ヒートベアーズ

横浜DeNAベイスターズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 敬斗 右左 内野手 桐蔭学園高等学校
2位 坂本裕哉 左左 投手 立命館大学
3位 伊勢大夢 右右 投手 明治大学
4位 東妻純平 右右 捕手 智辯学園和歌山高等学校
5位 田部隼人 右右 内野手 開成高等学校
6位 蝦名達夫 右右 外野手 青森大学
7位 浅田将汰 右右 投手 有明高等学校

阪神タイガース

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 西純矢 右右 投手 創志学園高等学校
2位 井上広大 右右 外野手 履正社高等学校
3位 及川 左左 投手 横浜高等学校
4位 遠藤 右左 内野手 東海大学付属相模高等学校
5位 藤田健斗 右右 捕手 学院大学附属中高等学校
6位 小川 右右 投手 東海大学九州キャンパス
育成ドラフト
1位 小野寺 右右 外野手 大阪商業大学
2位 奥山皓太 右右 外野手 静岡大学

広島東洋カープ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 森下暢仁 右右 投手 明治大学
2位 孔基 右左 外野手 法政大学
3位 鈴木寛人 右右 投手 霞ヶ浦高等学校
4位 韮澤雄也 右左 内野手 花咲徳栄高等学校
5位 石原 右右 捕手 大学
6位 玉村昇悟 左左 投手 福井県立丹生高等学校
育成ドラフト
1位 持丸泰 右左 捕手 旭川大学高等学校
2位 木下元秀 左左 外野手 賀気高等学校
3位 畝章 右両 投手 香川オリーブガイナーズ

中日ドラゴンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 石川昂弥 右右 内野手 東邦高等学校
2位 橋本 左左 投手 大阪商業大学
3位 岡野一郎 右右 投手 東芝
4位 裕也 右右 捕手 慶應義塾大学
5位 林勇 右左 投手 三重県立菰野高等学校
6位 竹内 右左 投手 札幌創成高等学校
育成ドラフト
1位 松田 左左 投手 名古屋大学

東京ヤクルトスワローズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 恭伸 右右 投手 星稜高等学校
2位 吉田大喜 右右 投手 日本体育大学
3位 杉山 右右 投手 創価大学
4位 大西 右右 投手 大阪商業大学
5位 長岡秀樹 右左 内野手 八千代松陰高等学校
6位 右左 内野手 八戸学院光星高等学校

パシフィック・リーグ

埼玉西武ライオンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 宮川 右右 投手 東芝
2位 将太 左左 投手 三菱日立パワーシステム
3位 松岡 右右 投手 埼玉武蔵ヒートベアーズ
4位 川野 右両 内野手 九州学院高等学校
5位 柘植世那 右右 捕手 Honda鈴鹿
6位 井上 右右 投手 日本大学第三高等学校
7位 上間永遠 右右 投手 徳島インディゴソックス
8位 潤一郎 右右 外野手 徳島インディゴソックス
育成ドラフト
1位 出井敏博 右右 投手 神奈川大学

福岡ソフトバンクホークス

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 佐藤直樹 右右 外野手 JR西日本
2位 海野 右右 捕手 東海大学
3位 宥紀 右右 投手 東北福祉大学
4位 小林珠維 右右 内野手 東海大学付属札幌高等学校
5位 町達 右左 内野手 慶應義塾大学
育成ドラフト
1位 石塚綜一郎 右右 捕手 岩手県黒沢工業高等学校
2位 大関友久 左左 投手 仙台大学
3位 伊藤大将 右右 内野手 八戸学院光星高等学校
4位 勝連大稀 右左 内野手 高等学校
5位 舟越秀虎 右右 外野手 高等学校
6位 荒木翔太 右右 内野手 熊本市立千原台高等学校
7位 村上 左左 投手 山形県立山形中央高等学校

東北楽天ゴールデンイーグルス

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 深田 右左 内野手 大阪ガス
2位 黒川史陽 右左 内野手 智辯学園和歌山高等学校
3位 留崎大成 右右 投手 慶應義塾大学
4位 武藤 左左 外野手 高等学校
5位 耀 右右 投手 九州産業大学
6位 中瞭太 右右 投手 Honda鈴鹿
7位 水上 右右 捕手 明石明石商業高等学校
育成ドラフト
1位 江川侑斗 右右 捕手 大分高等学校
2位 小峯新陸 右左 投手 鹿児島西高等学校
3位 山崎 右左 内野手 ハワイ大学
4位 澤野 右左 内野手 高等学校

千葉ロッテマリーンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 佐々木朗希 右右 投手 岩手県立大船渡高等学校
2位 佐藤都志也 右左 捕手 東洋大学
3位 高部 右左 外野手 国士舘大学
4位 横山陸人 右右 投手 専修大学松戸高等学校
5位 福田 右左 内野手 法政大学
育成ドラフト
1位 本前郁也 左左 投手 大学
2位 植田将太 右右 捕手 慶應義塾大学

北海道日本ハムファイターズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 河野 左左 投手 JFE西日本
2位 立野和明 右右 投手 東海理化
3位 上野 右右 内野手 京都高等学校
4位 鈴木健 右左 投手 JX-ENEOS
5位 望月大希 右右 投手 創価大学
6位 右右 捕手 広島化学大学
7位 片岡奨人 右左 外野手 日本国大学
育成ドラフト
1位 宮田 右両 外野手 福岡大学
2位 樋口之介 右右 内野手 新潟アルビレックスBC
3位 長谷川 右左 投手 新潟アルビレックスBC

オリックス・バファローズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 宮城大弥 左左 投手 高等学校
2位 太郎 右右 内野手 静岡県駿河総合高等学校
3位 村西良太 右左 投手 近畿大学
4位 囲斗 右右 投手 津田学園高等学校
5位 勝俣 右左 内野手 武道大学
育成ドラフト
1位 佐藤一磨 左左 投手 横浜隼人高等学校
2位 右右 投手 武田高等学校
3位 中田惟斗 右右 投手 大阪桐蔭高等学校
4位 平野大和 右右 外野手 日章学園高等学校
5位 鶴見 右右 捕手 常磐大学高等学校
6位 大下一郎 右右 内野手 大学
7位 佐藤優 右右 外野手 仙台大学
8位 松山 右右 投手 富山GRNサンダーバーズ

関連項目

外部リンク

野球ボール プロ野球ドラフト会議前後表
2000年代 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年代 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/2019%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E6%96%B0%E4%BA%BA%E9%81%B8%E6%89%8B%E9%81%B8%E6%8A%9E%E4%BC%9A%E8%AD%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

2019年度新人選手選択会議

1 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 00:15:52 ID: yQ4q+dLDqt
ヤクルトロッテはそれぞれ佐々木を育てられるんだろうか
特にヤクルトは不安しかないんだが…
2 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 07:01:11 ID: Eir0aYgpvl
阪神はほぼ高卒、逆に日ハムは大卒・社卒中心と今までの振り戻しみたいな編成が多い印
巨人は今年も素材中心だがまぁあそこは最悪FA強奪しつつ自前の若手が育つのを待てば良いし。
3 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 20:14:19 ID: nvlp+O+DzC
>>1 どっちもある意味石よね。ヤクルト由規以来のトップ級の高卒投手獲得。されどヤ戦病院、投壊続きで信用するには怖い(層が弱すぎていきなりフル動員で当時の阪神・・・級に使いつぶしかねない(そして皮にもどっちも当時のくじ先だったからある意味一流がお宅らに来たらどうなるか的なシチュに)
ロッテはくじ引きに強だが順当に育てられた経歴薄いが、種市岩下二木と高卒投手勝利数今年1位と少しずつノウハウ確立しつつある+大谷を手掛けた経験ある吉井コーチを擁する

中日投手結構取ってきたなぁって感じで横浜はうまく一本釣りしつつ(それにより楽天とかのドラフト混乱状態に?)身体特化。広島は大卒№1投手を一本釣り阪神中堅らの大粛清の準備、巨人ゆっくりと育成ムード?

西武は下位に凄い隠し玉取ってきた印で、オリックス三軍構想あるのかな?って感じで乱獲、ホークス甲斐おるのに年齢近い大卒捕手獲得は意外で楽天が色々監督交代やらでゴタゴタしてる感じは否めない
さてどうなるかな?
4 ななしのよっしん
2019/10/26(土) 23:19:24 ID: QZfaDVIKly
吉井コーチ日ハムで被ってたのは1年だけだから育てたって言われるのは微妙じゃないかな?
ただまぁなローテ組んだりしないし、当番回数をきっちり制限して投手運用はしてくれると思うけどね
5 ななしのよっしん
2019/10/28(月) 06:34:13 ID: Eir0aYgpvl
まぁロッテ高卒右腕が良い感じに育って来てるし3年間ぐらいで1軍の戦になってそうだけど、
ヤクルト先発の駒不足的に完成度高いからとを1年からガチローテの可性あるからなぁ。

まぁあの魔と言えるような打者有利の球場で球界のエース級になるならガチで10年に1人の逸材と言えるわ。