編集  

2017年度新人選手選択会議単語

ニセンジュウナナネンドシンジンセンシュセンタクカイギ

2017年度新人選手選択会議ドラフト会議)とは、2017年10月26日グランドプリンスホテル新高輪際間パーミールで行われる予定の第53プロ野球ドラフト会議である。名称は「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。

5年連続で協賛者は大正株式会社が務める。一般ファン募は9年連続。
開催日時は2017年10月26日(木)の17:00から。場所はグランドプリンスホテル新高輪際館パミール。

指名順

1巡名は入札抽選で行われ、全球団が確定するまで繰り返し行う。
2巡以降は球団順位の逆順で行われる。2017年セ・パ交流戦を勝ち越したパシフィック・リーグ優先権を獲得。

名順 ロッテ ヤクルト 日本ハム 中日 オリックス 巨人 楽天 DeNA 西武 阪神 ソフトバンク 広島
1巡 12球団同時入札・抽選
2巡 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
3巡 35 34 33 終了 32 31 30 29 28 27 26 25
4巡 36 37 38 39 40 41 42 43 44 終了 45
5巡 ・・・・・ 48 47 46
  • 各球団は10名まで名が可。ただし、全体で120名に達していない場合は、11人以降の名をしてもよい。
  • 名選手が合計120名に達していない場合、引き続き希望球団参加により「育成選手選択会議」を行われる。

1巡目指名

高校生106名、大学生104名の210名がプロ志望届を提出。

最大の玉は高校通算111本塁打の記録を打ち立てた怪物・清宮幸太郎早稲田実業)で、野茂英雄小池秀郎に並ぶ8球団重複、あるいはそれ以上もと言われた。次いで高校生では夏の甲子園清原和博の記録を更新する6本塁打を放った中村奨成(広陵)、高校通算65本塁打安田尚憲(履正社)が注された。

大学生社会人の注田嶋大樹JR東日本)、東克樹立命館大)、鈴木博志ヤマハ)、鈴木日立製作所)、岩見紀(慶大)など。


清宮幸太郎には、高校生としては福留孝介と並ぶタイ記録となる7球団が競合し、日本ハムが交渉権を獲得。中村奨成中日広島が競合し、広島が交渉権を獲得。田嶋大樹オリックス西武が競合し、オリックスが交渉権を獲得した。なお、オリックスが抽選を当てたのは1998年新垣渚(入団拒否)以来19年ぶりで、合併後は初。

2回重複が相次ぎ、安田尚憲と、高校通算52本塁打捕手村上宗隆九州学院高)はそれぞれ3球団が競合。安田ロッテ村上ヤクルトが交渉権を獲得。

3回でも馬場仙台大)に阪神ソフトバンクの2球団が競合し、阪神が交渉権を獲得。

3度抽選に敗れたソフトバンクは吉住斗(鶴岡東)を史上3例となるハズレハズレハズレ1位として名した。

名順 選手名 投打 ポジション 名球団
重複1回 清宮幸太郎 右左 内野手 ロッテヤクルト日本ハム巨人
楽天阪神ソフトバンク
中村奨成 右右 捕手 中日広島
田嶋大樹 左左 投手 オリックス西武
重複2回 安田尚憲 右左 内野手 ロッテ阪神ソフトバンク
村上宗隆 右左 捕手 ヤクルト巨人楽天
重複3回 馬場 投手 阪神ソフトバンク

指名選手一覧

パシフィック・リーグ

福岡ソフトバンクホークス

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 吉住 投手 鶴岡高等学校
2位 高橋 投手 専修大学
3位 増田 外野手 横浜高等学校
4位 椎野 投手 国士舘大学
5位 文丸 投手 秀岳館高等学校
育成ドラフト
1位 尾形崇斗 投手 学校法人石川高等学校
2位 周東 内野手 東京農業大学北海道オホーツク
3位 砂川リチャード 内野手 沖縄尚学高等学校
4位 大竹耕太郎 左左 投手 早稲田大学
5位 日暮矢麻人 外野手 立花学園高等学校
6位 渡邊雄大 投手 新潟アルビレックスBC

埼玉西武ライオンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 齊藤大将 左左 投手 明治大学
2位 西川 外野手 咲徳栄高等学校
3位 伊藤翔 右右 投手 徳島インディゴソックス
4位 平良海馬 投手 八重山商工高等学校
5位 海人 投手 岐阜経済大学
6位 龍生 内野手 糸魚川高等学校
育成ドラフト
1位 高木渉 外野手 颯館高等学校
2位 齊藤誠人 捕手 北海道教育大学岩見沢高等学校

東北楽天ゴールデンイーグルス

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 近藤 投手 岡山商科大学
2位 岩見 外野手 慶應義塾大学
3位 山崎 内野手 國學院大學
4位 渡邊 投手 横浜商科大学
5位 田中燿飛 外野手 兵庫ブルーサンダー
6位 西巻賢二 内野手 仙台育英高等学校
7位 寺岡寛治 投手 石川ミリオンスターズ
育成ドラフト
1位 井手亮太 投手 九州産業大学
2位 松本志郎 内野手 高等学校
3位 中村和希 外野手 大学

オリックス・バファローズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 田嶋大樹 左左 投手 JR東日本
2位 鈴木 投手 日立製作所
3位 福田周平 右左 内野手 NTT日本
4位 本田 投手 湘南高等学校
5位 西村 捕手 SUBARU
6位 西浦颯大 外野手 明徳義塾高等学校
7位 澤伸哉 内野手 大分商業高等学校
8位 山足達也 内野手 Honda鈴鹿
育成ドラフト
1位 稲富 捕手 三田高等学校
2位 投手 神戸陵学園高等学校
3位 比屋根彰人 内野手 飛龍高等学校
4位 木須デソウフェリ 捕手 殿場西高等学校

北海道日本ハムファイターズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 清宮幸太郎 右左 内野手 早稲田実業高等学校
2位 西村 投手 NTT日本
3位 田中 投手 高等学校
4位 難波 内野手 創志学園高等学校
5位 北浦 投手 大学足利高等学校
6位 鈴木太郎 投手 東北学院大学
7位 宮台康 投手 東京大学

千葉ロッテマリーンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 安田尚憲 右左 内野手 履正社高等学校
2位 藤岡裕大 右左 内野手 トヨタ自動車
3位 山本 投手 三菱自動車岡崎
4位 菅野剛士 外野手 日立製作所
5位 渡辺啓 投手 NTT日本
6位 永野 投手 Honda
育成ドラフト
1位 和田康士朗 外野手 富山GRNサンダーバーズ
2位 大朗 投手 商業高等学校

セントラル・リーグ

広島東洋カープ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 中村奨成 右右 捕手 広陵高等学校
2位 山口 投手 熊本工業高等学校
3位 ケムナブラッド 投手 日本文理大学
4位 永井 外野手 大学附属高等学校
5位 遠藤 投手 霞ヶ浦高等学校
6位 平岡敬人 投手 中部学院大学
育成ドラフト
1位 飛翔 投手 菰野高等学校
2位 藤井 投手 大曲工業高等学校
3位 佐々木 投手 高等学校

阪神タイガース

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 馬場 投手 仙台大学
2位 高橋 投手 亜細亜大学
3位 熊谷敬宥 内野手 立教大学
4位 島田 外野手 上武大学
5位 谷川 投手 九州三菱自動車
6位 牧丈一郎 投手 啓新高等学校
育成ドラフト
1位 石井将希 投手 上武大学

横浜DeNAベイスターズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 東克樹 左左 投手 立命館大学
2位 神里和毅 右左 外野手 日本生命
3位 阪口 投手 北海高等学校
4位 齋藤俊介 投手 JX-ENEOS
5位 櫻井周斗 投手 日本大学第三高等学校
6位 寺田 投手 石川ミリオンスターズ
7位 宮本秀明 内野手 パナソニック
8位 楠本泰史 内野手 東北福祉大学
9位 山本 捕手 滋賀ユナイテッドBC
育成ドラフト
1位 中川虎大 投手 高等学校

読売ジャイアンツ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 鍬原拓也 右右 投手 中央大学
2位 岸田行倫 捕手 大阪ガス
3位 大城卓三 捕手 NTT西日本
4位 北村拓己 内野手 亜細亜大学
5位 田中俊太 右左 内野手 日立製作所
6位 若林 内野手 JX-ENEOS
7位 村上海斗 外野手 奈良学園大学
8位 湯浅 内野手 高崎健康福祉大学高崎高等学校
育成ドラフト
1位 比嘉賢伸 内野手 大学附属高等学校
2位 山上 投手 常磐高等学校
3位 笠井駿 外野手 東北福祉大学
4位 田中優大 投手 羽黒高等学校
5位 捕手 立正大学
6位 小山 捕手 関西大学
7位 折下 投手 新野高等学校
8位 荒井颯太 外野手 関根学園高等学校

中日ドラゴンズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 鈴木博志 右右 投手 ヤマハ
2位 石川 投手 泰斗高等学校
3位 高松 内野手 滝川第二高等学校
4位 清水達也 投手 咲徳栄高等学校
5位 伊藤 外野手 中京大学附属中京高等学校
6位 山本拓実 投手 西宮高等学校
育成ドラフト
1位 大藏彰人 投手 徳島インディゴソックス
2位 石田健人マルク 投手 龍谷大学

東京ヤクルトスワローズ

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位 村上宗隆 右左 捕手 九州学院高等学校
2位 大下 投手 三菱重工広島
3位 蔵本治孝 投手 岡山商科大学
4位 塩見 外野手 JK-ENEOS
5位 久保優斗 投手 東海大学附属市原望洋高等学校
6位 宮本 内野手 奈良学園大学
7位 松本直樹 捕手 西濃運輸
8位 沼田 投手 石川ミリオンスターズ

関連項目

外部リンク

野球ボール プロ野球ドラフト会議前後表
2000年代 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年代 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/2017%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E6%96%B0%E4%BA%BA%E9%81%B8%E6%89%8B%E9%81%B8%E6%8A%9E%E4%BC%9A%E8%AD%B0
ページ番号: 5505222 リビジョン番号: 2632490
読み:ニセンジュウナナネンドシンジンセンシュセンタクカイギ
初版作成日: 17/10/14 00:32 ◆ 最終更新日: 18/10/11 21:18
編集内容についての説明/コメント: 前後表を更新、一般ファン公募の年数を修正しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

2017年度新人選手選択会議について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/10/26(木) 17:24:40 ID: ByedryjupV
清宮7球団来たか、すげえ
2 : ななしのよっしん :2017/10/26(木) 18:40:41 ID: 6vrcznYUob
そして定期的にスター補を引き当てるファイターズ
3 : ななしのよっしん :2017/10/26(木) 21:18:33 ID: 2OTxzWnikO
清宮を引き当てるとは、やっぱそういう機運があるんかなぁ→日本ハム
一方今までのクジ運のだった工藤監督が外れに外れまくったという
4 : ななしのよっしん :2017/10/27(金) 01:54:44 ID: RAafSJJQnZ
日ハム4位名の難波って創価学園高じゃなく創志学園高じゃないの
5 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 23:10:13 ID: fxqMihagKl
SBは嫌いだけど、はずれはずれはずれ一位っていうところのは興味ある。
素材高校生だし、うまく育ったらすごい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス