今注目のニュース
正社員の平均年収、また減少 ランキング上位はやっぱり専門職
「親知らずを4本抜いた時の俺」 ヤバすぎる腫れ方に30万人の腹筋が崩壊
マリカー訴訟で任天堂が勝訴「5000万円」支払いを命じる 知財高裁

重装機兵レイノス単語

ジュウソウキヘイレイノス

  • 9
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「重装機兵レイノス」とは、メサイヤNCS)から1990年2月2日に発売されたメガドライブアクションシューティングゲームである。なお「重装機兵」と書いて「アサルトスーツ」とも読む。

根強い人気を誇る「重装機兵」シリーズの原点であり、時系列的には2作重装機兵ヴァルケン」の後になる。

海外版のタイトルは「TARGET EARTH」。

ストーリー 

西暦2096年。第3次世界戦後、人類はめざましい復を遂げた。

あらゆる地域で開発が進められた結果、地球の資は枯渇し、人類はその補給を宇宙めていた。 そしてこの年、人類による外宇宙が本格的にはじまったのである。新しいフロンティアは多くの人々を探隊に参加させていった。

しかし要各間にその利権をめぐる争いが絶えず、2101年、ついに第4次世界大戦が勃発した。この戦争は前三度の大戦以上に大規模なものとなった。 参戦各の戦経済も著るしく低下し、ここに平和協定が結ばれることになった。この戦争のかげで、外宇宙隊は見捨てられ、連絡はすでに途絶えていた。

その後、再び復作業が始まった。その際に二度と争いを起こさぬよう、各間で外惑星での治安維持のための外惑星条約機構軍が結成された。 しかしその実体は、自以外のが資を独占しないよう監視しようというものだった。

そんな折り、木星衛星ガニメデ」の資採掘基地がなにものかによる攻撃を受けた・・・。
IT BEGAN WHEN EARTH'S OUTCASTS RETURNED IN GREAT WARSHIPS FROM THE DARKEST REACHES OF SPACE.

THEY ATTACKED THE PLANET AND ALL HER GALACTIC OUTPOSTS WITH LIGHTNING FURY.

THE EARTH DEFENSE LEAGUE FOUGHT FOR EARTH'S SURVIVAL WITH WARRIORS OUTFITTED IN GIGANTIC CYBORG BATTLE ARMOR. 

概要

後に大宮ソフトを設立する「鈴木英夫」らが開発したアクションシューティングゲームで、22世紀舞台に、重装機兵(アサルトスーツ)と呼ばれる人ロボットレイノス」を駆る名もなきパイロットが、正体不明の敵の出現により発生した戦いに身を投じ、戦火の中を生き残って戦争を終わらせるまでを描いている。

サウンドは、「ツインイーグル」等のセタ製品やNCSのタイトルサウンドで知られるゲーム音楽制作集団「ガブリサウンド」の「鈴木隆志」が手掛けている。

機動戦士ガンダムの様なリアルロボットアニメゲームに仕上げられており、

といったリアルな雰囲気を重視の部分は、ゲームシステムにも

といった点に見られ、演出面でも

といったリアルロボットアニメお約束的なものが登場し、ストーリー性を高めつつ幅を持たせている。

その他、莢の飛び具合などのリアルさの追求や、プレイヤーとの一体感を重視してか、主人公キャラには明確な名前が存在せず作中にも登場しないといったこだわりが見られ、この手のリアル嗜好アクションシューティングパイオニアゲームとなった。

残機制ではなく、一定量のダメージをうけるとゲームオーバーとなるシステムを採用しており、うけたダメージ自然に回復する為、着実に進んでいけばクリアになっているが、

といった本作独自の硬システムが、他のアクションゲームの様にガンガン進んでいく事が出来ないようになっている為、敵の攻撃にさらされてダメージを受け続け、敵の爆発で知らぬ間にダメージを受けてゲームオーバーになる事の繰り返しとなり、非常に難易度が高いと思われて、発売当時の評価はとても低かった。

実際、難易度が高いのは事実といっても過言ではないが、それはゲーム自体が駄であると言う意味ではなく、ゲームの持つ雰囲気やリアルロボットアニメ調の追求や、プレイ中の一体感を重視している為に起きているもので、発売後に操作感覚にれ、ゲームの遊び方のコツをつかんだプレイヤーからは、そのツボをついた演出と、戦争とはお互いにとって不幸だと言うストーリーもあいまって、メガドライブアクションゲームの中でも屈人気を誇るタイトルとなり、雑誌の読者投票で高い評価を得て、シリーズ2作にあたる「重装機兵ヴァルケン」の発売へとつながった。

現在でも、コアユーザーからの人気は衰えず、ユージンSRシリーズフィギュアに採用されたり、2007年には、2月6日EGGミュージックよりサウンドトラックDL販売開始され、10月30日からは、Wiiバーチャルコンソールダウンロード販売(600ポイント)されており、メガドライブくてもWiiがあればこの名作を楽しめる。

レイノス

地球外における地上戦闘、特に基地内や山岳部等の複雑な地形では、どうしても歩兵戦闘体となる。しかし通常の宇宙での戦闘では、わずかな損傷でも死につながることがある。

そこで強固な装甲をほどこし、重火器を携帯できるように動化し、バーニア等による機動強化をおこなった宇宙、すなわち重装機兵(アサルトスーツ)が開発された。アサルトスーツは基本的に歩兵であるので汎用性に富み、各種装備の交換により多種多様な任務遂行が可である。そのため、現在では条約軍の地上戦闘における兵器となっている。

中でも多数の装備やバリエーションが用意され、バーニアパックによる挺降下も可な高性機として開発された機体が、重装機兵AS-5E3レイノス”である。

プレイヤーの分身となる主人公が搭乗するアサルトスーツで、他の機体と違いカラーリングとなっている。

ジャンプする事が可だがジャンプ開始までにラグがある。ローラダッシュする事は出来ない。

出撃時には、以下の武装の中から最大で6種類まで装備可である。

ガトリング以外は、表示されている弾数を使いきると同一ステージ中は二度と使用出来ない。

LG-GUN:12.7mmガトリング/HG-GUN:20mmガトリング

  • 射線上に直進する弾を発射する標準兵装で、20発まで連射可
  • 弾数制限はいが、20発撃つとリロードが発生する為、その間は攻撃出来ない。
  • LG-GUNの方がHG-GUNよりも威が低いが、リロード時間は短い。

25-SC:25mmショットカノン/40-SC:40mmショットカノン

  • 射線上に3WAYで弾を発射する武器で、25-SC60発、40-SC50発まで発射可
  • 3WAY1回で1発扱いで、ガトリングガンよりも広範囲を攻撃できるが、速射性に乏しい。

GL:50mmランチャー/MGL:50mmアサルトランチャー

150BZ:150mmバズーカ/203BZ:203mmバズーカ

  • 射線に対してまっすぐ飛び、接触すると爆発する武器。
  • 攻撃は高いが、連射性はい。

MISSILE:ミサイルランチャー/M.POD:ミサイルポッド

  • 共に50発まで発射可ミサイルで、ガトリングガン並みに連射可
  • 敵を追尾するがあるが、敵の周囲で1回転したりするので過信は禁物。
  • 動かない敵を遠くから攻撃するのに向いている。ただしラスボス戦では役立たずと化す。

E-AS:E-アサルト/E-CN:E-キャノン

  • 敵を貫通する弾を発射する兵器
  • 攻撃は高いが、機体の方向にしか発射することが出来ない。
  • 地形を貫通して敵を攻撃することも可

D-D:ディフェンス・ディスチャージャー

  • 30発まで発射可で、中で粒子化し接触した敵にダメージを与える。
  • 発射した弾が粒子化し、消滅するまで次の弾が発射出来ない。

BURST:バーストアタッカー

SHIELD:シールド

ARMOR:オプションアーマー

  • 自機の耐久の上限を増やす装備で、6個の装備欄を複数使用する事で、複数装備可
  • 特にもっていく武装がい時は選んでおくと良い。

B-PACK:バーニアパック

ゲームシステム 

自機となるアサルトスーツレイノス」を操作して、

  1. 補給画面で装備を選択
  2. ステージクリアして出撃
  3. クリアするとリザルト画面になり、スコアにより装備入手

といった流れで全8ステージクリアするゲームである。

残機制ではなく、体制を採用しており、レイノスの装甲はダメージをうけると減り、時間で回復する。

装備は、ステージクリア後のリザルト画面で入手可で、スコアにより入手出来る内容が異なる。

操作方法は以下の通り。

戦闘 補給/武装選択時
方向ボタン 自機「レイノス」の移動や武器の向きを操作する 装備する/使用する装備の選択カーソルを操作する
Aボタン  武器で攻撃する 補給画面での装備選択を決定する
Bボタン ジャンプする 補給画面での装備選択をキャンセルする
Cボタン 武装をリアルタイムに切り替える 使用しない
STARTボタン PAUSEして武装選択画面を開く 補給/武装選択を終了する

※Cボタンの武器切り替え操作は、OPTION効にする事も出来る。

自機の操作方法「AIMING」にはA-TYPEとB-TYPEの2種類がある。

  • A-TYPE:自機と武器の向きが必ず同じになり、上を攻撃する際はその場に停止する。
  • B-TYPE:方向ボタンの入を調整する事で、武器の向きを一定方向に固定しながら移動可

※射線を固定するボタンい為、下がりながら攻撃することは出来ない。

登場人物

主人公

なぜだ,なぜ ここまで たたかわなければ ならないんだ!!
  • 重装機兵レイノスにおけるプレイヤーの分身。
  • 名前が作中に登場しない為、他の登場人物が話しかける際も名前に触れないようになっている。
  • 名前が登場しないのは、プレイヤー自身である事を強調し、ゲームとの一体感を高める為と思われる。
  • 一応台詞をしゃべるが、重要な局面以外では基本的にだまっている。

リーナ

かならず いきてかえってくると,やくそくしてください・・・.

隊長

じかんだ! やろうども,いくぞ!

ゾウザリー

た,たすけてくれぇ!スーツが もえてしまう

ランス=カルザス

もう,おまえたちに ちきゅうは まかせられん! われわれが
あらそいの ない ちきゅうを つくりあげてみせる.

ステージ

「重装機兵レイノス」は、以下の8ステージで構成されている。

攻略する上での重要なポイントとしては、「ガトリングガンの残弾は常に20発にする事を心がける」点がある。

ガトリングガンは、20発撃つとリロードが入り攻撃する事ができない為、中途半端な弾数の状態で移動していると、敵と接触し、リロードが入って敵の攻撃をくらってしまうと言う状況が発生するので、敵を見かけない時や安全な状況の際に、弾数が20発以下になっていたら一旦リロードしてから先に進む用意周到さが必要である。

※残り19発の状態でも状況によってはリロードしてから進むぐらいでも問題い。

また、邪魔な敵キャラスクロールアウトで消す事も出来るので、面倒な敵が進行方向に現れたら一旦スクロールを戻してから先に進むと消えていることがある。

それでもクリアが難しい場合は、後述の全装備入手の裏技にチャレンジするのをおすすめする。シールド様の偉大さが解る。

STAGE1「ガニメデ基地」

木星衛星ガニメデ」、ここには資採掘基地があり、外惑星条約軍・第2機動師団が護衛のために配備されていた。
ある日、ガニメデ基地と衛星上に待機していた師団艦隊との通信が途絶えた。基地では、正体不明の熱多数が降下して来るのを確認、 程なくこれらは小戦闘艦を含む戦闘部隊であることが判明。衛星上に展開していた第1突撃団に迎撃が示され、AS(アサルトスーツ)隊が出撃していった。

「やつらを基地に近づけるな!基地を防衛しろ!」

クリア条件

敵ノ突撃艦ヲ、基地到達前ニ撃破セヨ。

STAGE2「脱 出」

敵の第一撃を退けたとはいえ、ガニメデ基地は、いまだに敵の包囲下にあった。
第2機動師団艦隊では状況の確認を急いだ。艦隊、基地ともに被害は甚大であり、次の襲撃に耐えることはとてもできそうにない。 やむをえず、師団部は木星域からの撤退を決意、ガニメデ基地にも全員の待避、脱出が示された。

「第1突撃団へ・・・。支援艦隊とシャトルを基地から数キロの地点に降下させる。基地の非戦闘員を護衛しつつ敵の包囲網を突破せよ。」

敵の攻撃がしくなってきた・・・。いったい何人がここから脱出できるのだろう。作戦開始時間が迫ってきた。

クリア条件

しゃとる降下地点マデ、基地作業員ヲ護衛セヨ。

STAGE3「大気圏突入」

木星を離れた第2機動師団は地球していた。その頃、地球の一部区域は敵の制圧下にあった。
敵は衛星上を制圧、中央アジアには敵地上部隊の中央基地を建設していた。 地球軍の残存戦隊と合流した第2機動師団は、東南アジアの敵前線基地を攻略せんと軌上から秘密舞台を降下させた。
だが降下部隊が大気圏に突入する直前、敵の巡航艦に発見されてしまった。このままではシャトルごと撃ち落とされてしまう。 迎撃に残された時間はシャトルが大気圏に突入するまで。生き残るはただひとつ、敵を撃破することだけだった・・・。

クリア条件

しゃとるヲ援護シツツ敵ヲ撃破シ、時間内ニしゃとるヘ帰還セヨ。
  • ガニメデ基地からの撤退から3カ後、事に地球に降下出来るところまで来たところで、敵の襲撃をうけるステージで、シャトルが大気圏に突入するまでの間シャトルを守りぬき、降下時間になったら事にシャトルに収容されて降下成功すればクリアとなる。
  • 宇宙ステージなため重力状態での機動となる。
  • 敵の艦艇が登場するが倒す必要はい。
  • 画面下は大気圏になっており、触れるとダメージを受ける。
  • シャトルの大気圏突入60前に一度イベントが入るが、この段階でシャトルに乗り込むと、カウントダウンの間に敵に撃墜されてしまう可性が極めて高い。
  • 降下30前で再度イベントが入るので、この後にシャトルに乗り込むと事降下出来る。
  • 大気圏への降下に成功するとゾウザリーが登場してになる。

STAGE4「前線基地」

大気圏突入時の戦闘では、戦の半分を失った。しかし、いまさら作戦の中止は不可能である。作戦は以下のとおり実行されることになった。

フェーズ
AS(アサルトスーツ)から構成された先行部隊が強行着陸、本隊の降下地点確保のため一部を残し、偵察を行ない突入口を探索。
フェーズ
確保された降下地点にシャトル本隊が降下、地上部隊が進撃を開始。
フェーズ
突入口から基地内へ侵入し動炉を破壊。
フェーズ
地上軍の合流後、地上軍と交替し撤収する。

シャトルのハッチが開くと青空が広がっていた。しかしその下には地獄を待っている・・・。

クリア条件

敵前線基地ニ侵入シ、動炉ヲ破壊セヨ。
  • 中央アジアに敵が建設した前線基地を攻略するステージで、内部に突入し動炉を爆破すればクリアとなる。
  • シャトルから発進して迎撃ミサイルを回避しながら地上に降り、敵基地のまで進むと、味方のワーカーが現れて基地内部へ突入するルートを開けてくれる。
  • 基地内部は広くトラップも仕掛けられているが、時間制限はいので回復しながら進めば動炉の破壊までは難しくない。

STAGE5「奇 襲」

敵前線基地はしい攻防戦の末、攻略された。地上軍と交替した部隊は休養と再編成のため、後方基地へ送られた。
ここには大艦の格納庫(ドック)があり、現在最新鋭の機動戦艦を建造中である。 このような後方基地に敵はおそらく来ないだろうが、基地の警備隊に協し、警任務につくことになった。

クリア条件

任務ニツキ、敵来襲ノ際ハ、コレヲ撃退セヨ。

STAGE6「総攻撃」

機動戦艦ロイアック」が完成した。々は「ロイアック」の陸戦隊に編入された。最初のミッションは敵中央基地撃破。
現在地球軍は各地で反撃を試みてはいるが降下はなかった。敵の揮を分断するしかない。この作戦が成功すれば敵地上軍の組織的行動は著しく阻されるだろう。 もはや々に後退は許されなかった。

クリア条件

敵中央基地ニ侵入シ、基地中枢部ヲ制圧セヨ。
  • 敵中央基地にて敵の防衛ラインを突破して基地内部に侵入するステージ
  • 機動戦艦ロイアック」から出撃後、敵の防衛ラインを突破して突入口までたどり着くと、味方の戦闘機「ランダー」の特攻により内部に侵入するが開く。
  • 防衛ライン距離が非常に長く、敵の攻撃も非常に厳しい。
  • 基地内部に侵入後は、制限時間がいので回復しながら着実に進む事になる。
  • 最後にランス・カルザスが待ち受けており、撃破するとクリアとなる。

STAGE7「コロニー奪還」

地球における最大の拠点を失った敵は、地球軍の反撃により、次々と撃破されていった。頑強に抵抗する部隊もあったが、制圧は時間の問題だろう。
々は久しぶりに宇宙へ帰り、地球軍艦艇と合流した。ところが、敵は大艦を繰り出して補給線を脅かし、々の行動を妨しようとしていた。
々は戦艦を発見し追撃したが、放棄されたコロニーに逃げ込まれてしまった。どうやらそのコロニーが敵の拠点らしい。
コロニー内の戦闘、これはAS部隊の仕事だ。第1、第2突撃中隊に出撃命が下された。

クリア条件

コロニー内ニ侵入シ、敵船艦ヲ破壊セヨ。

STAGE8「終 局」

軍上層部はすでに敵の正体を確認しているらしいが、事実表されていなかった。ひとつだけ言えるのは、依然戦争は終っていないということだけだ。
地球軍の反撃により、追い詰められた敵は全艦艇をラグランジェ4に集結、防衛体制をとっていた。増援部隊の到着を待っているらしい。
敵の増援が到着する前に撃破しなければならない。敵の旗艦を破壊できれば・・・。
これが最後の決戦であろう・・・。

クリア条件

敵旗艦ニ侵入シ、揮系統ヲ破壊セヨ。

裏技

ステージ1クリア時に全装備を入手する。

CONTINUE回数を増やす

AIMINGを切り替える

「デック」を操作する

メサイヤロゴの回転を操作する。

関連動画

関連商品 

関連コミュニティ

関連項目

重装機兵シリーズ
関連タイトル
関連キャラクター

関連リンク


じんるいの れきしは たたかいの れきしだ.
なぜ,じんるいは こうも あらそいを つづけるんだ!?
いったい,いつまで たたかい つづけなければ ならないんだ!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/29(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/29(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP