よろしくメカドック単語

ヨロシクメカドック
6.2千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

よろしくメカドックとは、漫画家・次原原作漫画作品及びアニメ作品である。

メカドックセリカXX

概要

それまでのスーパーカーや荒唐稽な設定のレースものとは違い、自動車チューニングを扱った分け的な作品である。話はレースイベントメインで、その間は細かな話で成り立っている。

原作版は1982年から1985年集英社の『週刊少年ジャンプ』で掲載され、単行本は全12巻(文庫版は全7巻)となる。

アニメ版は、1984年1985年タツノコプロ制作フジテレビ系列で毎週土曜日6時30分に全30話が制作をされたが、一部系列局では遅れて放送もされていた局もある。

2012年8月20日よりニコニコ動画開を開始したが、2015年4月30日をもって配信は終了した。2017年3月10日からは、dアニメストア ニコニコ支店有料動画として配信されている。

あらすじ

舞台東京アニメ版は横浜に)所在するチューニングショップ「メカドック」。自動車整備専門学校同級生で、技術担当で主人公風見潤、経理担当・中村一路、担当・野呂清の三人の若者たちが経営する。

当初は店に出入りする常連客のめに応じ様々なチューニングを行っていたが、自分たちが手がけたを走らせているうちに他のチューニングショップとの関わりが生まれ、多くのレースに参戦することになる。

アニメでは尺の関係で東日本GP編でストーリーが終了している。

主な登場人物

「メカドック」周囲の人々

風見潤(かざみ じゅんCV橋本晃一
主人公チューンおよびドライバー担当。実な人柄に加え絵に描いたような熱血で、様々な女性から好意を持たれるが恋愛事は照れくさいのか避けようとして曖昧にはぐらかしてしまい、それが元でトラブルになることも。
チューンや運転に関して類まれな技量を持っており、物語終盤はその手腕を狙われるエピソード軸となる。メカドックブランドF1参戦するのが
当初から彼がチューニングしたを走らせる場面の方がメインだったが、やがてレーサーとしての活動が物語の軸に。
搭乗セリカXX(A60)、CR-X、フェアレディZZ31
中村一路(なかむら いちろ)CV石丸博也
通称「いっつぁん」。メカドックの経理担当で勘定にうるさいが、カッとなりやすく調子に乗りやすい性格でふとした拍子に店の看を賭けたりすることもあるトラブルメーカー。しかしレギレーションに沿った仕様レース作戦を検討するなどブレイン的な立場でもある(こと作戦については風見が独断でよく破るので意味がなくなるが)。学校は首席で卒業したはずなのにチューニングの腕は・・・
次第に彼もレースに参加する場面が描かれる。搭乗はシティターボIIブルドッグ
野呂清(のろ きよしCV玄田哲章
メカドックのおよび塗装担当。のんびりした性格でや用の説明をめたり驚き役や仲裁役に回ったりすることが多い。風見に「天才」と評され、ベコベコの事故でもレース仕様にキッチリ仕上げ、マイレッジマラソンではワンオフFRPボディを製作していた。
神崎周治(かんざき しゅうじ)CV大平透
喫茶店パドック」のマスターだが、メカドックの面々に窮地を救ってもらったお礼に店を貸し、今はその隣で改造バスを店舗にしている。神崎しのぶCV高田由美がいる(アニメでは孫風見に好意を抱くヒロインの一人)。
小野麗子(おの れいこ)CV日髙のり子
一匹の有名な女暴走族で通称「女暴小町(すけぼうこまち)」。作中ではほとんど「小町」または「小町ちゃん」と呼ばれる。原作では登場当初は高校生とわかる描写があるが、アニメでは女子大生父親交通機動隊小野三郎CV加藤正之)
当初は較的シリアスキャラだったが、気づけば坊主セットギャグ寄りのキャラに。
風見に好意を抱くヒロインの一人だが、風見の先述の性格により進展はしていない。
ヨタハチことトヨタ・スポーツ800サツマイモと呼んではいけない。東日本サーキットGPを前に、戦闘力のあるめて売ってしまったことがあるが、中村に止められて結局買い戻した模様。東日本GPには久子から貸し出されたトヨタ2000GTに乗ることになる。
早坂優(はやさか ゆう)CV佐々木るん
交通課の交通巡視員で、違反者を取り締まるためなら手段は選ばない。と言うか、とにかく違反者を捕まえることしか頭になく後先のことを考えないアホの子
風見に好意を抱くヒロインの一人。
スズキセルボのミニパトカーホンダS800
坊主(まつきりぼうず)
トヨタ・セリカ1600GTV(いわゆるダルマセリカ)を駆る暴走族で、メカドックにたびたび出入りをしている。
明るく人懐っこい性格でに弱いリーダー格の松木千明CV二又一成松木と対照的にクールで硬だがやはりには弱いらしい桐人CV堀内賢雄、どう見ても小学生ほどの子供だがB級ライセンスを取得したことから18歳以上であるらしい、松木をさらに邪気にしたような性格の六(CV鈴木三枝 現・一龍斎貞友の3人。
暴走族としては落ちこぼれで(アニメでは須賀(すかろくウルフ)(CV若本紀昭 現・若本規夫などの腕の立つ暴走族とたびたび対立している)、作中でも全なコメディリリーフポジション
イカ(ひじり-):CV京田尚子
通称「おイカばあさん」と呼ばれる解体屋で、ガメつい商売人だがメカドックをたびたび支援する。

ライバルたち

那智渡(なち わたる)CV井上和彦
レースを総ナメにしている新チューニングショップチャンプ」のオーナー
自分のドライビングテクニックに高いプライドを持っているため他人に対しては高圧的にふるまい(ただしその高いプライドのために信号などで負けた時の反動も大きいものに)、当初は風見を見下した発言が多く、初対戦のキャノンボールでは風見のことを本人の名前ではなく「メカドック」としか呼ばなかったほどだったが、次第にライバルとして認めるようになる。
ゼロヨンGPでメカドックとチャンプの看を賭けて(原作のみ)敗れ、のちにメカドックに加入した。東日本GPでは同チームではあるものの那智個人として風見に挑んだが再び敗れてしまいメカドックから離脱。三戸NEO編で風見1位同着し、アメリカ修行立った。
レースごとに仕様を変更したサバンナRX-7SA22C)を駆る。ロータリーエンジンを好むのは「レシプロより優れていると思うから」とのこと。
原作には双子警察官の那智がいるが、彼が出ない反面アニメにはである那智知世(CV麻上洋子、「チャンプ」のチーフメカニックである水木シュンスケ(CV大塚芳忠などのオリジナルの関連人物が登場する。
那智渡
渡辺(わたなべ としみつ)CV石塚運昇
チューニングショップ「レーシングワタナベ」のオーナー。様々な記録叩き出して「チューニングの神様」の異名を持ちながらも「ナベさん」としまれている。風見たちのあこがれの存在である。レース内外問わず相手にアドバイスをしたり、競り合い中でも相手が危険にされると判断した際にはを譲るなど至って紳士的。
風見那智とたびたび競うが、ゼロヨンGPで風見に敗れ引退宣言をする。レーサー人生をかけ夢幻所属として復帰した東日本サーキットGPで、内障で失明寸前になりながらの戦いを末に引退した。その後は日常生活を送れる程度までに視回復し、ひとりの「チューニングファン」として風見たちの活躍を見守ることになる。
レースごとに仕様を変更したフェアレディZ(S30)を駆る。本人く「なんとかの一つ覚え」。
露崎武士(つゆざき たけしCV小林
北海道チューニングショップ紫電改」のオーナーで、かつて「露崎モータース」を運営していた、風見たちの尊敬する渡辺のさらに師匠という生ける伝説
千里(ひょうどう ちさと)CV:幸田直子
腕利きチューナードライバーを集めモータースポーツ的として究極のマシンを作る「夢幻計画」の宰者で、どこぞの財閥の関係者らしい。
中村が「二輪のレーサーになると思っていた」と言うほど凄腕のライダーだったが、セラミックエジンの可性を見出して夢幻計画を立ち上げ、ゼロヨンGPや東日本GPを催し自らもドライバーとして参加する(前者には「夢幻計画」に携わせるチューナーを見定める意図もあった模様で、決勝戦まで正体を隠していた)。
風見拉致してでも夢幻に加入させようとした少し危ないお方。
夢幻計画」で生み出された自動車マシンスペックの高さとは別に、レーサーとしての実もあると思われるが、ゼロヨンGPの風見との決勝戦はアニメでは特に詳しく描写されることもなく敗北している、東日本GPでは風見たちを悪辣な敵から守って自らクラッシュするなど作中ではあまりレーサーとしての活躍の姿は描かれない。
搭乗RX-7(の形をした何か)、夢幻ペガサス
五十嵐充(いがらし みつる)CV中原茂
夢幻計画」に携わったチューナーの一人。渡辺の同僚でくに亡くなってしまい、本人はいわゆるコンピュータオタクには全く興味がなかったが、風見に憧れ覚める。弱冠18歳ながらコンピュータによるの設計や運転アシストを発案し、夢幻オリジナルカーの開発に貢献する。
高いコンピュータ技術を持つために東日本サーキットGPではレーサーとしてコンピュータ制御でマシンを操るが、運転技術はメインキャラ太刀打ちできるものではなかった。しかし配置上の設計ミスによりCPU熱暴走してコンピュータ走法が使えなくなってしまい戦意を一時喪失した際、渡辺励によって再起し、風見の「直感による野性的なドライブ」を盗みドライビングテクニックを開させる。そして最終盤までトップ争いを繰り広げることに。
その途中で渡辺レーサー生命を賭けた覚悟を知ってしまったことから、「渡辺の後を自分が継ぐ」と決意し、夢幻を脱退しレーシングワタナベ所属となる。
搭乗夢幻ボブキャット
東條(とうじょう まことCV田中秀幸堀内賢雄→小進(現・大滝進矢
チューニングショップハイギャード」所属。プライドは高いが風見以上にアツい男。ゼロヨンGP以外の全てのレースに登場し、その度に風見と競り合ったり共闘するなどの名脇役
「与えられたパワーではなく作り出すポテンシャルにより小排気量ので大排気量のぶっちぎる」がポリシー
アニメではサブキャラの扱いなのか担当声優が安定しない。
搭乗はピアッツァ、MR-2(AW11)。

原作のみ

南条久子(なんじょう ひさこ)
女性向けカーショップ「美」のオーナー。やたらとな外を持ち出してメカドックとり合おうとするが、いざとなると提供を気前よくしてくれたりする面もある。東日本GPでは小町トヨタ2000GTを貸し出し、自らはフェラーリ308GTBで出場。坊主も加えてのチームMDMを結成することになる。中村とはCR-X提供の一件以来、東日本GPで種選定に悩む彼にヒントを与えるなど、いい雰囲気の関係になっている。
本来はアニメで放送されたエピソードの時点では登場しているのだが、ゼロヨンGPで風見に盗まれた代わりのCR-Xを提供する役は那智が、東日本GPで小町坊主らとチームMDMを結成するのは早坂優が代わりに務め、出てくることはなかった。
三戸(みと みつくに)
三戸コンツェルン会長。自分の設立した自動車会社へ風見那智の引き抜きを画策し、アニメ化範囲外での終盤のストーリーで重大な役割を演じる。

主な登場車両

メカドック セリカXX
トヨタ・セリカXX(A60)をチューニングした、メカドック最初の本格的なレース車両キャノンボールトライアルに参戦する。風見耐久性を重視すべきだという中村の意見を蹴ってまでエンジン本体の加工を行い、ニトロナイトロシステムの搭載でさらなる戦闘力アップを図る。
渡辺スーパーZ那智RX-7との三つしい戦いを繰り広げるが、ゴール直前でエンジンブローを起こし、2位に惜敗することになる。原作ではシルバーツートンカラーだが、アニメでは赤と黒ツートンとなっている。
メカドック CR-Xミッド
ホンダバラードスポーツCR-Xをチューニングした、ゼロヨンGP用車両エンジンノーマルFFからMRに積み替えてあるのが特徴。練習走行で好タイムをだすも、悪徳チューナーの手でヘリり上げるという大胆な方法で盗まれてしまった。久子の提供してくれたベースで再度チューン。二代CR-Xミッドが完成し、那智渡辺をも破ることになる。決勝は兵夢幻RX-7との勝負に打ち勝ち、メカドックにとって初めての大きな大会でのウィニングマシンとなった。
グレーサーZ
日産・フェアレディZZ31)をチューニングした。東日本GP用車両グレーサーとは「グレートレーサー」の略称である。ツインターボ化、大容量インタークーラー装着、ボアアップによる排気量拡大などのパワーアップが図られている。だが、このグレーサーZの最大の特徴はフルタイム4WDであること。スバル・レオーネの駆動系を組み込んで(色々と理がある気がするがそこは漫画だから許せ)、大パワーをロスく伝えるという4WDメリットを引き出している。まだ当時はアウディクワトロが出たばかりの頃であり、スポーツ4WDが当たり前の21世紀の現代を思うとそれにをつけた作者眼は見事だったと言える。
ホンダ・ストリーム
ホンダ1981年に発売した三輪スクーター風見の普段の足として活躍する。時に悪役を追跡するアクション場面も多く、その時にクラッシュしてしまうことも度々。だが、メカドックの技術故かされることもなく終盤まで登場している。
ホンダ・プレリュード
ホンダの2ドアクーペタイプのスペシャルティカー。劇中では2代目のBA1が登場し、メカドックに移籍した那智チューニング初作品となった。この個体は依頼に引き渡されたと見られるが、その後、もう一台作られたのかメカドックのデモカー風見の足代わりとして終盤に活躍することになる。
NEO
終盤で登場する、三戸コンツェルンが立ち上げた「三戸カロッツェリア」が製作した架ミッドシップスポーツカー風見那智は、敢えてこのマシンパワーアップせず、シャシーコーナーリングを上げるという新しいチューニングの考え方で他のチューナーたちを出し抜くことになる。

余談

関連動画

関連商品

関連項目

やばいねOREO

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

よろしくメカドック

26 ななしのよっしん
2015/08/16(日) 09:29:51 ID: QaXBPJ4RPF
グレーサーZはよ
27 ななしのよっしん
2015/12/23(水) 12:32:28 ID: NUjW3v9AX5
おお、登場人物紹介が反映されてる
しかもプラスもされてる

編集者ありがとうございました
28 ななしのよっしん
2016/05/23(月) 21:01:37 ID: uiD15rz+Wy
RX-7(の形をした何か)・・・に吹いたw
つーか説明がければRX-7にすら見えないけどw
29 ななしのよっしん
2016/10/23(日) 23:52:27 ID: QaXBPJ4RPF
スバルに続き、ホンダの宣伝にも登場
日産トヨタにも来るか!?
30 ななしのよっしん
2018/04/15(日) 11:20:51 ID: MasJc4pGM+
今、風見さんは還暦ぐらい?
31 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 23:16:09 ID: ljnXG3K94i
タイトル聞いた時は機械主人公かと思ったがドッグじゃなくてドックだった
32 ななしのよっしん
2019/11/16(土) 10:36:22 ID: kNwcoURBAn
>>31 それで機械ネタをぶち込んできたのが大川ぶくぶ
33 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 01:30:44 ID: eAsw1LVhPK
氣志團挨拶の「よろしくメカドックわんわん」もあるし、
昔から定番のネタではあったんじゃないかな
34 削除しました
削除しました ID: jD69jqTM0e
削除しました
35 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 08:24:20 ID: WmUe91a1WU
自動運転との対決というテーマはしげの秀一やNFSが最近扱ってたが、それを80年代に描くとは

急上昇ワード改