ホープフルステークス単語

ホープフルステークス

ホープフルステークスとは、以下のことをす。

  1. 日本中央競馬会JRA)が施行する競馬の重賞競走(GI)。12月の最終週に中山競馬場の芝2000mで施行される。出走条件は2歳(オープン・斤量は齢。
  2. アメリカサラトガ競馬場で開催されている2歳限定の重賞競走(GI)。距離ダート7ハロン(約1400m)。例年9月に開催され、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルの前戦とされることが多い。
  3. 日本中央競馬会JRA)が施行していたオープン特別競走。条件は1と同じ。
  4. その他、イギリスの準重賞など同一名称の競走が存在する。

ここでは1と3について説明する。

概要

1984年に創設された阪神競馬場の芝1600mの限定重賞競走(GIII)「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」が前身である。今でこそ2歳のGIはが出走可な(実質路線)「朝日杯フューチュリティステークス」と限定の「阪神ジュベナイルフィリーズ」に分かれているが、当時は関東の「朝日杯3歳ステークス」と関西の「阪神3歳ステークス」という番組編成で、どちらにも性別の制限がなく所属厩舎によって出走レースを決めるという状態だったため、グレード制施行時に2歳の限定競走を作る必要があるとして、関東の「テレビ東京賞3歳ステークス(現・フェアリーステークス)」と同時に創設されたのである。

1991年阪神3歳ステークスが限定GI競走「阪神3歳牝馬ステークス」となってからは「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」となり、・騸限定の芝2000mと大きく条件が変更された。その後、齢表記の変更やラジオたんぱラジオNIKKEI称を変更したことを受け、「ラジオたんぱ杯2歳ステークス」、「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」と名称を変更した。この間2000年の出走も可になった。

2014年中山競馬場に移転して現在の名称に変更。条件が(は不可)に、それと同時にGIIに昇格した。これによって皐月賞と全く同じ条件の競走になったことになる。JRAは今後GIへの昇格を既定路線としているが、レート条件を満たしていなかったために2016年まではGIIのままだった。2014年2016年の3年間の均レートが基準を満たしたことで、2017年よりGIに昇格することが決定した。なお、2017年から競馬施行規程の変更に伴い12月28日に曜日に関わらず中央競馬が開催されることになり、ホープフルステークスはこの日のメインレースとなる。

なお、2016年時点の1位の賞6700万円となっており、2歳GIIとしては非常に高額、というかGIクラスである。2歳GIIは他に京王杯2歳ステークスとデイリー杯2歳ステークスがあるが、どちらも1位3600万円。そして2歳GIの阪神ジュベナイルフィリーズ6500万円で、なんとGIより高額である。GII全体で見ても上回るのは7000万円の札幌記念のみ、同額で阪神カップという賞の高さである。この高額な賞もGIが既定路線であることの左であろう。なお、GIに昇格した2017年からは微増して7000万となった。

この時代の勝ちからは、イソノルーブルナリタタイシンタヤスツヨシメジロブライトアドマイヤベガアグネスタキオン、ザッツザプレンティコスモバルクヴァーミリアンロジユニヴァースヴィクトワールピサエピファネイアワンアンドオンリーがのちにG1に。

券圏内からはイシノサンデーダンスインザダークキングヘイロージャングルポケットクロフネ、アドマイヤマックスアドマイヤムーン、ヴィクトリー、ダノンシャンティゴールドシップキズナ、サトノアジンがのちにG1になっている。

オープン特別競走のホープフルステークス

1988年から中山競馬場の芝2000mで有馬記念の同日に開催されていたオープン競走。見てのとおり現在のホープフルステークスと全く同一条件なのだが、あくまでも同一名称・同一条件であるだけの別の競走とされており、JRAはこのレースを前身扱いにはしていない。

このオープン特別競走時代の勝ちから、ウイニングチケットエアシャカールトーセンジョーダン、ベルシャザールがのちにG1になっている。

歴代優勝馬(GI化以降)

回次はラジオNIKKEI杯2歳Sから引き継ぐ。

回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
34 2017年12月28日 タイムフライヤー 2 C.デムーロ 2:01.4

関連動画

左が重賞、右がオープン特別競走のホープフルステークスである。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ホープフルステークス

1 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 00:55:19 ID: mln14Bv67y
朝日杯は中山1600のままにしてラジオNIKKEI杯を昇格させて阪神2000でGIやった方がよかったと思うんだが…
2 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 22:48:09 ID: QzoKs/5eW8
格上げ々ここに出たが皆オープンで燻って気が付けば引退してた
ぐらいの空気扱いになりそうな程弱くて先が思いやられる
3 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 08:22:18 ID: 49idGIsbYP
 このままだとGI(笑)みたいな存在になりそうでシャレにならない。もそれに該当するのはホープフルSだけではないと思うが。
4 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 17:55:38 ID: Bn8LgAW+nt
サートゥルナーリア強かったな
来年以降ちゃんと活躍してくれればホープフルSの価値も多少上がるだろう
戦勝っただけのが獲得賞気にせず出られるような状況から脱してほしい
5 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 18:11:38 ID: Wqd+dgi5aD
サートゥルナーリアなあ……エピファネイアとみると三冠余裕って感じだけど、ロードカナロアとみるとダービーまでって感じなんだが
今のところのイメージホープフルSサートゥル朝日杯ダノプレで朝日杯アドマイヤ=ホープフルSタイムフライヤー
6 ゼロウィン@保守の品格(`・ω・´)
2019/01/07(月) 17:35:34 ID: +p3eQO4Kxt
>>1
ラジオNIKKEI杯2歳SをGⅠにしたら土曜日にGⅠやることになるから絶対にできない。
土曜日にGⅠなんかやっても券が売れないのはジャパンカップダートで思い知っている。
でも阪神開催のまま日曜開催になると中山では有馬記念がある同日に東西メインにGⅠを組むことになるうえに阪神Cとも被ってしまい、それをやったら確実に有馬記念の売り上げにもく。
そうならないようにすることを考えると有馬記念阪神CをやったあとにホープフルSをやることになるから、そうなると今度はレーシングプログラムをいじることになって、当日の混雑を予測したうえでの変則プログラムをさらにいじることになって、そうなるとお客さんの間で混乱が起きる可性が高い。

そもそも一昨年と去年と今年は12月28日に開催されるけど、本来28日はギリギリで中央開催できるからやっているだけで、の関係で有馬記念の週が12月の最終週に入ってしまった場合のことを考えた予備日の意味合いが強く、そんなことも考えて最終日の中山競馬場に移したのが実情。
7 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 20:21:51 ID: up0O0TYiAf
>>4
>>5
とりあえずサートゥルナーリア皐月賞を制覇したから、来年の皐月賞を占うレースくらいにはなりそうですね。
8 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 15:47:52 ID: qn8tkuJfpR
>>5 日本系を異常に信仰するけどスタミナやスピード母親の方がなんなら遺伝しやすいという説もあるからな
キンカメ系は系からスタミナを受け継ぎやすいしその系はマルゼンスキー系やサドラ系なんかの中長距離血統の塊だから2400までは余裕だと思う。操縦性もいいから長距離ワンチャンあると思ったが今回結構シーザリオ譲りの気性難要素が見えてきてたからこればかりはふたを開けないと
>>9 中山に代わってからは初の皐月賞だしこれから有の集まるレースになれば・・・とは思うね。