編集  

全員参戦単語

ゼンインサンセン

all

全員参戦(ぜんいんさんせん, Everyone participates the battle)とは、ある集合に属する全員が戦いに参加することである。転じて、多数のキャラクターが戦いに参加する、またはしてきた作品において、その中の全員が参加することを表す。

概要

現実戦争において、全員が戦闘に参加する、というのは「兵站揮系統まで含めて参戦せざるを得ない」という極めて末期的な状況であり、敗北は必至である。

ゲームにおいては、今までに登場したキャラクター全員参戦するというのは、(よほど黒歴史にしたいキャラがいない限りは)ファンにとって夢のような出来事である。
しかし、データ容量や開発の都合、声優・モーションアクターの手配や版権、表現の自主規制など様々な理由により、全員の参戦はそこまで簡単ではないというのも常である。
これは、キャラクターが多ければ多いほど、幅が広ければ広いほど難しくなる問題である。

それゆえに、「全員参戦」は、オールスターゲームにおいてはそれだけで一つのステータスとなる。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズは、約20年の歴史を通して様々なゲームキャラクターオールスターバトルを繰り広げてきた。

参戦ファイターは2作大乱闘スマッシュブラザーズDX』の時点で25と膨大な数になっていた。
そのため、公式から「次回作があるならばキャラを減らす」旨が明言されていた。

そして、3作大乱闘スマッシュブラザーズX』が発表されたとき、初期の段階で「DXのファイターはかは必ず消える」めて明言され、シリーズで初めて参戦ファイターの削除が行われた。

これ以降は、ファンの間でもファイターの何人かは不参加となることが暗黙の了解となり、「が新規参戦するか」という話題と共に「リストラされるか」が関心事となった。

4作までで、参加経験のあるファイターが60人をえている中で、第5作Nintendo Switchスマブラでは果たして何人参戦できるのかが注された。

これまでの経緯から、他ファイターのコンパチや他社からの参戦ファイター、4作特有のシステムに直結しているMiiファイターなどがリストラ補に挙げられた。
一方、Nintendo Switchの他ソフトのように、WiiU版に多少の追加要素があるだけの移植作品の可性も考えられた。その場合、新奇性はないがリストラの可性は少なくなる。

このように多種多様な憶測が飛び交う中、2018年E3において、第5作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の発表が行われた。

発表順

スマブラSP』の発表がなされたニンテンドーダイレクトでは、始めに「今作における参戦ファイターをまとめた映像」が流された。一見「これまでを振り返ってみましょう」という体裁でありながら、これこそが本発表最大のサプライズであった。

この際の発表順が、ファン心理を突いた巧妙なものであるため、発表順とそこから推測される制作者側の心理誘導を以下にまとめる。
スマブラの反応シリーズ動画などでサプライズの大きかった部分については背景で示す。
リストラの理由になりがちな「他社「コンパチ(元コンパチも含む)」については色を変えて示す。
以下はネタバレのため、未視聴の方は、ここから下を読む前に上記動画または公式YouTubeニコニコ生放送を視聴することを推奨する。

No. ファイター 解説
01 マリオ
04 サムス 発表が番号順でないことを示す
一部ファイターがリストラされるのではというミスリード
06 カービィ
14 クッパ
03 リンク 『ブレス オブワイルド仕様に変更
爆弾リモコンが二連
02 ドンキーコング
07 フォックス スターフォックス零仕様
20 ファルコ コンパチ 同上
21 マルス
17 ゼルダ 神々のトライフォース仕様に変更
16 シーク
45 むらびと
27 メタナイト
24 ミュウツー
38 ソニック 他社
任天堂セガの蜜から他社の中ではリストラの可性が低い
13 ピーチ キノピオが通常必殺技以外でも登場
08 ピカチュウ ボルテカー仕様が変更
15 アイスクライマー 復活
前作リストラの理由がマシンスペックなので復活は有
投げハメ対策済み
64 インクリング 新規参戦
参戦は事前発表あり。スマブラでの仕様一通り見せる
11 キャプテン・ファルコン
29 ゼロスーツサムス
47 Wii Fit トレーナー
-- ポケモントレーナー 復活(ゼニガメフシギソウポケモントレーナー)
アイスクライマー同様、マシンスペックリストラの理由だったので復活有
33 ゼニガメ
34 フシギソウ
35 リザードン
10 ネス
37 リュカ
60 リュウ 他社
23 ガノンドロフ コンパチ 『時のオカリナ仕様に戻る
32 アイク 蒼炎の軌跡』『暁の女神』両バージョン使用可
61 クラウド 他社
任天堂ハードでの展開がほとんどないことなどから前作の参戦自体が奇跡であったという見方が強く、前作他社の中では最大のリストラ
31 スネーク 復活 他社
コナミ小島プロダクションをめぐる事情や、前作でリストラされたことから復活からは最も遠いと思われていたファイター
シャドーモセスとおぼしき背景から光学迷彩で登場することで、上記の要素と合わせて、本発表最大のサプライズを演出する
全員 登場
EVERYONE IS HERE
最も参戦が難しかったファイターの紹介を以て、本作では過去作の全ファイターが登場することを満を持して発表する
英語では「IS HERE」の解釈に幅があるため、次以降の紹介順でこれを確実にするという演出になっている
12 プリン 毎回参戦しているが、毎回リストラ補に挙がるポケモン
19 ピチュー 復活 コンパチ
ピカチュウのコンパチであることと意図的に弱く設定されていることから、復活の可性がまず考えられなかったファイター
プリンピチューの発表によって、間違いなく文字通り「全員」登場することを強調している
25 ロイ コンパチ
40 ピクミン&オリマー
36 ディディーコング
41 ルカリオ
21' ルキナ コンパチ
ここで「'」(海外ではε)という意味深な表記が登場
56 ルフレ
63 ベヨネッタ 準他社
版権が全には任天堂にないこと、悪魔ゴア・セクシーなどの表現から有リストラ
50 ゲッコウガ
26 Mr.ゲーム&ウォッチ 技がより原作に忠実に
18 ドクターマリオ コンパチ
42 ロボット
59 ダックハント
28 ピット
28' ブラックピット コンパチ
54 パルテナ
62 カムイ
58 クッパJr. 色替えでクッパ七人衆も続投
43 トゥーンリンク
22 こどもリンク 復活 コンパチ
トゥーンリンクの直後に出すことで、トゥーンリンクこどもリンク同一視されて事実リストラという可性を払拭
39 デデデ
48 ロゼッタ&チコ
51 Miiファイター 格闘タイプ Switch本体でMiiがあまり活用されないことや、はたして彼らを参戦ファイター扱いしていいのか、ということから全員登場」のに含まれない可性を払拭
52 Miiファイター 剣術タイプ
53 Miiファイター 射撃タイプ
30 ワリオ
49 リトル・マック
55 パックマン 他社
本作は制作バンダイナムコエンターテインメントであることからリストラの可性は低い
57 シュルク
44 ウルフ 復活
前作のインタビュー桜井氏が「未来のないシリーズは優先度が下がる」という発言をしており、当時のスタフォシリーズの停滞ぶりがリストラの要因になったという見解が一般的だった。しかし後にスタフォシリーズの新作が発売されウルフが次作のスマブラで復活できるか否かが注を集めていた。
そこに「全員 登場」という告知にスネークピチューなどの復活が絶望視されていたキャラクター達の参戦により、復活の期待が登りしていく中で満を期して登場。ウルフの参戦発表を以て「for」で不在だったキャラ全員参戦となり、視聴者は本当に歴代全てのファイターが参戦することを確信することとなった
46 ロックマン 他社
全員登場を再三強調し、先に同社のリュウを見せた上で満を持しての表。最後の切り札ブルースフォルテ追加
乱闘
スマッシュブラザーズ
S P E C I A L
09 ルイージ コンパチ(ルイージ)
リストラはあり得ないので満を持してのオチ担当
忘れていませんでした?
05 ヨッシー
全 員 参 戦

このように、見事な視線誘導により「全員参戦」のインパクトをこれでもかと強調し、E32018のハナを飾った。

本発表は、プレゼンテーションや広報においていかに印を強めるかの教科書としても優秀なので、ビジネスの分野で活躍したい人は何度も見て研究するといいかもしれない。

待たせたな。」

all

本当にな。

東方非想天則

東方緋想天』頒布時、(弾幕アクションとしての)前作『東方萃夢想』から紅美鈴のみ登場しなかった。
しかし、『東方非想天則』にて復活。『萃夢想』では追加パッチゆえ存在しなかったオリジナルストーリーも作られた。
これにより、『非想天則』は、『萃夢想』系統のキャラクター全員参戦したといえる。

東方Project全体のキャラクター全員参戦したゲーム現在も作られていない。

ポケットモンスターシリーズ

ルビー・サファイア』発売時、すなわち第2世代と第3世代の間に「リストラ」があった。

金・銀』までで251種類ものポケモンデータがあったが、これを『ルビー・サファイア』は一旦整理し、新ポケモンを含めて202種類が「ホウエンずかん」に登場した。
このため、GBCGBA間に通信機がないことを理由に、一部ポケモンリストラされるのではという憶測がファンの間でささやかれた。

しかし解析により、これまでに登場したすべてのポケモンデータ上収録されていることがのちに判明し、『ルビー・サファイア』に登場しなかったポケモンも『ポケモンコロシアム』『ファイアレッド・リーフグリーン』『エメラルド』などで順次解禁された。

最終的には、幻のポケモンを除くすべてのポケモンが、第3世代のいずれかのソフトで手に入るようになった(ルギアホウオウは当時幻のポケモン扱い)。

第4世代以降は、以前の世代のソフトからポケモン転送できるのが通例となったため、「全員参戦」という意識はユーザーの間にあまりない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%A8%E5%93%A1%E5%8F%82%E6%88%A6
ページ番号: 5532267 リビジョン番号: 2638228
読み:ゼンインサンセン
初版作成日: 18/06/15 03:34 ◆ 最終更新日: 18/11/01 18:52
編集内容についての説明/コメント: スマブラのコンパチ関係を編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

全員参戦について語るスレ

99 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 17:32:20 ID: NZVi3nJQcz
星のカービィ本編でも全員参戦したもよう
100 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 17:51:38 ID: eiEmxd5I82
今作(スマブラsp)の全員参戦pvがいかにして作り込まれていたかを思い知らされる良記事でした
発売が楽しみになってきたからくやりたいわ
101 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 12:28:26 ID: tHiWH0TjWb
>>sm34141394

良MADあったので宣伝をば
102 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 14:47:18 ID: AKhIvuaKPq
まとめの直後、視線誘導というより、思考誘導の方が正しいと思うんだけど、どうだろう
そこまで国語が高い訳じゃないからちょっとよくわからなくて
103 : ななしのよっしん :2018/11/10(土) 20:37:38 ID: 39hftLqtty
ゲーム界の百科事典
104 : ななしのよっしん :2018/11/12(月) 20:54:32 ID: JdD8tNQHos
全員参戦したお陰でダウンロードコンテンツが参戦するのか予想不可能という副産物まで引き起きてしまった。
とても面い事態だけど
105 : ななしのよっしん :2018/11/14(水) 14:45:01 ID: 4Uyuq9xVp0
最初期8名から製品版収録の全員まで解放人数尋常じゃないから、
試合回数による解放は5戦毎に適用ぐらいまでにマイルドになってそうだな
106 : ななしのよっしん :2018/11/14(水) 16:41:02 ID: 2meGuZ4IvQ
仕方ないことだし批判したいわけじゃないけど
リンクBotW仕様になって
衣で大人リンクが表に出ていない
(カラバリで選べるけど)のが
個人的に全員参戦というキャッチコピー
違和感を産んでしまっている
107 : ななしのよっしん :2018/11/14(水) 16:51:08 ID: nx1b4NgTbR
DLC時オカリンクトワプリリンク参戦の可
108 : ななしのよっしん :2018/11/14(水) 19:45:12 ID: OeNKOmymOz
毎回全員参戦してると思いきや実は達成出来ていない無双OROCHIさんも少しは見習って
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス