麒麟がくる単語

キリンガクル
3.0千文字の記事
  • 26
  • 0pt
掲示板へ

麒麟がくるとは、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された、第59作大河ドラマである。

概要

1991年に放送された大河ドラマ太平記」の脚本を務めた池端俊策がメインライターを担当する、原作ドラマ書き下ろしの作品で、明智光秀主人公とした大河ドラマ演は長谷川博己

大河ドラマの原点に戻る「一大叙事」を銘打ち、に包まれた明智光秀の前半生にもスポットライトをあて、戦国時代の転換点である本能寺の変へと向かっていくものとなるようだ。タイトル麒麟には、16世紀の混迷の中における仁徳の王の化身の意味合いが込められており、果たして麒麟すのはのことなのか?というのも、本作の見所の一つとなっている。

また、作は伝統的な王道大河ドラマである一方、時代考の面においては最新の研究動向も取り入れており、子二代で盗りを成し遂げた斎藤道三保守的で中世的な織田信長、権謀術数にたけた足利義昭といった面にもスポットライトを当てる一方、明智光秀スタート地点は従来通りの美濃斎藤家臣であるように、ある程度折衷的なものになっている。

なお、帰蝶役は当初沢尻エリカが予定されていたが、2019年11月16日に発覚した物問題によって降し、5日後の11月21日に代役として川口春奈が選ばれ、初回分から撮が撮り直されている。

上記の不祥事に加え、本来2020年に開催される予定だった2020年東京オリンピックパラリンピックの大会放映に伴う計5週分の放送休止分の放映話数の短縮、さらに新型コロナウイルスにより撮が中止に追い込まれた為6月7日から8月までの放送休止が決定。上記の東京オリンピックが1年後に延期により生じた放送分をもってしても足りないことから話数短縮も危惧されたが、8月30日より当初の予定通り全44話での放送となる。

スタッフ

登場人物・キャスト

明智家

明智十兵衛光秀(演:長谷川博己
煕子(演:木村文乃
たま/細川ガラシャ(演:芦田愛菜
牧(演:石川さゆり
明智安(演:西村まさ彦
明智左馬助(演:間宮祥太朗
明智綱(演:尾関伸次)
藤田伝吾(演:徳重聡)
斎藤利三(演:須賀貴匡

織田家

織田信長(演:染谷将太
帰蝶(演:川口春奈
織田信忠(演:井上瑞稀)
お市(演:井本彩花
織田信秀(演:高橋典)
土田御前(演:檀れい)
織田信勝(演:木村了)
織田信広(演:佐野泰臣)
織田(演:木下ほうか
織田五郎(演:梅垣義明
斯波義統(演:有馬自由
羽柴秀吉/木下藤吉郎(演: 佐々木蔵之介
なか(演:
黒田官兵衛(演:濱田岳)
平手政秀(演:上杉祥三)
柴田勝家(演:安藤政信
佐久間信盛(演:金子ノブアキ
丹羽長秀(演:松田賢二
前田利家(演:入江甚儀)
毛利新介(演:今井
森蘭丸(演:板垣瑞生)

美濃の群雄

斎藤道三/利政(演:本木
斎藤義龍/高政(演:伊藤英明
深芳野(演: 南果歩)
小見の方(演:片岡京子
斎藤孫四郎(演:長谷川純)
土岐頼芸(演:尾美としのり)
土岐頼純(演:矢野聖人
稲葉一鉄/良通(演:村田雄浩)
日根野備中守(演:山本

室町幕府

足利義輝(演:向井理
足利義昭/覚慶(演:滝藤賢一
三淵藤英(演:谷原章介
細川藤孝/斎(演:秀和)
細川忠興(演:望月歩)
一色藤長(演:上杉
細川藤賢(演:英臣)
摂津晴門(演:片岡鶴太郎
足利義栄(演:一ノ瀬颯)

朝廷

正親町天皇(演:坂東三郎
王(演:加藤清史郎
覚恕(演:春風亭小
近衛前久(演:本郷奏多
二条晴良(演:小藪千豊)
三条西実澄(演:石橋

三好家

三好長慶(演:山路和弘
三好義継(演:康)
松永久秀(演:吉田鋼太郎
三好長逸(演:宮原
岩成友通(演:高野
三好宗渭(演:けんじ)

畿内の群雄

細川晴元(演:国広富之
筒井順慶(演:駿太郎
浅井長政(演:金井浩人)
顕如(演:武田幸三)

松平家/徳川家

徳川家康(演:風間俊介
築山殿(演:小野ゆり子
松平広忠(演:浅利陽介)
大の方(演:松本若菜
水野信元(演:横田
応尼(演:響子

今川家

今川義元(演:片岡之助)
太原雪斎(演:伊吹郎)
朝比奈徳(演:山口木也)

朝倉家

朝倉義景(演:ユースケ・サンタマリア
朝倉景鏡(演:手塚とおる)
山崎吉家(演:榎木孝明

武田家

武田信玄(演:石橋

市井の人々

駒(演:門脇麦
菊丸(演:岡村隆史
望月(演:堺正章
呂波太夫(演:尾野真千子
今井宗久(演:陣内孝則
井宗室(演:寿楽)
宗次郎(演:大塚明夫
次(演:玉置央)
トメ吉(演:之)
芳仁(演:ベンガル

トリビア

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 26
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

麒麟がくる

2354 ななしのよっしん
2022/03/14(月) 14:28:40 ID: NgVatTJs7V
門脇さんは脚本と演出の通りに演じてただけだし、色々気の毒だわ

少し前に太平記オリキャラ良かったと書かれてたけど、あれもましらの石は評判あまり良くなかったし、池端さんは基本オリキャラ下手だと思う。
光秀三、信長等の書き方は今でも普通に好きだからこそ、色々言われるの仕方ないけど体ないという気持ちにもなるんだよなあ
2355 ななしのよっしん
2022/06/03(金) 23:22:31 ID: qzAgOwRQSb
駒は流石ストーリーに関わりすぎだなと思った
物語上の役割もフワフワしたものだったし
2356 削除しました
削除しました ID: aGEaEW89x1
削除しました
2357 ななしのよっしん
2022/07/10(日) 19:34:49 ID: Q6C11S91Wr
一番好きなシーンを選べって言われたら、義の最期かなぁ、やはり
2358 削除しました
削除しました ID: q9Ejt5nlld
削除しました
2359 ななしのよっしん
2022/07/25(月) 16:23:01 ID: NgVatTJs7V
コロナければ長篠はやる予定だったのかもなあ。
前半の十兵衛の関りを印付けてた時は多分長篠に結び付けるんだろうと予想してた。

制作発表時は光秀の武将的な面も出すと言ってたのにコロナでそのあたり色々つぶれたのが1番残念だった。
武官というより文官みたいに思われてることよく見るから、その辺りの認識変わってくれるかもと期待してた。
2360 ななしのよっしん
2022/08/14(日) 01:17:45 ID: M/xA0oYtlF
個人的に『麒麟がくる』の斎藤高政織田信長って
根本的には同じ種類の人間だと思った。
どちらも、からのっ直ぐな情と
周りからの承認欲求に飢えていて、
そのために血を流さずにはいられない。

ただ、戦下手で自信のい高政は周りを欺く卑君になり、
戦上手で自信過剰な信長は周りを省みない暴君になってしまい、
本編のような経緯を辿ってしまったのではないかと。
2361 ななしのよっしん
2022/08/25(木) 00:27:55 ID: v76Xazaxns
惜しかった駄作、名作になりえたなれの果て
宝石の原石を磨こうとして巨大ハンマーを振り下ろしたみたいな

義昭とかなんであんな日替わりキャラだったん
2362 ななしのよっしん
2022/08/28(日) 23:35:38 ID: 7YKbXTKpKT
長良川とか狭間とか今でも予告見るだけで燃えるし序盤は本当に名作の雰囲気があった
それが中盤以降浪人時代と実質オリキャラと化した摂津の陰謀パートや駒を始めとする別に重要でもなかったオリキャラパートで時間を駄にし終盤駆け足になった挙句俺たちの戦いはこれからだEND、がっかり具合では近年一番と思う
2363 ななしのよっしん
2022/11/08(火) 22:54:26 ID: a1PS9uYMQ/
今でも開き直って『センゴクベース光秀やりゃ良かったのにって思えるんだけどなあ。
長谷川博己染谷将太ならあのヤバい光秀信長を演じられただろうし。