異世界迷宮の最深部を目指そう単語

イセカイメイキュウノサイシンブヲメザソウ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

『異世界迷宮の最深部を目指そう』とは、オーバーラップ文庫より刊行されているライトノベルである。 著者は割内タリサイラスト担当は飼沙

ここが、『ここ』こそが概要の階層!

小説投稿サイト小説家になろう」にて2012年10月19日より連載開始。 2014年3月書籍化発表exit、同年10月に1巻が発売される。2020年8月現在、既刊14巻。 通称は『いぶそう』である。また2019年7月よりコミカライズ連載が開始、単行本は2020年8月現在、既刊2巻。

まぐるしく変化していく怒涛の展開、緻密な世界設定や周到にり巡らされた伏線、熱く燃え上がる迫満点の戦闘描写、キャラそれぞれの抱えた背景の掘り下げと苛なまでのなど、要素の一つ一つが丁寧に組み上げられている。
タイトル通り異世界迷宮探索するという現在ではポピュラーなものであるが、基本はシリアス路線をいくものの、恋愛要素、友との友情、師も含まれており、王道的展開を踏襲しつつも読者を飽きさせないものとなっている。そして突き詰められた世界観も噛み合って、とても読み応えのある作品となっている。
ついでに裏切りのしょっちゅう有り。

大百科の記事としては少々偏った紹介ではあるかもしれないが、なろう系小説としては古参であるものの、同期の他作品より埋もれがちであり、ジェットコースターさながらな急転落と急上昇を繰り返す展開に、途中で振り落とされそうになるかもしれないが、3章(書籍6巻)まで読んでもらえれば文句なくオススメ出来る事を実感してもらえると確信できる作品である。

ここが、『ここ』こそがあらすじの階層!

見覚えのない回廊覚めた相川渦波は、魔物から受けた傷をラスティアラという美少女に治療してもらい、ここが非常にゲーム的な異世界であることを知る。カナミは優遇されたステータススキル武器に、世界に優遇された全てを利用し、才ある仲間たちと共に少年は『どんな望みでもう』と噂される迷宮の最深部に向けて突き進んでいく――。

これは少年迷宮の最深部(しんじつ)を暴き、願いをえる物語

ここが、『ここ』こそが登場人物の階層!

相川 渦波(あいかわ かなみ)

絶対におまえを助ける。そのためなら、は――!!

本作の主人公異世界に迷い込んだ高校二年生。
素質が7.00と異様に高く、魔に特化している次元属性魔法使い次元属性の才しかないはずだが、なぜか氷結魔法剣術が使える。異世界ではゲーム的な『システム』の恩恵を受けているが、全ての理由は不明。 元の世界に帰るため、異世界迷宮の最深部をす。
同胞を探す的で「キリスト・ユーラシア」という偽名を名乗る。書籍版では「ジークフリート・ヴィジター」という偽名に変更されている。
性格はよく言えば慎重、悪く言えば優柔不断。適度な正義感とモラルを持つものの中々の被トラブル体質。

自覚はいが重度のシスコンであり、掲げる第一的は『幸せ』。

尚、天然の女たらしでもあり、そのことで後にヒロイン達の苛な好意を集めて息を吸うように地雷原をタップする。

ディアブロ・シス

――なあ、良かったらだが、と一緒に迷宮へ行ってみないか?

金髪中性的少女。ただし本人は男をかたくなに自称している。
の才皆無だが、クラス剣士剣士に強い憧れを持っており、接近戦を非常に好む。カナミ仲間となり、共に迷宮攻略を開始する。 ちなみに、彼女を男と信じている人は少ない。
性格は純で基本は英雄譚に憧れる乙女であるものの、決断を下した際には非常に苛な一面を見せる。

掲げる標は『を手に入れて周囲を見返す』こと。

例して『キリスト』に対する依存度も高くなっていく。

マリアディストラス

……私はマリアといいます。名前はマリアです

ファニアの辺に生まれた黒髪少女。少々発育不足の13歳。
その容姿と少し秀でた『素質』から奴隷市場に赴いた際にで主人公に留まり、後にオークションで性質の悪い貴族奴隷として売られそうになっているところを咄嗟に買い上げられる。奴隷からも解放され、自身の持つ本質を見抜く特殊な『』によって主人公のお人好しな一面を見抜いたことにより、徐々に主人公に心を開いていく。火炎魔法の適正と狩の知識が少々あるものの、主人公める迷宮探索仲間としての不足に焦りを覚える。
性格は、強がって見栄をっているものの本質は寂しがりやで年相応の甘えたがり。

その生い立ちから親しい者からの情に飢えており、主人公に『家族としての繋がり』を強くめる。

燃え上がるような淡い心が、後に物理的に主人公を焦がす。

スティアラ・フーズヤーズ

あなた、本当におもしろいです――

砂が流れているかのような長に、人形のように整った顔だちの美少女
主人公が死に掛けていた所に遭遇し、自身の持つスキル『擬』により主人公興味を持ち、助けた上で手助けをし後に仲間として探索をすることを申し出る。
本人ミステリアスな振舞いと物言いで主人公を掻き回し、慎重な姿勢を心がける主人公を引っって心躍る冒険へと誘う。前衛向きでありながら多くの魔法も扱え、武器は何でも使えるというオールラウンダー。
主人公に『素質』というものの違いがどういうものかを示し、どこか舞台に上がった物語のような言動をめかす。 性格は奔放で享楽的で、とにかく前向き。主人公く慎重な自分と冒険思考のラスティアラでどうにかバランスが取れると言わしめるくらいであり、とにかく『物語のような冒険譚』が大好き。

一番の的は言わずもがな心躍る冒険』。尚、その思考に主人公は出生の秘密などから違和感を覚える。

尚、本来ハチャメチャな性格なはずなのだが、主人公含め問題だらけまともな人物が少ないために、一週回って 一番まともなことが多い。……というか他が酷い。

ここが、『ここ』こそが用語の階層!

ここが、『ここ』こそがいぶそうの用集!ネタバレが含まれた階層だ!
この大長編の試練を読むかどうか迷ってる諸君に興味を持ってもらうため、多少先取りして魅を伝えるために用意したものだな!
本来なら読み進めれば説明口調自然と明かされていくものではあるが、用のかっこ良さを触りだけでもにすることで興味を持って貰えれば幸いだ。
出張の上急造で申し訳ないが、覚悟があるならば心して覗いてくれ!

迷宮

大陸に各地にある巨大遺跡から繋がる文字通りの迷宮で、千年前に何者かによって創造されたと言われている。 1章の物語開始時点では二十三層まで攻略され探索者の手が入っており、そこまでは『正』と呼ばれる正規ルートが開拓されている。 層まで存在すると噂されていて、最深部まで辿り着いた者には何でも願いがう『奇跡』が用意されていると言われている。
尚、最新7章現在、階層攻略深度に対して半分以上はまともに探索していないとは言ってはいけない。

魔法

舞台となる世界において、魔と呼ばれる要素を『血』に刻まれた性質によりに変換して行使する行為全般をす。 基本属性の『火』『』『土』『木』『』の五つと『属性』の魔法他、少々特殊な位置付けの『魔法や、マイナー属性の『』『闇』『次元』『』『血』といったものがある。 広く信仰されているレヴァン教の『聖人』が魔法の基礎を築いたと言い伝えられている。 基本的に一人に扱える属性は『』『属性』を除いて一種類のみとなる。
後述する『守護者』と呼ばれる存在は、それぞれ世界の『理』まで至った一点特化の属性を駆使して探索者を待ち構える。

探索者/騎士

前者は迷宮探索を生業とする者達をす。 迷宮に出現するモンスターを倒すことによって得られる『魔石』などの産物により発展してきた大陸の戦の大部分を兼ねていて、時にギルドのような組織が請け負った依頼をこなしたり根ざした地域の治安維持を担当したりと、トラブルシューターのようなこともしたりする。 後者や組織に所属する正規戦であり、迷宮探索者としても活動することもあるエリート集団。 それぞれ魔法技を駆使して有事の際にはそのを発揮する戦闘要員である。

上の七騎士(セレステアルナイツ)

上記の騎士に分類されるもので、第一章から度々舞台となる『フーズヤーズ』教である『レヴァン教』の擁するエリート集団。 登場当初から主人公を取り巻く環境により基本的には立ちはだかる位置付けになる。
社会的地位も確立しており、実義によって選出されるものの多くは貴族の関係者および当事者である。 相応に人類の中でも最高峰の『レベル』や『ステータス』を備えており、例え主人公が退けても策謀を持って封殺してくるような手合いもおり、以降の物語においても要所要所でキーパーソンとなり得る人物を排出する。

守護者(ガーディアン)

迷宮内において、10の倍数の階層において探索者達を待ち構える階層で、所謂ボス格。
姿形は人であるが、それぞれの属性に突出したことによって世界の『理を盗むもの』にまで至った存在であり、モンスターに分類される。 初めて人類である探索者が階層に赴いた際に、迷宮から『想起(ドロップ)』されることによって、それぞれの的の為に活動し始める。創造者の意図としては探索者を最深部に導く助けにするというものであるが、その制御を半ば離れている節が見受けられる。
章毎に性別関係なく裏のヒロインるといっても間違いではない。

十層守護者『火の理を盗むものアルティ

人類が迷宮の10層に辿りついたことでドロップされた『守護者(ガーディアン)』。
見た赤髪赤目幼女で、10歳前後ほどに見える。体の一部が炎に変換されており、その部分には包帯を巻いている。言動は大人で尊大な態度をよくとる。 火炎魔法に特化している。
ヤンデレ着火

二十層守護者『闇の理を盗むものティーダ

人類が迷宮の20層に辿りついたことでドロップされた『守護者(ガーディアン)』。
い液体状の身体をしており、顔は凹凸のない能面のようである。 戦闘大好き戦闘狂。 精干渉系の魔法を得意としている。
噛ませ感。だがしぶとい。

三十層守護者『地の理を盗むものローウェン

人類が迷宮30層に辿りついたことでドロップされた『守護者(ガーディアン)』。
くすんだ色のを垂らした青年。どこかやつれた印を与える。 剣術に特化しており、組み合わせて水晶を用いた魔法を駆使する。
不憫MAX

以降、読み進めることによってそれぞれ階層に遭遇していくことになる。
急造により断拝借したが、パーティメンバーヒロイン補もじゃんじゃん増えていき迷宮真実に触れていくことで加速するように複雑化していく人間模様は、是非そので確かめてくれ!
因みに、守護者としての階層名乗り上げもそれぞれ心からの叫びを表していて味わい深いので、要チェックだ!

ここが、『ここ』こそが関連動画の階層!

ここが、『ここ』こそが関連静画の階層!

ここが、『ここ』こそが関連商品の階層!

コミカライズ

ここが、『ここ』こそが関連項目の階層!

ここが、『ここ』こそが関連リンクの階層!

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%95%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%BF%B7%E5%AE%AE%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%B7%B1%E9%83%A8%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%9D%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

異世界迷宮の最深部を目指そう

34 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 08:58:01 ID: 2g5ilES4EV
コミカライズおめでとう
35 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 22:05:48 ID: lhE8zusaU1
新刊まだかな?って久し振りに調べてたらコミカライズだと!
掲載サイトコミックガルド作者リトルウィッチアカデミア漫画作者の左先生だって!?

アニメ化への野望に一歩近づいたな
にわかから太郎呼ばわりされて最終話洗脳エンドになってドン引きされるとこが見たいんじゃ〜
36 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 01:00:42 ID: xESWqgqJ/e
やらなきゃいけないこと全部投げ捨てて一気読みしたけどすごい

ナミアレコレでうぉおおおいってなった。
好きなキャラ挙げてって言われたら選べ切れないくらい魅的なキャラクターがたくさんいるけどしいて挙げるとしたらノスフィーって答える。
37 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 02:59:22 ID: vhJEpXvBH6
くどいってのはこれ好きな人も皆思ってるのよな多分
けどこういうの好きな人には文章がくどいのは一切減点対にならないからまあわかり合えないよね
壊れきったメンヘラの霊を如何にして納得させて成仏に至るかって話だからやってることはファンタジーとかアクションよりもカウンセリング京極堂の憑き物落としに近い
そんで憑き物落としの果てにたどり着く死後の全てを賭けた叫びである『階層宣言』と生前の全てを凝縮させた『本当の魔法』がまあー好きな人には溜まらないほど好きだからその数行のための異常な量の文章もあんまり苦にならないんだよな
なろう全体にも言えることだけど無料開してるって事は客受けを一切考えなくていいってことなんだからこんなな量の導入が可なわけよ(なろうアニメ打率が低いのもこの長い導入を儀に再現しちゃってるからじゃなかろうか)
それはそうとグロとひと区切りの長さでアニメ化は難しいだろうから詠唱と階層宣言だけ集めた朗読CDとか出して欲しい
38 ななしのよっしん
2019/09/06(金) 18:19:51 ID: ZmFcQJjT8A
世界観的に海外作品を翻訳したかのような読みにくさがあるね
心理描写も何だか捉えにくく、結局何に対する心風景が描かれてるのかさえ分からないことがある
何度か読み返せば、と思うけど、何か別なことをしながら読める作品ではないな
39 ななしのよっしん
2020/01/24(金) 03:39:05 ID: IgUFK5k745
単純な話カロリーが高い。それが悪いとは言わないし、良いとは思うけど某解説兄貴も言ってたように疲れちゃうってのにも納得がいく。自分もこの作品読む時はできるだけ溜めて一気に読むようにしてるくらい。

設定とか世界観とか凄く作り込まれてるし、面いけど万人向けではないよなぁ。それこそリゼロ系統とも言える。
そういう意味ではコミカライズはかなり読みやすくなってると思うな。
40 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 01:07:17 ID: wP/xP+ChFZ
まだ途中までしか読んでないけど守護者の「階層宣言」が結構癖になるなこれ
41 ななしのよっしん
2020/08/02(日) 03:06:16 ID: KZEl2c0iJ9
かなみんのかなみんっぷりを楽しめるかどうかみたいな作品
42 ななしのよっしん
2020/08/25(火) 13:54:28 ID: 1hrJcT2OL5
>>33
なろう読者層のメインストリームと合ってないってのは分かるわ
心理描写、”溜め”にあたるストレス展開、文章自体の密度がやや濃いめの重めだよね
ま~あくまでなろう内での「やや」であって、濃い味作と言うまでには至ってない程度だとは思うけど

話変わるんだが、この小説を楽しんでるでもヒロインズだけは生理的にキツイ
全員ナミの意志を一切視して支配してこようとするし、精的な依存ばっかりで(が思う)恋愛とは異質すぎる
ファッションヤンデレ好きには非常に厳しいメンツだと言わざるを得ない
43 ななしのよっしん
2020/09/24(木) 14:49:24 ID: QsZkxv/uBg
見せ場の作り方が丁寧だし上手。魔法も階層宣言も、単体でカッコ良いだけじゃなくて、意味が通るようになっているのが素敵。

急上昇ワード改