アプサラス(MA)単語

アプサラス

アプサラス(APSALUS)とは、「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場するジオン公国モビルアーマーである。Ⅰ~パイロットアイナ・サハリンに限りギニアス・サハリンも同乗。

概要

一年戦争開戦直後、戦争期終結をすデギンギレンとは別に様々な計画を策定した。ギレンに疎まれた者やデギンを慕う者たちが彼のもとに集い、意見やアイデアを戦わせた。そんな中で誕生した計画の一つがアプサラス計画である。提案したのはジオン公国軍の技術将校ギニアス・サハリン大佐。彼は、自軍拠点からブースターユニットを装着して打ち上げ、宇宙を通り地球連邦軍本部のジャブローを迎撃ミサイルが届かない成層圏から攻撃・殲滅する新の要塞攻略モビルアーマーを作るべきだとしたのである。一見、夢物語だと一笑に付されたがギニアスは実際にそのモビルアーマーの設計図を作製し、提出した。条約でICBM(大陸間弾道ミサイル)等の使用を禁じられているためジャブローの対は意外と低いという盲点も突いており、夢物語とは言わせないだけの説得を有していた。技術的な課題は幾つか残されていたが、責任者のデギンはこの計画を裁可してギニアスに予算と人材を与えた。その後、人員を率いてザンジバル級機動巡洋艦ケルゲレン地球に降下したギニアスはアプサラスの開発に取り掛かるのだった。

なおアプサラスの名前の由来は、インド神話水の妖精アプサラスからと思われる。アプサラスはその美しさゆえ人間に狂気をもたらすと言われている。アプサラスという兵器に魅せられ、邪魔になる者は味方だろうと容赦なく殺するギニアスの狂気と通じる部分がある。

アプサラスⅠ

第08MS小隊の4話に登場。碗をひっくり返したような形で、カメラ用にザクの頭部が備え付けられている。ミノフスキークラフトを搭載し、大気圏内でも航空機同様飛行することができる。この機体はミノフスキークラフト実験機なため非武装で、ドップ2機に護衛されながら飛行試験を行った。非武装だがミノフスキークラフトの出を急に上げる事で周囲一帯に木々を吹き飛ばすほどの衝撃波を放て、この攻撃を待ち伏せを行った08小隊に使った。
08小隊との戦闘マシンガンの一斉射を受けて多数被弾し、加えてビームサーベルり付けられて煙が出るほどの満身創痍になるも撃墜されることなく離脱に成功している。

アプサラスⅡ

第08MS小隊の6話に登場。形状はアプサラスⅠと大差ないが、メガ粒子砲が装備され非武装ではなくなった。

場所を変え、アプサラスⅠ同様にドップ2機を護衛に付けて飛行試験を行っているときにアプサラス鹵獲しようと再び待ち伏せていた08小隊戦闘になる。08小隊の巧みな連携に苦戦するもメガ粒子砲で反撃、シロー機のビームライフルを破壊し、凄まじい火力を見せつけてミケルの心胆を寒からしめた。しかしその直後、シローの決死の突撃により機体に組みつかれ、至近距離からビームサーベルで刺された事により暴走シローを乗せたままヒマラヤまで飛んで行ってしまう。一夜明けたヒマラヤで連邦ジオン双方の救助隊がシローアイナを助けに来た際には機密保持のためにアプサラスⅡを自爆させている。機体を喪失するや否や、ギニアスはの開発を始めた。

なお中破したアプサラスⅡを解析した連邦軍は得られたデータを基にシミュレーションを行った。アプサラスⅡによるジャブロー強襲が行われた場合、宇宙上やジャブロー上でアプサラスⅡを食い止める事は出来ずジャブローは壊滅するという結果が導き出された。

小説版では展開が異なる。完成したアプサラスⅡは、テストがてら連邦軍のコジマ基地を襲撃。戦闘の経緯は描写されていないが、単機で基地を壊滅させるという恐るべき戦果を叩き出している。コジマ隊長以下、撤退がかった部隊は脱出に成功したが、逃げ遅れた部隊はジオン軍に包囲されて投降している。
その後、壊滅した基地に帰投してきた第08MS小隊と交戦。ミノフスキークラフト発生装置には斥場が発生しており、下方からのマシンガンを全く受け付けなかった。しかしシロー駆る陸戦型ガンダムの捨て身の攻撃により、損傷。機体に取り付かれてしまう。が、敵機のパイロットシロー(アイナ)であると互いに知り、戦闘が一時中断する。とはいえアプサラスⅡの機体が中破してしまったため、大事を取って撤退。脚部に取り付いた陸戦型ガンダムは、脚部ごと切り離す事で振り落としている。

アプサラスⅢ

第08MS小隊の9話~11話に登場。同時にラスボス機体である。

アプサラスシリーズ完成として開発されⅠ、とはべ物にならないほど肥大化し、形状も大きく変わっている。今まで一つだけだったミノフスキークラフト発生装置を二つ搭載し、リックドムのジェネレーターも流用している。結果、メガ粒子砲が従来より大幅にパワーアップした他ミノフスキークラフトの片方が不調になっても、残ったもう片方のミノフスキークラフトで飛ぶ(片肺飛行)ことが可になった。撃の際には両側に脚を2本、補助用の脚を後ろに1本出して位置を固定する。

物語終盤から、開発が進められているアプサラスⅢの姿が登場する。技術が心血を注いで製作しており、小説版では技術者の睡眠時間が4時間を割っている。ギニアスもまたを打って、強引に開発に参加していた。アプサラスⅢの完成こそがジオン勝利に繋がるとして、技術が一丸となっていたのだ。ついにアプサラスⅢが完成した時には、祝賀パーティーが催された。が、アプサラスを独占したいギニアスによってワインが混ぜられ、技術者全員死亡した。

一年戦争末期ジオンのラサ基地を包囲した連邦軍を壊滅させるべくグフ・フライトタイプ2機の護衛を伴って発進。で満たされた噴火口から姿を現した。小説版では、既に戦を失っていたラサ基地最後の希望として要員たちに送り出された。出撃の際はジークジオンの唱和まで起きている。
しかし、全てのバグを取り除くだけの時間はかったようで、戦闘の推移次第ではエラーを吐いて停止する危険性をんでいた。その際はギニアスが判断を下す事で強引に回避している。

作中では

連邦軍二個師団の攻囲を受け、ラサ基地の戦は底を尽き掛けていた。彼らの一の希望は、宇宙へ脱出できるザンジバル級機動巡洋艦ケルゲレン(病院船)であった。ノリ大佐の如き活躍により、長距離撃が可量産型ガンタンク全滅できたものの、依然として制権は連邦側にあった。

アイナ・サハリンはアプサラスⅢを使い、何としてでも病院船ケルゲレンを脱出させようと画策。脅しとして連邦軍に圧倒的な破壊を見せつけた。そしてケルゲレンを脱出させるため連邦軍に一時休戦を申し入れる。最初は断られるも、アイナの身を呈した行動により連邦軍も休戦に応じた。後顧の憂いをくしたアイナはケルゲレン笑顔で見送ったが、その間にギニアスがアプサラスⅢを全に支配下に置き、休戦を視して連邦軍のモビルスーツ隊の大半を一で火のに変える。アプサラスⅢが放ったビームは、なんと陸戦型ジム陸戦型ガンダムを貫通しており、出の高さと威える。少なくとも20機以上が撃破されたと思われる。この行為の報復措置として連邦軍もジム・スナイパーでケルゲレン狙撃し、撃墜してしまう(ただしアプサラスⅢの行動に関係なく、あらかじめ狙撃する気満々だった)。

その後、アイナをコクピットから落としたギニアスだったが直後にジム・スナイパー狙撃を受け、アプサラスⅢのミノフスキークラフト発生装置の片方を破壊され、間いれずに右肩部分も狙撃されてダメージを負った。狙撃された事で固定用の脚が折れてアプサラスⅢは地面に落ちた。この事に激怒したギニアスは修復作業を施し、再びアプサラスⅢを浮遊させる。ジム・スナイパーメガ粒子砲を喰らわせて撃破した後、フルパワーを以って連邦軍の部隊を粉砕しようと試みたが、シローアイナの乗ったEz8にコクピット叩き潰されてギニアスは死亡する。が、死の直前にフルパワーで照射されたメガ粒子砲は山の中を貫通し、後方に控えていた部のビック・トレーを衝撃波で破壊する。まさに執念である。を失ったアプサラスⅢはそのままラサ基地の火口に落下し、爆散した。

ちなみにアプサラスⅢのデザイン子宮モチーフにしたもので、作中でアイナが「可哀想に…だから、こんな子宮が必要だったのね…」といている。

アプサラス0

漫画機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α」に登場する実験機で大気圏突入のデータ収集用の機体。

アプサラスザク頭が付いているところに高機動型ザクの上半身を取り付けたような形をしており、緊急時にはザクの部分が脱出装置として働き、データの喪失を防ぐ。パイロットアイナ・サハリン連邦軍のコバイユ小隊シロー・アマダボールと交戦し撃破される。その際、アイナはザクの部分で脱出している。

ゲームでの扱い

同じ第08MS小隊出身の陸戦型ガンダム陸戦型ジムべるとアプサラスゲーム出演回数は少ない(そもそも陸戦型ガンダムらの出演回数が異常)。それでもギレンの野望戦士たちの軌跡にはしっかり出演していたり、ガンダムバトルクロニクルまではアプサラスⅡしか登場していなかったが次回作のバトルユニバースでは完成も参戦。
三本脚で歩くという、原作ファンビックリするような移動の仕方をする。あの脚は固定用じゃなかったのか?論、原作同様に脚を折りたたんで飛行する事も可

その一方で、GジェネアドバンスではアプサラスⅢはグロムリン進化前に過ぎない存在だったりする。また本作では宇宙・地上ともに活動可。ジャブロー攻略戦では、ギニアスがアプサラスⅢに乗り込んで侵攻してくるという、ジャブロー殲滅の夢がシナリオも用意されている。ところが……。
ジオン軍ザフト軍と組んでいる設定のためアプサラスⅢを量産して、人工AIに操縦させている。

ギレンの野望アクシズの脅威では超兵器ゼーゴックの登場でノリス、アイナ、ギニアスを犠牲にする必要があるアプサラス計画を行う価値が低下したりと踏み台も経験している。 
アプサラスⅠ、の全機が登場。Ⅰは非武装で、偵察機として使用できなくもないがルッグンを生産した方が安上がりである。では武装が付いたが、登場時期が遅いせいでゼーゴックに役割を食われている。しかも性が低いので撃ち合いにも負ける。まで進化させても大して性が変わらない上、アイナ、ギニアス、ノリスが戦死するという明らかに不釣合いなデメリットが付いてくる。しょぼい性なので第二部以降はただの的と化す。仮にもラスボスなのに酷い扱いである。
一方、連邦軍側でプレイすると第08MS小隊を使ってアプサラス計画を阻止するかどうかの選択肢が出る。阻止を命じると計画を頓挫させられるが、シロー行方不明になる。放置すると、アプサラスⅢとノリス率いる部隊がジャブローを襲撃してくる。

ガンダムトライエイジ」では通常のアプサラスIIの他、ビルドモビルスーツカラーリングコンテストの最優秀賞作品であるいアプサラスIIが登場。非常に大胆なカラーアレンジであるが、創作イメージとして「鮮やかながら甲殻類ベース生物的な気味悪さを含ませた」とコメントされているように、鮮やかな朱塗りが元カラー以上にメガ粒子砲口の恐怖を煽ってくれる。また、甲殻類を意識してか武器がメガ粒子砲にも関わらず水中の地形適性がかなり高いため、新たなジオン水泳部メンバーとして活躍できる。

PS2専用ソフトガンダム戦記」では連邦ジオン双方のミッションで登場。時系列的に連邦側が先となる。モビルスーツ部隊に護衛され、射爆場を飛行していたアプサラスⅡ。そこへマット・ヒーリィ中尉率いる連邦軍のMS小隊と遭遇し、交戦。護衛は全滅させられ、アプサラスⅡは墜落してしまう。アプサラスの護衛を命じられたジオン外人部隊連邦軍の回収部隊が同時に到着し、再びアプサラス周辺で戦闘が発生。パイロットアイナは外人部隊を巻き込むまいと機体の自爆を提案するが、説得されて思いとどまる。外人部隊は敵の回収部隊を全滅させ、アプサラス事虎口を脱した。

小説版では

小説機動戦士ガンダム 第08MS小隊」にも登場。基本的な設定はアニメ版に準ずるが、ところどころ差異がある。

幼少期、ギニアスは爆破テロにより生身のまま宇宙線を浴びてしまう。宇宙線に冒されたギニアスの視覚は、本来では見る事が出来ない宇宙線を視認した。それはまるで「」で、ギニアスの心に深く焼きついた。それから年が経ち、ジオンの技術士官となったギニアスは、の事をすっかり忘れていた。しかしテストキューブの中で見たメガ粒子砲実験を思い出す。小さなテストキューブの中ではなく、もっと大きなが見たい。この欲望からアプサラスの開発計画は始まった。ギニアスにとってアプサラスは、言わばの映写機である。

ギニアスの友人であるユーリ・ケラーネからは「オモチャ」呼ばわりされており、戦として見られていなかった。むしろ戦況が悪化する中、意味もを食い潰すアプサラスの事を疎く思っており、ギレン総帥にアプサラス計画の中止を申し出るほどだった。ギレンサインが入った中止命の書類をギニアスに突きつけたが、アプサラスの開発に固執するギニアスに射殺されてしまった。書類上は開発中止となっているため、形式番号は与えられていない。

先述の通りアプサラスの映写機として設計された。ゆえにメガ粒子砲拡散を採用。発射口から広がるギニアスを恍惚させた。「256発のメガ粒子砲を発射し、256標を同時に射抜ける」というトンデモを獲得しており、アプサラスに対兵装がいのは接近されるまでに全て撃ち落とせるからである。しかしジャブロー攻撃の的上、ヤノウィッツ技術少佐拡散はなく収束させるべきとギニアスに具申しているが、突然のごとく却下されている。「は、広がらなければならん……。」

アプサラスⅡは初陣コジマ基地を襲撃。圧倒的な火力で基地を壊滅させ、コジマ隊長を敗走させた。
アプサラスⅢはラサ基地に迫った2個師団の連邦軍相手に単機で無双に隠れ、狙撃しようとしたジム・スナイパー小隊全滅させる。また強メガ粒子砲連邦軍の7個大隊を壊滅させ、アプサラスに迫った軍の部隊をも全滅させるなどアニメ版とは異なる大戦果を挙げる。

しかしシロー捨て身の突撃により、アプサラスⅢの機体にEz-8が取り付く。パイロットギニアスを射殺され、アプサラスⅢはシローアイナのコントロール下に置かれる。ラサ基地から脱出するケルゲレン連邦軍から守るため、シローは奇策を実施。アプサラスⅢを巨大な映写機に見立て、たまたま残っていた「キャプテンジョー」のディスクを使って映像を流したのである。突然映画会開幕に然とする連邦軍。その隙を突いてケルゲレン包囲網を突破し、宇宙へと脱出。見事奇策は成功した。その後、2人は近くの町へ移動しようとしたが……。

全な包囲下からまんまと脱出を許してしまった連邦軍は怒り狂い、その矛先をアプサラスⅢに向ける。の中から出ていたアプサラスⅢは四方八方から集中火を浴びる。こうなるとミノフスキークラフトの斥場も用を成さず、火だるまと化して墜落した。

関連動画

 

関連項目

 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%B9%28ma%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アプサラス(MA)

56 ななしのよっしん
2018/02/14(水) 06:20:09 ID: VjUdqSLu2A
当時の技術で高機動ミノクラとあの威メガ粒子砲を作るのはオーバーテクノロジー扱いだと
ファクトファイルには書いてあった気がする

ギニアスが研究者を始末して開発資料も基地ごと消失して機体も失われたから
後世ではロストテクノロジーになったらしいが
57 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 22:10:46 ID: Cq+UnP8Xoq
>ギニアスが研究者を始末して開発資料も基地ごと消失して機体も失われたから
>後世ではロストテクノロジーになったらしいが
ここは上手い設定だよなーと思う
後の世に残したら色々歴史修正を余儀なくされるしな…
58 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 20:01:17 ID: /+LPHiUqkF
ギニアス様の技術が後世に残っていたら、
大変な事になりそう。
59 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 20:03:16 ID: E6fxMalkp1
ただビームばらまくだけの拡散メガ粒子砲が全部精密射撃になったりしてな
60 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 06:43:05 ID: /+LPHiUqkF
ミノフスキー粒子下なのに長距離から敵を撃破する現代戦と化しそう。
61 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 16:17:14 ID: Ih7KVRo0BT
一年戦争の中で現実に作られそうな兵器ナンバーワンな気がする
ナンバー2はビグロ
62 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 19:03:25 ID: /+LPHiUqkF
パンチで死んだラスボスという不名誉な点があるものの、
1回しか出撃してないのに、陸戦型ガンダムジム多数撃破、
ビッグトレー粉砕とかアプサラスⅢの戦果がヤバすぎる。

小説版では七個大隊と軍機の一個部隊を殲滅してるし。
63 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 10:50:03 ID: fvXhMe44wm
>>62 ネオジオング「格闘で死んだラスボスの」サザビー「何が悪い」デビルガンダム波動拳で死んだラスボスだっているんだぞ!」
64 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 13:02:15 ID: cEpyue2Xxl
アイナの言った「こんな子宮が必要だったのね…」って、に捨てられたからに代わる己の心の拠り所を己で作り出した、とかそんな概念的な意味での「子宮」ってことだと思ってたんだが、フォルムのモチーフでもあるんか。
でも、アイナがこれ直接フォルムをして「子宮」と呼んだんだったら、ギニア兄さんはわざわざ子宮の形に作ったって事になってもはやギャグ漫画の所業な気がするのだが。
65 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 20:14:27 ID: VjUdqSLu2A
作中のニュアンスとしては拠り所や母親メタファーの意味でいいんだと思う
デザインそのものが子宮だと気づくのは、あくまでメタ視点ということで

急上昇ワード