600族単語

ロッピャクゾク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

600族とは、ポケモン対戦において用いられる用の一つである。

概要

ポケモンステータスを決める要素の一つに種族値というものがあり、(詳細は省くが)一般的にこの値が大きいほどそのポケモンが強いということになる。

中でも種族値の合計が600というのは一般ポケモンの中では最高レベルに位置する。伝説のポケモンにも引けを取らない高さであり(Pseudo-Legendary、疑似伝説と呼ばれることも)、オンライン対戦においてよく見かける対策必須ポケモンとして挙げられることが多い。ポケモンの強さは特性タイプ・覚える技など多くの要素が絡んでいるため種族値が高いからといって条件に強いとは言えないが、シンプルステータスの数値が大きいというのはそれだけで十分な強みになるというのも事実である。両耐久など、戦術の幅を広げやすいのもメリット

シナリオでも四天王チャンピオンや敵幹部などが使用してくることもあり、印に残りやすい。ただし、進化スピードが極端に遅かったり、レベルアップで有用な技を覚えなかったりと、プレイヤーシナリオにおいて活躍させるのは意外と難しかったりする。

ちなみに600族という表現こそ非公式なものだが、公式としても彼らのことは特別な括りで見ているようで、2019年10月には「大器晩成なポケモン達exit」と銘打ったテーマグッズを作成している。

種族値は高いが600族に含められないポケモン

伝説のポケモン幻のポケモン
一般的に600族という用は通常ルールポケモン対戦において用いられているため、ルール上参加できない禁止級伝説および幻のポケモンは含めないことが多い。
ケッキングレジギガスヨワシ
これらのポケモンは何れも600をえる種族値を有しているが、視できないデメリット特性も持っているため600族としてカウントされないことが多い。
メガシンカポケモン
メガシンカポケモンの中には合計種族値600をえるものも多いが、条件が特殊なため普通は600族に含めない。
なお、後述のように600族の中にもメガシンカできるポケモンはいる。

ちなみに、「一般ポケモンなのに伝説並みに強い」という600族のニュアンスから準伝説ポケモンを含めないこともあるが、本記事では別で紹介する。

600族ポケモン一覧(一般ポケモン)

カイリュー

タイプ 特性
せいしんりょく / マルチスケイル(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
91 134 95 100 100 80 600

元祖600族で初代一のドラゴンタイプ系統。ハクリューレベル55で進化

初代最強の攻撃種族値を持つが、当初は技範囲の狭さから折の高種族値も腐りがちなステータスであった。しかし世代を追うごとに強な技や特性を手に入れるなど少しずつ強化を施されていき、一線で活躍できるポケモンに。強ライバルの存在や環境の逆が痛いが、油断していると全抜きされる危険があるため侮れない。600族という数値の偉大さを実感できるポケモンである。

なお、初代および第二世代の公式大会ではルールカイリューを選出すると残り2匹のレベルが強制的に最低50になってしまうという制約があった(バンギラスも同様)。

バンギラス

タイプ 特性
すなおこし / きんちょうかん(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
100 134 110 95 100 61 600

二世代で新登場した悪タイプをもつ600族。サナギラスレベル55で進化

さ以外が全体的に高準なステータスを持っている。また、特性「すなおこし」によりを変えることができ、効果により特防はさらに上昇。4倍弱点の格闘タイプを筆頭に弱点が7つと耐性はあまり良くないが、素の耐久が高いので半端な火力では弱点を突いても余裕で耐えてしまう。

第六世代ではメガシンカを獲得。タイプ特性も変わらないが、ステータス強化や奪取の手段として活用できる。特性のおかげで他のポケモンとも連携しやすく、「バンドリ」「バンギランド」といった楽しそうな名前の組み合わせもある。

ボーマンダ

タイプ 特性
いかく / じしんかじょう(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
95 135 80 110 80 100 600

第三世代で登場した600族ドラゴンコモルーレベル50で進化

火力と素さが高めのステータスで、他にべると低めの防御も特性「いかく」により補うことが可。攻撃系ステータスの高さとサブウェポンの豊富さから物理・特殊・両いずれもそつなくこなせるのが強み。

ORASではメガシンカを獲得。特性スカイキン」により高火力の飛行技を打てるようになった。また、物理耐久が上昇したことによって耐久も使われるように。

メタグロス

タイプ 特性
クリアボディ / ライトメタル(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
80 135 130 95 90 70 600

ボーマンダ同期となる第三世代の600族ポケモンメタングレベル45進化

見たに違わず物理ステータスが高めとなっており、鋼タイプゆえの耐性の多さも魅特性クリアボディ」により相手の「いかく」等によってステータスを下げられないのも強み。

第六世代では弱点に悪タイプゴーストタイプが追加されてしまったが、新登場のフェアリータイプに対しては強く出られる。またORASでは同期ボーマンダと共にメガシンカを獲得し、火力と素さが大幅にアップした。割と世代ごとの仕様変更の影を受けやすいポケモンとも言える。

ガブリアス

タイプ 特性
すながくれ / さめはだ(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
108 130 95 80 85 102 600

第四世代で登場した600族ドラゴンガバイトレベル48進化

102という絶妙な素さ、130という攻撃の高さ、それでもなお高準な耐久と、600という合計種族値駄なく配分したステータスとなっている。タイプ特性も技範囲も優秀で、かつては「(シングル)レート対戦の主人公」と称されるほどの使用率を誇っていた。しかし第七世代以降はフェアリー環境と素インフレにより使用率は落ち着いた。

第六世代ではメガシンカを獲得したが、特性が変化するほか、素さをかなぐり捨てたステータス変化となっているため、使用感は大きく異なる。

サザンドラ

タイプ 特性
ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
92 105 90 125 90 98 600

第五世代で登場した600族ドラゴンジヘッドレベル64進化

一般ポケモンの600族では初となる特殊寄りのステータスをしている。攻撃面は申し分ないのだが、如何せん98という微妙に低い素さとあく・ドラゴンというタイプの組み合わせから環境上位のポケモンには苦戦しがち。反面、小手先の戦法が効きにくいので格下には強く出られるとも言える。

命の珠やこだわり系アイテム、そしてダイマックス技による変化を生かした立ち回りが得意。また「サザングロス」「サザンガルド」といった名前に見られるように味方との連携の大切さも学べるポケモンである。

ヌメルゴン

タイプ 特性
そうしょく / うるおいボディ / ぬめぬめ(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
90 100 70 110 150 80 600

第六世代で登場した、一般ポケモンでは初となる単タイプ600族。ヌメイル天時レベル50で進化

特防が非常に高く、「とつげきチョッキ」を持たせようものなら特殊方面では要塞と化す。一方で防御は並レベル。高い特防を生かして耐久に育てるのもいいが、攻撃および特攻も低くなく、技範囲も物理特殊ともに広いためアタッカーとしても活躍させられる。

3つある特性は何れも防御系で捨てがたいものばかり。中でも専用特性である「ぬめぬめ」は物理技に対する牽制としても使える。

ジャラランガ

タイプ 特性
ぼうだん / ぼうおん / ぼうじん(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
75 110 125 100 105 85 600

第七世代で登場した600族ドラゴンジャランゴレベル45進化

庸な種族値配分と技範囲の狭さから登場時の評価は低かったが、USUMで専用Zワザ「ブレイジングソウルビート」をはじめとした習得技の大量追加によりダブルバトルを中心に一躍環境上位に。第八世代でもこの技追加の流れは健在。

特性は3つとも特定の性質の技を効化するというもの。特性を生かしつつ、隙を見て積み技を使い攻めていくのが得意。

ドラパルト

タイプ 特性
クリアボディ / すりぬけ / のろわれボディ(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
88 120 75 100 75 142 600

第八世代で登場した600族ドラゴンドロンチレベル60進化

高速耐久アタッカーを絵にかいたような配分をしており、600族の中でも屈った性をしている。そのため有利不利が非常にはっきりしており上手く相手を選んで立ちまわる必要がある。

ダイホロウによる相手の防御ダウンゴーストダイブによる回避性など、ドラパルトと同時に実装されたダイマックスとの相性は非常に良好。

600族ポケモン一覧(準伝説ポケモン)

ラティアス

タイプ 特性
ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
80 80 90 110 130 110 600

第三世代で登場したラテ兄妹

べると耐久寄りのステータスをしており、「めいそう」により火力方面を補うことも可。補助としてもアタッカーとしても活躍する。ORASではと共にメガシンカを獲得し、元々高かった耐久にさらに磨きがかかった。

ラティオス

タイプ 特性
ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
80 90 80 130 110 110 600

第三世代で登場したラテ兄妹

較すると攻撃⇔防御、特攻⇔特防の関係にあり、その高い特攻と素さを生かした特殊アタッカーとして活躍する。ORASではと共にメガシンカを獲得し物理方面での運用も可に。

ヒードラン

タイプ 特性
もらいび / ほのおのからだ(隠)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
91 90 106 130 106 77 600

第四世代で登場。

ステータスは特攻と防御特防が高め。また特性も含めると半減以下にできるタイプが11もあり、耐性は非常に優秀で受け出しがしやすい。4倍弱点の地面タイプが痛いが、「ふうせん」を持たせるという選択肢もある。

クレセリア

タイプ 特性
ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
120 70 120 75 130 85 600

第四世代で登場。ちなみに対となるダークライ幻のポケモンである。

メインは圧倒的な耐久からの補助。場を整えたあとに「みかづきのまい」で退場しつつ体全快のエースに繋げることも可。またラティアス同様「めいそう」で積みつつ自身がアタッカーになることも可

ランドロス

タイプ 特性
化身 すなのちから / ちからずく(隠)
いかく
HP 攻撃 防御 特攻 特防 合計
化身 89 125 90 115 80 101 600
89 145 90 105 80 91 600

第五世代で登場したコピペロスの親玉。2種類の姿があるが対戦でよく使われるのは霊フォルムの方。

耐性、特性、技範囲、全体攻撃の優秀さからシングルダブルともに猛威をふるう。強い要素の一つ一つに壊れたものはなく総合的に強いため、ガブリアスに代わる対戦界の主人公と呼ばれることも。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/600%E6%97%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

600族

16 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 11:46:42 ID: N8wPunHMYt
>種族値は高いが600族に含められないポケモン
>ケッキングレジギガスヨワシ

記事のこの部分って、デメリット特性うんぬんより、
合計種族値がぴったり600ではないからでは?
17 ななしのよっしん
2021/02/04(木) 23:57:21 ID: KTwmS0inhl
むし・ドラゴン600族とか出てほしい気持ちあるんだけど、出てもジャラランガを今の最低辺からワンランク上げるためのドブ要員として作られる未来しか見えんのがね...
18 ななしのよっしん
2021/03/14(日) 22:30:40 ID: ofclS62M10
今更だけど第三世代だけ二体なのは何でだろうな
ウルガモスなんかはポジション的には600族相当だが
オーバーパワーになるのを恐れて自重したんだろうか
19 ななしのよっしん
2021/03/19(金) 01:21:10 ID: 6vpyQH1l1t
第三世代はGBCとの互換切りの後だからカイリュー路線のドラゴン系のボーマンダバンギラス路線の鉱物系のメタグロス出したとかじゃねーかな
20 ななしのよっしん
2021/03/22(月) 19:44:56 ID: xm2OqC0WJs
>>17
一回だけでもいいから対戦で一線級の活躍をする

一般ポケモンの中で種族値600という特権を与えられた600族が絶対に達成しなきゃならないノルマよな

ガブやドラパみたいな強いが故に一部から疎まれる方が、6強い=人気600族ブランドポケモンの活躍として健全だというのをヌメとジャラが明したからな…
21 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 19:05:48 ID: xfKxrxi1iQ
なんやこの600族ドラゴン率の高さは…
22 ななしのよっしん
2021/04/17(土) 04:45:28 ID: 6vpyQH1l1t
強いドラゴンってのがイメージしやすいんだろうな
23 ななしのよっしん
2021/04/17(土) 07:33:49 ID: nRlXGyzVSD
600族だけでタイプ相性補できるようにさせないためっていう考察はたまに見かけるけど
同じく高種族値グループである準伝説タイプ構成が多様化しすぎて今となっては根拠になりえないな
>>22みたいな理由のほうが強そうだ
24 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 07:08:48 ID: FMRiAiy90Z
600族一気に復権してんのマジで笑ったわ
25 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 22:14:10 ID: XK24nOvCZZ
むし・ドラゴン600族ったって配分次第でしょ
AかCどっちか特化させて高速耐久持ちって弱点過多、技の通りの悪さと考慮すれば文句言われる程度にはやり過ぎ位で丁度いいと思うし

まあそういうタイプからして弱い野に限ってジャラランガみたいに弱点過多
世代限定アイテムでやっと使われるか程度だったりする中途半端なの出してきたりするから期待できないのは分かるがね