編集  

ZUNTATA単語

ズンタタ

ZUNTATAとは、株式会社タイトーに所属するサウンドチームである。 チーム名「ずんたた」は、3拍子を口ずさむ「ずんたった」に由来するとのこと。

ゲーマー的にはタイトーが開発・販売するゲームソフトサウンドクリエイター集団として著名である一方、自社カラオケ機器向けの音楽アレンジなども彼らが担っていた。

概要

1980年代後半から90年代初頭にかけて、ゲームミュージックは一種のブームを迎えていた。 各メーカーサウンドチームバンド化しライブ活動も盛んになり、サイトロンアンド・アート(当時)の バックアップもあってチームごとに個性を発揮し活動していた。タイトーサウンドチームもこの流れを受けて、 「ZUNTATA」の名前とシンボルマークデザインバンド化。現在受け継がれるシンボルマーク弁財天モチーフはこの時立ち上げられたもの。 ZUNTATAは当時のゲーム音楽の中でも際立った「メッセージ性」を発揮し、独自の地位を確立したチームである。 ゲームの展開に楽曲をもって物語性を与える方法を開拓し、後のゲーム音楽製作に大きな影を与えた。 否、現在も与え続けている。

2000年代に入った頃からタイトーゲーム製作にかかわる状況の変化などに伴って、スタッフの脱退や新加入、事業内容の変化などが相次いだものの、現在も活動は活発。同世代において名前や活動が立ち消え同然なバンドもある中、ゲーム音楽ブーム時代の世代としてはもっともタフなチームと言いうるかもしれない。

名前の由来[1]

昭和62年(1987年)、『タイトーゲームミュージックVol2 ダライアス』のレコーディング中にアルファレコードからユニット名のようなものを作らないかという提案があり、小倉久佳が同僚に相談した所、"ZUNTATTA","OTAMA","BENZAI-TEN"など幾つかの案が出され、最終的に"ZUNTATTA"から"T"を一文字抜いた"ZUNTATA"に決まった。ちなみにイギリスプロデューサー(ミュージシャン)のトレヴァー・ホーンが立ち上げたZTTレーベル略称が共通している点は全くの偶然である(トレヴァー・ホーンという音楽プロデューサー興味はあったがサウンドチームの名称決定には影していない)。

現在のメンバー

敬称

石川勝久
通り名ばびー(BABIZUNTATAリーダー5代目)。サウンドエフェクト(SE)担当であり、メタルブラックダライアス外伝ダライアスバーストなど数多くの作品のSEを手掛けてきた。「ZUNTATA-J.A.M.」のボーカルとして『電車でGO!』の題歌である「電車電車でGO!GO!GO!」の歌唱、さらに広報役としての仕事もこなしている。現在ZUNTATAにおける最古参メンバー1990年入社)。
土屋昇平
代表作はメタルウルフカオスダライアスバースト。他、携帯ゲームアーケード専用ゲームなどの楽曲も担当。
フロムソフトウェアから移籍し現在に至る。ZUNTATAブランド久々STGタイトルダライアスバースト」のメイン作曲を担当し、ZUNTATAの健在ぶりを見せ付けた。ダライアスバーストリミックスアルバムなどでも見せたように企画にも定評がある
正樹
通り名MASAKI。元からタイトーの社員としてサウンドに携わってきたが、COSIO亡き後脱退後に正式にZUNTATAメンバー入りした。COSIO後任としてCOSIOが担当してきたグルーヴコースターサウンドデザインなどを担当している。
下田
YS」の名義で知られる作曲2000年代初めごろから活動を開始し、インティ・クリエイツガストと移籍をしつつも作曲活動を継続ガスト退社後、フリーとして数年活動した後、2017年ZUNTATAメンバーとして加わった。

過去のメンバー・関係者

敬称

小倉久佳
通り名OGR。代表作はダライアスシリーズ(初代からGまで。バーストにはスポット参戦)、ニンジャウォーリアーズ(1987)。ZUNTATAライブではキーボード担当。言わずと知れたミスターZUNTATAタイトーサウンドチームZUNTATAを名乗る以前から、ゲーム音楽作曲をしていた(影の伝説奇々怪界など)。詳しくは独立を参照されたい。
現在フリー
高木正彦
通り名Mar.。代表作はラスタンサーガシリーズナイトストライカー(1989)。3代リーダーZUNTATAライブではギター担当。
古参メンバーの一人。ヒロイックだが何かしら捻りを利かせた作曲が特徴。しいところでは、GAMERA2000(1997)のメイン作曲も担当。ZUNTATAブランドを背負って他社作品の作曲を引き受けた、稀有な例である。
現在は後述のSayokoこと上田砂代子氏と結婚し、ZUNTATAを離れている。
渡部恭久
通り名Yack。代表作はサイバリオン(1988)、メタルブラック(1991)、など。ZUNTATAライブではキーボード担当。
元々は作曲興味がなかったらしい・・・が、名作多数。詳しくは独立を参照されたい。余談だが、対戦格闘ゲームカイザーナックル」や「ファイターズインパクト」の作曲も担当、通常2~3ラウンドでは聞ききれないほど、1ループが長い曲を書いている。
(株)スーパースィープへの移籍を経て、現在フリー旋光の輪舞など、グレフでの活動が著名。
河本圭代
通り名TAMAYO。代表作はレイシリーズZUNTATAライブではキーボード担当。
レイシリーズでアーケーダー達にその名を知らしめたテクノの申し子。この記事にある「ZUNTATA的楽曲作成」を、もっとも典的に実行している一人である。サントラライナーノーツ情報量などに、それは伺える。
現在フリーボーカリストCyuaとのユニットBETTA FLASH」を運営TVアニメナイトウィザード」では、劇中・EDの作曲を担当した。
古川典裕
通り名中山上等兵、もしくはなかやまらいでん。代表作は電車でGO!、グリッドシーカーZUNTATAライブではショルダーキーボード担当。DADDY MULK三味線部分を片手で弾きこなすなどスキルは非常に高い。
「当時の上く、自分は最後の叩き上げ」とのこと。詳しくは独立を参照されたい。ニコニコ動画動画うpしていたりする。
現在フリー
海野和子
通り名Karu.。代表作はパズルボブル、プリルラ、カプリチオ(クレーンゲーム)。ZUNTATAライブではキーボード担当。
ZUNTATAきってのポップ屋さん。ゲーセンのフロア中に優しくき渡るパズルボブルのBGMが、に残っているゲーマーも多いことだろう。現在リトミック講師として活動している。
中澤秀一郎
通り名SHU、もしくは秀。シュウ・ナカザワの名でも知られる。代表作はOutburst4Dクレオパトラフォーチュンガメラ2000など。現在フリーのコンポーザー。ZUNTATAライブではパーカッション担当。煌めくような高音で奏でられるリリックで叙情的な楽曲を得意とする。
相澤静夫
通り名Splatter.A。代表作はダライアスツインレインボーアイランド、オペレーションサンダーボルトなど。ZUNTATA初期から外注としてタイトーサウンド制作に協現在音楽制作会社サウンドウェイブ代表取締役
高萩英樹
通り名Dr.Haggy、もしくはHAGGY。キューティーHAGI(C・HAGGY)と名乗っていたことも。現在フリー。代表作はサイキックフォースシリーズバトルギア2、武刃街ゾイドインフィニティなど。ヒットサイキックフォース作曲を担当し、それまでのZUNTATAとは一味違ったセンスを表した気鋭。後に電車でGO!ヒット後には、バンドバンドJanky As Machine」(ZUNTATA-J.A.M.)のフロントマンも担当した。
櫻井浩司
代表作は逆鱗弾、SuperFootballChumpなど。現在フリーのコンポーザー。タイトーから独立後もエナジーエアフォースシリーズスペースインベーダーエクストリーム2QIX++など同社のタイトルサウンド開発に携わっている。他社の作品ではアークザラッド精霊黄昏アークザラッドジェネレーションREZなどを担当。
田幸治
通り名URI。代表作はバトルギア電車でGO!3通勤編、パズルボブル3など。ほかにもGダライアス電車でGO!シリーズなどの効果音も担当していた。現在フリーTV番組/映画等の音楽制作に加え共施設や電子楽器サウンドデザインに関わっている。また、ZUNTATA移籍以前はマイクロキャビンに在籍し、幻影都市Xak IIIMSXプリンセスメーカーを手がけた知る人ぞ知るFM音源の名手。
上田砂代子
通り名Sayoko。代表作はガラクタ名作劇場 ラクガキ王国ゾイドインフィニティなど。
現在Mar.こと高木正彦氏と結婚し、テルミン演奏者として活動の幅を広げているほか、NPO法人ピコリの代表としてリトミック教育にも携わっている模様。
三澤
通り名SAWAMMY。代表作はJETでGO!サイドバイサイドなど。現在の動向は不明。
中西宗博
通り名Mu-Nakanishi。代表作はガメラ2000など。ZUNTATAライブではドラム担当。1999年イベントZUNTATA NIGHT」では各曲のリミックスを担当した。後に後述の砂織氏と結婚現在の動向は不明。
通り名KIMI。代表作はアルカノイドバブルボブルなど。現在の動向は不明。
八木下直人
通り名YAG。代表作はワイバーンF-0、ファイナルバブルボブルなど。現在の動向は不明。
山田靖子
通り名Yasko。代表作はバブルシンフォニーバブルメモリーなど。現在有限会社リーブ代表取締役として独立して作曲活動をしている。
堀内美子
通り名Rim.、もしくはRimmy。代表作はパズルボブル4など。クレオパトラフォーチュンボイスなども担当しているとのこと。現在作曲活動から離れている模様。
砂織
通り名Sally。MediaBox用のゲームサウンドなどを担当。ZUNTATA-J.A.M.のアルバムスペース遣隋使」において自身の歌を披露している。現在は前述の中西氏と結婚し、karu.と同じ所でリトミック講師をしている。
池田宜史
通り名ike、もしくは池田()。作曲担当ではなく、着メロカラオケなどの音楽を担当していた。現在ニコニコ生放送ピアノ演奏者「ikeさん(池田宜史)」として活動中。 また、クイズ番組「アタック25」における1997年の年間チャンピオンとしての顔も持つ。
大縫一行
通り名POCHIナイトストライカーなどの名作のSEを手掛け、後年はレコーディングエンジニアとして活動。ZUNTATAマニアの皆さんにはお染みの「タイトーDJステーションZUNTATAヲタ」や、1998年ライブの「ディック山本」はこの人がやっている。中々に芸達者である。
現在ゲーム業界から離れている模様。
鎌田良和
通り名KAMATY。サウンドエフェクト担当だがZUNTATA内でのレコーディングエンジニアなどとしても活動。Dr.Haggyやばびーらと共にバンドバンドZUNTATA-J.A.M.」を結成していた。
小塩広和
通り名COSIO。代表作はスペースインベーダーエクストリームシリーズスペースインベーダーインフィニティジーンGROOVE COASTERなど。3画面筐体の初代ダライアスを知らない、新世代のクリエイターとのこと。GROOVE COASTERでは作曲の他ゲームデザイン自体にも参加している。現在フリーランス作曲として活動している。
内田哉
通り名hyu。ZUNTATA4代リーダーチーフプロデューサーを務める。プログラマーとしてゲーム開発の他、サウンドドライバ、音送信システム/サーバの開発などに携わる。プロデューサーとして企画CD配信プロデュースなども手がける。現在独立し、株式会社ファラッドの代表を務めている。
高橋
コモエスタ高橋の名で活動するギタリスト過去幾度のZUNTATAライブにおいてもサポートメンバーとして参加し、観客を熱狂させた。 現在ギタリストとして活動しており、「Japan Game Music Festival 2013」にてZUNTATA久々の共演を果たした。
殿村裕誠
通り名TONO。代表作は天地を喰らうクイズHQ、レイシリーズ(サウンドディレクション)など。2代目リーダー
河本圭代と同じくカプコンからの移籍組で、初代リーダーである今村善雄の後任[2]現在は実業に転身。
今村善雄
通り名IMA。代表作はエレベーターアクションちゃっくんぽっぷ、ワイルドエスタン、チェイスHQなど。初代リーダー。最も古くからタイトーに在籍し、初期のタイトーサウンドを牽引した[3]現在アーケードゲーム機製造会社ジョイテック取締役

他にも直接サウンドには関わらないスタッフクロちゃんMIZUKI、Kuma-Pなど中々表舞台に上がらないスタッフも多数所属している。しかし、これら全てのスタッフが長きに渡ってZUNTATAの存在そのものを支えてきたという事実に注されたい。

その特異性

「その日のは「音画」をしているのだとはっきり解った。 数年考え続けていた事への解答だった。だから何をしても許されるし、現実に何をしても良いのだと思う。
自分の中で制約をつけてしまいがちなゲーム音楽世界からフッと自由になった 気がした。ゲーム音楽を「VGM」と呼ぶ事自体、単なる記号化でしかないのだ。音楽はもっと自由であるべきだし、理論マニュアル>や発音数<ハード>を 気にするよりも、作品自体に何らかの意志が投影されていれば、その世界を充分に 楽しむ事ができるはずだ。「ゲームに合っていれば良い」時代は終わりである。 だからは「音画」を創りたい」
                      ─── 小倉久佳

                     アルバム「nouvelle vagueライナーノーツより。

この言葉が示す通り、ZUNTATA製作するゲームミュージックはそれが収録されているゲームの内容から逸脱さえして、独自の内容を有している事がしばしばある。具体的には、ゲーム内ではられる事のない独自のサイドストーリーコンセプトを構築し、それに基づいた作曲を行う、などである。この点において同時期に人気を博したサウンドチームとは明らか差別化されている。 重厚な背景設定に基づく音づくり、またステージ毎の曲展開はストーリーとのシンクロ率が極めて高く、ゲーム外でもゲームを楽しむプレイヤー達から熱狂的支持を受けた。TAITO製作アーケードゲーム、特にSTGにおいては深い世界観がしばしば評価されるが、彼らZUNTATAの活動がそれに寄与していたことは疑いがない。

反面、やや難解であると評する者も多く、好みが分かれる側面も持つ。特にOGR氏が手がけた ダライアスシリーズ後期はそれが顕著になる。

関連動画

ZUNTATAタグで見つかる動画は、大半がサウンドトラック転載、もしくはプレイ動画である。いわゆるMAD動画素材に用いられることは少ない。楽曲がひとつのストーリーコンセプトに則っているため、他の素材とかみ合わせ発展させるのが困難なためだとも思われる。 ただし、ZUNTATAに影を受けたコンポーザーが現在も各方面で活躍中のため、似たような曲調を聞くことがあるかもしれない。

ZUNTATA曲とコラボさせたアイマスMAD製作し続ける、コアアイマスPもいる。

ZUN氏の楽曲を、ZUNTATAメンバーCOSIO氏がアレンジしたもの。

エナジーエアフォース」シリーズの楽曲も手掛けている。

現在

タイトーゲーム部門の縮小や方向転換、さらには身売り・・・という出来事が重なり、事業内容の変化や拡大期のスタッフの外部流出などが相次いだことで「ZUNTATAらしい音楽づくり」をする機会が大幅に減ったことから、古参ファンからは「ZUNTATAは終わった」という見方をされることがしばしある。しかし実際には、前述の通り活動は健在。そして2009年には久々STGタイトルダライアスバースト」も発売されるなど、その命脈は太くつながっている。さらには外部に散ったコンポーザー、またZUNTATAの今までの活動に影を受けたコンポーザーが各方面で「ZUNTATA的音づくり」を受け継ぎ、現在も活動している。

ZUNTATA」の名前はタイトーサウンドチームの名であるとともに、それらコンポーザーが活動の原風景としている「世界」と「方法」の代名詞としての意味合いを含んでいるのである。

最後に

Mar.先生、文集の発売はまだですか。もう20年待ってるんですがorz

※Mの文集「プロローグ」exit

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

関連する外部リンク

脚注


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/zuntata
ページ番号: 1275247 リビジョン番号: 2657007
読み:ズンタタ
初版作成日: 09/02/05 06:26 ◆ 最終更新日: 19/01/06 07:18
編集内容についての説明/コメント: 関連動画を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


フィオナポケトレ「何故かゴゾーロッパーズがルフレ俺2さんにww」

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ZUNTATAについて語るスレ

158 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 15:39:26 ID: Fwm1VCiKyY



>>lv266005693exit_nicolive
159 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 06:44:17 ID: CmgIkVU4t8
zuntataの楽曲がApple Musicで定額聴き放題開始!
ライブ盤とかまだ買ってなかったので、この機に聴いてみる
160 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 12:17:49 ID: MMDheNRW3T
曲調は808Stateとかの影が強いのかな?
161 : ななしのよっしん :2017/06/17(土) 19:53:03 ID: LE0FdcwZ54
メンバー追加はえーよw
162 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 11:03:43 ID: Qbt5Fv87Nh
ZUNTATA30周年記念企画 楽曲人気投票スタート
https://form.taito.co.jp/a.p/309/exit
163 : ななしのよっしん :2017/07/01(土) 22:55:28 ID: WvNFNURYQH
まさか新メンバー下田さんが入ってくるとはなぁ
164 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 18:14:58 ID: HNKgbduf38
ZUNTATAを関連するゲームBGM著作権ため、アップロード禁止に。
165 : ななしのよっしん :2017/09/12(火) 01:14:02 ID: M0NVtCZqbZ
この間のREAL ZUNTATA NIGHT2に中西さん来てた。
正確には覚えてないけど、音楽系のイベント関連のスタッフさんやってるそうな
166 : ななしのよっしん :2018/02/01(木) 12:36:31 ID: 5z1kt+qCBK
アリスギアって作曲だれが担当してるんだろ
下田ん?
167 : ななしのよっしん :2018/12/07(金) 20:49:07 ID: N1iPArSOLY
今回のスマブラにも関わったみたいで
新たにMASAKIが参戦!
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス