今注目のニュース
クシクラゲの虹色の謎を解く特有のタンパク質を発見 筑波大の研究
狂戦士ベルセルクを獰猛にした薬物はナス科の植物である可能性が浮上(スロベニア研究)
マックコーヒー「0円」再び! しかもさらに濃く、美味しくなったよ。

ソード・ワールドRPGリプレイ単語

ソードワールドアールピージーリプレイ

掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ソード・ワールドRPGリプレイとは、に雑誌『ドラゴンマガジン』で連載されていたTRPGソードワールド」のリプレイ作品である。いずれも富士見ドラゴンブックで単行本化された。

リプレイとは

TRPGにおけるリプレイとは、プレイヤーったセリフキャラクターによる発言としてト書きで書き出し、セッションにおける雑談などを極排したうえで、読み物としての面さを追求したものである。
ライトノベル的な読みやすさがあり、TRPGルールなども解説されているので入門書としてはもってこいである。実際リプレイからTRPGに入った、またはTRPGはやらないがリプレイは読んでいる、という人も多いはずである。

RPGリプレイの元祖といえるのは「ロードス島戦記コンパニオン」であり、そこでパーンディードリットなどのおなじみのキャラクターも生まれている。
そしてその人気を受けてスタートしたのが「ソード・ワールドRPGリプレイ」である。このリプレイシリーズの大ヒットが、和製TRPGにおけるソードワールドの地位を確固たるものにしていったのは間違いない。

シリーズ解説

目次

第一部 スチャラカ冒険隊編

1989年から1990年まで連載された。ゲームマスター山本弘イラストレーター草彅琢仁

ソードワールドおよびそのリプレイ集の人気を決定づけた記念碑的作品であり、そこで提示された世界観やプレイスタイルは全プレイヤーゲームマスターに多大な影を与えた。
また、プレイヤーキャラクター(以下PCと表記)たちはソロ短編集『スチャラカ冒険隊、南へ』とテレビゲームソードワールドSFC2』にも登場している。

本作は初期の作品ということもあり、ゲーム自体のテストプレイ的な側面も多いとされている。

PCは以下の6人。(※ノンプレイヤーキャラクターNPCと表記する)

ザボ=ン
人間/男
戦士パーティー
ケッチャ
人間/女
魔法使い非力な「お嬢様」。料理の腕前はピンゾロ級。
ユズ(ユージィ・マヌエル)
人間/女
自慢の戦士兼盗賊兼吟遊詩人
ディーボ・レンワン
ドワーフ/男
マイリーの戦士パーティーの良識
アリシア
ハーフエルフ/女
露出の高い盗賊。
ケイン・クレン
エルフ/男
ネア大好き精霊使い。

リプレイ集

1 『盗賊たちの狂曲』 2 『モンスターたちの交響曲 3 『終わりなき曲』

以上は2006年発売の新装再版版。

関連動画

第二部

1990年から1992年まで連載。ゲームマスター山本弘イラストレーター幡池裕行

他のシリーズとは異なり、明確なパーティー名やシリーズ名が定められていない。シアは後に短篇集『ゲート・デーモンの仮面』の表題作に登場。

PCは以下の初期メンバー6人に、追加の2人を合わせた8人。

ライシードルアレリー(ライ)
人間/男
パーティー主人公的存在の戦士
ベリナスブレスト
人間/男
戦士兼吟遊詩人。筋の高い重戦士
アラシャ・クリューワ
人間/女
姉御肌なマイリーの戦士
フィリアン・エッダ・フローティリス
エルフ/女
精霊使いで、パーティーの影のリーダー
キドマン・ブリューワ
人間/男
お気楽な魔術師。虎に噛み殺される。
リンエルドリア
ハーフエルフ/男
盗賊であり、チャ・ザの官。前半のクライマックス死亡

物語の前半でキドマンとリン死亡したために、代わりに加入したのが以下の2人。

シア
人間/女
前半のNPCからPCに昇格。リザードマンに育てられた野生少女
ベルモットロウ(ベル)
ハーフエルフ/男
盗賊であり魔術師

リプレイ集

4 『魔の支配者』 5 『南海勝利者』

関連動画

第三部 バブリーズ編

1992年から1995年まで連載された。ゲームマスターは清みゆきイラストレーター中村博文。

最初はパーティだったが、とある事件を解決した際に手に入れたマジックアイテムを売り払ったことで一気に大が転がり込み、以降それを元手にして傭兵を雇ったり、高額な消耗品を盛大に使い潰しながら突き進む等のに飽かせたGM泣かせのお大尽プレイが行われ、それが功を奏してどんどん成り上がっていった事で知られており、バブリーズ若しくはバブリーアベンチャラーズ等と呼ばれるようになった。

システムシナリオをついてゲームを有利に進めたり、敵を鮮やかに封殺したりといったプレイングも人気を博し、旧SWリプレイでは一番人気シリーズとなった。SWが完全版を出さざるを得なくなったのは本作のせいとも言われている。

また、彼らはソロ短篇集『バブリーズリターン』にも登場している(こちらのイラスト浪秀行が担当している)。
後年の新装版に併せて、当時のキャラクターメンバー完全版ルールによる新規リプレイなども収録された『デーモン・アゲイン』も発売されるなど、現在でも有名パーティの代表格である。

PCは以下の6人。年齢は初登場時のもの。

アーチボルトアーウィン・ウィムジー(アーチー)
人間/男 32
学者肌の戦士。武器は魔剣アーチブレイドアーチーと呼ばれるのは嫌っている。
フィリス
人間/女 24歳
魔術師ギルド導師に持つ魔術師でありながら、メンバー一の怪力を持つ。
イズノー
人間/男 29歳
の体をしたラーダの官。とある一件より8000ガメルの男と呼ばれる。
レジィナ
人間/女 18歳
戦士であり、パーティーの(一の)良心、なのだが…。
スイフリー
エルフ/男 140
精霊使い。付けエルフ粉塗ったダークエルフとまで呼ばれる灰色細胞の持ちだいたいこいつのせい
パラサ・ピルペ・パン
グラスランナー/男 43歳
もちろん盗賊であり、「にゅう」が口癖。ソード・ワールドグラランがにゅうにゅう鳴いたり、短名を三重ねた名前が多く見られる命名規則は、ここがな発端(短篇で詳しいルーツられている)。
スイフリーとは一応妖精的なお仲間ということで、「はとこ」「はとこの子」等と呼び合う遠い親戚漫才の仲。

リプレイ集

6 『2万ガメルを取り返せ! 』 7 『混沌魔術師の挑戦』 8 『亡者の村に潜む闇』 9 『バブリーズフォーエバー

以上は2002~'03年発売の新装再版版。

関連動画

第四部 風雲ミラルゴ編

1995年から1996年まで連載。ゲームマスターは清みゆきイラストレーターはぴぃたぁそると

PCは以下の6人。

ラー
人間/女
魔術師系に生まれた戦士パーティー
ミンクス
ドワーフ/女 35
突猛進の戦士。「ははまって踏み潰す」等で知られるミンクス理論の提唱者。PCとして非常に希少なドワーフ女性
イス
エルフ/男
影の薄いイエスマンで、パーティーリーダー。なんでリーダーが務まっているか不思議だが、何故かずっとリーダーだった男。そうですね。通称「うなずきエルフ
グレゴリー・ウータン
人間/男
ラーンにするチャ・ザの官。
ステラベルローズ
人間/女
の隠居した女将で老婆という変り種。ラーンの子。
チップタップボン
グラスランナー/男
ベルローズ商会に借があるため、ステラの小間使いに。

ラーン、ミンクス、マイスの3人は次の第五部にも続いて登場する。

リプレイ集

1 『アサシンをやりこめろ!』 2 『アドベンチャラーに任せとけ!』

関連動画

第五部 アンマント財宝編

1996年から1997年まで連載。ゲームマスターは清みゆきイラストレーター伊藤勢。

PCは第四部から続いて登場のラーン、ミンクス、マイスに新キャラ3人を加えた6人。また前作からの3人は、第四部のラストにおいて大な借を背負っているという設定であり、「トリオ・ザ・住専」と呼ばれている。

カシス
人間/男
盗賊としての技量を持った少年。祖から託された財宝の地図を持っている。
イーノ
人間/男
盗賊のガネードの官で、カシスの後見人。
ルーイ
人間/男
ラーン達の借の監視役である魔術師。借を返せないときは彼がそれを被るために必死

リプレイ集

1 『宝の地図勇者が集う』 2 『大迷宮勇者が挑む』

関連動画

新ソード・ワールドRPGリプレイ へっぽこーず編

2001年から2004年まで連載された。ゲームマスター秋田みやびイラストレーター浜田よしかづ

旧版リプレイ集では続篇のぺらぺらーず共々最長となった人気作で、リプレイ集以外にもドラマCDが発売されていたり(下記キャラクターはそのドラマCDのもの)、4冊の長篇小説、2冊のソロ短篇集『集え!へっぽこ冒険者たち』『踊れ!へっぽこ大祭典』と短篇集『狙われたヘッポコーズ』『へっぽこ冒険者とイオドの宝』『へっぽこ冒険者との蔭』の表題作に登場している他、短篇集『許されし偽り』の表題作にはイリーナのクリストファーが登場している。
またリプレイガイブック『明かせ!へっぽこ大冒険』にはリプレイ瀬戸際の」が収録されている。

初心者GMの癖に容赦がない"ほのぼのブラック"こと秋田みやびと、いつまで経ってもどこか抜けているへっぽこな冒険者達の冒険。それまでのシリーズべてPCの多くが流れ者ではなく、オーファンという特定を一貫した拠点としている為、生活感溢れる描写も多い。

舞台設定と時系列魔法戦士リウイと共通している。一部のNPCゲスト的に登場している以外直接の関係はレベルだが、この関連を利用して、物語時系列を確定させる事が出来る希少な公式リプレイとなっている。(基本的に他のシリーズは、物語がいつ起こったのかは明確に記述されていない)

本作より、プレイルール完全版が使用されている。

PCは5人パーティー

イリーナ・フォウリー
人間/女 (堀江由衣
ファリス戦士人間限界えた筋を持つ。通称『ファリスの猛女
ヒースクリフセイバーヘーゲン(ヒース
人間/男 (子安武人
イリーナとは幼馴染魔術師。態度のデカさならオーファン1,2を争う傍若人な人物だが、自分を慕う者に対してはとても優しい高度なツンデレ
苦手な魔法を遺失魔法と言いったり、知らない事に対しては大ぼらを吹いたりする悪癖がある。
マウナ・ガジュマ
ハーフエルフ/女 (折笠富美子
貧乏な半生(キャラメイク時のダイス)が原因でとても貧乏性であり、冒険がい時は場でウェイトレスをする精霊使い。
ガルガド
ドワーフ/男 (石井康嗣
マイリーの戦士。実はドワーフとしてはまだ若者の年齢だが、老成した雰囲気もあってパーティーでは頼られる存在。ヒースからは「おやっさん」と呼ばれる。
ノリス・ウェストイック
人間/男 (皆川純子
精霊魔法も使う盗賊の少年気過ぎる性格といまいち頼りない値が原因でトラブルメーカーになることが多く、度々メンバー入れ替えを検討されていた。ただ、意外と戦闘では活躍している。
女装をするとやけに完成度が高く、女装が特技になってしまった。

途中でガルガドとノリスの2人が離脱、代わってエキューバスの2人が加わっている。後期パーティについてはネオへっぽこーずとも呼ばれる。

キュー
人間/男 (成瀬誠
傭兵であり、精霊魔法も使える少年。大のエルフ好きでハーフエルフのマウナにラブコールを送っているが、っていればOKと言ってしまうほどの節操のさが原因で、マウナからは呆れられている。
子供の頃から傭兵生活を送ってきたせいで非常にドライ
バス
ドワーフ/男 (大川透
ドワーフで盗賊でバード、自称アーティストという変わり者であり、芸術ヴェーナーの官でもある。ガルガドの知人であり、離脱するガルガドの紹介でパーティー入りした。
実は盗賊技に関しては前任のノリスと大差がかったが、高レベルバードとして活躍した。

リプレイ集

1 『進め!未来の大英雄 2 『つかめ!明日大勝利 3 『せ!奇跡大団円 4 『狙え!魅惑の大出世』
5 『決めろ!最後の大逆転』 6 『賭けろ!世紀の大勝負』 7 『走れ!秘の大森 8 『救え!かつての大親友
9 『挑め!捨身の大決戦 10 『名乗れ! 今こそ大英雄 瀬戸際の」収録

※また上記以外に長篇小説、短篇集、マンガドラマCDが発売されている。詳細は項へっぽこーず」参照。

関連動画

新ソード・ワールドRPGリプレイNEXT ぺらぺらーず編

2004年から2007年まで刊行された。ゲームマスター藤澤さなえ。イラストレーターはかわく。

これも番外篇『ギャンブル・ランブル』を含めれば前作へっぽこーずに続く最長作となる人気で、2冊のソロ短篇集『ぺらぺらーず漫遊記』『ぺらぺらーず漫遊記 乙女の巻』が出ている他、短篇「ボックス・ポックス」(『へっぽこ冒険者とイオドの宝』所収)、ベルカナは短篇「レイニー・メモリー」(『へっぽこ冒険者との蔭』所収)にも登場している。

PCの一人のあまりのペラペラな耐久から、当初はスペランカーズ等とファンの間では揶揄されたが、商標の問題もあり、現在の通称が公式から発表されて定着した。

へっぽこーず同様に初心者である藤澤GMに据えている作品。

PCは以下の5人。初期の事件がきっかけで、全員が盗賊ギルドに籍を置く事になった。

クレス
人間/男 15歳
人間男性で盗賊の少年美人に弱い。
生命が致命的に低く、ソード・ワールドに「1クレスポ」という単位(彼の生命に由来して、値6=1クレスポに相当する)を爆誕させた。パーティ名となったぺらぺらーずのな由来でも原因でもある。
ベルカナ・ライザナーザ(17)
人間/女 17歳
魔法使い。ちょいと腹黒なところがある。は著名な冒険者。
マロ
ハーフエルフ/男
マーファ戦士。かなりの美形に純な性格、そしてハーフエルフのくせにパーティ戦士を務められるだけの高値を持つ出来過ぎた好人物だが、田舎訛りが酷い。
故郷に年老いた両親が健在だったり、気心のしれた幼なじみがいたりと、それまで迫の対になることが多かったハーフエルフとしては割と恵まれた環境の持ち
シャイアラ
エルフ/女 240
マロウのことがお気に入りの精霊使い。それまで「美人だが貧相でぺったんこ」が標準だったエルフべ、とてもスタイルが良い。が動く。
ブック
グラスランナー/男 30
一般のグラスランナーと違い学者肌の賢者という変わり者(ただしグラランなので魔法は使えない)。読書好きで、眼鏡を「くいくい」する癖がある。シャイアラとコンビを組み、執事のような役回りをしている。
セージ/シーフというあまり戦闘的ではない技構成ながらテクニカルな戦法に熟達している。意外にも、公式リプレイにおける一撃の最大ダメージ記録保持者は彼である。

リプレイ集

1 『ロマールノワール 2 『ダンジョンパッション 3 『コロシアム・プレミアム 4 『ファンドリアファンクション』
5 『トライアルトラブル 6 『マリンマーベル 7 『レイド・レボルト 8 『スカイステージ
※本書は盗賊ギルド
買い占めました。
9 『クリティカルクライマックス 0 『ギャンブル・ランブル』

また上記以外に短編集と漫画が発売されている。詳細は項ぺらぺらーず」参照。

関連動画

新ソード・ワールドRPGリプレイWaltz

2006年から2008年まで刊行された。ゲームマスターは篠イラストレーター原いづみ。

PCは以下の5人。全員が同じ孤児院の出自であり、ナジカはそこの先生飢饉に見舞われた孤児院を救うため出稼ぎに出た。
パーティ全員家族同然の関係で、冒険者とは思えないほどの善人の集まり、とされている。

キー
人間/女 15歳
ファイターとして少女。後にガネードの官となる。
ブランシュ
人間/女 15歳
キーナの親友で同い歳。精霊魔法を使う。
ナジカ・ラッツェル・クフィアンマリー
エルフ/女
古代魔法を使う、パーティーのまとめ役の年長者…だが時としてあまりの善人ぷりが脚を引っる事も。
アイルフォード
人間/男
チャ・ザの戦士パーティー内の的存在。
ディケイ
人間/男 17歳
世話役としてパーティーに参加した兄貴分。他のメンバーより一足先に社会に出たが、盗賊に片足を突っ込んでしまっていた。世間知らずなパーティに世話を焼いたり、ナジカを上手いこと言いくるめたりと多忙に活躍する。

リプレイ集

1 『立ち・お祭り子供たち』 2 『競争・怪盗・大湿原』 3 『駆け込み・災厄・学者サマ』 4 『誘拐・ヤキモチ・すれ違い』
5 『誓い・隠謀・巣立ちの日』

関連動画

ソード・ワールドRPGリプレイxS 猫の手冒険隊

2005年から2008年まで雑誌『Role&Roll』に連載された。ゲームマスターは清みゆきイラストレーター牛木義隆

久しぶりに清みゆきGM、及び執筆を行うということで注を集めた。独自の試みとして、リプレイ部分の後に、リプレイ収録に用いたシナリオが別途収録されており、読みべる事で「実プレイでどのようにシナリオから外れたのか」を楽しんだり、シナリオ集として利用することも出来る作りとなっている。

リプレイ集『デーモン・アゲイン』に収録された短編の一つ「やっぱりは好き」と同じからスタートしている。また、前述の新リプレイへっぽこシリーズ)とクロスオーバーしているNPCもいる。時系列としてはへっぽこより若干前に当たる話。

なお、出が全体的にしょっぱいという悲しい性質があり、長年SWに関わってきたGMから「もっとも、サイコロ運に恵まれなかったパーティで賞」を与えられている。

PCは以下の5人。ただしジョージNPC)が一時的パーティーメンバーとして活動もしている。

ウィン
人間/男
魔術師を持つ戦士バランス良く高い値を持っているが、それは「やつら」と呼ばれるの組織の改造人間だからだとしている。まさかそんな妄言がGMに拾われるとは思っても居なかっただろう。
攻撃が命中しても、敵のHPを1点残してしまうという不運ジンクス持ちで、慢心アタックハイロードアタック等の呼名が付いた。通称ウィン兄さん、もしくはハイロード。
ユーリリア
ハーフエルフ/女
官のが出自の魔法使い。見たは若いが、両親の老後の面倒を見終わってから冒険に出た為、それなりに高齢と推測されるが年齢は不詳である。魔法学院における、ウィンドの先輩にあたる。
ズン
ドワーフ/男
知識ラーダの官。知識を形にする事にこだわりを持ち、その手段として「ふぃぎゅあ」作りに情熱を注ぐ。
モニカレット
人間/女
を飛び出した盗賊。常に大荷物を背負っている。基本的に細かいことを考えない人。
リムレット
人間/男
モニカ従弟で、出に付き合わされる。気弱な精霊使い。
ただしあくまでも人間であるため、精霊使いにしては意外と耐久もあり、「精霊使いが薄い印があるのは大体エルフのせい」という事実を広く知らしめた人物でもある。

リプレイ集

1 『の手冒険隊、集結!』 2 『の手勇者くん、突撃!』 3 『の手お気楽、幻惑?』 4 『の手人王、闘!』

関連動画

このシリーズをもって「ソード・ワールド」によるリプレイシリーズは終了となり、
ソード・ワールド2.0」のリプレイへと移行している。

二次キャラによるセッション動画

関連項目

掲示板

  • 24ななしのよっしん

    2019/07/22(月) 23:07:38 ID: km57WNuqLM

    の手の出がしょっぱいってあるけど、彼らのにヤバイ所は、
    が高いと困る時に出が跳ねたり、出しちゃいけない出を引く所なんだよね。
    彼ら、キャラメイキングの時点で、相当女神に弄ばれてる。

  • 25ななしのよっしん

    2019/08/17(土) 23:22:18 ID: MpdoWSESLj

    >>20
    亀レスだが、清自身も困サイドの人だからね、ぶっちゃけ

  • 26ななしのよっしん

    2019/08/18(日) 00:11:53 ID: ih6QuopQ1G

    >>25
    「うまく回避できる流れになっていたラストバトル理くりいれて結果死人を出す」「キャンペーン最終回物語的盛り上がりを優先してプレイヤーの大標を未達成に終わらせる」とかやってるもんね。しかも前者は二回。特に後者子供心にもひどいと思ったし今も思ってる

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP