ベガルタ仙台 単語

466件

ベガルタセンダイ

1.1万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ベガルタ仙台とは、宮城県仙台市を中心とする宮城県全県をホームタウンとするJリーグチームである。

概要

日本プロサッカーリーグ
ガル仙台
基本情報
創設 1988年
クラブカラー ゴールド
所属 J2リーグ
ホームスタジアム ユアテックスタジアム仙台[宮城県仙台市泉区]
ホームタウン 宮城県仙台市を中心とする宮城県全域
前身クラブ 東北電力サッカー
プロサッカークラブテンプレート

チーム名の由来はこと座の「ベガ」とわし座の「アルタイル」を組み合わせた造語仙台市には毎年8月に開催される仙台七夕まつりがあり、そこから因んでいる。

マスコットベガッ太さんイヌワシ)と、のルターナ(こちらもイヌワシ)の2人。

ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台仙台スタジアム)。一時期、2002年ワールドカップでも使用された収容キャパが倍以上の宮城スタジアム(利府町)を併用していたが、仙台市内からのアクセスが悪いことから2005年以降はほぼ仕様していない。

前身は1988年に創部した東北電力サッカーで、1995年JFLに加盟時にブランメル仙台称。ブランメルとは「伊達男」と呼ばれたジョージブライアンブランメルが由来。
1999年Jリーグに加盟。この時、商標権の関係でチーム名の変更を余儀なくされ、現在ベガルタ仙台に変更。2002にJ1へ昇格し、東北地方で初めてのJ1に在籍するチームとなった。

選手の入場時にサポーターが「カントリーロード」を謳うのが伝統となっており、2011年東日本大震災の際にはベガルタサポーターが歌うYouTube動画世界中のサッカーファンから応援コメントが寄せられ、東北徴の一つとなった。

歴史

1994年、前身である東北電力サッカー部が旧JFLに昇格。この年、運営法人を立ち上げチーム名を「ブランメル仙台」に称。プロ化のを進む。

1995年Jリーグ準会員として承認される。1996年には現役復帰したピエールリトバルスキ―が加入。しかしチームの成績は振るわず、リーグでは旧JFLが終了となる3年連続で中位以下となった。

1999年Jリーグが二部制に移行することに伴いJリーグへ加盟。新たに創設されたJ2リーグへ参戦し、商標権の関係からチーム名を「ベガルタ仙台」に変更する。

初年度のJ2リーグでは開幕から低迷。シーズン途中に清水監督が就任したものの10チーム中9位の成績に終わる。2000年は5位と成績を上昇させると、2001年は新加入のマルコスと岩本輝雄のコンビが攻撃の中心として活躍。最終節に逆転で2位に入り、東北勢としては初のJ1リーグ昇格を果たす。

初のJ1での戦いとなった2002年日本代表経験者を中心に補強。昇格チーム初となる開幕5連勝を飾るサプライズを起こすが、その後は失速。1stステージは9位だったものの、2ndステージは15位と低迷。それでも序盤の貯が功を奏し、年間13位でJ1残留を果たす。しかし、2003年1stステージで15位と低迷。9月清水監督を解任し、ズデンコ・ベルデニック監督を招聘するがチームを浮上させることはできず。年間15位に終わり、J2リーグ降格が決定。

2004年J2降格以降、順位は4位~6位とJ1まであと一歩で足踏みを繰り返し、この間毎年のように監督を変えていた点でサポーターから批判が強かった。チームエースとして活躍した佐藤寿人やシルビーニョ、2006年J2得点王のボルジェスといった中心選手も流失するようになる。また、後にクラブのバンディエラとなる梁勇基が2004年に加入している。

2008年より手倉監督が就任。1年で3位に入りジュビロ磐田との入れ替え戦の末にんだが、翌2009年は久しぶりに監督を代えずにシーズンに臨むと、連敗がわずか1回だけ(第4・5節)と抜群の安定感を見せ、終盤のセレッソ大阪とのしい優勝争いも制し、J2優勝を手土産に7年ぶりのJ1復帰を決めた。

迎えた2010年は開幕2連勝で、2節終了時点とはいえ首位に立つ活躍を見せる。その後は伸び悩んで一時は降格圏に沈んだものの、最終節でJ1残留を確定させた。

2011年ホーム開幕を翌日に控えた3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)および福島第一原子力発電所事故が発生。これによりリーグ戦、ナビスコ杯が中断。チームも活動を停止。一部選手が避難所生活を強いられることとなった。
リーグ戦では、開幕ダッシュに成功。開幕から12戦敗で飛び出すと10月には々にJ1残留を確定。終わってみればリーグ最小の25失点(2番に少なかった名古屋グランパスが36失点)という堅守で過去最高の4位でフィニッシュ。

さらに2012年は第2節から第17節まで首位を走る。終盤に息切れしたものの、一度も3位に落ちることなく前年の記録更新する2位でフィニッシュ。初のACL出場も決めた。また、チーム最多の13ゴールを挙げるなど攻撃の核として活躍したウィルソンクラブ史上初のJリーグベストイレブンに選出される。

2013年ACLと並行してのシーズン。過密日程も絡み成績は伸び悩むが13位でJ1残留。ACLは1勝を挙げたもののグループリーグで姿を消した。この2013年シーズンをもって、2008年以来クラブ史上最長となる6年にわたってチーム揮した手倉監督リオデジャネイロオリンピックへの出場をU-21日本代表監督に就任するために勇退となった。

2014年オーストラリア出身のグラハム・アーノルドが監督に就任。しかし、開幕から1ヶ勝利恵まれず、4月9日アーノルド監督は退任(あくまでも解任ではないとのこと)。ヘッドコーチ渡邉が昇格。その後は盛り返し、辛くも残留圏内に留まる。

2015年渡邉監督が引き続き揮を執り、最終的に2019年シーズン終了まで在任。エースFWの赤嶺ボランチの角田が移籍し、戦が大幅にダウンしたと見込まれていた。しかし、この年から再び2部制になったシーズンは、開幕5試合を2勝3分と好調な滑り出しを見せる。その後連敗を喫してしまい1stステージは6勝5分6敗。2ndステージは3勝3分11敗と大きく負け越したが、1stステージの勝ち越しが幸いし、総合順位では14位で辛くもJ1に残留。

2016年1stステージを7勝2分8敗の10位、2ndステージを6勝2分9敗の12位、年間通算成績12位で残留。ナビスコカップYBCルヴァンカップは2勝2分2敗ながら得失点差でグループリーグ突破ならず。

2017年は、基本形をそれまでの4-4-2から3-4-2-1へ大きく変えて開幕。3月18日にアウェイでの柏レイソル戦でJ1通算100記録。最終的に11勝8分15敗の12位で残留した。ルヴァンカップは準決勝まで進むが、川崎フロンターレホーム&アウェイ合計4-5で敗戦。

2018年は、リーグ戦13勝6分15敗の11位ルヴァンカップグループリーグ1位通過こそしたものの、ノックアウトステージ初戦で湘南ベルマーレに2戦合計3-4で敗戦。一方天皇杯は好調で決勝まで進出、2009年J2優勝以来となるクラブタイトル獲得が期待されたが、浦和レッズに1-0で敗れ準優勝に終わった。

2019年は新形3年ともなると研究が進み、さらに選手の入替も大幅に行われて成熟度が落ち、最下位に沈むこともあったが、渡邉クラブ伝統の4-4-2形への回帰を決断した5月あたりから徐々に復調。最終的に12勝5分17敗の11位で残留した。

2020年渡邉に代わり、前年までモンテディオ山形を率いていた木山之を監督に招聘。ブランメル時代から数えてクラブ創立25周年という年で意気込みも例年以上だったように見えたが、名古屋グランパスとの開幕戦を終えた時点で、COVID-19が全世界的に猛威を振るい始めたことでリーグは長期中断。途中17戦連続勝利、特にホームでは一度も勝てないまま6勝10分18敗の17位でシーズンが終わり、本来なら湘南と共に降格させられるところをコロナ禍特例で回避。
さらに、前年から加入していた渕諒が交際女性への暴行で地元警察逮捕されるも、経営にはトラブルが起きて警察に仲介してもらったという程度の報告しかしておらず、週刊誌FLASH』が記事にしてようやく契約解除に動き出すという不始末も起きた。なんなら、19年途中で交代した会社の社長は典的な天下り気質で、チーム運営に対する熱意が見られなかったことも付記したい。

2021年は、木山が退任して、2度J1昇格に導いた手倉監督復帰、会社の社長市民後援会の重役経験者を招聘するなど、残留を絶対標として挑んだシーズンだったが、2年連続となる名古屋との開幕戦で、シマオ・マテが相手の死から仕掛けたチャージで一発退場になり、数的不利から引き分ける不穏な幕開け。その後もの故障や、コロナ禍での外国人制限などでベストメンバーがなかなかわず、リーグ戦2試合を残して12年ぶりのJ2リーグ降格が決定。手倉が引責辞任して、ヘッドコーチを務めていた原崎政人が監督を引き継いだ。

2022年は、一時首位に立つなど、アルビレックス新潟横浜FCの2強に喰らいつく滑り出しを見せたが、次第にリードしても追いつかれるなど勝ちきれない試合が立ち、8月中旬から5連敗を喫するなど、昇格プレイオフに参戦できる3位~6位以内の確保すら危うい雰囲気が漂い始める。ここでJクラブ監督1年生では限界が来たと見られたか、9月に原崎を解任して、こちらもジュビロ磐田監督を解任されたばかりだった伊藤彰を迎え入れて巻き返しを図ったが、最終戦ベガルタが引き分け、7位につけていたモンテディオ山形勝利したことで、勝ち点で逆転されて7位になり、1年での復帰とはならなかった。シーズン終了直後に、ヴァンフォーレ甲府天皇杯優勝させた吉田達磨の監督招聘が検討されている旨の記事がスポーツ報知に載り、また監督交代で迷走するのかと不安に感じたサポーターも多かったが、クラブ伊藤との契約延長を正式に発表して(ひとまずは)事きを得ている。

2023年は開幕から上昇気流に乗れず、6試合未勝利で13位にまで低迷した7月の段階で伊藤監督を解任し、孝史ヘッドコーチが後任となる。しかし、その後もチームの低飛行は続き、一度も一桁順位に到達できないままJリーグ参入後ワーストとなる16位でシーズンを終える。
チームが低迷する中で不祥事も相次ぎ、6月11日ジュビロ磐田戦では相手選手の挑発的なゴールパフォーマンス激怒した一部サポーターが磐田のチームバスを取り囲み、威嚇行為をおこうなうという重大な事件を起こしてしまう(ゴールパフォーマンス仙台サポーターの試合中の振る舞いへの抗議の意味合いがあった)。また、2015年から2023年6月16日にかけてクラブの元社員が顧客からチケット等の代として受領した現など合計約1,100万円分を着して横領したことが発覚。この二件について、Jリーグから約1000万円の罰が科せられる。

タイトル

国内タイトル

個人タイトル

現在の所属選手

背番号 Pos. 選手名 生年 加入年 前所属 備考
- 監督 森山佳郎 1967.11.9 2024 U-17サッカー日本代表 監督 【新】
1 GK 小畑 2001.11.7 2020 ベガルタ仙台ユー 【H】
2 DF 2000.6.10 2024 ブラウブリッツ秋田
5 DF 1997.6.28 2023 ロアッソ熊本
7 FW 中島 1999.4.18 2022 セレッソ大阪
8 MF 松下 1994.3.3 2019 ヴィッセル神戸
9 FW 中山仁斗 1992.2.6 2022 水戸ホーリーホック
10 MF 鎌田 2001.6.23 2022 福島ユナイテッドFC
11 MF 友大 1999.6.10 2023 ヴィッセル神戸 【H】
14 MF 相良之介 2002.8.17 2023 サガン鳥栖
17 MF 工藤 2000.5.31 2023 阪南大学 【H】
19 DF マテウス・モラエス 2001.3.6 2024 横浜FC
20 DF 知念哲矢 1997.11.8 2024 浦和レッズ
21 GK 梅田 2000.10.27 2023 大阪学院大学
22 DF 小出悠太 1994.10.20 2023 大分トリニータ
23 DF 有田恵人 2002.1.24 2024 中央大学 【卒】
24 MF 名願斗哉 2004.6.29 2024 川崎フロンターレ
25 DF 拓海 1998.5.3 2021 阪南大学
27 MF オナイウ情滋 2000.11.11 2023 新潟医療福祉大学
28 FW 菅原之助 2000.7.28 2023 産業大学 【H】
29 GK 松澤 1992.4.3 2023 徳島ヴォルティス
30 FW 西丸 2005.6.15 2024 神村学園高等部 【卒】
31 MF 工藤真人 2001.5.7 2024 びわこ成蹊スポーツ大学 【卒】【H】
33 GK 林彰洋 1987.5.7 2023 FC東京
37 MF 長澤 1991.12.16 2023 名古屋グランパス
39 DF 石尾陸登 2001.8.7 2023 仙台大学 【卒】
41 DF 内田裕斗 1995.4.29 2022 サガン鳥栖
43 MF 横山颯太 2006.5.30 2024 北海道コンサドーレ旭川U-15 【2】
47 DF 一色 2006.8.18 2024 HONDA FC 【2】
48 DK 吉田空斗 2006.8.13 2024 ベガルタ仙台ジュニアユー 【2】【H】
50 MF 遠藤(C) 1988.4.7 2022 鹿島アントラーズ
98 DF エロ 1998.7.16 2024 ヴィラ・ノヴァFC

※備考欄は【】=全移籍での加入、【レ】=レンタル移籍での加入、【復】=レンタル先からの復帰、【新】=新任の監督、【昇】=トップチーム昇格、【卒】=新卒での加入、【特】=特別定選手、【2】=2種登録、【H】=ホームグロウン選手

過去に所属したおもな選手

歴代監督

監督 在任期間 備考
鈴木武 1995年 前身の東北電力時代から選手兼監督として在任
佐藤長栄 1996年
ブランコエルスナー 1997年
ミロシュ・ルス 1997年
三浦俊也 1997年10月12月
鈴木武 1998年1999年 J2参入(1999年)
清水 2000年2003年9月 J1昇格(2001年)
石井 2003年9月 監督代行
ズデンコ・ベルデニック 2003年9月2004年 J2降格(2003年)
都並敏史 2005年
ジョエルサンタナ 2006年
望月達也 2007年
手倉 2008年2013年 J2優勝J1昇格(2009年)
ラハム・アーノルド 2014年2014年4月
渡邊 2014年4月2019年
木山 2020年
手倉 2021年2021年11月
原崎政人 2021年11月2022年9月 J2降格(2021年)
伊藤彰 2022年9月2023年7月
孝史 2023年7月12月
森山佳郎 2024年

ベガルタ仙台レディース

ベガルタ仙台は、女子チームも所持していた時期がある。

2011年に活動を休止した東京電力マリーゼの選手を受け入れることが決定。2012シーズンより「ベガルタ仙台レディー」としてチャレンジリーグ日本女子サッカーリーグ2部)に参戦、2013シーズンには1部リーグにあたるなでしこリーグへ昇格。ユニフォームは、かつてはベガルタゴールドライン男女チームを区別していたが、2015年シーズンからは男子と同じくベガルタゴールドラインに統一された。

2017年からサイト運営するマイナビトップスポンサーとなり、チーム名も「マイナビベガルタ仙台レディー」に変更。その後、マイナビ社と2020年クラブ経営権譲渡で基本合意。女子リーグWEリーグとしてプロ化した2021年からは「マイナビ仙台レディー」のチーム名で活動している。

チームあれこれ

関連用語

戦術君
 ベガルタ仙台サポーター。故人。常人には到底理解しがたい「戦術ボード」なる自作スケッチブックを掲げ、メインスタンド独りを嗄らして応援していた。ちなみに『戦術をスケッチブックに書いて見せても、同じものが敵にも見えるから、結局意味ないんじゃない?』というツッコミは野暮である。初めは周囲の客に「うるさい」、「迷惑だ」と忌み嫌われていたが、サポーターネタキャラとして面がっていた事もあり、次第にベガルタ仙台の名物サポーターとして重されるようになった。
 その反面、ベガルタ仙台に対する愚直なまでの忠心に心打たれた者も多く、チームJ1昇格と共に、他サポーターにも知られる存在となった。2002年10月22日、急性心筋梗塞にて死去。享年36歳。スポーツ新聞地方欄に訃報が掲載される程の人気者であった。
 強との試合に引き分けながらも、悔しを流しながら言った「引き分けは負けと一緒だべ?」、生前、一知人にった戦術ボードの意味「2+2=4 2×2=4(方法は違っていても、的に辿りつければ良い)」などの名言を遺しており、今でも仙台サポーターの間では、伝説サポーターとしてり継がれている。とはいえ、いささか持ち上げられすぎのような気もするが。
けさい(待ってけさい
 2004年J2へと逆戻りしてからや6年、毎年のように 監督交代 ⇒ 先は好調 ⇒ 場に運動量が落ちて失速 ⇒ にちょっと盛り返す ⇒ でも結局昇格を逃す ⇒ また監督交代 というお決まりのパターンを繰り返す様を嘲って言う言葉。のちにベガルタ仙台そのものを表す蔑称にもなった。元ネタ2chの「待ってけさい!なして仙台J2置いでぐのっしゃ!(待ってください!どうして仙台J2に置いていくのですか!)」と言いながら「J1」と書かれた乗り物電車バス飛行機など)を追いかけるAAから。J1に昇格してからもこれはそのまま使われ、2011年シーズンに4位だった時は上位3チームACL出場権を得られたために「J1けさい」と言われたことも(3位とは大差がついており、最終節の勝利で4位に上がった結果ではあるが)。

関連動画

入場時チャント・試合中チャント関連

入場時に歌うチャントは「カントリー・ロード」。

サポーター中心部に元パンクロッカーがいる為、トゥイステッドシスター「We're Not Gonna Take It(Twisted Sister song)」やCOBRAの「やっちまえ!POPSTAR」、THE BLUE HEARTSの「電光石火」、氣志團の「スタンディング・ニッポン」など、パンクロックナンバーチャント化させた曲が多く、他チームサポーターからは「仙台応援は一味違う」と評されている。

なお、「スタンディング・ニッポン」を原曲にしたチャント「スタンディング・センダイ」に至っては、氣志團が逆カバーするという事例が起こっている。

試合関連やネタ動画など

ベガルタ漫才

仙台で活動しているお笑いグループ「ティーライズ」exitに所属するお笑いコンビダブルツリーexit(後に「ぎょねこ」に名しワタナベエンターテインメントへ移籍)による「ベガルタ漫才

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 03:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 02:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP