今注目のニュース
ニコンようかん「終売」情報に悲鳴 通販サイトなど撤退...今後は?
「京アニ」実名報道 現地で取材中の記者に「なぜ必要か」を聞いた
どんだけ食べて飲んでも1人2800円!? コスパ最強のお店見つけちゃった。

大分トリニータ単語

オオイタトリニータ

掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大分トリニータとは、日本サッカークラブである。ホームタウン大分県

清武弘嗣西川周作といった代表選手を育てるなど、育成には定評がある

概要

日本プロサッカーリーグ
大分トリニータ
基本情報
創設 1994年
クラブカラー
本拠地 大分銀行ドーム[大分市]
ホームタウン 大分県全域
前身クラブ 大分FC
プロサッカークラブテンプレート

運営法人株式会社大分フットボールクラブであり、Jリーグ加盟は1999年ユニフォームホームブルーで、アウェーがグレー

ホームスタジアムは大分銀行ドーム(大分スポーツ公園総合競技場)。

マスコットはニータン()

1994年に「大分フットボールクラブ」として発。設立当時は大分FCという名前だったが、その後大分トリニティという称がつけられた。

1999年に「大分フットボールクラブ」を設立し、設立されたばかりのJ2に加入。その際、商標登録の問題で「大分トリニティ」から「大分トリニータ」となった。2年連続で勝ち点差1で昇格を逃していたが、4年は新戦フィットし、堅守速攻を武器に開幕から首位を独走。J2史上初の通算100勝をマークし悲願のJ1昇格を果たした。

昇格後は降格争いの常連だったが、シャムスカ就任後はナビスコカップ優勝などを経験するが、チームの経営危機や連敗記録を立しJ2へ降格した。

2012年には条件付きながらクラブライセンス発行にこぎつけ、成績もプレーオフ圏内の6位。プレーオフ勝利が絶対条件の中勝ち抜きJ1昇格を勝ち取った。

天国と地獄

J2昇格後は2年連続勝ち点差1で昇格をのがしたが、4年に悲願のJ1昇格。

しかしながら開幕戦で千葉に大敗。得点不足で勝ちきれず、最終節に仙台との直接対決をドローで乗り切りどうにか残留した。なお2ndシーズンリーグ最少失点で、最小失点で最下位という記録を達成した。

その後も降格争いの常連チームとなった。

2005年チーム大分で活躍した皇甫官をヘッドコーチから昇格させチームの建て直しをはかるものの、開幕当初から神戸との熾な最下位争いを演じ、皇甫監督は辞任した。

降格が現実的になる中シャムスカが新監督として就任。

就任会見で残り12試合で勝ち点18という22試合で勝ち点19しか取れていない大分には無理ゲーとも思える標を設定するも、いきなり浦和レッズとのアウェーを勝利で乗り切った。その後の強から勝ち点を奪い、標だった勝ち点18を8試合で達成し、最終的には11位と見事に立て直しに大成功した。

また、優勝争いをするチームから勝ち点を奪っていったため、優勝争いを盛り上げる一因となった。そのチームの変貌ぶりに「シャムスカマジック」と言われるほどだった。

2006年の大半が移籍していくものの、西川崎ら若手が活躍し8位と大きな飛躍を遂げ、さらなる飛躍を予感させた・・・が2009年シーズンボラチコンビの放出き、降格争いに巻き込まれるものの、シーズン途中での大補強が成功しどうにか残留させた。

シーズンでの理な補強がチームの財政事情を苦しめ、崎ら放出したが、何故か高給の長やウィズレイ森島を獲得した。崎のブレイクや、3バックを中心としたカメナチオとも言われた堅守がひかり九州チームとして初のタイトルであるナビスコカップ優勝、チームとしても4位、J1史上最小失点でーズンを終えた。大分こそ九州の元盟。得点数?お察しください。

トリニータにとって2009年は、パンパシ杯を兼ねた遠征により満足にフィジカルの練習ができず、加えて国体明けでピッチの芝の状態が最悪だったためJ1で大きく出遅れることとなり、14連敗という記録を達成してしまい、シャムスカ監督は解任、ポポビッチ監督が就任し、15連敗はなんとか回避。その後10戦負けなしと復調にも成功し最下位脱出するが、降格圏脱出はならず京都戦で当時京都に所属していたゴールで降格がきまった。更には、シーズン途中で親会社の地方クラブにおいて大きな収入である10億単位スポンサーを失ってしまうなど、最悪なシーズンだった。ただ、規定により残留する順位だったとしても降格は免れなかった。チームバラバラじゃねえか。

その後は後述する溝杜撰な経営が発覚し存続危機に陥った。

0からのスタート

J2に戦いの舞台を移した2010年皇甫官が監督として復帰。大幅な若返りもあり、連勝もあったがひとたびトンネルに嵌まると抜け出せない事態に陥る。一時は11試合勝ちなしなど低迷し、19チーム中15位に終わる。運営の方も、資ショートしかけ、県からの融資でどうにか乗り切ったほどだった。

2011年清水エスパルスコーチだった田坂和昭が新監督として就任。毎年恒例となった経営危機の影で東や菊池藤田放出。他チームで試合に出れない若手やトラアウトの選手で補強した。その結果12位で終えたものの、「前俊を諦めない」田坂監督導をうけた前田森島が自己最多ゴールを達成、コンバートされた選手が活躍するなど大分サポーターには翌シーズンの昇格を大いに期待させてくれるシーズンとなった。

2012年はいつも通り放出。前俊?諦めました。札幌でも頑ってね。しかし、放出は最小限に止め、C大阪から3選手をレンタルするなど多くの若手選手や、トラアウトで元代表の村井らの獲得に成功。

融資された3億円についても大分県民からの一億円以上の募が集まり、地元財政からも2億円、総額3億3306万1323円が集まり、事に融資返済に成功。融資返済を条件とされていたJ1クラブライセンスを獲得しJ1昇格の準備を整えた。下位相手に取りこぼすことはあったものの。18節以降はプレーオフ圏内から一度も落ちること6位でシーズンを終え、同年から開催されるJ1昇格プレーオフに足を進めた。

このプレーオフJ1・3位の京都サンガを相手に森島康仁の4得点で4-0と圧勝。続く国立競技場でのプレーオフ決勝・ジェフ千葉戦には一万人以上の大分サポーター大分からかけつけチーム援を送った。試合はピッチに対応できず千葉に終始押されるものの、勝利が昇格への必須条件だった大分高松らを投入し2バックにした0-0で迎えた後半41分、大分に降格を決定させるゴールを決めたがDFラインを抜け出しループシュートで1-0とした、その後、泣きながら応援するサポーター援に答えるように、オーロイを投入した千葉の猛攻をぎきり、4季ぶりのJ1昇格となった。チームがまとまってるじゃねえか。

試合終了後のコメントでは田坂監督森島宮沢らが涙を流し、サポーター大分県民にチームを見捨てないで、支えてくれたことに感謝を意をつたえた。

こうして迎えた2013年、4年ぶりのJ1は苦しい試合が続いた。初勝利は開幕から2ヶ月経った第12節まで待つこととなり、終わってみればJ1史上最小の年間2勝、おまけホームではリーグ戦・ナビスコカップ含めて未勝利という厳しい結果が待っていた(2013年ホームでの勝利天皇杯でのHOYO大分戦のみ)。天皇杯で初めてベスト8にコマを進めたものの、観客動員は最盛期の半分程度にとどまってしまった。

融資は返済したものの、溝が残した借はまだまだ残っており、苦しい戦いが続くが大分サポーターはあきらめず支えていって欲しい。いや、マジで支えて下さい、お願いします。

チームがバラバラじゃねえか

2009年J1第4節、埼玉スタジアム2002から事件は起こった。

対戦相手は浦和レッズ。前半42分に浦和相手にオウンゴールで自滅し、この試合を0-1で終えてから大分の連敗生活が続く・・・。

続く第5節、J1初昇格のモンテディオ山形相手に0-1での完封負け。この後もヴィッセル神戸に2-3と競り負けるなど、非常に苦しいリーグ戦となる。

次第に連敗が続き、いつの間にかJ1戦9連敗となっていた。しかし、ナビスコカップ第3戦(浦和戦)でようやく1-1でJ1の連敗を止めたものの、リーグ戦の連敗は続くのであった・・・。

J1リーグ戦第13節、九州石油ドームで行われたサンフレッチェ広島戦で0-1と競り負け、遂に連敗が「10」と二桁に達成。

ナビスコカップもずっと引き分けでいたが、7戦(新潟戦)でようやく2-1と勝利し、希望が見えてきたかのように見えた。

しかし、その後もリーグ戦では連敗し、第16節のジェフユナイテッド千葉戦で1-2と競り負けて連敗記録を「13」に伸ばしていった・・・。

このまま連敗すると、1996年当時にJリーグ参戦1年京都サンガが作った開幕17連敗の連敗記録と並んでしまうことになってしまう。

連敗記録は14でストップしたが、1996年京都の連敗は13敗、14敗が延長戦による敗戦である。そのため90分間での連敗記録保持者となってしまった。

サポチームバラバラじゃねえか」
高松「みんなちゃんとまとまってるよ」
サポやる気あんのか!」
上本「次は絶対勝つ」
サポ「その言葉、信じていいんだな」
上本「次は絶対勝つ!」
サポトーリニータ(大合唱)」

スポンサー

スポンサーに恵まれておらず、胸スポンサーとなる企業は大抵何かしらの問題を抱えていることがほとんどである。09年にはゴール裏にサポーターからの抗議の横断幕が出される事態にまで発展した。

ブラック企業が胸スポになった場合、大分だけでなくJリーグの評判そのものが悪化する。本当にJリーグが好きな人達は、大分がマトモ企業スポンサー契約する日が来ることを願っていた。

そしてついに2011年ダイハツの系列企業であるダイハツ九州とのスポンサー契約が締結され、サポーターの念願がうこととなった。ありがとうダイハツ九州

財政問題

大分トリニータの話をする上で、欠かせない話が溝だろう。

彼は、東大卒で自治というエリートだったが、大分県庁に出向した際にワールドカップ招致に関わり、大分トリニータの取締役に就任した。ナビスコカップ優勝やJ1で大きく飛躍させたり、大分での仕事に専念するために公務員を辞める、妻子とも別れ、退職大分に注ぐだけでなく、自ら営業をかけ多くのスポンサーを獲得するなどと凄いだと、ある事件が発覚するまで大分サポータももが思っていた。

2009年杜撰な経営が露呈し、赤字が11億、債務過は5億以上となった。Jリーグ史上初となる融資申請を行い、初めは2億といっていたが調べてみると4億不足しており、合計6億円が融資してもらうこととなった。その後、溝は引責辞任した。が、その後調べてみると債務過は9億以上あることが判明した。

ただ、この時点ではそんなサポーター批判はするものの、溝の行動があったからこそ、ワールドカップの招致を成功させ、クラブの躍進させた功労者と評価していた。そんな中をサポーター激怒させるニュース東京から飛んできた。引責辞任してひとあまりで観光庁長官に就任という仰人事である。これは前原誠司土交通大臣から連絡があったといわれているが、あからさまなお友達人事である上に、就任理由が地方チーム日本一にしたから」というふざけた理由だった。

当然、大分サポーター激怒した。また、大分県知事の広瀬氏も激怒し、「責任を追及されることからも逃げた挙句、こんなふざけたことするは二度と大分の地を踏ませない」とまで言い放った。

その後調べてみると、粉飾決済まがいの会計操作や、次シーズンの補強費を独断でつかったり、自分に意見してくる職員や役員を排除し、イエスマンばかりを集めた役員会をつくったりとかなり好き勝手やっていた事が判明。高額年棒の選手も獲得するだけでなく、財政破綻間近となっても放出をしようとせずJ1に一年するなどとな事をしていた。

また、そういった手法のため大分県サッカー協会とは疎遠になっただけでなく、あまりのワンマンぶりに人間関係のトラブルも多く、自治体ともトリニータと距離ができていた。スポンサーに対しても役人気質の横柄な態度が多く、スポンサーが付いては離れを繰り返す要因となっていた。

大分サポーターは言いづらいことだが、溝が連れてくるスポンサーは前述される通り問題がある企業も多かった。破綻後の第三者委員会で調べた所、怪しい機関からお金を借りていたり、役員報酬の増し、出張費のネコババ、用途不明の存在が発覚した。更には韓国マネーが見え隠れしており、怪しい事例ばかりだった。その結果クラブ倒産させたが、経営責任は不問となり。役員報酬の返還で手打ちとなった。

その後、彼の事を書いた本が出版された。彼が大分のためにどれだけ尽していたかが書かれているが、見方が溝寄りで偏っておりとも言えない内容である。また、彼のとしては「あんな地方クラブを飛躍させるのは大変なんだぞ」ということだが、甲府を代表する地方チームでも経営には成功しており、彼のは受け入れられるものではない。ただ、この本の利益は全額大分に入ることになっているので、興味がある人は買って下さい。

ただ、溝だけの責任だけでなく、身の丈経営を視した当時の経営全体の責任でもある。ちなみに溝観光庁長官としての実績は韓国国歌を歌ったり、人を呼ぶためと(一部のに対して)入ピザを緩和したりと相変わらず批判されることをやらかしている。

その後は大分県がスタジアム使用料を免除するだけでなく、追加融資を行い、融資された5億円のうち2億円を返済した。ただ、サッカーばかりを融資するやり方に批判も多いが、大分が破産するとスタジアムが不良債権となるだけでなく、安定して客をよべるサッカーというコンテンツ維持のためには仕方のないことでもあった。ただし、県からの委託を受けた経営コンサルタントの精による結果、チーム清算・スタジアムごと解体とした場合が最も県の財政にとって負担とならないといった判定があったことも事実である。

2012シーズンから開始されたクラブライセンス制度により残り3億円の融資を済しない限りJ1に昇格ができなくなった。そこで、クラブ5月に寄付を募った。その結果、1億2380万を集める事ができ、地元財政界や行政もそれに応えるように合計2億の支援を行った。そのかいあって、事にクラブライセンスは交付され、プレーオフ圏内の6位でシーズンを終えた。プレーオフでは1万人をえるサポーターが駆けつけ、勝利が必須条件のなか、事に昇格を果たした。

昇格した際は、財政難のため泣く泣く放出した、元大分トリニータの清武や西川、現FC東京ポポビッチ監督取締役社長の溝などがお祝いのメッセージを送った。

フロントには色々と問題があるチームだが、上記の清武、西川、上本、ポポビッチ監督などは給料が減っても大分残留を希望していたようにチームの雰囲気は非常に良く、サポーターとの距離も近い。シャムスカ監督く、関アジ、豊後といった美味しい食べ物、温泉などオフリラックスに最適な場所あり、選手にとっては理想的な場所らしい。J2に落ちても集客数はJ1時代にべると減したものの、J2ではトップクラスだった。他に娯楽がない?事実だけどそんなこと言うな。

ただ、残り6億円程の債務過があり、依然として経営努は必須である。これからも三位一体でまとまっていこうぜ!

主なタイトル

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

掲示板

  • 62ななしのよっしん

    2019/04/19(金) 19:05:16 ID: RGBmElLEeS

    >>57は息してるだろうか

  • 63ななしのよっしん

    2019/06/06(木) 11:55:27 ID: nHgUtJo/zN

    パチ屋が胸スポンサーで何があかんねんって今更ながら思う

  • 64ななしのよっしん

    2019/07/23(火) 11:38:18 ID: apOzcRLiQd

    前半折り返して勝ち点は大きく積み上げた。今年の残留ラインを考えたら、45は充分残留圏内だろうな。
    次のアウェー川崎戦怖いわー、ホームで敗れてる分、借りを返したいところだが。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP