異世界薬局単語

イセカイヤッキョク

異世界薬局とは、高山理図著のライトノベル作品である。

概要

小説投稿サイト小説家になろう』にて2015年より掲載されており、2016年1月よりMFブックスより書籍化された。
作者の書籍化作品としては2作で、現役の学師が死亡し、中世ヨーロッパに似た魔法のある世界へと転生し活躍するという、いわゆる異世界転生ジャンルに分類される作品である。

作品の特徴として、様々な現代医学の知識と「術」と呼ばれる魔法を使い治療を行うということがあげられるが、医学知識に関しては作者ががんの研究に取り組む現役研究者である事と、同サイトにて執筆稼働を行っていたり一般読者として利用している現役の医師薬剤師等が監修・考として参加しているため、非常に濃い内容となっている。
書籍版とWeb版の違いとしては書籍版では一部加筆されて物語の掘り下げが行われている、Web版では一般の人にも理解しやすいように化学式を挿絵として入れたりしている。

あらすじ

20XX年、世界でも有数の学研究者として日本国立大学学研究を行っていた治(やくたかんじは研究に没頭するなか仮眠をとるが、次にを覚ますと一人の少女が働き回る見知らぬ部屋であった。少女の説明により少女が仕える少年ファルマ・ド・メディシスが落で気を失う、もしくは死亡したことにより転生したとの考えにいたり、同時に自身は過労死したと推測する。

召使いの少女シャルロットソレと話を続けていくとこの世界には術と呼ばれる魔法があり、ド・メディシスはサン・フルーヴ帝国の宮廷薬師であることが分かる。
しかし、その技術は現代医学からすれば怪しげな医療行為に等しかった。
そして現代医学の知識を持つファルマは自身の知識をどうすべきか考え始め、のちに皇帝の命を救ったことから見習い薬師から宮廷薬師へと昇格、更に薬局『異世界薬局』の運営をしていくことになる。

登場人物

異世界薬局

ファルマ・ド・メディシス

本作の主人公。ド・メディシス系のため術を使っていたがが転生した際に紋と呼ばれる『リヒテンベルク図形』に似た模様が両腕に発現し、疾患透視や物質の創造・消去と言った人外スキルも習得することとなった(作者く創チート
性格や記憶のほとんどはの物であるが、書物などを見返すとが転生する前のファルマの知識が思い返される。そのため、は実質体を乗っ取ているファルマ自身に対して申し訳ないと感じることもある。
異世界薬局の薬師を務める。

ファルマの転生前の人物、享年31歳。世界的にも有名な学研究者であるが、その行動の根本には有効なく、幼くして腫瘍で亡くなったの存在があった。そのため、自身の体調よりも患者のための研究を優先させることが多くなり結果的に過労死へとつながってしまった。
なお、転生後は同じ轍を踏むまいと頑り過ぎないことを考えてはいるもののハードワークの癖は治っていない模様。

シャルロットソレ

ファルマ御付の少女称はロッテ
母親と共にメディシスに仕えており、年も近いことからファルマ御付となる。
民のため術は使えないが仕事の腕は非常によく、学校にはいっていないもののメディシス内での学習により、読み書き計算も問題なくできるが、育ち盛りという事もあってか食べ物にはがなく彼女料理長の間ではご馳走をめぐっての駆け引きもある模様。
自ら望んで異世界薬局で働くことを希望し、事務と庶務を担当している。

エレオノール・ボヌフォワ

ファルマの家庭教師で、ファルマのであるブリュノの一番子で一級薬師でもある。称はエレン
術を扱うことが出来、その際に転生後のファルマの異変に最初に気付いた人物であるが、その際に驚いた勢いでメガネが壊れたのだが、以降は彼女が驚くとメガネが壊れるというお約束が出来てしまう。
異世界薬局では薬師を担当、ファルマの補佐をすることになる。

セドリック・リュノー

メディシスの使用人。男爵爵位を持ち土の術を使うことが出来る。メディシスの財務を担当するなどかな信頼が厚い使用人であったが、両膝を痛めていたことから異世界薬局の開業直前にブリュノから暇を渡されるのだが、その際ファルマに誘われ異世界薬局の財務・法務・事務を担当することになる。

ド・メディシス家

ブリュノ・ド・メディシス

ファルマので現当。サン・フルーヴ帝国に三人しかいない宮廷薬師の一人。
非常に厳格な人物で食事の際には抜き打ちで学の質問をするなど子供たちにも厳しく接する。
当初はファルマに『この世界で最高クラス薬師でもこの程度か』と思われていたが実際は核心を突く診断を行っていたり、自身の限界を感じての処方を考えていたことからファルマからの認識も大きく変わり、この世界の方式あった治療を考えるきっかけになった。厳格で厳しいのも子供たちのことを思ってであり、時折ではあるが甘い一面を見せることもある(異世界薬局への資援助やセドリック解雇タイミング等)

ベアトリス・ド・メディシス

ファルマの。ド・メディシスとは別の名門貴族の出身で術を扱うことが出来る。
他の家族べると出番は少ないものの妻として、として、家族のことを気にかけている。

パッレ・ド・メディシス

ファルマので次期当現在は最先端の医学大学で異のノバルート大学に留学している。
エレンとはの仲のためその関係を知っている人達はそれぞれの名前を出さないようにしている。

ブランシュ・ド・メディシス

ファルマの。まだ幼いが頑り屋のであるファルマの事を気にかけている。
一方で、ファルマ自身もかつて亡くなったと重ねて見えることもあり、やさしく接している。

サン・フルーヴ帝国

エリザベート二世

ファルマ達が暮らす女性皇帝。火の術を得意としており、その大陸最強とも言われている。しかし、その身はこの世界で『死病』と呼ばれる肺結核に侵されており、も対処の仕様がなく安楽死の話が進んでいた(なお、ブリュノは死病に気付いていたが、がなかったため安楽死に同意していた)
のちにファルマにより快復すると、その功績をたたえ4人の宮廷薬師への任命と異世界薬局の開設を許可するなど非常に好意的に接するようになる。

関連動画

異世界薬局に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

関連商品

書籍版

コミカライズ

関連コミュニティ

異世界薬局に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%95%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%96%AC%E5%B1%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

異世界薬局

1 ななしのよっしん
2018/03/22(木) 12:42:43 ID: q7P1cy7KQr
おつ

ひとつ訂正よろしう
女の子の名前はシャルロッテではない
正しくは「シャルロットソレル」で、
略称が「ロッテ」やで
混在なしでひとつ
2 ななしのよっしん
2018/04/12(木) 02:03:46 ID: gTBWZTstOl
主人公が基本いい人なのでチートでも較的嫌味な部分がなく読めて好き。
3 ななしのよっしん
2018/04/15(日) 15:01:44 ID: yZJN0xXIcj
正直あそこまで万チートにすることはかったと思う
剤を原料しで精製できたり人の病名を色の識別で正解がでるまで探ったりすることが出来るなどやり過ぎだと思う、折なろう作品屈の知識考作品なのに体ない
せめて剤は原料がないと精製できないとかにして異世界の原料を採取したり品種良したり成分抽出法を生み出すなどで賄ってほしかった
4 ななしのよっしん
2018/04/15(日) 20:06:32 ID: Pv2zjJiMN3
作者自身そのあたりは分かってやってることだろうし、変に凝りすぎるのも考え物じゃないかな?
それにあくまで製チートが出来るのはファルマだけであって、ファルマ自身が居なくなった後のことを考えて製所の建設とか新の研究も進めてるしね
5 ななしのよっしん
2018/05/11(金) 23:17:23 ID: Pv2zjJiMN3
連投になっちゃうけどちょっとだけ
ロッテに正体明かしたけどこれからどうなる?