進撃!第二次作戦「南方作戦」単語

シンゲキダイニジサクセンナンポウサクセン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

進撃!第二次作戦「南方作戦」とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」にて、2019年から初に開催されるイベント(期間限定域)である。

実施期間は2019年11月29日11月30日から2020年1月14日までの予定。
通称「2019年イベント(19イベ)」である。

事前情報

以下、運営公式twitter等から判明している情報

本イベントの新要素

新規要素が見受けられた場合、本節にて解説予定

出撃制限

出撃制限は「甲作戦」「作戦」に適用。E-6のみ、「作戦」であれば出撃制限なし。

前段作戦 後段作戦
E-1
(通常艦隊)
E-2
(通常艦隊)
E-3
(連合艦隊)
E-4
(通常/連合)
E-5
通常/連合
E-6
通常/連合
攻略護衛隊 × × × × ×
襲部隊 × × × × ×
印部隊 × × × × ×
来部隊 × × × × ×
部隊 × × × × ×
決戦部隊 × × × × ×

作戦内容

第1ステージ 8駆見参!バリ島沖海戦

速のダブルゲージ
第1ボス集積地棲姫と随伴PT小鬼群×3。
第2ボス軽巡ヘ級軽巡ヘ級、駆逐×3。
戦艦系、空母系、飛行甲を持つ揚陸艦は出撃不可。

史実の「バリ島戦」がモチーフのため、駆逐隊(4隻)編成で最短ルートを辿れる。
第1ボスゲーム内の第八駆逐隊艦娘が全艦改二実装済みでかつ、上陸用舟艇を搭載できる仕様となっていることから理やり持ってきた感じもある。2ヶ所あるボスマスもE-1だけあって基本的にたいしたことはない。

第1ゲージボス集積地棲姫。対策装備がないと丁やでも容赦なく詰むので注意。最低でも集積地棲姫対策に対地対策だけはしておこう。逆に高倍率特効のある八駆が対地対策していれば攻撃がるだけでも一で爆散する。なお何故かE-3までの間にここのみ友軍が来る。そんなに眼鏡にしたかったのであろうか……?

第2ゲージボス旗艦で初顔合わせのへ級は一見耐久150あるのでビビるが、他のツ級eliteに毛が生えた程度の性しかないので、全く問題ないだろう。なお以下の難易度ではへ級は出現しない。

※「バリ島戦」に関しては「第八駆逐隊(艦これ)」記事内関連静画作品を参照のこと。

報酬は特注職人、及び以下の通り

特に新装備はない。艦載 四式20cm対地噴進なら以上で入手可だが、E2のことを考えると以上でクリアしたいところ。

第二ボスでは秋月、択捉などがドロップする。第一ボスやJマスでは秋津洲神威輪などがドロップする。

第2ステージ 強襲!第二次ジャワ沖海戦

ステージは広いものの、実際には恩恵がほとんどないギミック用のマスしかない右ルートを前段作戦の段階ではほぼ行く意味のないものと化しているため、実質左ルートのみの攻略をすることになる。

重巡2軽巡1軽1駆逐2で最短ルートを通る。軽理に採用する必要はないが、ボス艦隊が制値を持たないのでいた方が楽。川内高雄愛宕に特効があるので、ここで採用してしまうべき。

ボスはおなじみの重巡棲姫。こっちも戦艦を組み込めないことから一見手ごわく見えるが、随伴が貧弱な艦隊のみで制値がゼロなことから、陸攻が普通に刺さるのでほぼ問題はないだろう。

報酬は補強増設、洋上補給×2、及び以下の通り

HF/DF+Type144147 ASDIC対潜+15の最も性の高いソナー。過去には2017年8月作戦ランキング報酬(一群以上)で配布されただけと言うレア装備なので、域の難易度的にも是非とも甲で突破したい。ちなみにでも対潜+13、でも対潜+11と十分に強なソナーなので、戦的に厳しい提督でも作戦に挑戦してみよう。

ボスマスでは石垣松風、峯13などがドロップする。ギミック的ではほとんど意味のないAマスでは八丈、朝風雲龍などがドロップする。

第3ステージ 激突!スラバヤ沖海戦

史実関連では第五戦隊第二水雷戦隊第四水雷戦隊あたりが関わる。

第一ゲージを輸送護衛部隊、第二ゲージ水上打撃部隊で攻略することになるが、第一ボスマスで掘りをしないつもりなら水上打撃部隊だけでもOK。ただしどちらの部隊でも戦艦は出撃不可。

第一ゲージボスは初顔の重巡ネ級。甲作戦では耐久390、装甲255イロハ級とは思えないほどタフなので注意。幸い随伴はE-2ボスの焼き増し同然で戦艦空母がいないままなので、随伴を片付けてしまえばカットインを刺せる。

第二ゲージボスはお久しぶりの戦艦水鬼。削り段階では装甲がネ級より低いため、第一ゲージを破壊できる人なら苦労はしないだろう。随伴は弱めだが、ヌ級の艦載機を積んでいるので、制値調整だけはしておくこと。ただしゲージ破壊段階になると旗艦が戦艦水鬼になるのに加えて、甲作戦ではヌ級ヌ級()にパワーアップするので、削りと同じ感覚だと痛いにあう可性があるので注意。甲作戦の場合は装甲が高い戦艦水鬼に確実にとどめを刺せるように工夫が必要となる。

報酬はPerth、及び以下の通り

6inch連装速射 Mk.XXIは火力+5、対+3、回避+1、命中+2、装甲+1の中口径Perthに装備した場合は火力と対に+2、回避に+1の、夕張に装備した場合は火力、対、回避に+1の装備ボーナスがある。ただ、Perthの初期装備でもあるため修の装備はあまり意味がない状態になってしまうことも。Bofors 15cm連装速射 Mk.9+単装速射 Mk.10 Model 1938は火力+7、対+6、回避+3、命中+3、装甲-1の中口径De Ruyterに装備した場合は火力と対に+2、回避に+1の、Gotlandに装備した場合は火力に+2、対と回避に+1の、阿賀野に装備した場合は火力と対に+1の装備ボーナスがある。こちらはDe Ruyterの初期装備だが、改造後しか持ってこないため報酬で獲得すれば2本装備が可になる。

第二ボスでは新艦のDe Ruyterのほか、峯天城、大東などがドロップする。第一ボスではFletcher、峯対馬などがドロップする。Flatcherは以上限定なので、リセット掘りする場合は以上にすること。

第4ステージ バタビア沖海戦

前段ラスト域。輸送と戦ダブルゲージで、いずれのボス編成もE-3を大幅強化した感じとなる。

輸送ゲージボスはまたも重巡ネ級。随伴がタ級ナ級で固められていることからE-3の時よりはるかに手ごわくなっているにもかかわらず、こちらは輸送護衛部隊のため、まともにぶつかれば苦戦は免れない。幸い輸送ボスであるためネ級の撃破は必須でない点と、相変わらず空母がいない上に通常艦隊であることが付け入る隙。幸い基地航空隊がこの域から2部隊使えるので、陸攻4機編成を2部隊集中させれば随伴を半壊させることは可なので、A勝利だけならさほど厳しくない。

前段作戦ラストを飾る戦ボスはバタビア。随伴にネ級がいてダイソンしてくる上、バタビア自体も甲作戦だと削り段階で装甲266ゲージ破壊段階で装甲が333と非常に堅なため、後述の装甲破砕ギミックはこなした方が難。削りの時は空母がいないが、割りの段階ではヌ級(たこやき)が出るため、制値調整も必要。

装甲破砕ギミックは第2ゲージ破壊段階突入後に、EマスS勝利、輸送ボスA勝利2回、基地防優勢1回。曲者なのは基地防で、前回のイベントの最終域のようなぶっ飛んだ制値要でこそないが、作戦以上では銀だこが容赦なく基地襲してくる。は高高度局戦抜きでも力技でどうにかなる範囲だが、甲作戦の場合は高高度局戦が2つ以上ないと基本的に厳しい。幸い特効艦を採用すれば甲でもギミック解除なしでボスは倒せる範囲なので、高高度局戦がくても諦めないこと。

なお以下に下げるとネ級が割りの段階にしかいない上、バタビアの装甲が下がるため全なヌルゲーの様相と化す。さらに以下だとネ級が出なくなる上、削り時の装甲が166まで下がる。難易度的にも甲でさほど苦労する域ではないが、新艦娘であるHoustonなどを掘るのを優先するなら装備が1つはもらえるに下げるのもあり。まで下げると装備がもらえないのであまり美味しくなくなくなるものの、S勝利が確実に取れる利点がある。

報酬は州丸、及び以下の通り

8inch三連装 Mk.9+4、8inch三連装 Mk.9 mod.2はどちらも中口径。前者は火力+11、後者火力+12であり、Houstonに装備した場合は+2、最上は+1の火力ボーナスがある。

第2ボスでは新艦のHoustonのほか、旗あきつ丸などがドロップする。第1ボスでは春日丸、佐渡まるゆなどがドロップする。

第5ステージ ダバオ沖哨戒線

ここからが本当の地獄だ……

ダブルゲージ域。前段作戦までの難易度がなんだったかと思えるほど難易度が急上昇しているので注意。特に甲作戦中もボスもE-4までのではないので、理そうなら難易度を下げること。何より甲作戦限定報酬がしょぼいので全な挑戦状である。ただし以上限定の5inch連装両用(集中配備)は魅的なので、以上で突破したいところ。

まずは第1ゲージボスには通常艦隊か輸送護衛部隊でしか到達できないので、戦闘が少ない通常艦隊推奨だが、索敵があまりに低いと逸れるので注意。正規空母を含まない高速統一で最短ルートを通る。戦艦と軽空母を含む場合の中は対潜1、水上2。対潜戦闘はおなじみの潜水新棲姫率いる潜水艦隊。残る水上戦闘はいずれも随伴にツ級flagshipが出てくることがあるのが少々厄介。なお軽量編成の場合は対潜戦闘襲戦に代わる。

ボス潜水棲姫。甲作戦の場合だと装甲は多少下がっているが、耐久が大幅に増えており、ゲージ破壊段階ではとなってさらにが上がる。しかも随伴はソ級水上艦(ツ級ナ級)の混成部隊なので甲作戦だとS勝利は中々厳しい。……が水上艦は彼女ダイソンすることは相変わらずできないため、東海部隊でソ級を潰してしまえば、対潜攻撃で結局爆散するのは変わらない。ぶっちゃけ掘りに来る時にS勝利が欲しいときの方が問題になる。

第2ゲージ水上打撃部隊での攻略となる。基本は第一ゲージ同様に正規空母を含まず、戦艦3隻以下の高速統一編成で最短ルートを通る。中は対潜2、1、襲1、護衛空母部隊1。対潜戦闘2回はいずれも旗艦が潜水新棲姫だが、ペナがい状態なのでまだマシ。最後の空母部隊もヌ級2隻をフラタとフラツが護衛するといった危険極まりない編成のため、水上打撃部隊では少々厳しい戦いとなる。……が輪形固定なので額面ほどの脅威はなく、またボスの編成がアレなのであまり立たない。

ボス空母棲姫。装甲が通常の空母棲姫べて大幅に上がっており何と甲作戦だと270戦艦棲姫改より堅い。が、むしろこのボスマスにおいては随伴にヌ級が2隻いて、まともにやっては航空優勢を確保するのが不可能に近い方が問題となる。基本は劣勢で妥協し、基地航空隊で削って拮抗に持ってくる必要がある。ただしこれは削り段階での話であり、甲では割りの段階になると空母棲姫ダブルになるため、制値がかなりインフレするので注意。こうなってくるとむしろ陸攻を特攻させてヌ級をうまく潰してくれるのを祈ることも選択肢に入ってくる。なお彼女捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)における空母棲姫が装備していた夜戦艦載機を標準搭載してるため、中破以上に追い込まないと夜戦でもしっかりと火力を浴びせてくるので注意。制がとれず弾着観測射撃ができないので、長門陸奥での特殊攻撃と特効艦の魚雷カットインでのスナイプに期待するというのが流となっている。特に後者は友軍の実装以降随伴艦が壊滅した状態で夜戦に突入するのもよく見られるようになった関係で大幅に狙いやすくなっている。

報酬は以下の通り

5inch連装両用(集中配備)はE6報酬のアトランタの初期装備でもある中口径。当然ながら重巡洋艦も装備可なので、地味摩耶改二連撃と強い方の専用対カットインの両用が可になる。日本軽巡は基本的にペナルティがかかるので注意。
なお、見ての通り甲との報酬差は新航空兵装資材くらいしかないため、all甲したいわけでもないのであればを選んでおくのが難である。
とはいえでもゲージ破壊時のボス編成はヌ級eliteが増えることで空母4隻とどっちみち頭がおかしい編成で、友軍到来前は甲よりマシといった程度で十分難易度は高かった。そのためかゲージ破壊段階でも空母の数が3隻どまりの妥協した人もいた模様。

第二ボスでは新艦の秋霜のほか、神鷹、御蔵などがドロップする。第一ボスでは新艦の戸がドロップする。なお、戸は丁でもドロップはするようなのだが、その確率は極めて低く、統計サイトでは12月27日0時17現在、S勝利1114回でドロップ0となっている。そのため丁掘りは非推奨。

第6ステージ 激闘!第三次ソロモン海戦

最終ステージ。輸送と戦ダブルゲージ

基本的に上ルート攻略時に空母機動部隊が要されるが、それ以外では空母を含むとマスが増えるだけなので非推奨。基本的にボスへの最短ルート戦1個で制を取れる上、ボス攻撃機を消し飛ばす異常な防を持っているので、ボス戦に空母は要されないと見たほうが良い。

輸送ゲージ中は輸送護衛部隊か通常艦隊なら戦闘3回、水上打撃部隊なら4回で到達。水上打撃部隊は緒戦はいきなり潜水新棲姫がお出迎え。その後は戦隊と2回ぶつかるが、2回夜戦なので注意。輸送護衛部隊の場合はか対潜(旗艦は水上同様の潜水新棲姫)の動分岐を経て、以後は水上と同様。どちらの編成でもボス前のNマス門で、タ級flagshipが2隻が取っているのだが、問題は随伴。ツ級ナ級が2隻ずつなのだが、甲だとランダムでeliteflagshipになるため、flagshipパターンを引くとかなり厳しいので、支援を出したほうが難。

輸送ボス戦艦水鬼連合艦隊であり、E-3のときよりも随伴が強い。とはいえ相変わらず随伴は艦隊であり、戦艦空母もいないのでA勝利自体はそう難しくない。ただし甲作戦ルート解放ギミック解除の際には通常艦隊か輸送護衛部隊でS勝利がいるのでとたんに難しくなる上、なぜか輸送ゲージ破壊後に旗艦がになっているという怪現が起こる。輸送ゲージの破壊より、ギミック解除のときのほうが明らかに厳しいマスとも言える。

ゲージ攻略ルートの関係で縛りでもなければ水上打撃部隊一択で、なおかつ空母0が基本。最短ルートなら中・ボスいずれも制0なので戦1個で確保可比叡霧島戦艦で特効持ちなので、この2隻を3番・5番艦に配置してネルソンタッチを発動するという手法がよくとられている。さらに特効艦の鈴谷熊野ルート固定&制要員として秋津洲を入れた6隻が第一艦隊の定番であり、第二艦隊には駆逐艦は強特効の夕立綾波α重巡衣笠軽巡長良などから選ばれることになる。中で潜水新棲姫マスを経由するので東海隊を派遣するのと対潜要員を1~2人用意しておきたい。

中も基本的に輸送ゲージと同様だが、戦ボス前のSマスが全難易度共通で容赦なくダブルネ級という、ダブルダイソン代打として取っており、甲がやばいのは論、戦的に以下を選ばざるを得なかった提督にとっても阿鼻叫喚させる事態となった。

ボスは防巡棲作戦の場合は旗艦どころか第一艦隊の装甲がツ級を除いて削り段階から装甲245以上とかいうワケのわからないことになっているため、まともにやっては勝ちがないので注意。一応流石に甲作戦仕様戦艦水鬼を2隻随伴させるのはアレと感じたのか、作戦仕様と少しは弱体化しているのは僅かながらの良心か? 過去イベントでは基地特効があり、基地航空の働き次第で級撃破という幸運があったが今回は補正がなく、第二艦隊を沈める事(特にPT)が最大の成果となる。どのみちボスに到達したのに全くゲージを削れないということも少なくなく、虚無削りという俗称が付いているほど。そしてゲージ破壊段階になると旗艦だけでなく随伴のダブル戦艦水鬼も壊となるため、ダブルスーパーダイソンの装甲がさらに上がるという悪夢のような状態となる。そのため友軍に頼らない場合は大きな補正のかかる特効艦(比叡霧島夕立綾波Fletcher)の採用が大前提で、彼女たちに頼ればある程度は現実的な勝ちの芽も見えてくる。なお勝ちの芽といっても友軍到着後もなお敵艦3~5隻の中からカットインが旗艦にささればいい(ボス傷なら複数回ボスの回避は考慮しない前提で)というこれまた夜戦ルーレットと称されるほど困難なものである。過去域でのカットインを祈る、2択を祈る程度の困難はこの域にとっては奇跡の大チャンスという事態である。ちなみにルート開放ギミックと特効上昇ギミックがあり、両方ともボスマスでのダメージ増加に影し、かつ特効艦に大きく影するため、特効艦が重要な役割を果たす。なお掘る場合は重装甲いの第一艦隊に加え、第二艦隊最後尾にしれっとPT小鬼群が混じっていることから、S勝利は非常に厳しくA勝利が量産されることになる。友軍到来後はS勝利は非常に難しいものの、甲作戦でも何とか狙えるようにはなっている。

随伴があまりに悪なのでボスである防巡棲がオマケに見えるかもしれないが、実際には彼女自身も防埋護を全ステータスで上回るを持つ強敵。甲作戦では防空棲姫にこそ劣るが対300えのステータスを持つ為、彼女が防担当になった場合は攻撃機爆撃機は確実に消し飛ぶので注意。しかもゲージ破壊段階では装甲も355と歴代トップなるほど堅い。そのため特効補正の低い艦だけで挑むのは謀に近いので、出撃させる艦は吟味すること。

なお2つのギミックのうち、一番難関となるのは終点マスであるVマス。1つでA勝利2回、2つではS勝利1回が必要だが、ここに取っているのは空母棲姫を旗艦とした連合艦隊空母機動部隊(正規空母2+軽空母1の高速統一)で挑めるとはいえ、甲作戦の場合はE-5の最終編成から空母棲姫ツ級flagshipに置き換えただけの実質ボス編成のため苦戦必至な上、作戦以上だとパターンタ級が1隻ヲ級に置き換わっていることがあり、その編成の場合はほぼE-5の最終編成でも苦しめられた空母4隻編成で襲ってくるので、その場合は甲作戦だと制が取れないので注意。特に甲作戦で必要なVマスS勝利難易度は友軍が来ない分、E-5の第2ゲージどころか本域の戦ゲージ削りよりもある意味厄介と言わしめるほどの高難易度を誇る。幸い本域の機動部隊ルート金剛榛名に高倍率特効があるので、制は拮抗・劣勢で妥協してネルソンの特殊撃を併用して対抗するやり方が流だった模様。

また2つギミックで必要なSマスのS勝利も前述通りネ級が2隻出ることからかなり手ごわいが、そのままボスに挑むのでもなければ基地航空隊を送ることができ、夜戦に持ち込めば取りこぼすことはないだろう。

幸い特効上昇ギミックルート開放ギミックより優先度が低いギミックなので、解除できないないなら理にする必要はない。

またE-4同様に銀だこも基地襲してくるがこちらは甲限定。必要制値もE-4より低く、高高度局戦が2つ以上あれば防航空優勢は楽勝、1つでもどうにかなる範囲だが、逆に0だと優勢を取れないのが曲者。この域の2つのギミックは甲作戦の場合はいずれも基地防で優勢が2回必要。甲におけるボスの最終段階の編成と装甲を考えると基地防できない場合はに下げたほうが難かもしれない。

なお以下に下げると、札がE-6の出撃には関係なくなる上にボス艦隊の随伴である戦艦水鬼タ級eliteランクダウンし、旗艦とネ級の装甲も下がるため、特効艦を採用すれば友軍やギミック解除に頼らずとも域のボス艦隊は歴戦提督なら片手間で撃破出来るほど弱くなる。さらにではネ級も割りの段階にしかいなくなる。甲限定のGFCS Mk.37+5inch連装両用(集中配備)は非常に魅的な装備で、しかも突破報酬のアトランタの専用対カットインにも使える優れものだが、この域の甲作戦は非常に厳しいので、覚悟して挑むこと。

なおどうしてもクリアできそうにないなら丁で突破してしまうのもこの域の場合は選択肢に入る。Vマス随伴の空母不在と戦ボスネ級が出ないことで両マスの敵編成がべてすら著しく弱体化するのが大きく、門がネ級取るSマスぐらいになるのはかなり大きい。と丁の差は勲章の有ぐらいな上に新規ドロップ艦娘もいないため、での突破が難しい提督は、思い切って丁まで下げてしまってもダメージは少なめである。

ドロップは戦ボスマス照月のほか、サラトガ波、波、波、波、福江のドロップが確認されている。他は輸送ボスマス・Vマス・Qマス後、秋津洲伊401など。この域では新規艦娘ドロップがなく、正直なところ甲で掘るには照月(大型建造縛り提督限定でサラトガ)以外が割に合わない難易度のため、サラトガ波、伊401まで狙うなら以下に下げた方が難。

報酬はAtlanta、及び以下の通り

GFCS Mk.37+5inch連装両用(集中配備)+2はE5報酬である5inch連装両用(集中配備)の上位互換。対+14であり、Atlantaの専用カットイントリガーの1つ。

関連静画

関連商品

進撃!第二次作戦「南方作戦」に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連コミュニティ・チャンネル

進撃!第二次作戦「南方作戦」に関するニコニコミュニティもしくはニコニコチャンネルを紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連リンク

  • 進撃!第二次作戦「南方作戦」に関するリンクを紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連項目

イベント一覧
前回 欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」
次回 桃の節句!沖に立つ波
開催年 2013年 -- -- -- --
2014年 -- -- --
2015年 -- -- -- --
2016年 -- -- -- --
2017年 -- -- -- --
2018年 -- -初秋-
2019年 -- -- -- --
2020年 --

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%B2%E6%92%83%21%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%BD%9C%E6%88%A6%E3%80%8C%E5%8D%97%E6%96%B9%E4%BD%9C%E6%88%A6%E3%80%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

進撃!第二次作戦「南方作戦」

249 ななしのよっしん
2020/01/21(火) 20:34:28 ID: KLIXQfIMZL
イベ限装備の入手性とか課金でどのくらいの差を付けるかは今まで言われてたけど、今回みたいなバランスだとそれ以前に実際のプレイヤーの様子は全然見てないんだろうなと思う。
正直、サービス初期の雰囲気でユーザー慢に甘えて調整のノウハウ積んでこなかった結果が、前半と後半の難易度の差という形で一気に出てきたなあと言うようなイベントだった。
250 ななしのよっしん
2020/01/21(火) 20:39:39 ID: 7AGCOP92g8
???
251 削除しました
削除しました ID: DhAxgFFDBX
削除しました
252 ななしのよっしん
2020/01/22(水) 01:21:18 ID: /PNMUntK5q
>>251
田中様と言えばじゃないんか?
253 ななしのよっしん
2020/01/22(水) 22:04:58 ID: Ip0G0g5S9s
運営とc2のノリが寒すぎて常時みたいなもんだからセーフ
254 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 01:16:18 ID: JYJC7DCQWl
イベは秋刀魚イベ期間中に突然告知されたしな
やるやらないはめに告知してほしいがなぜかやらないんだよね
255 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 22:01:31 ID: 8kF5ESKMF0
ゲームイベントに限らず、物販やリアイベでも告知遅いからなー
会社としてどんな体制になってるのか普通に気になる
256 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 20:33:33 ID: Rk4uUcb3Nq
E-4までなら面かった
257 削除しました
削除しました ID: MF3qnaEYF/
削除しました
258 ななしのよっしん
2020/01/31(金) 15:41:26 ID: s5UWqaLeVv
>>253
Twitterとかなかなか地獄だよね
去年の今頃辺りで公式Twitterが「妨工作が行われてる!でも敵には屈したくない!」みたいなイワマン化してたのは流石に引いたわ

おすすめトレンド