アメリカ合衆国大統領選挙単語

アメリカガッシュウコクダイトウリョウセンキョ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

アメリカ合衆国大統領選挙(presidential election)とは、アメリカ合衆国において大統領を選出する選挙のことをいう。

4の倍数になる西暦偶数年に行われる。下2桁が4の倍数である自然数は全て4の倍数であるため、下2桁が4で割り切れるかどうか考えればよい。夏季オリンピックと同じ年に開催される。

11月1月曜日の属する週の火曜日投票が行われる。つまり、11月2日~8日のうちのどれかになる。これを米国では選挙の日(Election Day)exitと呼ぶ。
 

民主・共和両党の候補者確定まで

大統領選挙所属で出しても勝ちがない。ほとんどの補は民主党かまたは共和党名を受けるため、それぞれの党の補者選出レースに参戦することになる。
 

選挙の前年に出馬表明

大統領選挙の前年の1月から、大統領選への出を表明する人が出現し始める。


上院議員や州知事が有補として扱われることが多い。

アメリカ合衆国上院際条約の締結を承認する権限があり、条約を批准すべきかどうか、頻繁に議論している。このため上院議員は際的で広い視野を持つとみなされ、有視されやすい。

州知事は州議会と攻防を繰り広げながら行政導をしていく点で大統領とよく似ている存在である。大統領の職務を務めるのに十分な経験を積んでいるとみなされ、有視されやすい。

アメリカでは上院議員や州知事の職に留まったまま大統領選に立補することができる。そのため大統領選挙に落ちたとしても安心である。とはいえ、選挙のため借を抱える羽になりやすい。事例として、ヒラリー・クリントンは上院議員の身分のまま2008年補者選出レースに臨んだがバラク・オバマに敗れ撤退。借1200万ドルほど(当時のレートで約13億円ほど)こしらえてしまった。

下院議員で大統領選挙に出する人はあまり多くない。アメリカ合衆国下院際条約の締結を承認する権限がなく、際的な視野に立っての議論(上院にべて)あまり多くない。そのため、下院だけの経歴では大統領になるには経験不十分、と思われやすい。

そのほか、神経外科医だとか不動産王といった政治経験が全くないが出表明をする人もいる。
 

前年の夏からテレビ討論会

大統領選の前年の8月頃から、さっそく有テレビ局によってテレビ討論会が開かれる。番組の雰囲気は次のとおりになる。

共和党補者たちが10人程度集められ、テレビカメラの前でお互いを論難する。民主党補者たちも違う日に10人程度集められてテレビの上での批判合戦に励む。

そして、世論調査が行われ、テレビ討論会で好印を与えた補が上位に並ぶことになる。
 

年が明けて2月から予備選挙または党員集会が各地で始まる

大統領選挙の年になり、2月になると各地で予備選挙または党員集会が始まる。

予備選挙または党員集会は2月から最長で6月まで続き、それにより民主党共和党補者が決まる。


2016年大統領選挙では2月から予備選挙(党員集会)が始まったが、2012年大統領選挙では1月から予備選挙(党員集会)が始まっている。本記事は2016年大統領選挙を参考にした記述が多いことから、これに合わせて「2月に始まる」と記した。

予備選挙と党員集会の比較

予備選挙Primary Election)は、州政府が資を出して開催されている。

自分が投票するか表せずに投票できるいわゆる秘密選挙であり、気楽に参加して気軽に投票できる。

一部の予備選挙閉鎖予備選挙と言い、参加するのに党籍が必要である。民主党閉鎖予備選挙に参加できるのは民主党員だけである。

また、一部の予備選挙開放予備選挙と言い、参加するのに党籍が必要とされない。その気になれば、共和党支持者が民主党の開放予備選挙に潜入して投票することができる。

2020年大統領選挙において、共和党補はドナルド・トランプ現職大統領になることが確定的である。そのため、共和党支持者たちは暇でしょうがない。仕組上、一部の州の共和党支持者は、退屈しのぎ民主党の開放予備選挙に行き、自分の好みの補者に投票することも可である。




党員集会(Caucus コーカスは、政党によって開催される。投票できるのはその政党で長い期間活動してきた人のみで、なおかつ自分の名前表してから投票する仕組みである。それゆえ、気楽に参加することができず、参加者が少ない。Caucusとは「幹部会」と訳されることがあり、「限られた人たちによる会議」を表現する言葉である。



州ごとに予備選挙をするか党員集会をするか、好きな方を選ぶことができる。

近年は党員集会から予備選挙に切り替える州が増えてきている。党員集会は、参加しにくいなどの理由から敬遠される傾向がある。


※この項の資料・・・記事1exit記事2exit記事3exit
 

選挙人を割り振る。党ごとに制度が異なる

予備選挙または党員集会で選挙が行われ、結果に応じて選挙人が補者に与えられる。


共和党選挙人の割り振り方は、州ごとに制度が違うためややこしい。票数が1位のものが選挙人を全て獲得する勝者総取り制度を採用する州と
票数によって選挙人を割り振る制度を採用する州がある。

2016年共和党の様子を見てみよう。

日付 開催地 選挙人の割り振り
2016年2月1日 アイオワ トランプ補が7人、クルーズ補が8人、ルビオ補が7人獲得
2016年2月20日 サウスカライナ トランプ補が50全員獲得。勝者総取り



一方で民主党は勝者総取り制度を採用せず、全ての州で票数によって選挙人を割り振っている。

2016年民主党の様子を見てみよう。

日付 開催地 選挙人の割り振り
2016年2月1日 アイオワ ヒラリー補が23人、サンダース補が21人獲得
2016年2月27日 サウスカライナ ヒラリー補が39人、サンダース補が14人獲得



2016年共和党の様子はこちらのページexitが詳しい。最初は例割り振りが多く、3月15日以降に勝者総取りが集中している。

2016年民主党の様子はこちらのページexitを見るとよく分かる。全てが例割り振り。
 

2月の序盤戦

2月に予備選挙かまたは党員集会行われるのは人口が少ない州である。小さい州での小規模な選挙で、各補の営は選挙戦に慣れていく。

2016年共和党予備選挙・党員集会の開催日程は次のとおりであった。

2016年2月1日 アイオワ州exit
2016年2月9日 ニューハンプシャー州exit
2016年2月20日 サウスカロライナ州exit
2016年2月23日 ネヴァダ州exit


2016年民主党予備選挙・党員集会の開催日程は次のとおり。

2016年2月1日 アイオワ州exit
2016年2月9日 ニューハンプシャー州exit
2016年2月20日 ネヴァダ州exit
2016年2月27日 サウスカロライナ州exit


どちらの党も同じ時期に同じ州で選挙を行う具合である。

2月の序盤戦を終えた時点で、売名的を果たした泡補が撤退するのが恒例の風景である。


ちなみにアイオワ州では、州法によって「全で最も党員集会(コーカスを開くように努すべし」と決まっている。また、ニューハンプシャー州にも「全で最もく予備選挙を開くように努すべし」という州法がある。

そうした州の熱意に押されて、大統領が「アイオワ州とニューハンプシャー州を一番最初に配置するように」と示する(トランプ大統領Twitterexitでそのことを示唆している)。

順番はいつも「開幕戦アイオワ、2戦ニューハンプシャー」となっていて、それが始まったのが1972年である。

また、アイオワ州は民主・共和のどちらも党員集会(コーカスであり、ニューハンプシャー州は民主・共和のどちらも予備選挙である。

アイオワ州とニューハンプシャー州は白人が多く、ネヴァダ州はヒスパニック系(中南からの移民)が多く、サウスカライナ州は黒人が多い。2月の序盤戦の4州は、人種という点でまずまずバランスがとれている。
 

重要なアイオワ州とニューハンプシャー州

アイオワ州とニューハンプシャー州の結果は、補者選出レースに対して大きなを与えるとされている。

初戦のアイオワ州において、3番手以内の得票率を獲得しないと補者選出レースを勝ち上がるのが難しくなる、と言い伝えられている。実際に初戦のアイオワ州で4番手以下になってから巻き返した例は、非常に少ない。これを「アイオワ発の切符は3枚まで There are only three tickets out of Iowa.exit」という。

初戦のアイオワ州と第2戦のニューハンプシャー州でどちらも3番手以下に落ちた人が補者選出レース勝利を収めた例は、1972年から2016年まで一度も存在しない(記事exit)。

アイオワ州もニューハンプシャー州も人口が少ないごく普通田舎なのだが、4年に1度の大統領選挙で全から注の的になる。
 

3月のスーパーチューズデー

3月初旬の火曜日に多くの州で同時に予備選挙または党員集会が開かれる。これをスーパーチューズデー(Super Tuesday 特別な火曜日)exitという。

2016年3月1日がスーパーチューズデーとなり、共和党は14の州、民主党は11の州で選挙となった。

このスーパーチューズデーは政党補になるための天王山であり、最大のヤマ場である。ここで選挙人獲得数で首位に立った人がそのまま補になることが多い。

ちなみになぜチューズデー(火曜日)なのかというと、19世紀の伝統が残っているからである。19世紀の米国は信心深い人が多く、日曜日キリスト教の安息日なのでしっかり休む習慣があり、日曜日選挙ができなかった。そして今も昔もアメリカ土が広く、投票所まで遠い。投票所に行こうとすると1日かかってしまう。ゆえに火曜日投票日にすることにした。日曜日は安息日なので休んで、月曜日を移動日にして火曜日投票する。これが米国農家に支持され、火曜日選挙という形式が定着した。
 

4月までには候補が決まる

スーパーチューズデーで大勢が決することが多いのだが、諦めきれない人はまだしぶとく選挙を続ける。


2016年民主党バーニー・サンダース5月中旬まで選挙戦を続けていた。

2008年民主党ヒラリー・クリントンバラク・オバマ4月いっぱいまで互の死闘を演じ、5月上旬になってやっとオバマが抜け出し、6月上旬でオバマ勝利を決めた。

ただ、5月とか6月まで選挙を続けることはやはりしい。4月までには民主・共和それぞれの補が1人ずつに絞られ、他の補者が全員撤退することが多い。

このため、5月6月に予定されている予備選挙・党員集会は単なる顔見せ行になることが多い。
 

7月または8月の党大会で使命を受け、副大統領候補を発表する

民主党共和党も、7月または8月に党大会を4日かけて開催する。共和党の党大会の日程を記したページこちらexit民主党党大会の日程を記したページこちらexit


大統領補が長い間よく考えてから副大統領補を決定し、それを党に向けて報告して、この党大会で正式に大統領補と副大統領補を名する。

支持者をさらに広げるため、自分とは違った性格で自分とは違った層に受けが良い人物を見つけ出し、副大統領補に選ぶ。

2016年ドナルド・トランプは、マイク・ペンスexitを副大統領補として名した。トランプと違ってペンスは下院議員や州知事としての政治家経験が豊富である。トランプと違ってペンスは見るからに質で堅実である。そういう具合に、自分と違うキャラの人物を選ぶのがおなじみのである。
 

民主党と共和党 9月と10月の激しい選挙戦

9月の第1月曜日は労働者の日(Labor Day)exitという祝日で、日本英国メーデー(May Day)exitに相当する。この日をにしてしい選挙戦に突入し、民主・共和それぞれの営が火を散らすことになる。11月上旬まで約2ヶ選挙戦になる。

飛行機に乗って広大アメリカ土を駆け回り、全の各地で遊説することを毎日のようにこなす。殺人スケジュールで精体に大きな負担がかかるが、この程度の務すらこなせないようではアメリカ合衆国大統領の地位などふさわしくないとばかりに、過密日程が組まれる。

ショー・ビジネスexit世界で最も得意とするのため、演説の会場をやかに見せる工夫が凝らされる。
 

テレビ広告とネガティブキャンペーン

テレビ広告も大量に流され、両営から多額のテレビ業界に流れ込んでいく。そうした選挙CMの中には、相手の欠点を強調したネガティブキャンペーンのものがしばしば見られる。

1964年大統領選挙ではジョンソン営が核戦争を連想させるテレビCMを流し、「ベトナムでの戦闘を終わらせるためには核攻撃の選択肢をちらつかせて相手を萎縮させるべきだ」としばしば言するゴールドウォーター営の支持を大いに揺るがせた(記事1exit記事2exitテレビCM動画exit

1988年大統領選挙ではブッシュ営が「デュカキスは殺人犯の一時帰休(Weekend Passes)を認めた。一時帰休を認められた殺人犯のウィリー・ホートンexitは、一時帰休のときに罪を犯した」と執拗にネガキャンを展開し、さらには刑務所に入ったはずの犯罪者が回転ドアでUターンして再び世の中にやってくることを連想させるテレビCMを繰り返し流し、デュカキ営に大打撃を与えた。(記事1exit記事2exitテレビCM動画1exitテレビCM動画2exit
 

テレビ討論会

テレビ討論会が開かれ、両者の熱した応酬が全国生中継される。

会場は大学を使うことが多い。有テレビ局の熟練会者が巧みに進行役を果たす。9~10月に3回実施されるケースが多い。

2016年大統領選挙でのテレビ討論会の開催日程は以下の通りだった。

日時 場所 日本語訳のある動画リンク
9月26日 ニューヨーク州ホフストラ大学exit リンクexit_nicovideo
10月9日 ミズーリ州セントルイス・ワシントン大学exit リンクexit_nicovideo
10月29日 ネヴァダ州ネヴァダ大学exit リンクexit_nicovideo


また、副大統領補同士の討論会も1回開かれるのが恒例である。こちらでも丁々発止のやりとりが交わされ、両補が己の資質をしっかりアピールする。2016年10月4日ヴァージニア州ロングウッド大学exitで開催された(動画exit)。
 

オクトーバー・サプライズ(10月の驚き)

選挙戦終盤の10月になって、両営がひた隠しにしていたスキャンダルが露呈し、選挙情勢に大きなを与えることがある。これをオクトーバー・サプライズ(October Surprise)exitという。

2016年10月8日、有ワシントンポスト2005年トランプ補が談した動画開し、トランプ営に打撃を与えた(記事exit)。共和党の有者が続々とトランプ批判し、中には支持を撤回するものも出て、トランプは自身の発言について謝罪することになった。

2016年10月28日ジェームズ・コミーFBI長官exitは「ヒラリー・クリントンの私用メールアドレス問題について、調を再開する」といきなり発言し、ヒラリーの支持率を急落させた。

このように10月は何かが起こるものであり、それゆえ最後の最後まで選挙戦からが離せない。
 

11月上旬の投票

11月1月曜日の属する週の火曜日投票が行われる。11月2日~8日のうちのどれかになる。これを米国では選挙の日(Election Day)exitと呼ぶ
 

選挙の日の由来

この制度が決まったのは1845年である。当時の米国農業であり、農家の有権者が多かった。植物が繁茂して農家にとって忙しいので、投票日にするわけにはいかなかった。が降って交通が麻痺しやすく、この時期も投票には不向きである。収穫が一通り終わった農閑期で、なおかつが降り始める前の時期というと11月上旬である。このため11月上旬を投票日にすることにした。

火曜日になったのは、先述のスーパーチューズデーの項で述べたとおりである。

11月1日を避けるようにしている。の初めの1日は企業決算日と重なって忙しいし、11月1日キリスト教カトリック諸聖人の日exitと定めている。
 

時差があり、東海岸の人にとっては眠れない

選挙の日は東海から順に投票が行われ、東海から順に開票していく。

日本総選挙なら午後8時に一斉に開票が行われ、午後10時には大勢が判明する。それゆえ関係者も夜更かししなくてよい。

ところがアメリカ合衆国は横に長いで、西海東海の時差は3時間もある。東海で開票が終わっても西海の開票作業が始まったばかり、となり、大勢が判明するまで長い時間待たされる。接戦になった場合は、東海の人たちは深夜まで起きていなければならない。

営の選挙対策本部は東海ワシントンニューヨークに置かれることが多く、全員夜更かしすることになる。

2016年大統領選挙では親父選挙に付き合わされたバロン・トランプexit(当時10歳)が眠そうな顔で親父勝利宣言を聞いていた。この動画exit_nicovideoの2分19当たりであくびをしている。
 

日本の住民にとっての選挙の時間

11月上旬はサマータイムが終わっているので、日本米国東海の時差は14時間、日本米国西海の時差は17時間。
 

日本 ハワイ アラスカ 西海 山岳部 中西 東海
翌日8時 13時 14時 15時 16時 17時 18時 東海投票を締め切りはじめる
翌日10時 15時 16時 17時 18時 19時 20時 東海大勢判明
翌日12時 17時 18時 19時 20時 21時 22時 中西部大勢判明
翌日14時 19時 20時 21時 22時 23時 24時 西海大勢判明
翌日16時 21時 22時 23時 24時 1時 2時 で大勢判明

 
日本に住んでいると、ニュース出口調が流れ、ニュースで各地の結果が出始め、夕方のニュース選挙結果が確定するニュースが流れてくる、という状況になる。見物するにはなかなかちょうど良い時間帯となる。
 

選挙の制度

選挙権は州か首都在住のアメリカ国民

選挙権(投票する権利)は、いずれかの州か首都ワシントンD.C.(コロンビア特別区)に住む18歳以上のアメリカ民のうち、有権者登録をしたものに与えられる。アメリカには戸籍制度がないので、自分で自発的に有権者登録をしなければ選挙権をもらえない。

各州において、有権者登録の制度を実際に決めるのは、州知事(Governor ガヴァナー)である。

首都ワシントンD.C.(コロンビア特別区)において、有権者登録の制度を実際に決めるのは、メイヤー(Mayer 区長)である。

過去には、有権者登録の制度を複雑化して、自分の属する政党が有利になるように小細工していた州知事も存在する。共和党の州知事が、民主党支持者の多い地区に対して、非常に遠い場所で有権者登録するように制度を定めて、有権者登録を面倒くさがらせて、投票させないようにする、といったような例である。これを投票権抑圧(voter suppression)exitという。
 

被選挙権はアメリカ生まれに限る

選挙権(立補する権利)は、35歳以上で14年以上アメリカに住んでいるアメリカまれのアメリカ民に限られる。移民ではあるが、アメリカ生まれであることを要している。

アーノルド・シュワルツェネッガーオーストリア生まれで21歳の時に渡、36歳の時に米国籍を取得した。彼はカリフォルニア知事になったが、アメリカ大統領選挙の被選挙権がない。このことを不そうにっていたことがある。
 

選挙人が各州に割り当てられる

各州に選挙人(elector)というものが割り当てられる。

選挙人の数は州が輩出する議員の数と同じである。アメリカ合衆国上院は、1つの州が2議席ずつ輩出する。アメリカ合衆国下院は、人口に応じて議席数を配分し、人口の少ない州は1議席となる。

このため、「各州に割り当てられる選挙人は人口に例する」と憶えておけば、だいたい合っている。2016年大統領選において最も人口の多いカリフォルニア州選挙人は55。最も人口の少ないワイオミング州exit選挙人は3人
 

どこの州にも属さない6地域のうち、首都ワシントンD.C.のみが選挙人を割り当てられる

アメリカ合衆国には、どこの州にも属していない地域が6つある。首都ワシントンD.C.(コロンビア特別区)米領サモアexitグアムexit北マリアナ諸島exit米領ヴァージン諸島exitプエルトリコexitである。

このうち、首都ワシントンD.C.(コロンビア特別区)は、「最も人口の少ない州」と同格に位置づけられ、選挙人3人を割り当てられる。

サモア、グアム、北マリアナ諸ヴァージンプエルトリコには、選挙人を割り当てられない。つまり、これらの地域の住民には、大統領選挙投票する権利がない。

どこの州にも属していない6地域は、選挙の事情が特殊である。上院下院の記事にも詳しく説明されているが、簡単に表にまとめると以下のようになる。
 

大統領選挙 上院選挙 下院選挙
首都ワシントンD.C. 住民に選挙権があり、選挙人3人が割り当てられる 住民に選挙権がなく、議席を割り当てられない 住民に選挙権があるが、それぞれの地域に議決権議席を1つずつ与えられているだけである
米領サモアexit 住民に選挙権がなく、選挙人が割り当てられない
グアムexit
北マリアナ諸島exit
米領ヴァージン諸島exit
プエルトリコexit

 

大多数の州で勝者総取り制を採用して、「州が支持するのはこの候補」と表明する

大多数の州で勝者総取り制(Winner-take-all)exitを採用している。州の中の票数を数えて、1票でも多ければ州に割り当てられた選挙人を全て獲得できる。

カリフォルニア州では、民主党補の得票数が共和党補者の得票を1票でも上回ると、55人の選挙人をまるごと民主党が獲得できるのである。

勝者総取り制によって、「○○州が今回の選挙で支持するのはこの人」と立場を鮮明にすることになる。アメリカ合衆国は州の権限が強く、州ごとの独自性が強い。大統領選挙においても州ごとの一体感を重視したいので、こういう制度が採用されている。
 

得票率が高いのに獲得選挙人が少なくて敗れる現象が、たまに起きる

2016年大統領選挙でのヒラリー・クリントン民主党補は、全での得票率が高いのに獲得選挙人の数が少なく、それで敗北を喫した。

こうした現が発生するのは、やはり勝者総取り制のためである。民主党の勢いが強い州で圧倒的に得票して、戦州で僅かな差で負ける・・・これを重ねた結果、得票数がドナルド・トランプ共和党補よりも多いのに選挙全体で敗れてしまった。

2000年にも同様の現が起き、得票率が高いアルゴア補が獲得選挙人の数で下回り、ジョージ・W・ブッシュ補の勝利を許すことになった。
 

選挙人が選挙結果にしたがって州議会で投票する

選挙人は儀式的な存在で、11月上旬の選挙で決まった結果に従って12月に各地の州議会で投票し、その投票結果を副大統領に送付する。

11月上旬の選挙で決まった結果に従うことを誓約書に書いて約束しているので、選挙人が自分勝手に好きな補へ投票することはできない。

とはいえ、たまにであるが、誓約を破って選挙結果と異なる補に投票する選挙人が出てくる。2016年大統領選挙において、テキサス州で誓約違反が発生した。38人の選挙全員ドナルド・トランプ共和党補に投票するはずなのに、2人が誓約違反して、ジョン・ケーシック補に1票、ロンポール補に1票が投じられた。

ハワイ州でも誓約違反が発生し、4人の選挙全員ヒラリー・クリントン民主党補に投票するはずが1人の誓約違反者が出て、バーニー・サンダース補に投票した。

いままでに「数十人が一気に誓約違反して大統領選挙の結果をひっくり返してしまう」といった事件は発生していない。そういうことがあったら、おそらく訴訟を起こされて誓約違反した人が敗訴して、投票をやりなおす事になると思われる。
 

赤い州、青い州、激戦州

い州、い州、戦州という選挙がある。州ごとの様子を表した言葉である。
 

赤い州 共和党の大票田

い州(Red state)とは、共和党の勢いが強く、毎回の選挙でいつも共和党勝利する州である。共和党イメージカラーなので、そう呼ばれる。

内陸部の田舎の州に多い。テキサス州やアラスカ州もい州である。南部の諸州もい州が多い。
 

青い州 民主党の金城湯池

い州(Blue state)とは、民主党の勢いが強く、毎回の選挙でいつも民主党勝利する州である。民主党イメージカラーなので、そう呼ばれる。

西海東海といった、移民っ先に辿り着くような場所にい州が多い。

カリフォルニア州マサチューセッツ州、ニューヨーク州などが典的ない州である。

所得の高い人や学歴の高いインテリはリベラルに傾くことが多く、つまりは民主党支持に寄りやすい。カリフォルニア州にはハリウッドがあり、高所得の映画俳優が多い。ニューヨーク州には経済都市ニューヨークがあり、高所得の有名人が多い。マサチューセッツ州はマサチューセッツ工科大学ハーバード大学などの大学があり、高学歴が多い。このため、これら3州はい州になる。

他にはシカゴを抱えるイリノイ州、首都ワシントンD.C.コロンビア特別区)、ハワイ州などが挙がる。

日本語版Wikipediaのこのページexitは、い州とい州の分布がよく分かる。
 

激戦州(スイング・ステート)

戦州とは、共和党支持者と民主党支持者の数が拮抗しており、選挙のたびに結果が揺れ動く州である。選挙結果が揺れ動くので、スイング・ステート(Swing state)exitと呼ばれることがある。

を混ぜた色はなので、紫色の州(Purple state)と呼ばれることがある。


この戦州を勝つかどうかが大統領選挙の勝敗に直結する。

戦州は、フロリダ州exit2016年選挙選挙29人)、ペンシルヴェニア州exit20人)、オハイオ州exit18人)、ミシガン州exit16人)、ノースカロライナ州exit15人)、ヴァージニア州exit13人)、ウィスコンシン州exit10人)。

ロリダ州は2000年大統領選挙において最後の戦区となった。11月7日選挙で大接戦になり、数日経っても集計が終わらず、再集計を巡って大荒れになった。12月12日になって連邦最高裁で判決が出て、それでブッシュ勝利で確定した。

ハイオ州は人種構成や産業分布が全のそれとよく似ていて、「アメリカの縮図」と言われる。1964年大統領選挙以降、オハイオ州が選んだ補が全て大統領選挙を勝っている。このジンクスにより、「オハイオを制するものが大統領選挙を制する」とまで言われる。

衰退した製造業の工場を多く抱える一帯をラストベルト(Rust belt 錆び付いた一帯)exitという。五大周辺に広がっている。ラストベルトに含まれるミシガン州exitオハイオ州exitペンシルヴェニア州exitがいずれも戦州である。
 

大統領選挙の過去の結果

選挙人の差で比較

大統領選挙において最も重要となるのは、獲得した選挙人の数である。

以下の表では、勝者と敗者の選挙人の差で色分けして見やすくした。

選挙人の差が99人以下 接戦 赤色
選挙人の差が100299 差が開いた 黄色
選挙人の差が300人以上 地滑り的圧勝 青色


ちなみに、選挙で圧勝することを英語landslide地滑りと表現する。選挙で1人の補者に票が流れていく現と、こんな風に土砂が流れていく現象exitが似ているからである。
 

大統領選勝者 大統領 勝者選挙 敗者選挙 選挙人の差
1900年 マッキンリー 共和党 292 155 137
1904年 T.ルーズヴェルト 共和党 336 140 196
1908年 タフト 共和党 321 162 159
1912年 ウィルソン 民主党 435 88 347
1916年 ウィルソン 民主党 277 254 23
1920年 ハーディン 共和党 404 127 277
1924年 クーリッジ 共和党 382 136 246
1928年 フーヴァー 共和党 444 87 357
1932年 F.ルーズヴェルト 民主党 472 59 413
1936年 F.ルーズヴェルト 民主党 523 8 515
1940年 F.ルーズヴェルト 民主党 449 82 367
1944年 F.ルーズヴェルト 民主党 432 99 333
1948年 ルーマン 民主党 303 189 114
1952年 アイゼンハワー 共和党 442 89 353
1956年 アイゼンハワー 共和党 457 73 384
1960年 ケネディ 民主党 303 219 84
1964年 ジョンソン 民主党 486 52 434
1968年 クソ 共和党 301 191 110
1972年 クソ 共和党 520 17 503
1976年 カーター 民主党 297 240 57
1980年 レーガン 共和党 489 49 440
1984年 レーガン 共和党 525 13 512
1988年 ブッシュ 共和党 426 111 315
1992年 クリントン 民主党 370 168 202
1996年 クリントン 民主党 379 159 220
2000年 ブッシュ(子) 共和党 271 266 5
2004年 ブッシュ(子) 共和党 286 251 35
2008年 オバマ 民主党 365 173 192
2012年 オバマ 民主党 332 206 126
2016年 トランプ 共和党 304 227 77


赤色の接戦の中でも、1916年と2000年2004年は大接戦と表現される。選挙人の差が40以内となれば、大接戦と表現するのがふさわしい。選挙人20人程度の中規模の州1つが勝者から敗者へ入れ替われば、大統領選挙全体の勝敗も引っ繰り返ってしまう。

選挙人の差が80程度なら、「接戦ではあるが、ある程度の差を付けた」という表現に落ち着く。選挙人20人程度の中規模の州1つが勝者から敗者へ入れ替わっても、大統領選の結果に変わりがい。
 

現職大統領が立候補した場合は、現職やや有利

現職大統領が2期当選して立補した場合、現職大統領が勝つケースが多い。

第二次世界大戦終結以降の大統領選の中で、現職大統領が立補した選挙の結果を抜き出すとこうなった。

現職勝利を薄い現職敗北を濃いで表示している
 

現職大統領 挑戦者 敗北した現職大統領側のおもな失政
1948年 ルーマン デューイ
1956年 アイゼンハワー スティーヴンソン
1964年 ジョンソン ゴールドウォーター
1972年 クソ マクガヴァン
1976年 フォード カーター ウォーターゲート事件で共和党に負のイメージ
1980年 カーター レーガン 親米イラン革命が起こり、強反米になる
1984年 レーガン モンデール
1992年 ブッシュ クリントン 冷戦に勝って湾岸戦争に勝ったのに、不気が続く
1996年 クリントン ドール
2004年 ブッシュ(子) ケリー
2012年 オバマ ロムニー

このように、現職大統領が8勝を挙げているのに対し、挑戦者は3勝に留まっている。挑戦者が勝ったときの政治状況を見てみると、現職大統領側に明な失態があることがわかる。

「大きな失敗をしていない限り、現職大統領が順当に勝つ」と憶えておいてよいだろう。
 

大統領選挙と同時に行われる議会選挙の過去の結果

大統領選挙と同時に、アメリカ合衆国上院アメリカ合衆国下院の議会選挙が行われる。

アメリカ合衆国上院定数の3分の1(33議席程度)が選される。アメリカ合衆国下院定数435議席で、そのすべてが選される。

大統領選挙勝利した政党が、その余勢を駆って議会選挙でも好成績を残すことが多い。アメリカ合衆国中間選挙とは対照的な様子になる。
 

大統領の属する政党が過半数を確保したかどうか

上院は、各州から2名ずつ代表を出すので定員が必ず偶数になる。それゆえ、大統領の属する政党とそれに反する政党が全く同数になることがある。そういうときは、副大統領大統領に属する政党に加わって1票を投じて決着を付けることになっている。副大統領は上院議長を兼任しているので、そういう措置をとることができる。

つまり、大統領が属する政党は上院で半数を確保すれば「過半数確保」ということになる。
 

大統領選勝者 大統領 上院における大統領 下院における大統領
1900年 マッキンリー 共和党 5148 半数45 過半数確保 189201 過半数179 過半数確保
1904年 T.ルーズヴェルト 共和党 57→56 半数45 過半数確保 210251 過半数194 過半数確保
1908年 タフト 共和党 6159 半数46 過半数確保 224219 過半数196 過半数確保
1912年 ウィルソン 民主党 43→47 半数48 過半数割れ 230291 過半数218 過半数確保
1916年 ウィルソン 民主党 56→55 半数48 過半数確保 230214 過半数218 過半数割れ
1920年 ハーディン 共和党 4959 半数48 過半数確保 240303 過半数218 過半数確保
1924年 クーリッジ 共和党 5154 半数48 過半数確保 225247 過半数218 過半数確保
1928年 フーヴァー 共和党 47→53 半数48 過半数確保 238→270 過半数218 過半数確保
1932年 F.ルーズヴェルト 民主党 47→59 半数48 過半数確保 216313 過半数218 過半数確保
1936年 F.ルーズヴェルト 民主党 69→74 半数48 過半数確保 322334 過半数218 過半数確保
1940年 F.ルーズヴェルト 民主党 69→66 半数48 過半数確保 262267 過半数218 過半数確保
1944年 F.ルーズヴェルト 民主党 5858 半数48 過半数確保 222242 過半数218 過半数確保
1948年 ルーマン 民主党 4554 半数48 過半数確保 188263 過半数218 過半数確保
1952年 アイゼンハワー 共和党 47→48 半数48 過半数確保 199→221 過半数218 過半数確保
1956年 アイゼンハワー 共和党 47→45 半数48 過半数割れ 203201 過半数218 過半数割れ
1960年 ケネディ 民主党 66→64 半数50 過半数確保 283262 過半数219 過半数確保
1964年 ジョンソン 民主党 66→68 半数50 過半数確保 258295 過半数218 過半数確保
1968年 クソ 共和党 37→42 半数50 過半数割れ 187→192 過半数218 過半数割れ
1972年 クソ 共和党 44→42 半数50 過半数割れ 180→192 過半数218 過半数割れ
1976年 カーター 民主党 6161 半数50 過半数確保 291292 過半数218 過半数確保
1980年 レーガン 共和党 4153 半数50 過半数確保 158→192 過半数218 過半数割れ
1984年 レーガン 共和党 5553 半数50 過半数確保 166→182 過半数218 過半数割れ
1988年 ブッシュ 共和党 46→45 半数50 過半数割れ 177→175 過半数218 過半数割れ
1992年 クリントン 民主党 57→56 半数50 過半数確保 267258 過半数218 過半数確保
1996年 クリントン 民主党 47→45 半数50 過半数割れ 204207 過半数218 過半数割れ
2000年 ブッシュ(子) 共和党 5450 半数50 過半数確保 223221 過半数218 過半数確保
2004年 ブッシュ(子) 共和党 5155 半数50 過半数確保 229232 過半数218 過半数確保
2008年 オバマ 民主党 4957 半数50 過半数確保 236257 過半数218 過半数確保
2012年 オバマ 民主党 5153 半数50 過半数確保 193201 過半数218 過半数割れ
2016年 トランプ 共和党 5452 半数50 過半数確保 246241 過半数218 過半数確保


1952年以前と2000年以降は大統領選、上院選、下院選の3つで同時に勝利を収めるケースが多い。

1956年から1996年までは大統領選挙を勝っても議会選挙敗北するケースが多かった。大統領選を勝っても上院・下院の両方を落としてしまうケースが5回も発生している。
 

大統領の属する政党が議席を増やしたかどうか

大統領選勝者 大統領 上院における大統領 下院における大統領
1900年 マッキンリー 共和党 5148 -3 189201 +12
1904年 T.ルーズヴェルト 共和党 57→56 -1 210251 +41
1908年 タフト 共和党 6159 -2 224219 -5
1912年 ウィルソン 民主党 43→47 +4 230291 +61
1916年 ウィルソン 民主党 56→55 -1 230214 -16
1920年 ハーディン 共和党 4959 +10 240303 +63
1924年 クーリッジ 共和党 5154 +3 225247 +22
1928年 フーヴァー 共和党 47→53 +6 238→270 +32
1932年 F.ルーズヴェルト 民主党 47→59 +12 216313 +97
1936年 F.ルーズヴェルト 民主党 69→74 +5 322334 +12
1940年 F.ルーズヴェルト 民主党 69→66 -3 262267 +5
1944年 F.ルーズヴェルト 民主党 5858 増減 222242 +20
1948年 ルーマン 民主党 4554 +9 188263 +75
1952年 アイゼンハワー 共和党 47→48 +1 199→221 +22
1956年 アイゼンハワー 共和党 47→45 -2 203201 -2
1960年 ケネディ 民主党 66→64 -2 283262 -21
1964年 ジョンソン 民主党 66→68 +2 258295 +37
1968年 クソ 共和党 37→42 +5 187→192 +5
1972年 クソ 共和党 44→42 -2 180→192 +12
1976年 カーター 民主党 6161 増減 291292 +1
1980年 レーガン 共和党 4153 +12 158→192 +34
1984年 レーガン 共和党 5553 -2 166→182 +16
1988年 ブッシュ 共和党 46→45 -1 177→175 -2
1992年 クリントン 民主党 57→56 -1 267258 -9
1996年 クリントン 民主党 47→45 -2 204207 +3
2000年 ブッシュ(子) 共和党 5450 -4 223221 -2
2004年 ブッシュ(子) 共和党 5155 +4 229232 +3
2008年 オバマ 民主党 4957 +8 236257 +21
2012年 オバマ 民主党 5153 +2 193201 +8
2016年 トランプ 共和党 5452 -2 246241 -5

大統領の属する政党の好調ぶりが立つ。下院選で元気よく議席を伸ばすケースが多い。上院選でも議席を増加させるか、議席微減に食い止めるかのどちらかが多い。
 

上記資料の作成方法

英語版Wikipediaを参考に作成した。

上院

2000年大統領選挙データを得る場合、こちらexitページを見る。Seats beforeの数値を「選挙前議席」、Seats afterの数値を「選挙で得た議席」と扱った。

2012年大統領選挙データを得る場合、こちらexitページを見る。この年は独立系の補が当選している。この補は民主党寄りで、実質的に民主党の一員なのだが、やっぱり独立系なので「大統領の属する政党」の数には入れていない。
 

下院

2000年大統領選挙データを得る場合、こちらexitページを見る。Last electionの数値を「選挙前議席」、Seats wonの数値を「選挙で得た議席」と扱った。

2008年大統領選挙データを得る場合、こちらexitページを見る。Last electionの数値だけでなく、Seats beforeの数値がある。実は、選挙が行われてから不祥事で議員辞職して補選が行われて共和党議席が民主党議席になる・・・といったことがある。前回選挙の議席数がLast election、選挙の直前の議席数がSeats beforeなのである。こういう場合は、Seats beforeの数値を「選挙前議席」として扱った。

Last electionの数値とSeats beforeの数値が併記してあるのは2008年exit2016年exitである。
 

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アメリカ合衆国大統領選挙

1 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 21:45:11 ID: 2GJRW1ii8/
ホモ大統領になれ!
ホモ万歳!
2 ななしのよっしん
2020/02/15(土) 14:44:58 ID: okGYlEyobq
社会主義爺さん期待してしまうw
経済ニュース見て、券マンが口をえてこいつは危険と言ってるの見ると自分らに余程都合が悪いのだろう
3 ななしのよっしん
2020/02/15(土) 14:52:24 ID: sN9OznS/qc
あんなアカジジイ当選したら価も投資資産の価値も下落す
るのがに見えてるから当たり前だろそんなもん
4 ななしのよっしん
2020/03/08(日) 04:06:34 ID: gecdajgr9l
つーかミンスのゴミばっかだったじゃん
トランプも大概だけどアカジジイバイデンのどっちが補になってもトランプ勝つだろこれは……
そしてプレジデントゲイファーストパーソンはお預けか
まあ永遠にお預けで構わないけど
5 ななしのよっしん
2020/06/02(火) 06:32:47 ID: 1ElC8EpQXk
数カ後、アメリカ全土が内戦状態になっているとが予想しただろうか
6 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 09:39:34 ID: sKf94ITRju
トランプを全否定するつもりはないが、いい加減もう十分だろうと思う一方、
民主党民主党で若い補を擁立出来なかったのが残念。
これじゃあ老害vs老害対決なんだよなあ…。
もしかしたらトランプは2期連続で一般投票の得票が次点の大統領になるかもなw

急上昇ワード改

2020/10/31(土)08時00分 現在

おすすめトレンド