キャプテン(漫画)単語

キャプテン

1.4万文字の記事
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キャプテンとは、ちばあきおによる漫画である。

概要

1972年2月号から1979年3月号まで「月刊少年ジャンプ」(当時は「別冊少年ジャンプ」で連載がスタート、その2年後に「月刊少年ジャンプ」に称される)に連載された野球漫画。当初は「がんばらなくちゃ」というタイトルとして読み切り作品として発表、前後編で掲載されたのち、当時の編集長から「連載でもいけるだろう」となり、翌号から「キャプテン」にめられて新掲載された。特定主人公はおらず1年ごとに変わる二中の個性的なキャプテンたちを主人公に、二中が強として成長していく姿を描く。それまで流だった「魔球や特殊打法といった漫画的な表現」がく「欠点を持ち合わせた等身大のキャラクター達が流しながら努し成長していく」のが特徴で、当時のスポーツ漫画としての新たなスタイルを築き上げた。

1973年から1978年まで「週刊少年ジャンプ」にて高校野球舞台とした本作の初代キャプテン谷口タカオを中心に描いたスピンオフ作品「プレイボール」も連載がスタート二中の歴代キャプテン野球部のメンバーの一部が高校に進学するのも特徴。(ただし1978年最終回未完となる)

1977年には少年ジャンプ系列としては初めて「第22回小学館漫画賞」を「キャプテン」「プレイボール」で受賞。本作の累計発行部数は1900万部、プレイボールを含めると3200万部となる。

1979年ちばあきお氏が体調不良により最終回1984年ちばあきお氏が他界した為未完となる。

1980年4月にはテレビアニメキャプテン-球にかけろ!ぼくらの青春-」を放送。当初はスペシャル版として単発放送されたが、反が大きく8月水曜ロードショーにて2時間のスペシャル版「キャプテン-熱闘再び!青葉-」が放送。二中対青葉の再試合が新たに追加された。
1981年には劇場版開。前述のスペシャル版2作をベースに、映画用に新たにカットを加えた内容となった。
1983年テレビシリーズ化された。全26話で谷口中野球部入部から4代キャプテンイガラシの地区予選で江田川中と対戦するまでが描かれている。
劇場版テレビシリーズ主題歌は99Harmonyが歌う「君は何かができる」「ありがとう」で「君は何かができる」はアニメプレイボール」でもアレンジとして採用された。また主題歌は39年の時をえて2022年YouTubeMusic向けに動画公開exitされたほか、Amzonミュージック音楽配信アプリで配信が開始された。なおアニメ劇場版現在バンダイチャンネル」「dアニメストア」(ニコニコ支店含む)等で配信されている他、配信元である株式会社エイケンYouTube公式チャンネルで第1話が無料開されている。1985年には東京映画祭で劇場版開された。
2007年には布施紀行演・室賀厚監督で「実写キャプテン」が開された。撮東京ではなく栃木県宇都宮で行われた。なお実写キャプテンは「バンダイチャンネル」にて配信されている。

2014年2015年に「侍ジャパン×野球マンガexit」が選出、野球漫画6作品 [1]よりキャプテンから谷口タカオが選ばれ(2015年プレイボールとして選ばれる)日本代表応援した。

2017年からは学研出版より「部活ノベルズシリーズの一つとして山田明著者、小説版「キャプテン-君は何かができる-」を発刊。内容は谷口キャプテン時代をベースとしている。また丸井イガラシキャプテン時代をベースにした小説版も発刊。サブタイトルには主題歌「君は何かができる」の歌詞の一部が採用されている。また漫画アニメ版とは違い小説版には「舞台が現代版に合わせてるのでコンビニSNSといった描写や言及がある」「谷口丸井イガラシのそれぞれの悩みを共有する同級生女子がいる」また一部内容に差異があるなど、一部変更がある。

2019年から「グランドジャンプむちゃ」にてプレイボールの続編を描いたコージィ倉が本編の続編として「キャプテン2」を連載開始。ちばあきお原案の続編を踏襲し、キャプテン最終回の続きから描いている。詳細は大百科キャプテン2」を参照。

2022年キャプテン連載50周年を記念し、3月東京都神保町にある集英社神保町3丁ビル1階集英社ギャラリーにて、歴代二中キャプテンの4人のパネルなどの展示が行われた。また連載開始50周年及び『GraffArt CAFÉ in Ikebukuro』のコラボレーションを記念して期間限定で株式会社エイケンYouTube公式チャンネルキャプテン全話が無料開された。

あらすじ

野球の名門青葉学院で2軍の補欠だった谷口タカオ名の二中に転校。それを知らない二中の野球部員は「青葉レギュラー転校してきた」とめちゃくちゃ期待されてしまう。2軍の補欠とは言うに言えなくなった谷口父親の助けを借りて近所の神社で猛特訓を開始。その努が実り谷口キャプテンに選ばれる。その後も努と根性で次第にキャプテンとしての才を開させいき、(というより導者としての才の地区予選では二中の伝統であった「1年生まで試合に出さない」も破り当時1年生だったイガラシレギュラーに(代わりに丸井が補欠にされるも松下の負傷と陰の努レギュラーに返り咲く)し、試行錯誤しながらも1回戦の江田川中はイガラシアドバイス勝利し、2回戦の成中は序盤苦戦しながらも悔しい思いをバットに込めた結果、結果打球が伸び始め中大リードをひっくり返し勝利に、準決勝の隅田中は延長の末なんとか勝利し決勝まで進める(なお隅田中戦は漫画アニメではこのエピソードはなく、プレイボールで明かされている)相手が青葉学院となり勝つための猛特訓がはじまる。それはハードスケジュールと過酷なトレーニングに近距離からのノックと打撃練習の二つ(のちにこれはイガラシキャプテンまで受け継がれる)チームは怪人続出で不満も出るなか、谷口の場合普段の練習よりももっと過酷な練習を毎晩行ってるのをチームは見てやる気を出す。試合は二中が負けるも青葉学院がベンチ入り人数14人以上の選手を使用したことが記者にバレてしまい、再試合が決定(漫画では全大会後30日後、アニメでは全大会後10日後)しかし世論の評価では選手層の厚い青葉が有利、しかも青葉は打倒二中の為にOBが駆け付けコーチまで行う。それをよそに谷口松下の代わりに投手としての練習を始める。最初は変な眼差しで見られてたものの、メンバーも「最後まであきらめない」「試合をすてまい」という谷口の態度を見て次々と練習に励むようになる。そして再試合直前で谷口投手として形になった(アニメでは10日で完成させた)そして事実日本一をかけた青葉との再試合でついに青葉を破り日本一く。その試合で谷口は右人差を剥がした上に骨折ボールが投げられなくなる。(漫画ではそのまま医者に行かず放置するが、アニメでは二度とボールを投げられない事を医者から宣告される。後にプレイボールで手術でが直る事を告げられる。また漫画では人差が曲がった状態でっすぐに戻らない状態なのに対し、アニメでは人差が曲がらない状態になっている)谷口は次期キャプテン丸井名し、谷口高校に進学する。

2代目キャプテンとなった丸井は、の大会で新入部員近藤を抜するが1回戦で敗退してしまう。丸井は敗因は近藤のせいだとブチキレるが、実際は自信過剰になってしまい対戦相手である港南中をしっかり把握しておらず、逆に港南中はしっかり二中の解析を行い弱点を付いてきたのが敗因の原因だった。しかし丸井の性格が災いし、チームどころか観客席まで当たり散らしてしまいチーム空中分解丸井キャプテンを排斥されてしまうが次のキャプテンに適切な人がいない事から再度キャプテンに任命される。の大会の屈辱をらすべく、また宿敵青葉を倒すべく、36校との練習試合に全勝する為の強化合宿を実施。しかし練習内容が谷口キャプテン以上にハードなものとなり(ここで二中名物?素手キャッチが登場する)そのほとんどが脱落してしまい総勢82名だった部員が11名になってしまう。そして迎えた36校練習試合、1日3校と対戦するも強化合宿が功を制し見事36校に全勝する。の地区大会予選では見事決勝まで進み、決勝戦では宿敵青葉との対決となる。試合は延長18回までもつれ込み、死闘の末青葉勝利するも、メンバーは全ての体気力を出し切った事、また11名という選手層の薄さが災いし、翌日からの全大会出場は棄権せざるを得なかった(小説版では全大会に出場するも初戦敗退が描かれている)この試合で丸井野球部を引退。次期キャプテンイガラシ名し、丸井朝日高校へ進学する(のちに高校へ編入する)
高校進学後も、二中の練習や試合に顔を出し、大会ではベンチ上からアドバイスを行ったり応援リードしたりしている(たまにベンチに入ったりするが審判員にことごとく注意され観客席に戻っている)また丸井が所属する朝日高校軟式野球部と二中の練習試合を組んだり、イガラシキャプテンの時にはの全大会制覇の強化合宿に一緒に参加し、コーチや炊事洗濯等の部員の身の回り世話をしたりと、ながら野球部を支えている。またアニメプレイボールではイガラシキャプテンを引き継いだ後、高校との壮行試合の相手をする事となり、谷口丸井イガラシ近藤が勢いする回が設けられている。(丸井はこの壮行試合を仕切った為か、試験勉強を疎かにしてしまう)

3代キャプテン名されたイガラシは、まずは既存部員・新入部員を一気にふるい落とすテストを行いそこから実者を選ぶ事を実施。その結果新入部員含め11名までに絞り(のちの出来事で18名まで増える)の選抜へのレギュラーメンバーを編成。(ふるい落とされたメンバーグランドの端で自練習となる)優勝丸井キャプテンよりもさらに厳しい1日10時間の練習メニューを組む。学校以外にも間は工場の明かりがもれるき地で練習をするなどかなりハード練習内容となっている。しかしイガラシ自身の「勝利への執念さ・実至上義」がになり、メンバーの一人である松尾の保護者から練習への参加に反対が起こったり、新聞記者の取材で過酷な練習内容と怪人続出が新聞にされましま学校抗議電話が来るようになる。学校側もこれを問題視とし会議が開かれたりと、練習内容に疑問のが向けられるようになる。さらに追い打ちをかけるかのように練習中に松尾が大怪を負う事態が発生(漫画ではメンバーの素振りしたバット松尾の額に当たり切傷、アニメでは松尾練習中に足がもつれて倒れた際に腕を骨折)事態を重く見た校長イガラシの選抜を棄権するように示、イガラシを飲みそれを了承しの大会に向けて再出発を図る。
松尾の一件以降、練習時間に制限をかけられた野球部は丸井から「江田川エース井口が恐ろしく成長した」との情報を受け、江田川を想定した練習を盛り、込みいよいよの予選に挑む。1回戦・2回戦と圧勝するもののイガラシは手放しで喜べず「いつか細なミスチームの勢いが崩れてしまう事、連戦圧勝でナインの気持ちが抜けている事」をどうにかならないかと悩んでいた。それを見た丸井が自身が所属する朝日高校軟式野球部との練習試合を組む。それはナインの浮ついた気持ちを立て直す為の作戦で、中はこの試合で大敗してしまうも、強敵との実践がなかった中にとって重な経験を得る事になる。そして迎えた決勝戦は江田川との対戦となった(準決勝で江田川青葉との試合だったが江田川勝利した)戦の末が江田川を倒し全大会への出場を決める(アニメではここで終了となる)
大会制覇へ向けて10日間の強化合宿を挑む事になった中は丸井が強化合宿に合流、さらに以前練習試合を行った朝日高校と再度練習試合を組むなど、実践に近い合宿となった。(丸井はこの強化合宿後に高への編入試験を受ける)
そして臨んだ全大会。一回戦の新中戦は苦戦し田ものの見事に勝利、続く2回戦・3回戦は圧勝しベスト8まで残った。準々決勝北戸中戦では序盤で得点を取るも9回で追い付いてしまい逆転されてしまう。そして9回裏で近藤の打った逆転サヨナラホームラン勝利し準決勝へ。準決勝の南海中戦は5回に2点を取るが、その際近藤ホームにスライディングした際にが剥がれてしまう。(それを見た丸井谷口キャプテンの事を思い出したのか貧血で倒れかける)その後8回まではイガラシの好投で0点に押さえ、9回再び近藤がマウンドに立つ「谷口キャプテンを負傷しながらも投げ抜いたのに負けまい」と奮闘ふるコントロールが定まらない。ノーアウト1・3塁まで追い込まれた際に、1点を犠牲にしてでもアウトカウントを取ることを選び相手のスクイズで1点撮られたものの、ワンアウトを一つ取れる。続くバッターもセカンドゴロでツーアウト、最後のバッターを3塁へ打つも食らいついたイガラシのグラブに吸い込まれスリーアウト。見事決勝へ進めた。決勝戦は連覇を狙う和合中との試合となったが試合前にが降りだす。このままで順延となれば中にとっては疲労を回復できるチャンスとなる。一方の和合中は順延になると連覇が難しくなる。しかし情にもが小降りとなり和合中先攻で試合が開始された。試合が動いたのは8回、ぬかるみを利用した和合中の攻撃でワンアウト1・3塁のピンチ満塁策を取るもエンタイトル2ベースヒットで2点を失う。その裏で1点を返すも9回にさらに1点取られてしまう。試合中断をはさみ裏の攻撃、ツーアウト1塁で久保ヒット曽根が帰り1点、イガラシレフトオーバーヒット久保が帰り同点、そして近藤の3塁横を抜けるヒットイガラシホームに滑り込みサヨナラゲームとなり、二中は見事の全制覇を成し遂げる。イガラシはこのの大会をもって野球部を引退。次期キャプテン近藤名し、イガラシ高校へ進学する。また丸井もこの全大会後に高校へ編入する。

4代キャプテン名された近藤は、谷口丸井イガラシが行ってきた練習方法を一新させる。まずは長年の課題であった選手層の薄さの善に取り組む。これまで既存部員・新入部員をふるいにかけて少人数かつ実者のみで編成を組んできたが、近藤は時間をかけてメンバーを人選、さらにこれまでレギュラーから外れたメンバーは各自自練習でほぼ放置されてたのを近藤は実があればレギュラー入りを約束し、レギュラー外のメンバーにも積極的に導や面倒を見て全員野球した。その結果野球部員116レギュラー補39名(の選抜で15名まで絞る)で選手層を厚くした。また練習ハードスケジュールによる過酷な練習は行わなかった。(かといって厳しさはこれまで通り手抜きはしなかった)
これには理由があり、甲子園経験とノンプロ経験がある近藤の入れ知恵で「自分が卒業したあとどんな遺産後輩達に残すか」を考えるように論され、精的にも落ち着きまた自身を鍛えるよう努している。近藤は今の近藤と人格では全制覇を成し遂げるだけのチームを引き出せないこと、また性格が災いしチーム内がめちゃくちゃになりなねないこと。ならば短期間でチームを強くするのではなく、長い時間かけてチームを全制覇出来るまでに強くさせる。その為のロードマップ中野球部練習計画ノート」を近藤近藤で作成し、近藤の世代では優勝すのではなく、後輩達に優勝させる為の強化とし牧野曽根佐藤3年生も了承した(後に丸井も選抜終了後にこのノートを見て納得した) また近藤自身が谷口キャプテンとの接点がなかったのも、練習内容を容易に変えられたのも一つにあげられる。
迎えたの選抜、1回戦南ヶとの試合は序盤から危なっかしい試合が展開、9回に南ヶが1点を入れ、裏の隅二中の攻撃、ツーアウト1塁で今度は丸井の反対を押し切り代打に1年JOYを送る、それに答えるかのようにJOYライトオーバーヒット近藤が強引にホームに帰りサヨナラゲーム勝利となる。
どうにか準々決勝まで進んだ二中は、戸中との対戦。1回に隅二中が1点を先制するも、4回裏に富戸のラフプレー佐藤牧野が負傷退場、そして慢の限界に来た近藤謀なスライディングで相手捕手を負傷させ退場となり、この回までに二中はキャプテンを含めた3年を3人失う事となる。(近藤ユニフォームを脱ぎ捨てベンチでふてくされてしまい牧野が変わりに示を出すが、最終的には丸井ベンチ上から示を出すことになる)一残った3年曽根捕手に、投手JOYを始め1塁・遊撃に1年生が入り試合が続行。しかしここで1年生が頑りとりのある試合を見せる。JOYは打たれながらも1年生の好守で3点で切り抜ける。そして9回にはふてくされていた近藤もいつしかからし援を送るまでになり、ワンアウト満塁で逆転の所まできたが、富戸中のファインプレーで試合終了。勝てる試合を勝てなかった二中であったが長年の課題でもあった「選手層の薄さの善」に手ごたえ掴み、の大会に向けて再出発するのであった。

ちばあきお作者による漫画キャプテン」は1979年で休筆となる。しかしちばあきお氏が他界した為キャプテン未完となり、40年後の2019年コージィ作画により「キャプテン2」として連載が再開されることとなる。

これ以降は「キャプテン2」へと続く

その後の谷口くん

1994年発行「ちばあきおのすべてー「キャプテン」から「チャンプ」までの追跡-」にて七三太郎原作高橋漫画で短編漫画「その後の谷口くん」が掲載された。大人になり結婚した谷口タカオとその子供タダオの話であるが「谷口タカオの本当の将来はにもわからない、だからこの話は七三太郎想した話である」という前置きがされている。

登場人物

墨谷第二中学校

谷口世代

丸井世代

イガラシ世代

近藤世代

慎二世代以降

江田川中学校

金成中学校

青葉学院

富戸中学校

隅田中学校

谷口キャプテン時に地区予選準決勝で対戦。この時のバッテリー投手松川捕手で、特に倉は「地区樋一の名捕手」とまで噂されていた。試合では倉の采配に二中が苦しめられ、延長の末かろうじて二中が勝利した。倉松川卒業後共に高校へ進学した。
(なお漫画アニメではこのエピソードはなく「プレイボール」で明かされている。)

朝日高校軟式野球部

丸井朝日高校在学中に所属していた軟式野球部(朝日高校には硬式野球部がない為軟式野球部に入部した)イガラシキャプテン時に丸井の計らいで二中と練習試合をしたのをきっかけで、全大会に向けた合宿には毎日朝日高との練習試合が組み込まれた。朝日高校としても二中から入部者が欲しいという一面もあったりする。

その他登場人物

関連動画

関連商品

コミック

DVD・音楽

その他

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *MAJORダイヤのAおおきく振りかぶってタッチキャプテンプレイボールROOKIESの6作品(ROOKIES2015年より参加)
この記事を編集する

掲示板

  • 40ななしのよっしん

    2022/09/11(日) 14:08:59 ID: LkumB3mMfi

    遠藤原作丸井世代でアニメイガラシ世代ですね
    西田が出てきて色々おかしくなった

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 41ななしのよっしん

    2022/10/01(土) 03:28:49 ID: p9hbdh+VSh

    西田の登場でしわ寄せを食ったのが高木遠藤久保

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 42ななしのよっしん

    2022/12/14(水) 02:25:59 ID: 5owQ0KNFsK

    久々にこの記事見たらすげえ充実してるな

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP