単語記事: おま国

編集

おま国とは、PCゲームダウンロード販売サイトSteam」にて、リージョン制限のため日本からは購入できない商品を揶揄するスラングである。Steam以外の場所で使われることもある。

概要

「売ってるがお前籍が気に入らない」 もしくは お前には売ってやんねーよ」 の略。

大々的に日本企業と販売契約を結んだゲームや、日本支社を構えるなどして日本での販売を積極的に行っている会社のゲーム、もしくは日本の会社で内に自前で流通経路を持っている会社のゲーム等、様々な方法で海外ゲーム日本向けにローカライズして売る企業は意外と多い。

Steamは「広告費や媒体流通など余計なコストをかけずにゲームを販売できる」という中小ゲーム開発会社にとってありがたいメリットを持っているが、そのようにして日本でも安価な価格で販売されると上記の日本企業広告会社は売上を落としてしまう。そこでSteamに販売を抑制させるため、おま国措置がかけられると思われる。

また、権利問題、特に日本語版がある場合、マルチランゲージ版とは別の商品になったりする絡みがあったりかったりで単に利益問題では済まない場合もあるようだ。

タイトル 備考 パブリッシャー
Call of Duty: Modern Warfare 2 パッケージ版が購入可 スクウェア・エニックス
Battlefield シリーズ EA社製DL販売ソフト
Origin」で購入可
Electronic Arts
DeadSpaceシリーズ
Dragon Age:Origins
Dark Souls パッケージ版が購入可
Game for Windows Live対応
バンダイナムコ
Devil May Cry 4 パッケージ版が購入可
Game for Windows Live対応
CAPCOM
デッドライジング2
Total Warシリーズ パッケージ版が購入可 SEGA
ソニックシリーズ 過去パッケージ版を販売
METAL GEAR RISING: REVENGEANCE KONAMI
DYNASTY WARRIORS 8: Xtreme Legends
Complete Edition
(真・三國無双7 with 猛将伝)
パッケージ版が購入可 コーエーテクモゲームス

おま国生として、以下のようなものがある。

お前には売ってやらん、お前で買え
SEGACAPCOM等の日本の会社がローカライズしているゲームがこれに当たる。理由は上述の通り。慣れ親しんだロゴゲームが買えないという現はなんだかなあという面はある。
お前には売ってやらん、絵だけは見せてやる
ール時におま国ゲーに特設ページが設定されると購入やゲーム説明関連の画面が表示されず、背景画像だけが表示されるページになってしまう現。セール時など一時的にレイアウト意味不明なことになる場合も。
お前法人(SEGA EUROPE)の子会社(Creative Assembly)に開発させた作品で、お前歴史を題材にして、わざわざ開発者に歴史研究をさせて制作したが、お前には売ってやらん
おま国の極例。もしかしなくてもTotal War: Shogun2
お前には売ってやらん、お前で買え → 開発元の許可が出た、お前ら買え
日本同人作品「ルセッティア」で起こった。販売時はおま国状態であったが、同サークルの努の結果、英語版発売の1ヶ後、Steam上で日本語版を買うことができるようになった。

他、DLCだけ日本に販売されたりされなかったり、4パックだけ日本に販売されたり、時間を置いてその辺のしがらみがなんとかなったのかおま国が解除されたり、逆に販売直前におま国がかかったり、結局の所人が判断してやってることなので条件はまちまちである。

おま値

お前にも売ってやる、ただし割高な値段で (おま値)
日本語を選択できるゲームに多い。ローカライズ等の手数料として10~20ドル程度割高で売られるが、値段分の翻訳の保障はい。
お前にも売ってやる、ただし99.99ドルで
過去CoD:BOCoD:MW3が該当した。おま値の究極系。現在は解消されている。
タイトル 日本価格 海外価格 差額 パブリッシャー
YAIBA: NINJA GAIDEN Z 7,100円 $29,99 3,889円 コーエーテクモゲームス
Assassin's Creed III 6,000円 $19.99 3,860 Ubisoft
Silent Hunter 5 4200円 $9.99 3,131
DARK SOULS II 7,429円 $39.99 3,147円 バンダイナムコゲームス
フロム・ソフトウェア
TRANSFORMERS: Rise of the Dark Spark 8,208円 $49.99 2,855円 Activision
スクウェア・エニックス
Call of Duty: Advanced Warfare 8,208円 $59.99 1,784
Call of Duty: Ghosts 8,208円 $59,99 1,784
Just Cause 2 4,104 $14.99 2,499円 スクウェア・エニックス
Thief (2014)
(日本語ック込みの値段)
5,400円
(6,999円)
$29.99 2,189
(3,788円)
Hitman: Absolution 4,104 $19.99 1,964円
DeusEx:HumanRevolution - Director's Cut 4,104 $19.99 1,964円

日本での販売額が特に高いもの (2014/10/23 時点のデータ)

なお、特殊な例として、日本語ックDLCとして別売販売されている トゥームレイダー(2013) ・Thief (2014)がある。いずれも販売はスクウェア・エニックス

日本のほうが安いおま値が発生する場合もある。

回避法

Steam以外でのおま国・おま値

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%8A%E3%81%BE%E5%9B%BD
ページ番号: 4903310 リビジョン番号: 2105898
読み:オマクニモシクハオマコク
初版作成日: 12/06/07 20:21 ◆ 最終更新日: 14/10/24 04:02
編集内容についての説明/コメント: 日本円導入に伴いリストを更新、回避法の項目の文章の整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

おま国について語るスレ

195 : ななしのよっしん :2015/01/31(土) 20:31:34 ID: sFzukP6rLw
ゲーム下さい」
会社「売ってみたよ」
75%引きになるまで待つわ」 アホ「よっしゃ割るべ」

数日後
会社「こいつらダメだ……中古市場を考慮しても発売日に定価で買ってくれるゲーの方がかる」


会社だけじゃなくてユーザー側にも原因はあると思うんだ
196 : ななしのよっしん :2015/02/01(日) 18:01:04 ID: uq6uqXLuAG
75とは言わんがせめて50と言う感覚が染み付いてしまってる感はある
197 : ななしのよっしん :2015/02/03(火) 23:20:52 ID: 8PsY38UPpA
ネプテューヌRe;Birthおま国された…(発売から5日で)
やっぱ複数のゲーム業界が係る(開発的な意味でもキャラ設定的な意味でも)ゲームおま国率高いなぁ…

と思ってたけどメーカーにとってはCS機に限ることでPC版特有の低スペックユーザーが「動かねぇ」と文句言ってきたりするのを回避できるからサポートも楽になるのかと考えると一理はあるんだろうな。
個人的に理想なのはPC版のサポートはすべて海外で受けるようにして日本語でのサポート受けたいCS機買ってね的な感じにすればと思ってる PC版買うやつはたいていサポートがなくても自orフォーラムで解決するだろうし仮に製品にとてつもない不具合があって返沙汰になってもSteamが引き受けてくれるしな…
198 : ななしのよっしん :2015/02/04(水) 07:57:41 ID: WBjWtJtOFJ
ねぷねぷ買っといてよかったぜ~
DLC買えないけど…
199 : ななしのよっしん :2015/02/05(木) 15:26:45 ID: 3d19udhbTe
PS3版は持ってたけど
半額だったのでねぷねぷ買ったら
直後におま国された

決済は済んでたのでその後でもちゃんとDLできた
良かった
200 : ななしのよっしん :2015/02/05(木) 15:34:20 ID: +gaumR3Mg9
そういえば、実際に旅行した時に買っちゃえば、おま国回避できるの?
201 : ななしのよっしん :2015/02/08(日) 07:37:30 ID: D7Ubhs/+G0
内のCS市場基準の価格とサービス準を世界から切り離すのためにやってる

でなければ元からサポート外のユーザー排除のためにコストを掛けたりしない
202 : ななしのよっしん :2015/02/15(日) 14:25:25 ID: td3E82lhNi
http://www.4gamer.net/games/291/G029109/20150206110/

―(中略)盛さんは,Steamでの配信開始に当たって,ご自身のブログに「日本海外で価格の差が出ないようにしたい」と書かれていましたよね。一口に同じ価格と言っても,為替レートなどの要素もあって,いろいろな考え方ができると思うので,詳しい話を聞かせてください。
盛氏:
レートなどの要素を意識したものではないです。Steamタイトルの中には,海外プレイヤーへの販売価格が50ドルなのに,内では7000~8000円といったものがありますよね。そこにローカライズなどのコストがかかっていればまだ分かるのですが,もとから日本語対応しているのに価格が跳ね上がっているとなると,なぜ? となりますよね。
(中略)
ほかにも,日本のパブリッシャのゲームなのに日本で買えないとか,ローカライズされていなくてもいいから安く手に入れたいのに,リージョン規制で高い日本語版しか買えないなどといった,不感を生むような売り方はしたくないんです。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
203 : ななしのよっしん :2015/02/21(土) 11:13:56 ID: 8PsY38UPpA
ProjectCarsバンナムが関わった途端におま国されたな。(まぁたぶん日本語版が入ってないから売らないようにしたと思われるが)
204 : ななしのよっしん :2015/02/26(木) 00:17:23 ID: KLzSivT4uI
最初スチーム知ったときのコスパのよさに感動したものだが
今はうん・・・って感じだな!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015