単語記事: おま国

編集

申し訳ございません。


リクエスト処理中にエラーが発生しました:
この記事はお住まいの地域では現在ご利用いただけません

Oops! 概要

おま国とは、「売ってるがお前籍が気に入らない」 もしくは お前には売ってやんねーよ」 の略。読み方は「おまこく」「おまくに」。

PCゲームダウンロード販売プラットフォーム「Steam」にて、リージョン・地域)規制のため日本国内からは購入できない商品やその現状を揶揄するスラングである。Steam関係のコミュニティが発祥元のスラングではあるが、同様のリージョン規制す言葉として他のサービスなどでも慣用句的に使われることもある(後述)。

Steamでのリージョン規制は本来「Geo-blocking(ジオブロッキング」と呼ばれており、説明文中の「Not Available In (名)」という表記の頭文字をとって「NAI~」「NA~」などの略称もある。日本の場合は「NAIJ」「NAJ」と表記される。

おま国

今日Steamでは大手の外ゲーム洋ゲー)の日本語版が発売配信される例は数多い。日本の代理販売元と販売契約を結んだもの、日本支社を持つ外企業など、様々な方法で外タイトル日本語版が販売されている。また、日本国タイトルPC版も数多く配信されている。

一方で、内版や日本語版を隔離して本版やワールドワイド(マルチランゲージ)版の販売規制を行ったり、マルチランゲージ版やタイトルから日本語削除(後述:おま語)したり、PC版そのものに販売規制を行っているタイトルや販売元企業があり、このような日本国内だけで規制削除されている現状が「おま国」と呼ばれている。この規制日本人プレイヤーゲームを購入できないだけではなく、日本在住の外国人が本ゲームを購入しようとする際にも同じ問題に直面している。

おま国、つまり販売規制がされてしまう理由としては、何らかの権利上の問題がな理由として考えられる。また、自社のタイトルから日本語削除を行っていた企業側が「単純に売れないから(販売しない)」という明を上げた例もある。過去に消費者側の訴えで規制解除された例では、規制されていた理由として先方担当と当方担当、当方担当者間、各々のコミュニケーションギャップが複雑骨折になっていましたという回答もあった。

しかし、販売元によっては明やサポート体制が不鮮明な部分もあり、そもそも明やサポートそのものがなく、事前事後告知なしで規制がされてしまった例も数多くある。このような現状からコミュニティ間では、日本でも(コンソール版やパッケージ版よりも安価な)ダウンロード販売価格や、開発元や本の販売元経由で販売されると日本企業日本広告会社は売上を落としてしまう、そこでSteamでの販売を抑制させるため規制措置がかけられると疑うようなも挙がっている。本記事の掲示板でもおま国を実施する日本企業に対する不信感の様子がよく伺えるだろう。ただし、インタビューやプレスリリースなどで、それらが販売規制の理由としてられたことはく、あくまでコミュニティ間の不信感から生まれた憶測であることは留意しておくこと。

参考リンク

おま国リスト

タイトル 備考 パブリッシャー
Call of Duty
Call of Duty: United Offencive
Call of Duty 2
Prototype 2
The Legend of Korra
HumbleStoreで購入可 Activision
Spycraft: The Great Game GOG.comで購入可
Call of Duty: World at War
Call of Duty: Modern Warfare 2
Transformers: Fall of Cybertron
Cabela's Hunting Expeditions
Cabela's Big Game Hunter Pro Hunts
Cabela's African Adventures
Duck Dynasty
Medal of Honor シリーズ
Dead Space シリーズ
Dragon Age シリーズ
Mass Effect シリーズ
The Sims 3
Spore シリーズ
Mirror's Edge
Battlefield: Bad Company 2
Burnout Paradise
Command and Conquer: Red Alert 3
Need for Speed: SHIFT
EA社製DL販売ソフト
Origin」で購入可
Electronic Arts
Ridge Racer Unbounded
ACE COMBAT ASSAULT HORIZON
Inversion
MUD Motocross World Championship
PAC-MAN シリーズの一部作品
HumbleStoreで購入可 バンダイナムコゲームス
Tales of Zestiria (テイルズオブゼスティリア)
Tales of Symphonia (テイルズオブシンフォニア)
Tales of Berseria (テイルズオブベルセリア)
GOD EATER 2 Rage Burst
GOD EATER RESURRECTION
NARUTO SHIPPUDEN シリーズ (3, 4, Revolution)
One Piece Burning Blood
One Piece Pirate Warriors 3 (ワンピース 海賊無双3)
DRAGON BALL XENOVERSE
DRAGON BALL XENOVERSE 2
Saint Seiya: Soldiers' Soul
ENSLAVED: Odyssey to the West
Platformines
Beware Planet Earth
Professional Lumberjack 2015
Alpha Protocol
Renegade Ops (爆裂軍団レネゲード)
Binary Domain
Hell Yeah! Wrath of the Dead Rabbit
Viking: Battle for Asgard
Alien: Isolation
NiGHTS Into Dreams
The Cave
Castle of Illusion (2013)
Eastside Hockey Manager
HumbleStoreで購入可 SEGA
Total War シリーズ (SHOGUN, Medieval, Medieval II, Rome, Empire, Napoleon, SHOGUN 2, ROME II, ATTILA)
Condemned: Criminal Origins
The Club
Space Siege
Aliens vs. Predator (2010)
Aliens: Colonial Marines
Crazy Taxi
SEGA Bass Fishing
Sonic Adventure DX
Space Channel 5: Part 2
Sonic Generations
Sonic CD
Sonic the Hedgehog 4 - Episode I
Sonic the Hedgehog 4 - Episode II
Sonic & All-Stars Racing Transformed
Sonic Adventure 2
The Typing of The Dead: Overkill
Valkyria Chronicles (戦場のヴァルキュリア)
Silent Hill Homecoming
Castlevania: Lords of Shadow
METAL GEAR RISING: REVENGEANCE
Castlevania: Lords of Shadow 2
Castlevania: Lords of ShadowMirror of Fate HD
Yu-Gi-Oh! Legacy of the Duelist
Puzzle Chronicles
Rocket Knight
Biozone
Pro Evolution Soccer 2017
KONAMI
Anachronox
Blood Omen 2: Legacy of Kain
Daikatana
Urban Chaos
Deathtrap Dungeon
HumbleStoreで購入可 スクウェア・エニックス
Omikron - The Nomad Soul
Pandemonium
Startopia
GOG.comで購入可
FINAL FANTASYシリーズ
(III, IV, IV The After Years, V, VI, VII, VIII)
DRAGON QUEST HEROES II
Bionic Commando (2009)
Bionic Commando Rearmed
Dark Void
Dark Void Zero
Lost Planet 2
Resident Evil: Operation Raccoon City
Remember Me
Dungeons & Dragons: Chronicles of Mystara
(ダンジョンズ&ドラゴンズ ミスタラ英雄戦記)
DuckTales Remastered
Dragon's Dogma: Dark Arisen
The Disney Afternoon Collection
CAPCOM
Sacred 2 Gold GOG.comで購入可 DeepSilver
Sniper Ghost Warrior 2
Alien Rage - Unlimited
Lords of the Fallen
GreenManGaming
購入可
CI Games
Rayman Legends Originで購入可 Ubisoft
The Sum of All Fears
Brain Spa
South Park: The Stick of Truth
Amnesia: Memories HumbleStoreで購入可 アイデアファクトリー
Hyperdimension Neptunia U: Action Unleashed
(次元アクション ネプテューヌU)
Hyperdevotion Noire: Goddess Black Heart
(女神信仰 ノワール ブラックハート)
Megadimension Neptunia VII
(新次元ゲイム ネプテューヌVII)
Mugen Souls (圧倒的遊戯ムゲンソウルズ)
Mugen Souls Z (圧倒的遊戯ムゲンソウルズZ)
Monster Monpiece (限界モンスターモンピース)
Trillion (魔壊リリオン)
MegaTagmension Blanc + Neptune VS Zombies
(次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団)
コンパイルハート
Fortune Summoners
(フォーチュンサモナーズ ~アルチェの精霊石~)
PLAYISMで購入可 Carpe Fulgur LLC
Chroma Squad 版権上の問題?
HumbleStoreで購入可
Behold Studios

おま国生として、以下のようなものがある。

お前には売ってやらん、お前で買え
SEGAカプコンなどのタイトルがこれに当たる。慣れ親しんだロゴゲームが買えないという現はなんだかなあという面はある。

お前には売ってやらん、絵だけは見せてやる
セール時におま国ゲーに特設ページが設定されると購入やゲーム説明関連の画面が表示されず、背景画像だけが表示されるページになってしまう現。セール時など一時的にレイアウト意味不明なことになる場合も。

お前法人(SEGA EUROPE)の子会社(Creative Assembly)に開発させた作品で、お前歴史を題材にして、わざわざ開発者に歴史研究をさせて制作したが、お前には売ってやらん
おま国の極例。もしかしなくても → 「Total War: Shogun2

お前には売ってやらん、お前で買え → 開発元の許可が出た、お前ら買え
日本同人作品「ルセッティア」で起こった。販売時はおま国状態であったが、同サークルの努の結果、英語版発売の1ヶ後、Steam上で日本語版を買うことができるようになった。やったね。

予約特典があると言って売ってたが、お前らは特典しにした
おま特典。「ファイナルファンタジー零式HD」の予約販売ページでは予約特典が記載されていたが、実はストアページの地域設定をデフォルトの北から日本を含んだ一部の地域に変更すると特典の記載が告知なしに全て消されていた。日本以外の地域も巻き込んだため被害者の数が多く、公式フォーラム炎上状態になってしまった。後に予約が一時停止された後、それまでの予約購入者にはゲームと特典の償配布が行われて騒動は沈静化した。

恵まれない子供たちへの支援をしているが、お前からの寄付は受け付けない
まさかの「おま寄付」。売上の一部が慈善団体に寄付されるHumble Bundleで起こった事件。おま国を実施している日本企業によるタイトルチャリティーイベントの対になった際は、日本からの購入つまり寄付を受け付けない状態になっている。

けものはいても、のけものはいない、ただしお前はだめだ
けものフレンズ」がSteamで配信された際、日本国内からは購入視聴が不可能だったため、おま国ではないかと話題になった。ただし、配信元の「Crunchyroll」は元々地域限定サービスであり(該当記事も要参照)、おま国でいう地域規制とは事情が異なり致し方がないことではある。

他、DLCだけ日本に販売されたりされなかったり、4パックだけ日本に販売されたり、時間を置いてその辺のしがらみがなんとかなったのかおま国が解除されたり、逆に販売直前におま国がかかったり、規制に明確な基準はなく、結局の所は販売元がタイトルごとに判断してやってるようなので条件はまちまちである。

おま値

おま値(ね)とは、販売こそされているものの、価格が他較して日本だけ異様に割高な製品を揶揄する言葉である。

お前にも売ってやる、ただし割高な値段で (おま値)
版やマルチランゲージ版と隔離された独自の日本語版や、産コンソールタイトル海外PC版で見られる例。ただし、物価や外貨の違い、ローカライズや移植等の費用もあるので価格差があること自体は仕方がないことである。言い換えてみれば、Steam日本円に対応したことで貨幣価値にすぐ影されない適切な販売価格に修正されたと考えるべきである。しかし、同時期に発売された内のコンソール版やパッケージ版よりも割高な例もある。本来ダウンロード販売はコストの関係からパッケージ品や店頭流通品より安いという利点があるはずなのに…。
お前にも売ってやる、ただし99.99ドルで
過去CoD:BOCoD:MW3が該当したおま値の究極系。現在は解消されている。
タイトル 日本価格 海外価格 差額 パブリッシャー
YAIBA: NINJA GAIDEN Z 7,100円 $29.99 3,762 コーエーテクモゲームス
DYNASTY WARRIORS 8: Xtreme Legends Complete Edition (真・三國無双7 猛将伝) 8,424円 $49.99 2,860
NOBUNAGA'S AMBITION: Sphere of Influence
- Ascension (信長の野望・創造 戦国立志伝)
9,155 $59.99 2,478円
Romance of the Three Kingdoms 13
(三國志13)
9,155 $59.99 2,478円
Romance of the Three Kingdoms 13
Powerup Kit (三國志13 パワーアップキット)
6,264 $34.99 2,370円
Tekken 7 (鉄拳7) 8,856円 $49.99 3,292 バンダイナムコゲームス
DARK SOULS: Prepare To Die Edition 4,937円 $19.99 2,712円
DARK SOULS II: Scholar of the First Sin 5,200円 $29.99 1,862
Silent Hunter 5 4,200円 $9.99 3,088 Ubisoft
Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands 8,100円 $59.99 1,423
for Honor 8,100円 $59.99 1,423
Watch_Dogs 2 8,100円 $59.99 1,423
TRANSFORMERS: Rise of the Dark Spark 8,208 $49.99 2,644円 Activision
スクウェア・エニックス
Call of Duty: Infinite Warfare 8,532円 $59.99 1,855円
Call of Duty: Advanced Warfare 8,208 $59.99 1,531円
Call of Duty: Ghosts 8,208 $59.99 1,531円
Just Cause 2 4,104 $14.99 2,435 スクウェア・エニックス
Thief (2014)
(日本語パック込みの値段)
5,400円
(6,999円)
$29.99 2,062
(3,661円)
Hitman: Absolution 4,104 $19.99 1,879円
Deus Ex: Human Revolution - Director's Cut 4,104 $19.99 1,879円
NieR:Automata 8,424円 $59.99 1,747円
Rise of Tomb Raider 7,344円 $59.99 667
Tomb Raider (2013)
(日本語パック込みの値段)
2,160
3,140
$19.99 -65
(915円)
RESIDENT EVIL 7 biohazard
(BIOHAZARD 7 resident evil)
7,990 $59.99 1,324 CAPCOM
Mega Man Legacy Collection
(ロックマン クラシックス コレクション)
2,500円 $14.99 831円
Prey 7,980円 $59.99 1,303円 Bethesda Softworks

日本での販売額が特に高いもの (2017/06/21 時点のデータ)

なお、特殊な例として、日本語パックがDLCとして別売販売されている Tomb Raider (2013) 、Thief (2014)がある。いずれも販売はスクウェア・エニックス

稀に日本のほうが安い、いわゆるおま値が発生する場合もある。

おま語

お前にも売ってやる、ただしお前の言抜きで

元々日本語に対応しているタイトルから日本語削除されて販売されるパターンである。産コンソールタイトルPC版に多い。PCタイトル場合は日本語削除した上で、システムUI字幕・吹替全てが英語PCゲームプレイヤーを対としている全な英語ローカライズ仕様となっている。

また、外タイトルで本側がわざわざ日本語訳を用意してくれたマルチランゲージ版でも、内の販売元によって同様の削除規制がされることもある。

削除される基準は曖昧で、UI字幕英語だが、なぜか吹替だけは日本語英語の両方を選べる例もある。極端な例では、雑に日本語データを削除しただけで、デフォルトの日本語で起動すると、音声が全てバグってビープ音になっていたタイトルもあった。

日本語削除される理由としては、音の場合は声優(所属事務所)の権利上の問題とも言われている。しかし、日本語の文章や元々日本向けだったはずのマルチランゲージ版からわざわざ日本語削除する手間をかけて販売する理由が不明であり、コミュニティ間では、日本の販売元が独自に販売しているパッケージ版やコンソール版を購入させるように誘導しているのでは…と疑われている。実際、マルチランゲージ版から日本語削除隔離した後に「日本語版は自社ストアで購入できます」というアナウンスが行われていたこともあった。

この日本語削除される問題は、日本人プレイヤーだけではなく、日本ゲームが好きでオリジナル日本語吹き替えで遊びたい海外プレイヤーからも否定的な意見が多い。

参考リンク

原作日本語あり
システムUI字幕英語
吹替のみ日本語英語選択可
コーエーテクモゲームス
NOBUNAGA'S AMBITION: Sphere of Influence
(信長の野望・創造)
SAMURAI WARRIORS 4-II (戦国無双4-II)
SAMURAI WARRIORS: Spirit of Sanada
(戦国無双 〜真田丸〜)
BERSERK and the Band of the Hawk
(ベルセルク無双)
DRAGON QUEST HEROESSlime Edition
(ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城)
Atelier Sophie: The Alchemist of the Mysterious Book
(ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~)
Nights of Azure (よるのないくに)
Capcom
Devil May Cry 3 Special Edition
DmC: Devil May Cry
Resident Evil 6 (バイオハザード6)
Square Enix
Front Mission Evolved
Ghostlight LT
Way of the Samurai 4 (侍道4)
Way of the Samurai 3 (侍道3)
アートディンク
(公式サイトにて日本語DL販売あり)
A-Train 8 (A列車で行こう8)
A-Train 9 V4.0 : Japan Rail Simulator
(A列車で行こう9 Version4.0)
Neo ATLAS 1469
コンパイルハート
Agarest: Generations of War (アガレスト戦記)
Agarest: Generations of War Zero (アガレスト戦記ZERO)
Agarest: Generations of War 2 (アガレスト戦記2)
GungHo Online Entertainment America, Inc.
Grandia II (グランディアII)
JAST USA
Littlewitch Romanesque: Editio Regia
(少女魔法リトルウィッチロマネスク)
Aselia the Eternal -The Spirit of Eternity Sword- (永遠のアセリア)
Seinarukana -The Spirit of Eternity Sword 2-
(聖なるかな)
Nyu Media
CroixleurΣ (クロワルールシグマ)
システムUI字幕・吹替は全て英語
(DLsite,DMM等にて日本語DL販売あり)
falcom, XSEED
The Legend of Heroes: Trails in the Sky
(英雄伝説 空の軌跡FC)
The Legend of Heroes: Trails in the Sky SC
(英雄伝説 空の軌跡SC)
Gurumin: A Monstrous Adventure (ぐるみん)
原作に音なし
システムUI字幕は全て英語
(DLsite,DMM等にて日本語DL販売あり)
falcom, XSEED
Ys I & II Chronicles+ (イースI&IIクロニクルズ)
Ys: The Oath in Felghana
(イース -フェルガナの誓い-)
Ys: The Ark of Napishtim
(イースVI -ナピシュテムの匣-)
Ys Origin (イース・オリジン)
その他
マルチランゲージ版から日本語データ削除
別途、日本語DLCを発売
スクウェア・エニックス
Tomb Raider (2013)
Thief (2014)
無印ではシステムUI字幕とも日本語選択可だったが、DLC入りの代わりに日本語削除されたエディションが発売され、同時に無印が発売終了
スクウェア・エニックス
Sleeping Dogs 香港秘密警察 (2012)
ノベルゲーム原作日本語あり
システムUI字幕英語
吹替のみ日本語
Sekai Project
CLANNAD
CLANNAD Side Stories
G-senjou no Maou - The Devil on G-String
(G線上の魔王)
The Fruit of Grisaia (グリザイアの果実)
The Labyrinth of Grisaia (グリザイアの迷宮)
The Eden of Grisaia (グリザイアの楽園)
Idol Magical Girl Chiru Chiru Michiru Part 1
(アイドル魔法少女ちるちるみちる 前編)
Idol Magical Girl Chiru Chiru Michiru Part 2
(アイドル魔法少女ちるちるみちる 後編)
Root Double -Before Crime * After Days- Xtend Edition (ルートダブル -Before Crime * After Days-)
ATOM GRRRL!!
My Little Kitties (子猫ちゃん)
Ne no Kami: The Two Princess Knights of Kyoto (ねのかみ の都とふたりの騎士)
Love, Guitars, and the Nashville Skyline
(と、ギターと、。)
ChronoClock (クロノクロック)
NEKO-NIN exHeart (えくすはーと)
A Butterfly in the District of Dreams
(かがした繁)
MangaGamer
eden*
Supipara - Chapter 1 Spring Has Come!
(すぴぱら - Alice the magical conductor. STORY #01 - Spring Has Come !)
Cho Dengeki Stryker All Ages Version
(超電激ストライカー)
A Kiss For The Petals - Remembering How We Met (その花びらにくちづけを)
Princess Evangile All Ages Version
(プリンセス エヴァンジール)
OZMAFIA!!
Kindred Spirits on the Roof (屋上の百合霊さん)
Gahkthun of the Golden Lightning
(黄雷のガクトゥーン)
Himawari - The Sunflower -
(ひまわり -Pebble in the Sky -)
Da Capo 3 R (D.C.III R ~ダ・カーポIIIアール~)
Dal Segno (D.S. -Dal Segno-)
VisualArts
Tomoyo After ~It's a Wonderful Life~ English Edition (智代アフター)
Harmonia (Harmonia -ハルニア-)
FrontWing
The Leisure of Grisaia (グリザイアの有閑)
The Afterglow of Grisaia (グリザイアの残)
The Melody of Grisaia (グリザイアの旋)
YumeHaven
Shuffle!
Fruitbat Factory
Magical Eyes - Red is for Anguish
(マジカルアイズ)
ENIGMA:
Miniature Garden (庭の学園)
Lionheart (ライオンハート)
Culture Select
Wish -tale of the sixteenth night of lunar month-
Dead End Junction
Creative Freaks Inc.
Gochi-Show! -How To Learn Japanese Cooking Game- (ごちそう!)
Gochi-Show! for Girls -How To Learn Japanese Cooking Game- (ごちそう! for Girls)
ノベルゲーム原作に音なし
システムUI字幕は全て英語
Sekai Project
WORLD END ECONOMiCA episode.02
WORLD END ECONOMiCA episode.03
Cherry Tree High Girls' Fight
(ガールファイト!)

料金を支払う権利をやろう

基本的に販売規制がされているタイトルは、記事冒頭のように「このアイテムはお住まいの地域では現在ご利用いただけません」とストアページで表示され、Steamからの購入は不可能なため誤って買ってしまうようなことはない。

しかし、一部のタイトルではセール時にバンドル品として購入できてしまう例や、Steam製品を扱う外部ストアでの購入、Steamキーを同梱した輸入パッケージ版などが購入できてしまう場合もある。おま国タイトル正規購入でもゲームの認や起動に規制がかけられていることも多く、知らずに買ってしまった場合でも販売元のサポートは機しておらず盥回しにされてしまうため、せっかく購入したゲームが遊べないという事態になってしまうこともある。これはおま国が広く知られる以前にはパッケージ品を扱う小売店を巻き込んで実際に起こっていた話である。

回避方法

販売規制削除を行っているのは販売元側でありSteam(小売店)の権限ではない。2017年現在事前に告知がされることやサポート体制は一切く(予約販売が既に行われていても発売直前に突然ストアページが書き換えられることもある)、おま国の状況は販売ページSteamの商品データベースを定期的に自身で確認するか、この記事のリストのようなコミュニティ上でまとめられた情報を見るしかない。

つまり、おま国は消費者側で回避解決するしかないのが現状である。

現在は万が一認ゲームの起動が不可能な場合、条件付きでSteam上での返は可である。ただし、Steam上での購入に限定されるため、外部ストアやパッケージ版の場合はそれぞれ購入した小売店側によって対応が変わるだろう。

おま国タイトルを遊ぶには?

前述したとおり購入できても起動できるかはタイトルや販売元によって異なるので事前確認が必要である。なお、筆者は規約に違反するVPN以外の方法でそれぞれおま国タイトル(ストアのみの規制、起動確認済み)を購入しプレイした経験が何度もありますが、特にトラブルは起こっていません。おま国自体がトラブルですが。

Steam以外でのおま国

おま国に対する動き

2017年2月3日欧州委員会はGeo-blocking自由競争を阻する疑いがある」として、Steam運営会社Valve、および5社のパブリッシャーバンダイナムコエンターテインメントカプコンゼニマックス・メディア、コチ・メディア、Focus Home Interactive)の調を開始すると発表した。

これはおま国について「共同で小売価格を不正にコントロール、あるいは籍や場所を理由に特定の消費行為から顧客を除外する」と見なし、欧州連合競争法に違反しているかどうかの調であり、残念ながら直接日本に関わる問題ではない。ともあれ、おま国の是非を問うという意味においては、影ゼロという訳でもないだろう。続報に備えよう。


おま国を実施している企業の大半は日本パブリッシャーである。身も蓋もないことを言ってしまえば、PCゲームコミュニティ間では特定日本企業の評価は地に落ちている。新作ゲームの販売元や日本語版の代理販売元が特定企業だった場合、半ば呆れて注意喚起を呼び掛けている状態で、おま国されずに事発売される(本来ならフツーのこと)と驚いたり怪しんだりするぐらいである。

しかし一方で、メディアインタビューおま国は)ダメでしょう」「ゲームが好きな人にとか関係ないんだと回答し、日本および全世界プレイヤーに向けて積極的にダウンロード配信を行っている日本企業もあるということも知っておいてほしい。

関連動画

米国での発売中止日本限定に悩まされた米国ゲーマーの話。好きなゲームを何故売ってくれないという気持ちは共感できるだろう。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%8A%E3%81%BE%E5%9B%BD
ページ番号: 4903310 リビジョン番号: 2530672
読み:オマクニモシクハオマコク
初版作成日: 12/06/07 20:21 ◆ 最終更新日: 17/10/09 04:08
編集内容についての説明/コメント: 掲示板の意見を参考に補足説明を加筆しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

おま国について語るスレ

653 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 23:29:32 ID: MoLeoHj8Sn
結局のところPC版を出すためのコストを回収できないと見積もった場合おま国が発生するってこと?
もしくは陰謀論者の言うところの独占契約
654 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 12:52:42 ID: sFzukP6rLw
>>653
両方じゃね?コストの都合もあるし契約の都合もある
その辺は権利持ってるメーカー側の自由だし
会社経営する以上メーカーも色々考えてるんだろう

おま国によってPCゲーマーを発狂させても
日本では市場が少ないからメーカーにとって痛くもないってことだw
655 : ななしのよっしん :2017/10/02(月) 20:26:26 ID: NRy+zLQVCS
rise of nations がアップデートおま国が加速した件について
元々日本語ファイルが入っているにも関わらず、ゲーム内では日本語に出来なくて
内部ファイルを弄れば日本語化できたのが、アップデートで言の参照場所が変わったらしく
それすらできなくなった(相変わらず日本語ファイルは存在する)

数日前までゲームの起動すらさせて貰えなかった・・・・
656 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 18:02:22 ID: nSp2hD+qIr
ゲームパブリッシャーが代理店として競合製品の権利を買って、おま国してガメるのって何かの法律にひっかからないの?
657 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 19:36:13 ID: sFzukP6rLw
>>656
ひっかかるんだったら何かしらの処罰がありそうだね
EUかNAでは何かしらあったような気がする(記憶曖昧だけど)

現状日本でひっかかってないなら代理店が完全勝利PCゲーマー発狂しそうw
658 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 22:04:17 ID: 1S4Nrvv5di
>>657
まさしくソフト以前のビデオカードCPUはほとんどがおま値だよ。
NVIDIAAMD日本に製造工場を建てない故にアスクっていう輸入会社が何万もマージンをぼったくってる
ちなみに何故ビデオカードの会社が日本に製造工場を建てないかというと採算が合わない(ソニー任天堂シェアが圧倒的)から。任天堂はともかくソニーおま国の元ではないかと思う。
659 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 07:23:51 ID: d01Y8hSU/q
結論:ソニーが悪い
幾らなんでも全に事業手放すことまでかっただろうに
660 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 11:52:51 ID: CKL5C0BDVn
卓ゲやTRPGスレでもこの単を見るようになったよ・・・
661 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 09:53:05 ID: HSYG3TYLTl
(TRPGゲで)「産ゲーが洋ゲーラットフォームのみで安価で配信されて困る」なんてことあるの?
662 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 16:21:43 ID: DULiR1eYRT
D&Dとかクトゥルフ日本語ルールブックが高いのは売れる冊数と翻訳コスト考えれば納得せざるを得ないしねぇ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829