クラリス(グランブルーファンタジー)単語

レンアイクソザコレンキンジュツシ

クラリス(グランブルーファンタジー)とは、ソーシャルゲームグランブルーファンタジー」に登場するキャラクターである。CV佐倉綾音

概要

年齢 17歳
身長 152cm
趣味 おしゃれパズル
好き 楽しいこと、お祭り騒ぎ、みかん
苦手 説教

世界における錬金術の開祖のに連なる由緒正しい錬金術師の名の跡取りとして生まれ、から『封印していた開祖が解放されてしまったので殺せ』と命じられてをしている途中、とあるの山に蔓延る魔物を退治する依頼を受けた主人公達の助っ人として雇われたことがきっかけで出会うことになる。

錬金術の名の生まれだけあって彼女自身も錬金術師だが、物質を分解するまではできるがそれを別の物質に再構成することができず、分解され不安定になった物質が崩壊する際に起きる爆発を利用して戦うという本人くちょっと変則的な術の使い方をしている。

変則的とは言えどその威は山1つを更地に変えてしまうほどで、依頼の際には主人公達はほとんど出る間もなく、むしろクラリスがやり過ぎないようほどほどに止めるために立ちまわっていたほど。

その後、依頼了の打ち上げパーティーをしている中で主人公達がしてをしていることを知り、面そうだから自分も連れて行ってほしいと頼み込んで主人公の騎団の一員となった。

表向きはハイテンションで自身を『最カワ』だ『美少女』だと言って憚らないが、錬金術の才がないことがコンプレックスになっているためか、所々でネガティブな発言をしたり大事の前には不安に駆られている姿がよく見られる。特にバレンタインホワイトデーのとき。

古い因習に縛られている実家は苦手で、内容が内容というのもあるがから受けた出の口実として使っているだけでまともに果たすつもりはない。また、昔から厳しくに出た今でも寄こす手紙にはお小言ばかりの両親のことは嫌っている様子。

しかし、主人公達とのの中で出会った自分と似通った状況にある人物との交流から、実家から逃げずに立ち向かおうと決心し手紙の返信に言いたいこと全て書き連ねて送り返すなど、本当のところでは両親のことを気にかけている。

そんな彼女実家や両親との確執については、ストーリーイベントアスレイアルケミスト』及びその後日談となるバージョンフェイトエピソードにて決着を見せることになる。

グラブルではハロウィンクリスマスなどの年中行事や設定した誕生日になると、各キャラクターの特別なボイスを聞くことができるようになる。特にバレンタインホワイトデーで顕著だが、それらのボイス主人公に対して恋愛的な好意が顕わになっているような内容のものも多い。

クラリスボイスもそういった内容が多く所謂主人公LOVE勢の1人なのだが、前述のネガティブな面や不安に駆られがちな面も前面に出されており、大抵は回っていたり恥ずかしがってはっきりと好意を主人公に伝えられていない。要するに肝心なところでヘタレなのである。

大人の余裕を見せつつ好きだということをめかすキャラや、恥ずかしがりながらもしっかりと好意を表に出せるキャラもいる中でそんなことをやっているので、一部のユーザからは『恋愛クソザコ錬金術師』などと呼ばれてしまうことも。

季節ボイスは基本的に年を跨ぐ毎に新録されその度に仲が深まっていくような形式になっているため、最新のボイスではクラリスもまだ固さは抜けないもののずっと一緒にいたいというようなことを言えるようになっている。が、他のキャラも当然仲が深まっているわけで、はっきりと好きだとか、特別な情を向けてるだとか、本命はあなただけだとか言うキャラも出てきており、相対的にクソザコなままとなっている感が否めない。(クラリスちゃんの)勝利を信じて!

性能

火属性 SSR

美少女錬金術師クラリスちゃんだよ! よろしくねいぇいっ

最初に登場したバージョン。火属性SSR楽器メビウス』を入手することにより加入する。このメビウス実装当時は重な火属性楽器として重宝されていた。

1アビの『ナノアナライズ』は敵一体に防御25、火属性防御15DOWNを同時に付与する。このアビ1つで40もの防デバフをかけられるので、火のマグナ石である『コロッサス・マグナ』や火のアーカルム石『ザ・デビル』を使えば防デバフを下限まで持っていくことができ、主人公に防デバフ系のアビを積む必要がなくなる。

2アビの『エクリプス』は属性ダメージモードゲージ減少効果。ダメージは微々たるものだがモードゲージ減少も効果は大きいので、さっさとODを抜けたい相手に対しては非常に有効。とはいえ、最近はHPトリガーで特殊技を撃ったり態勢を立て直したといってブレイク状態から脱する敵が増えて来ているので若干向かい風か。

以前は属性ダメージは一部のスライム系のような低HPだが通常ダメージが大幅に軽減される相手にも通常通りにダメージを与えられる特性を活かし、このアビリティダメージを参戦者全員で倒せるように調整して『うたたねアンディ』というスライムを討伐する共闘クエスト黄昏に眠りて』を高速で周回するという通称『スライム爆破(スラ爆)』でレベリング(と半汁稼ぎ)が行われていた。

現在では共闘が1人でやれるようになったこと、常設のエクストラクエスト金銀スライムを探せ!』で大量の経験値を貰える『キングシルバースライム』の出現率が引き上げられたことなどにより、あまり行われなくなっている。スライムを爆破してレベリングしていることには変わりないが。

3アビの『アトミック・レゾリューション』は現在の敵のHPに応じた属性ダメージと敵の強化効果を1つ効化するディスペル効果。敵の現在HPが高い方が大ダメージが出るので開幕で撃てば数十万ほどダメージを稼げることもあるがディスペル駄になってしまう。CT10→6に調整されて使用できる回数も多くなったので気にしなくてもいいかもしれないが、ディスペルが必要なときに撃てなくて困るということがないよう使うタイミングは考えたい。

儀の『アルケミック・フレアは弱体耐性10DOWNを付与する。サポートアビリティフロントに出ている間、味方の弱体成功率UPの効果も発生するのでかなりデバフが安定するようになる。

総評するとサポアビと儀効果でパーティー全体のデバフ成功率の安定化させ、強な防デバフとディスペルパーティーサポートしてくれるキャラと言ったところか。火力を出すことができないので強くなると編成から外れがちだが、主人公に防デバフやディスペルを積みたくないというときにいると便利である。

クリスマスバージョン 土属性 SSR

なるも、クラリスちゃんが最カワ! いぇいっ

次に登場したのがクリスマス限定の属性SSR楽器スノウリメビウス』を入手することにより加入するクリスマスバージョン。武器の属性だがキャラは土属性

1アビの『アトミック・アニヒレーション』は敵の現HPに応じた属性ダメージDAダブルアタック)DOWNにディスペル効果と、通常版の3アビがDADOWNのおまけつきになったもの。素のCTは12という違いはあれど使用感も大体同じようなもの。

2アビの『α・ディケイ』は敵に最大30の累積防御DOWNにα崩壊レベルを4上昇させ、β崩壊レベルを1減少させる。

3アビの『β・ディケイ』は敵に最大30の累世攻撃DOWNにβ崩壊レベルを4上昇させ、α崩壊レベルを1減少させる。

そして最終解放前のキャラとしてはかなりしく4アビ『アモルファ』を持っており、効果はレイディオアクティヴ・モードに移行する。

儀は通常時とレイディオアクティヴ・モード時で変わり、通常時の義『アルケミック・フレア』はα崩壊レベルβ崩壊レベルを共に3上昇させ、レイディオアクティヴ・モード時の義『ニュートロンスター』はα崩壊レベルβ崩壊レベルに応じてフィールドに原子崩壊効果を付与する。

1アビ以外だと思われるので解説する。

まずレイディオアクティヴ・モードというのは、クラリスアビリティ使用間隔が半分になり、チェインバーストのダメージUP、原子崩壊効果中に攻撃20UP(所謂別)させる代わりに毎ターン最大HPの7(最大800までで抑えられる)のダメージを受ける状態のこと。

1アビはCT6ターンになるので全に通常版3アビと同じものとして扱えるようになり、2,3アビはCT4→2になって累積攻防デバフを入れやすくなる。

そして、原子崩壊効果とは敵に付与されているα崩壊、β崩壊双方のレベルに応じて、ダメージ上限がUPする効果を付与するもの。フィールドに付与されるためマルチでは参戦者全体に効果を発揮することになる。

原子崩壊のレベル判定はα崩壊、β崩壊の双方のレベルが規定値をえているかどうかで行われ、1~5までの5段階存在する。それぞれレベル1:αβ1以上、2:αβ3以上、3:αβ5以上、4:αβ7以上、5:αβ9(αβの最大値)となる。

例えばα崩壊レベルが7、β崩壊レベルが6であった場合は、αの方は原子崩壊レベル:4の7以上を達成しているが、βの方は未達成であるため、αβ5以上を満たす原子崩壊レベル:3が義『ニュートロンスター発動時に付与されるというわけだ。

原子崩壊のダメージ上限UPはレベル1が5で以後5刻みで上昇するため、最大のレベル5では上限が25も上昇する。参戦者全員に対してこれだけの上限UP効果を及ぼせるというのはかなり破格ではある。

しかし、与ダメージUPではなく上限UPなので、上限に達するまでダメージを出せないのであればまったくの意味であり、またαβ崩壊レベルを2,3アビで上昇させるともう一方は1下がってしまうため、最大効果を発揮するためにはαβの両方が6以上のときに通常時の義で両方を9にしてからレイディオアクティヴ・モードに移行し、また義を撃つというとても面倒な工程が必要となり、現在マルチ環境ではそんなことをしている間に討伐されているということがほとんどであるため、手間に見合っておらずそもそも使うことすらできないというのが実情か。

最大効果にこだわらずともかなり強であるため、さっさとレイディオアクティヴ・モードに移行してレベルを気にせず原子崩壊を発動してしまった方が何も考えずにやれるのでいいかもしれない。またαβの崩壊レベルは全参戦者で共通となるので、団員とマルチをやる際などは事前に複数人で持ち込むことを決めておけば最大レベルの原子崩壊もすぐに発動することができるだろう。

累積攻防デバフは通常の攻防デバフが効かない相手にも効くということが多く、昨今では需要が挙がってきているので単純にこれ的で起用するということもできる。とはいえ、上記の通り最大30までなので下限にまで持っていけるわけではなく、クラリスだけいれば攻防デバフは考えないでよいというものではない。

今ではダメージ上限に達せる人も多くなったため上限UPの需要が高まり、上述の通り累積攻防デバフだからこそ有用に働くという場面も増え、原子崩壊中に別20の攻バフに加えてリミットボーナスアビリティによって原子崩壊付与中はDA50%/TA30UPという強な連撃率UP効果も発揮されるという中々に有用なキャラと言えよう。

こうなるまでに何度も性調整が行われており、当初は通常版クラリスの高級スキンなどと呼ばれるほどあれな性であった。今でも原子崩壊の仕様アビリティの説明を読むだけでは全く意味が解らず、また理解してもわりと複雑でとっつきにくく思えるが、単純に使えばダメ上限UPに加えて別バフと連撃UPが付くものとして使ってもいいし、しっかりレベルを上げて上限をえたダメージを楽しむのもいい。コンセプトとしてどうなのかという疑問もあるが、単純に累積デバフ要員として使うのもいいと、スキン以外の使いがないということはなくなっている。

ちなみに、クリスマスバージョンなのに水着と見紛うほどに露出度が高い。作中でもこの時期にそれは寒いのではとツッコミが入れられているが気合で耐えているもよう。クラリスおしゃれは気合だとのこと。ジュエルリゾートの特別デュエルに出るための衣装なので、見たが重視されるのは仕方ないことなのかもしれない。この格好のまま山に盗賊討伐に出向いたりしているが。

同じくクリスマスバージョンが存在するファティバ、センと共に『メリーラァヴ』というキャラソンCD化されている。

光属性 SSR

『お様、お様、うちは何を言われても、この思いは捨てないよ!』

恒常キャラとしては2番に登場した属性バージョン属性SSR楽器フュージョンメビウス』を入手することにより加入する。

1アビ『ディスラプト・パワー』は、戦闘開始時に3付与され義で2回復する独自バフである『存在崩壊』を1消費し、自分のダメージ650ダメージ上限を50%UPさせる代わりに敵対心UPと防御50%DOWNを付与するというかなりピーキーな性。1アビ使用後の義威を見るものだが、反面義を撃った後に即退場という危険性も伴う。古戦場EX(通称立ち狩りで役に立つが、もし1キルできなかった場合は大概の場合立ちHP50%トリガーである合計10回の単体ダメージ技で殺されることになる。

2アビ『フォトリシス』は、敵に属性25DOWNに加えて存在崩壊を1消費して闇属性攻15DOWNの効果。属性攻防デバフも累積と同じく通常デバフが効かない相手にも効く場合が多く、また属性デバフに関しては下限値の50%えて効果発揮するという性質もあり、かなり強デバフアビである。

3アビ『アトミック・レゾリューション』は敵の現HPに応じた属性ダメージとディスペルに加えて、存在崩壊を1消費して味方全体に与ダメージUP(5000)を付与する。おなじみの割合ダメ付きディスペルに与ダメUPがおまけに付いたもの。全ての与ダメに乗ってくるとはいえたった5000では誤差の範囲だが、他バージョンのアビと同じように割合ダメ付きディスペルとして運用することができる。

義『ジャガーノートスフィアは存在崩壊を2回復させる。この方法でしか消費した存在崩壊を回復させることはできないが、そこまで消費するようなものでもないので足りなくなることはないだろう。

サポアビによって常に防御20DOWNしているが、存在崩壊が付与されている間は攻撃20UP(乗算)されている。防御のLBを3つ持っているので、これに振ることでデメリットは帳消しにすることも可。LBには他にも攻撃が2つに属性攻撃が1つ、更にクリティカルが2つと攻撃的なものがっており、これらに振ることで1アビによる大ダメージ義以外にも素殴りでの火力を出すことも可となる。

1アビ後の義は装備がっていないどころか、武器スキル効化される通常の麒麟に対してさえ上限をぶち抜くほどの威を発揮することも可初心者としては手軽に大火力を出せるのが魅だろうし、上級者としても上述の素殴り火力も高いので前面に出して使い続ける運用もでき、属性デバフだけ撒いてデカいの一発ぶち込んだ後はさっさと退場させてサブメンバーを引っりだすという運用もできるので起用点はあるだろう。

ちなみにご多分に漏れずこのバージョンも修正を受けており、以前は1アビの存在崩壊消費が2であったりデメリットに倍率が見合ってなかったり、2アビはHPの10分のダメージを受けるというデメリットがあるにも関わらず成功率が低かったりと散々な状態だった。当時の基準から見ても弱キャラであったと言わざるを得ないだろう。そんなことだから運営エアプとか言われるんだぞ。

フェイトストーリー概要欄の通り、ストーリーイベントアスレイアルケミスト』の後日談。イベント中の騒動を経て家族と向き合うことを決心したクラリスが、心機一転新しい着替え実家に帰り『開祖を殺せ』という馬鹿げたを取り消させようとするという内容。

バレンタインバージョン 闇属性 SSR

クラリスちゃん特製チョコ 楽しみにしててね

季節限定キャラとして2バージョン。闇属性SSRシルフィウム』を入手することで加入する。シルフィウムとは現代では既に絶滅してしまったハーブで、ハートマークの元になったと言われている。

1アビ『ハートフェルト』は、味方全体に弱体効果効1回(所謂マウント)に幻影効果、更に戦闘開始から10ターン経過後は耐久値:2214のバリアガード効果も付いて来る。防御系効果をこれでもかと詰め込んだような性で、マウントと幻影だけでも起用点としては十分。バリア耐久値はバレンタインデーである2月14日のゴロ合わせか。

2アビの『スウィート・エントロピー』は、味方全体のゲージ30上昇に、10ターン経過後は儀性UP(ダメージ80/上限20UP)とダメージ上限5UPが追加される。義加速だけでも他の同種アビリティと遜色なく、更に追加効果もある強アビリティ

3アビの『アトミック・アクセラレーション』は、経過ターンに応じた属性ダメージとディスペルに敵の最大CTを1つ増加させる所謂グラビティ、10ターン経過後は1度に2回発動するという効果。他のバージョンと違って属性ダメージは経過ターンに応じて10万ずつ上がり最大100万まで、2回発動すれば合計200万ものダメージを与えられる。ダーク・ラプチャーHARDの12の試練の1つ、『1ターン属性ダメージ200万与える』をこれ1つで達成することができるという非情に優れたアビリティ

義『アルカヘスト・スフィア』はスロウ効果に10ターン経過後は99万の属性追加ダメージ義効果にスロウ若干使いづらかったりもするが、後述のサポアビで敵のCTが溜まりやすくなるので役に立つ場面も多いだろう。

サポアビは2つあり、1つは経過ターンに応じて味方全体の攻撃を上げ、10ターン経過後に各アビリティ儀の追加効果が発動するようになるというもの。クリスマスバージョンサポアビのように実質アビリティの説明になっているようなものもあるので、10ターン経過後に追加効果が発動するという説明だけでなく、立っているだけで味方全体を強化してくれるという効果まで含まれているところが嬉しい。

もう1つは、主人公ゲージ上昇量を20UPさせ、3アビ発動ターンの経過ターン数を1ターン増やすというもの。ターン経過を加速させて追加効果発動をめることができるだけでなく、主人公義を加速させることもできる。主人公のみ効果を及ぼすというのはLOVE勢の面躍如といったところか。敵のCTはターン数に応じて増えるので一気に2ターン経過すると2上昇することには注意したい。

追加効果が強だがそれがなくても十分に活躍できる性を持っている。今まではどちらかというとデバッファーかデバフができるアタッカーといった感じだったが、このバージョンはどちらかというバファーとアタッカーといったところか。バージョンフェイトを経て大きく心が変化したからであろうか。

フェイトエピソードは今年こそ本気でバレンタインチョコを作って主人公に想いを伝えようと、カリオストロに叱されながら奮闘する話。普通する女の子みたいで可愛いと思う。

イベントでの活躍

何度か触れて来たが、ストーリーイベントアスレイアルケミスト』に登場。SRカリオストロが配布なだけあってカリオストロ役のイベントで、クラリスの登場も中盤からになるが登場後は実質役級の扱いとなる。

賢者の石完成させるためにカリオストロを捕えようと狙う『ヘルメス錬金術学会』とエルステ帝国が手を組んで襲ってくる中、両親を人質に取られ自らも捕らわれていたクラリスだったが、意を決して監禁場所である研究施設を吹き飛ばし脱出、学会所属の錬金術師ラケルススの操る未完成賢者の石素材にして作られた兵器『ニグレド』を相手に窮地に陥っていた主人公達の前に駆け付けて共にその場から逃走した。

その後、カリオストロに頼み込み主人公達やデリフォードの手も借りて両親を救出したクラリスは、大きく弱体化されたカリオストロの新しい体を錬成するため、カリオストロから錬金術の講義を受けることになる。

分解までしかできないのはカリオストロでもある彼女の祖先と同じ才だと言われてやる気を出すクラリスだったが、どれだけやっても成功せずやっぱり理だと諦めそうになってしまう。主人公に励まされてまだ頑ろう意気込むクラリスだったが……

ネタバレそこにパラケルススが現れ、クラリスったカリオストロがニグレドに吸収されてしまう。自分のせいだと落ち込むクラリスだったが、主人公達や両親に叱されたこと、カリオストロが吸収される前に『お前ならできる』と言っていたことを思い出し、自分に何ができるのか必死に考え続けた。

しかし、いくら考えても自分にできることは分解錬金術しか考え付かず、自棄になって何度もニグレド分解してみるが、吸収されたカリオストロの魂を傷つけないようにするため全に消滅させることができず、すぐに再生されて効果がない。術の行使で段々と体が失われていく中、吸収されたカリオストロだけを残してそれ以外は全て消せればいいのにと思ったクラリスは、感覚でそのように術を行使してみる。すると今度は分解されたニグレドが再生しなかった。

いつもの分解錬金術とはべ物にならないほど強なその術は、錬金術における分解の究極系『存在崩壊』と呼ばれる術で、魂などの物理的領域をえた部分を含めた対の『存在』を崩壊させるというもの。カリオストロく『りんごジュースが入ったミックスジュースからりんごジュース以外の『存在』を全て崩壊させることでりんごジュースに戻すことができる術』とのこと。

そのにパラケルススを含めたその場の全員が圧倒されている内に、クラリスはニグレド全に分解し尽くす。それによって吸収されていたカリオストロがニグレド素材に自分の体を錬成して復活を果たした。しかし、ニグレドもまた、分解されたことによってその素材である賢者の石が一段階上の状態に進行、共に素材になっていた星晶獣アルフェウス』の姿になって復活してしまった。

アルフェウスこそ最強星晶獣だと勝ち誇るパラケルススだったが、『存在崩壊』のを手にしたクラリスと新たな体になって以前よりも強化されたカリオストロを擁する主人公達の敵ではなく、『存在崩壊』によってアルフェウスは跡形もなく消滅させられる。

結果としてパラケルススには逃げられたものの、帝国側のリーダーにはきっちりおしおきをすることで今回の騒動は解決するのだった。

講義を受けたこともあって、これ以降クラリスカリオストロのことをししょーと呼ぶようになる。カリオストロもがらじゃないと照れながらも満更ではない様子。それもあってバージョン以降は闇SSR版カリオストロ(別属性にスキンを着せるだけでいい)と同時に編成することで、掛け合いボイスが発生するようになっている。

その他、クリスマスバージョンで古戦場特別編ホーリーナイトスペシャルマッチ』とクリスマス時期に開催されるミニイベントツリー・オブライト』に登場している。

Shadowverseのクラリス

カード 未完錬金術師クラリス
クラス ウィッチ
コスト 攻撃/体 3 進化前:3/1 進化後:5/3
効果 ファンファーレ 相手のフォロワー1体は、すべて(攻撃/体はそのまま)を失う。

グラブルキャラカードが多数登場するパック「蒼空騎士」で登場。相手フォロワー1体の削除を行う。書いてある通り攻撃・体に影はない。

シャドウバースは出た直後に効果が発生するファンファーレを持つものが多く、仮に削除しても意味がなく終わる場合も多い。同様に出たターンに働く突進・疾走を消すのも同様に意味がない。が、それ以外の破壊されると発生するラストワード、そのほかのキーワード(守護、必殺、攻撃時、交戦時、ドレイン)、場にいる限り条件を満たせば発動する効果、などは計画を狂わせることができる。

しかし、3コストかかるのに攻撃はともかく体は1と極めて排除しやすく、削除が有効に働くかどうかは相手依存になるため、動的に使いづらいといえる。特定デッキ対策でもなければ基本的に入ることはない。

一活躍の機会が明確にあると言えたのは、2pickで「ラブリーモニカ」から出てくる「マジカルビーストモーラ」対策。「マジカルビーストモーララストワードで、次の自分のターン開始時にマジカルビーストモーラを手札に加える効果が発生」→「7コスト進化権を回復し、ラブリーモニカを場に出す」→「モニカ進化時効果で1体のフォロワーにダメージ」→「進化したモニカでも攻撃」→「モーラは次のターン適当な相手フォロワーにぶつけて破壊する」の限2面処理処理を狙ってくるため、2pickウィッチミラーを警して打たれ弱くても納得して取るという選択肢が考えられる。もっとも、2pickは最新4パックのカードプールで戦うため、最新4パックから外れる第13弾以降の2pickではこの使いもなくなってしまうが。

関連静画

関連商品

関連項目

グランブルーファンタジーの登場キャラクター
メインキャラクター 主人公 - ビィ - ルリア - カタリナ - イオ - オイゲン - カイン
サブキャラクター ファラ - ヴィーラ - フェリ - モニカ
パーティキャラクター

ヨダルラーハ - ゼヘク - ローアイン - ジン - アリーザ - ディアンサ - ロミオ -
ロボミ - シロウ - ダヌア - ガンダゴウザ - パーシヴァル - ゼタ - ランスロット -
アルタイル - キャタピラとヴィーラ - リリィ - シャルロッテ - カリオストロ -
ハレゼナ - ゾーイ - ベアトリクス - ナルメア - ヴァンピィ クラリス - アイル -       エウロペ - ククル - シルヴァ 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%28%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クラリス(グランブルーファンタジー)

1 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 20:27:57 ID: r/liRROfH8
記事作成お疲れ様です
2 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 20:08:49 ID: vUTgk3TetU
chang
3 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 21:42:14 ID: +Hxo2Szgyc
"最カワ"は所詮…ヒロインレースの"敗北者"じゃけぇ…!!!
4 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 23:21:22 ID: /bUvCIs5my
公式が勝者とか決めてないんだから敗者とか見下してる暇があるならさっさと推しのカップリングを描くか書け!
5 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 07:41:21 ID: XeEtQz4Veu
クラリスちゃんほんとすき
敗北者だの恋愛よわよわ錬金術師だの言われてるけどバレンタインverのフェイト見たら今のとこ最有補まであるぞ!
何はともあれ記事作成されてて嬉しい、結婚したい(顔)
バレクラちゃん今のとこルシHLの要みたいな扱いだしこんな強くて最カワなクラリスちゃんを皆どんどんすこれ(嘆願)
6 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 14:12:07 ID: tza5YdesdK
ハァ・・・ハァ・・・敗北者・・・?
取り消せよ・・・今の言葉ァ・・・ッ!

でも持ってないオレの方が敗北者じゃけぇ・・・(´・ω・`)
7 ななしのよっしん
2019/05/31(金) 22:11:48 ID: 9Rj6TNYLbx
この子マクスウェルの悪魔ちゃんですか?

急上昇ワード

2019/08/20(火)20時更新