ピカソ単語

ピカソ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

私の作品は破壊の集積だ。

パブロ・ピカソ

パブロ・ピカソPablo Picasso [ˈpaβlo piˈkaso], 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインマラガに生まれ、フランス制作活動をした芸術・画

天才童の代名詞としても言われる。また長寿作家でもある。

キュビスムの創始者。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術であるとギネスブックに記載。

フルネーム

名前がとにかく長いことで有名。本名は「パブロディエゴホセフランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・チプリアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ」である。人や縁者の名前を並べている。

洗礼名は「パブロディエゴホセフランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピーン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ」である。

「ピカソ」はの姓である。

マラガでは多くの分に恵まれるように願いを込めて、なるべく多くの名前を子供につける習慣らしい。

本人はパブロルイス・ピカソと名乗り、ある時期から方の姓のルイスを省き、パブロ・ピカソと名乗るようになった。

概要

美術を革新したと言われる20世紀最大の美術くから画としての成功に恵まれ、生涯その名が揺らぐことはなかった。死して今もなおその存在感は圧倒的である。

絵画のみならず彫刻、版画、陶芸、舞台装置、衣装作など様々なジャンルの表現を行った。

その圧倒的な創作へのエネルギーがほとばしっていた。その創造エネルギーはほとんど限であるように思われる。

「私の作品は破壊の集積だ」との言葉が示すとおり、絶えず過去のものを否定して新しい冒険似た体向かっていくたくましい意欲は「カメレオンのように」と評される程めまぐるしい変わりようを生み出した。古典義からバロック表現まで思いのままに変化する多面性こそピカソの本質だろう。

20世紀における最も重要な形態革命のひとつであるキュビズムの出発点となった『アヴィニョンのたち』は、今では文字通り古典的な作品としてどんな美術史の本にも登場している。しかもこのときまだピカソは20代半ばだった。

女性遍歴も麗で女性が変わるたびに作も変えていった。

ゲルニカ」のようなキュビズム時代に入ったのは後期のことである。それまでは、陰世界観を表現した作品を多く描いており、さまざまな時代を経て、自らの芸術完成させていった。

70歳をえても情熱と強さが画面から放射されていた。

ピカソにとって創造は芸術であり、芸術は死よりも人間を救った。芸術は生そのものだった。

価値

オークションでとんでもない価格が出ることでも有名。最も高額な価格がつけられたものに関しては、ニューヨーククリスィーズにて競売にかけられた「アルジェの女たち」であり、その価格は1億8000万ドル215億円)という破格の価格だったといわれている。

他には

パイプを持つ少年』が1億416万8000ドル約118億円)で落札。

ドラマールの肖像』が95216000ドル108億円)で落札。

『ヌード、観葉植物と胸像』が約1億650万ドル101億円)で落札。

バスケットを持つ裸の少女』が1億1500万ドル125億円)で落札。

人物

芸術というと孤高の存在というイメージだがピカソは孤独がとても苦手だった。ギヨーム・アポリネール、ガートルードスタインといった、画仲間たちと常に時間を過ごしていたと言われており、さらには妻だけでは物足りず、愛人も数多く作っていた。

子供の頃のデッサンは大好きだったを描いたものが多い。5,6歳の頃から見た闘への情熱は生涯変わらなかった。毎年ほとんど儀式のように見に出かけ、作品にも登場させた。

ピカソは、「ゲルニカ」を制作しているが、平和義者であり、あまり反戦に関心がかったといわれている。第一次世界大戦スペイン内戦、第二次世界大戦とピカソはを潜め続けていた。スペイン暗黒時代といわれているフランコとファシズムには異を唱え、作品で痛批判したものの、共和市民軍へは関心がく、画として作品を描き続けるを選んでいる。

略歴

1881年10月25日 生誕。

1895年 バルセロナの美術学校「ラ・ロンハ」に入学

1900年 カフェ居酒屋「四匹の (アルス・クアトラガッツ)」にて最初の個展。初めてパリ立つ。

1901年 ヴォラール画廊にて展覧会を開く。マックス・ジャコブと出会う。

1904年 アトリエアパート洗濯船」に住み始める。

1905年 フェルナンド・オリヴィエ人になる。

1906年 ヴォラールがピカソより多数の作品を購入。

1907年 『アヴィニョンのたち』

1912年 マルセルアンベールエヴァ)が人になる。モンパルナスに住み始める。このころジョルジュブラックとともにパピエ・コレと呼ばれる技法を生み出す。

1913年 ピカソの父親没。

1915年 コクトーと出会う。エヴァの死。

1916年 モンルージュに住み始める。

1917年 バレエ『パラード』の舞台装飾と衣装を手掛けるためにローマへ向けて立つ。

1918年 オルガ結婚。この年パリ襲。

1921年 ヒトラー国家社会党の党首になる。

1925年 11月パリで開催された第一回シュルレアリスム展にピカソも出品する。『三人の踊り子 (ダンス)』

1926年 『ギター』の連作

1927年 マリーテレーズ・ワルテルと出会う。

1929年 ダリと出会う。

1937年 ゲルニカ爆撃4月26日)。グラン=ゾーギュスタンに住み始める。『フランコの夢と』、ゲルニカ制作

1941年 戯曲『尻尾を掴まれた欲望

1943年 ゲシュタポがピカソの元を訪れる。

1945年 最初のリトグラフ制作

1946年 ニューヨーク近代美術館にてピカソの回顧展。アンティーブにて創作活動。この時彼がアトリエを構えた建物は後に美術館となった。

1950年 ピカソ、レーニン平和賞受賞。

1952年 『戦争平和』『4人の小さなたち』

1953年 「レットル・フランセーズ」誌に『スターリンの肖像』が掲載。

1954年 アルジェの女たち』

1955年 オルガ・ピカソ没。『アルジェの女たち』連作の続き。パリにて政府によるピカソ回顧展開催。クルーゾーの映画ミステリアス・ピカソ - 天才の秘密』撮に協(翌年開)。

1956年 闘テーマに精的に制作

1957年 『ラス・メニーナス』に着手。

1958年 ヴォーヴナルグを購入。ユネスコ画『イカロス墜落

1959年 マネの『上の食』を意識して同じ題名の作品を制作

1961年 ジャクリーヌ・ロック結婚

1962年 ピカソ、レーニン平和賞を受賞。

1963年 バルセロナにピカソ美術館が開館。『画モデル

1966年 ピカソ85歳の誕生日を祝って世界各地で集会が開かれる。グラン・バレ、プティ・バレにて回顧展。

1870年 青年時代の作品の大部分をバルセロナ美術館に寄贈。

1971年 ピカソ90歳の誕生日を祝って世界各地で集会が開かれる。

1973年4月8日 ピカソ没。

来歴

ドンホセ食堂の装飾が専門の画だった。の絵が好きだったらしい。ピカソの初めての言葉は「ピス!ピス!」だった。これは「ラピス鉛筆を取って)!」という言葉である。ピカソはまず描くことを覚えた。次にしゃべることを覚え、その後に鉛筆を自分で取りに行くことを覚えた。とにかく描くことが最初だった。

数年後、息子の才を見ったドンホセは自分に代わって鉛筆息子に持たせるようになった。ある晩、父親は大きな静物画を息子に任せてでかけた。帰ってみるとの部分が完成していて、その足はまるで生きているようだった。息子の才にすっかり感動したドンホセ! その場でパブロパレットと筆と絵の具を渡して「お前の才わたしなどよりはるかに優れている」と言った。そして自分はその後2度と鉛筆を取らなかった。

引越し後、向かいにの教える美術学校があり、を横切るだけでデッサン、油絵など生徒に教えている技法すべてを学ぶことができた。彼は熱心にデッサンを勉強したので、すぐに木炭の使い方を覚え、付けができるようになった。

1895年の初ルイス一家は荷造りをしてマラガに出かけた。途中マドリードでとまり、ドンホセ息子をプラド美術館へ連れて行った。ベラスケス、スルバラン、ゴヤなど。むような巨匠たちの作品。パブロはこのとき生まれてはじめてスペイン絵画の宝庫に触れた。

新学期にはバルセロナに向かった。ドンホセが美術学校教師に任命されたのである。カタロニア首都バルセロナ歴史られた偉大な都市。豊かなスペイン文化を持つと同時に他のヨーロッパ々に常に開かれた土地でもあった。1855年以降、バルセロナフランスの間には豊かな芸術の交流があり、バルセロナの「グループ」内には多くのフランス人がいた。いっぽうたくさんのカタロニアの知識人がパリへ向かっていた。

ピカソはすぐにバルセロナが好きになった。ここは豊かで穏やかで活気にあふれ、あらゆる人々がひしめきある自由なまちだった。

美術学校の名は「ラ・ロンハ」といった。歴史あるアカデミックな学校で伝統に厳しかった。生徒に古い石膏の複製をもとに「古代美術」を模写していた。

ピカソはちょうど14歳だった。本来はまだ美術学校に入れる歳ではなかった。しかしの尽で試験を受けることができた。「古代像、静物、モデル写生と油」これが試験科だった。普通1ヶはかかるこの試験をパブロ1日で仕上げてしまった。審員たちはビックリした。その技術も仕上げもあまりに見事だったので、すぐに全員の意見が一致した。この少年童だと。

1897年16歳になったパブロにさまざまなから逃げよ、と本が訴えかえていた。伝統に固執する学校毎日のようにアトリエに顔を出すからである。

10月はじめ、パブロはひとりでマドリードへと立つ。王立アカデミーの試験のためである。結果はバルセロナのときにおとらず素晴らしい成績。そして電光石火業だった。たった1日で並外れたデッサンを仕上げたのである。16歳でピカソはスペインの官立美術学校の試験を総なめにしてしまった。しかしこお金もなくの寒さも災いして体調を崩してしまう。

1898年、ラ・ロンハの友人の画マニュエルパリレスは自分の故郷の村へ来るよう彼を誘う。オルタ・デ・サン・フアンはまだ豊から自然の残るエブロ地方にあった。パブロ生まれてはじめて本物の田舎に出会う。野良仕事動物たち、自然、油搾り機、炉ばが引くアーモンドを積んだ荷・・・。暑さに耐えきれなくなると2人の若い画は山へ行き、農家で食べ物を買ってから、洞窟に落ち着くのだった。日陰のひんやりした空気のなかで、彼らは一日中制作を続けた。田舎ライフを満喫していたのである。この重要な夏休みを何年もあとに思い出してパブロは言っている。「私が知っていることは、すべてパリレスの村で学んだものだ」

2年前からバルセロナには「4匹のという居酒屋が店を開き、芸術文学者のたまり場となっていた。1900年2月1日、ピカソが初めて作品を展示したのもここである。150点のデッサンにピンで留められた。

1900年の晩、ピカソはしだいにグループから抜け出て独自のを歩む必要を感じ始める。10月、新しい友人カルロス・カサヘマスとともに彼はパリ行きの列車に乗った。

その後ピカソは2年間貧乏暮らしをする。1904年、ピカソは通称「洗濯船」と呼ばれた建物に居を構える。ボロボロの場所だ った。 そこには驚くほど様々な人が住んでいた。ピカソは1904年のから5年間ここにアトリエをかまえることになる。このときにフェルナンド・オリヴィエと出会う。ピカソはそのの姿を何千枚と描いた。

ピカソのアトリエは物が多くぐちゃぐちゃだった。しかしこ秩序がたいせつであった。生涯を秩序に生きたピカソにとっては、秩序よりも豊かで多くの可性を秘めた秩序が。創作のために必要だった。秩序がピカソ独自の秩序であった。一見めちゃくちゃに見えてもすべてはあるべきところにある。

仕事は常に孤独だったがピカソは多くの友人とあった。詩人愛したピカソには詩人女性がたくさんいた。ピカソは友人、画、彫刻詩人たちの食事や尽きることのないでの会話を楽しんだ。

<つづく>

関連人物

参考文献

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ピカソ

8 ななしのよっしん
2015/08/20(木) 21:03:45 ID: 1C/wzLth/S
概要よりも名前の方が長くて吹いた
9 ななしのよっしん
2016/08/30(火) 09:30:44 ID: xuoU1uE8CN
しくじり先生の「勝ったぞ!」で大爆笑した
10 ななしのよっしん
2016/09/18(日) 22:44:39 ID: p0Q+vLOBpQ
ピカソツルハシ、ってことは
ピッケルとが同じなのかな
11 ななしのよっしん
2017/04/16(日) 21:43:04 ID: pqx0SUkkW+
キュビズムの絵だけでピカソすごい言う人の薄っぺらさは異常
12 ななしのよっしん
2017/06/08(木) 14:01:55 ID: twMwRrLNa0
これ例の淫夢アイドルと似すぎじゃないですかね…パロかと思ったんだが
http://www.polamuseum.or.jp/collection/006-0225/exit
13 ななしのよっしん
2017/08/07(月) 00:08:40 ID: phPJBeDwJX
ピカソの凄さを漫画化で例えるなら、一人の作者とは思えない位多種多様な作品を残したって言えば伝わりそうな気がするんだよな
手塚治虫SFロボット物の「鉄腕アトム」や時代劇どろろ」、少女向けの「リボン騎士」、更には医療漫画ブラックジャック」を産み出したけど、冷静に考えたら一人の漫画家がここまで方向性の違う作品を残すって凄い事だと思う

ピカソの描く絵のイメージって、教科書や資料集のキャパシティが足りないせいでゲルニカ等の代表作に絞られた為に刷り込まれただけに過ぎないんだろうな
14 ななしのよっしん
2017/09/01(金) 19:54:52 ID: VFFSH/6hJH
それ以前にピカソの絵って割と実物見ないと伝わらないところがあるから難しい。何を描いた、どう描いたじゃなくて、作品の持ってるエネルギーがまず凄いんだよ。
毎日女の絵ばっかり描いてた頃の絵とか、「はこんなにも女が好きだ!エロいことしたい!!」というのがビシバシ伝わってくるんだけど、一日一枚とかのペースで描くから作品としては雑なんだよねw 教科書とかで印刷しておおっ、てなる絵じゃない。ピカソと同じ距離キャンパスの前に立って初めて作者の熱気が感じられるし、汚さすら芸術になる。
15 ななしのよっしん
2019/09/18(水) 12:45:19 ID: 9rBCOumdFP
流石にこれはひどい原爆アメリカに投下されたとかレベル

ピカソ作「ゲルニカ」の説明に誤り 国連サイト 報道官が謝罪
https://www.afpbb.com/articles/amp/3244884exit
16 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 18:44:57 ID: LaJMAxCq+Q
フランソワーズ・ジローもう100歳間近なのか、凄いな。
17 ななしのよっしん
2020/06/06(土) 23:56:24 ID: tKSximRgTn
キュビズム絵画とか別に大出して買う気はいけど、いと聊かさびしいこの世の要素ってくらい染み深い感じはある

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック