フィリスのアトリエ 〜不思議な旅の錬金術士〜単語

フィリスノアトリエフシギナタビノレンキンジュツシ

は新たな物語を紡ぎだす

「フィリスのアトリエ 〜不思議な旅の錬金術士〜」とは、コーエーテクモゲームスガスト長野開発部(以下ガスト)より2016年9月29日2016年11月2日PS4PS VITAの二機種で同時発売のゲームソフトである。

価格は、それぞれ税抜きでPS4版は通常版(パッケージダウンロード共通)6800円、プレミアムボックス9800円スペシャルコレクションボックス18400円。
PS VITA版は通常版(パッケージダウンロード共通)5800円、プレミアムボックス8800円、スペシャルコレクションボックス17400円。
ただしダウンロード版は発売後二週間、10OFFでの販売となる。

概要

くもナンバリング18作となったアトリエシリーズ最新作。
今作「フィリスのアトリエ」は前作「ソフィーのアトリエ」から4年後の舞台設定となり、世界観は共通している。

新世代移行が図られたのか、PS3版の発売予定はないので前作をPS3版でプレイした人は注意。

今作では部分的ながら前作、前々作には存在しなかった時間制限が復活している。ゲーム序盤では時間制限が存在し、的を達成すると以降は時間制限になる。
また、今作には引き継ぎ周回プレイも復活搭載されている。
さらに、前作では2種類しかなかったエンディングが、キャラエンディングを含めた12種類まで増えている。

キャラクターデザインにNOCO氏、ゆーげん氏の二人を起用したダブルネーム体制は変わらないが、主人公を担当するイラストレーターはNOCO氏からゆーげん氏にバトンタッチされている。

よるのないくに2 ~新月の花嫁~」「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」と共にガスト美少女祭りソフト定されている。
詳細は関連リンクから。

今作の特徴的なシステム

調合

今作も前作から引き継ぎ、パネルの中に材料をはめていくパズル式調合が採用されている。
レシピの入手方法も変わらず、様々な行動によってレシピを発想する「レシピ発想」システムを採用。

材料回転、パネルの大きさの違い等が確認でき、前作をプレイした人ならすぐに染めるだろう。
ただ、現時点では前作にあった釜に配置されたボーナスや調合終了時の属性ボーナスが確認できず、代わりに新要素の「触媒」が確認されている。
触媒を使うことでパネルの大きさを変更したり、「ライン」をパネルの中に発生させ、そのラインを埋めることによってボーナスを得ることができる。

また、「級調合」なる物も確認されている。
通常の調合と違い、「スケールの大きい」アイテムを調合することができる。それにより、気すらも変化させるアイテムも作れるようだ。

戦闘

戦闘メンバーは前作と変わらず4人。

ただしターンシステムはまた大きく変更となり、前作では最初に全員分の行動を選択してからターンスタートを選択する“ロジカルターンバトル”を採用していたが、今作では従来式の行動順が回ってきたキャラクターが1人ずつ行動を選択していく方式に戻るようだ。

新要素として「チェインバースト」が存在し、戦闘中の行動によってゲージが貯まり、そのゲージが最大になると「チェインバースト」が発動する。
この状態で仲間の行動が連続していると、仲間の行動を先行入になり、連携攻撃が始まる。
この連携による連携率が130以上になると、最初に攻撃したキャラクターが追撃するチェインストライク、150以上なら選択したキャラクターが大技を放つチェインフィニッシュが発動し、そのキャラ固有の決め技を放つことができる。

また、シリーズ初の要素として、「サブウェポンシステムが存在する。
これまではキャラクターは1種類の武器のみ装備でき、あるいは複数種装備可でも同時には1つしか武器が装備できなかった。
今作では例えばリアーネならメインサブ剣、イルメリアならメインサブといった様に複数種の武器を同時に装備でき、状況によって入れ替えることが可
キャラ2つのサブウェポンが装備できるようだ。(生放送では「もう一つ装備できる」との発言があり、正確な情報は不明)。

さらに、や時間により魔物ステータスや、アイテムの効果が変化するようだ。

前作にあった仲間によるアシスト行動、仲間アイテム使用も存在する。
アシストについても従来の手動使用に変更されている。

フィールド

前作に引き続き、今作には1日の時間の流れの概念が存在する。

というように1日の中にも時間が存在し、時間帯によって町やフィールドも変化していく。
前述のように、戦闘にも影するが、その他の影については不明。
また、前作にあったシステムも確認されているが、どのようながあるかは不明。

今作ではフィールドでの爆弾使用による採取が復活。採取方法によって入手材料も違いが出るようだ。
で壊す、爆弾で爆破、以外の採取方法については不明。
釣りによる採取も復活している。

さらに新要素「アトリエメイクシステムを採用。今作の主人公、フィリスする錬金術士でなんとアトリエ携帯式である。
フィールドアトリエを展開することで調合が可だ。
アトリエメイク」によりそのアトリエ内部に調度品を置くことができ、それによって効果を得ることもできる。

また、今作では今までおまけ要素に過ぎなかった衣装チェンジに、システム的な要素が追加される。
フィリスは多くの場所をするが、場所によっては気が大きく違う所もある。
その土地に適した装をすることによって探索などの行動に恩恵を受ける事ができる。
その効果も移動や調合の時間経過短縮や調合のラインボーナスアイテム購入時の価格減少、探索中の移動速度上昇など、様々なものが確認されている。
ちなみに、クリア後は全ての衣装の効果が得られるので、いつでも好きな装でいられる。

加えてフィールドで使用可乗り物などが復活。現時点では飛ぶほうきの上を飛ぶ様子や、エアドロップを使用し水中に潜って探索をしている様子が確認できる。
その他の便利な具も存在するようだが現時点では不明。

フィールドの広さについてだが、岡村Pによれば前作で最も広かったマップ200メートル四方とすると、今作ではその25倍の広さである、1000メートル四方程の大きさのマップも複数あるとのこと。
これだけ広い上にフィールドが地続きとなると移動が大変そうだが、フィールドにはランドマークと呼ばれる場所が存在し、一度発見すれば以降はその場所へ直接移動できるようになる。
フィールドで「走る」こともできるようだ

その他

今作ではフィリスの選択によって、ゲーム進行が異なったものになる。
例えば、が邪魔をして通れない場合に、壊れたを修復するか、の先に通じていそうな洞窟を通るか、といった選択が取れる。

また、人々から受ける依頼にも、複数の解決方法がある場合も。
例えば、材料の調達依頼で採取により材料を集めるか、モンスター討伐により材料を集めるかといった選択をすることができる。
この選択により、更なる依頼として発展することもあるようだ。

ストーリー

さまざまな“不思議”に満ちあふれた、辺の一地方
その片隅の荒野のただ中に、小さな町がありました

そこは採掘を生業とする人々が寄り添う町、エルトナ
岩山をくり抜き作られた、地中の都
その環境ゆえに季節を告げるは吹かず、
陽のでさえ、かすかに岩の隙間から差し込むだけ

水晶を明かりとし、鉱石と共に暮らすこの町には、
ひとりの少女が住んでいます
少女には夢がありました

外の世界自由歩いてみたいという、ささやかな夢
しかしそれは、わぬ願いでもありました
少女を阻むのは、町の入口を塞ぐ巨大な
限られた者しか通ることを許されないそのは、
少女のか細い腕にはあまりにも重すぎたのです

外への想いを胸に秘め、開くことのを眺める毎日
しかし、そんな日々は突如として終わりを迎えます

ある日少女が出会った――『錬金術
この運命とも言える出会いは、少女へと誘うのでした

どこまでも続く、不思議なへ――

登場人物

メインキャラクター

  • レヴィ・ベルガー CV:寺島惇太 キャラクターデザイン:NOCO
    ─「ただひたすら強くなる。……それだけだ。」
    強さを追いめ、各地に眠る武器などを探しめてをする24才の士。武器は+???。
    見たは少し怖いが事全般が得意と意外と庭的で、基本的には
    腕の良い料理人を探すなど、事に対する探究心は高い。
    少し天然が入っていて、本人がでも周囲から見たらどこか抜けているような場面もある。
  • カルド・ラオ CV:東地宏樹 キャラクターデザイン:ゆーげん
    ─「歴史とは、人々の行動の積み重ね。人の営みを集積したものなんだ」
    歴史を記録することを的とする”標(しるべ)の民”出身の青年。なぜか年齢不詳。武器は+???+???。
    各地の遺構に詳しく、性格はクールで冷静沈着。一歩先を見据えた行動を取ることができる。
    とある事情から女性恐怖症になってしまっているようだが……?

サブキャラクター

  • オレリー・ブルッホ CV:宮沢きよこ キャラクターデザイン:ゆーげん
    の村、ドナの長老にして錬金術士。御年76才。
    を割ったような性格で礼儀に厳しいため、村人からは恐れられているが、人を見るは確か。
    年寄り扱いを嫌い、おばあさん扱いしたものにはが落ちる。

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%20%E3%80%9C%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%AA%E6%97%85%E3%81%AE%E9%8C%AC%E9%87%91%E8%A1%93%E5%A3%AB%E3%80%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フィリスのアトリエ 〜不思議な旅の錬金術士〜

81 ななしのよっしん
2017/06/01(木) 08:18:49 ID: lSRUI7yTr4
フリーズしなけりゃ何でもいいです
82 ななしのよっしん
2017/06/28(水) 16:12:12 ID: 0rlSCZT37o
スターズソフィーの変遷でそのまま買って遊んでるけど、何か遊びにくいor前作からの悪点ばっかりが悪立ちしてる感じが。前作以上にアイテムの品質に気を遣わないといけないのに量販店し、錬金熟練度を上げないと半端なアイテムしか作れない。序盤はその半端なアイテムでも別に十分なんだけど、進むごとに錬金熟練度の制約がかなり重くなってくる

後爆破採取の硬直中にエンカして移動不可になるバグ大分ストレス溜めてる。最後のアプデが1月とかこれもう見捨てられたの?

沼が取締役になってから「爆死or利益が上がらなかったゲームはさっさと切り捨てる」って姿勢酷くなったよな間違いなく
83 ななしのよっしん
2017/08/06(日) 03:17:26 ID: V6tPY4vrPt
っていうコンセプトなのに焚火さえあれば小奇麗な錬金工房が呼べちゃうのが雰囲気ぶち壊しで実に惜しい
もうちょっと泥臭い感じのほうが良い意味でスパイスになったと思うんだけどなあ
84 ななしのよっしん
2017/08/22(火) 02:25:29 ID: BixNwh440F
LP回復するには食料や飲料をしっかり用意しておかなくちゃいけなかったり
原や荒野に対応するにもイベントでもらう衣装で事足りるのではなく
しっかり錬金術特性考えて作らなくてはならない
とかかね?>を泥臭く
まーあのでかい釜を持ち歩かなきゃならない時点で四次元テントは必須だと思うけど
85 ななしのよっしん
2017/09/01(金) 00:03:22 ID: I1SN2aPgeZ
ver1.08来たな
ソフィーみたく前日譚来んのかね
86 ななしのよっしん
2017/09/01(金) 21:21:38 ID: KXapXeX83j
美少女祭り対応だと思います
87 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 21:53:20 ID: C60MBfuqXm
今作の一撃必殺って格下狩り専用?
雑魚狩り用にはじけるおくりものに一撃必殺付けて投げたんだがほぼほぼ倒れない。Lvカンストするまでドラネアと戯れろって事か…
88 ななしのよっしん
2018/02/15(木) 03:09:24 ID: V6tPY4vrPt
>>84
リディー&スールもとっくに出てるし今更だが…

先では錬金釜だけ四次元ポケット的に持ち運んで拾った素材グッズの即的な調合
アトリエに辿り着いたらあれやこれやで倉庫を繋げての本格的な調合っていう流れにするだけで
理にハードコア的な要素を詰め込まなくても雰囲気はだいぶ変わったと思うんだ
89 ななしのよっしん
2018/04/10(火) 14:20:07 ID: GW1T3OHd8F
何というか色々と惜しい作品
広大マップするオープンワールドアトリエっていうコンセプトは凄く良いのに

・折広大マップなのに、クリアまでの時間制限がやや厳しいせいでゆっくり隅々まで探索してられない
 今作こそ時間制限しが良かったのでは
・店で待ってるから来てね!⇒店に到着するころには閉店で入れない事が多発するくらい時間の流れがすぎる
 最初の町を端から端まで歩くだけで数日経過したのはさすがに引いた
・狙った素材を手に入れるのが手間、そのうえ量販店がいので素材管理がきつい
・コンテナ容量が圧倒的に足りない
・遠出が必要な場所の探索及び往復がダルすぎる。特に飛行船で行けない場所。
 せめてクリア後はどこでも一で行けるトラベルゲート的なものがあっても・・・
・絶対必要なかった熟練度システム。せっかくいた新アイテムも熟練度上げ作業をしないとまともに使えない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
90  
2018/04/15(日) 07:20:06 ID: wa7iM/FIFK
リディスーやって思ったけど、いろいろ問題点はあれど、やっぱフィリスが今シリーズ最高の出来だと思ったわ。
と言うかリディスーストーリー以外の問題点が多すぎる。
新機種マルチで工数取れなくなったのかマップ規模含むボリュームが大幅に減ったのと、Switchパリティグラフィックレベルが落とされて更に60FPSでなくなったのは最悪だった。
次回からこういうのホント勘弁してくれ。