八男って、それはないでしょう!単語

ハチナンッテソレハナイデショウ

八男って、それはないでしょう!とは、Y.AによるWeb小説およびライトノベル作品である。

イラストちょこが担当。

概要

2013年6月より、小説投稿サイト小説家になろう」にて連載開始。

2015年12月現在、同サイトにおいて累計ランキング3位、累計アクセスは1億7千万を突破している。

2014年4月にはMFブックスより書籍版第一巻が発売された。

あらすじ

ある日の商社マンだった一宮を覚ますと、見知らぬ世界貧乏貴族バウマイスターの八男ヴェンデリンの体に憑依(転生)していた。八男である彼は、ただでさえ貧乏な領地を継げないどころか、15歳になると自立して屋敷を出て行かなければならないという厳しい環境に立たされていた。
しかし幸いなことにヴェンデリン魔法の才に恵まれており、冒険者になる為に修行を積んだ結果、魔法使いとして類稀なるを持つようになった。その後成り行きでドラゴンを倒し、国王から準男爵爵位大な褒賞を授かったが、そんな彼のを付けた貴族たちの謀略に否応なしに巻き込まれていくことになる――。

登場人物

ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターの記事にも登場人物は記載

ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター
本作の主人公一宮憑依(転生)した少年称は“ヴェル”。
地の貧乏貴族の出だが、魔法の才に恵まれた為冒険者を志すようになる。
トラブルに恵まれやすい体質なのか、次々と振りかかってくる厄介事を魔法で解決していく内に、強を持つ大貴族として名を馳せるようになった。
エリーゼ・カタリーナ・フォン・ホーエンハイ
本作のメインヒロイン色のアメジスト色の瞳を持つ、聡明で心優しい少女
治癒魔法の扱いに特化しており、その美貌と相まって“ホーエンハイムの女”という二つ名で呼ばれている。
彼女の祖であり、教会の重役でもあるホーエンハイム枢機卿からヴェルの正室補として宛がわれることとなった。政略結婚という形ではあるものの、貴族らしからぬヴェルの人柄に次第に惹かれていくようになる。
エルヴィン・フォン・アルニム
冒険者予備校で出会ったヴェルの友人で、称は“エル”。
騎士の五男坊で実家からは味噌っかす扱いという、ヴェルと似たような遇にあったことから彼と意気投合し、親友になった。の才に秀でており、パーティーではイーナ・ルイーゼと共に前衛を担当している。
イーナ・ズザネ・ヒレンブラント
本作のヒロインの一人。燃えるようなが特徴の少女
槍術の使い手で、ヴェルエル、ルイーゼと同じ冒険者予備校の特待生クラスに所属していた。
幼馴染のルイーゼと狩猟の最中にの群れに襲われてしまい、危機に陥っているところをヴェル達に救われた。
容姿から強気な印を持たれやすいが、根は恋愛小説を読むことが趣味
ルイーゼ・ヨランデ・アウレリア・オーフェルヴェーク
本作のヒロインの一人。水色ショートカットで、小柄な体と幼い容姿が特徴の少女
「魔闘流」という近接格闘術を教える場ので、本人もその使い手。
ヴェルに助けられたことがきっかけで、彼のパーティー半ば強引に参加した。将来はイーナと共に妻にしてもらうべく、ヴェルに日々アプローチしている。
ブランターク・リングスタット
ブライレーダー辺境伯の下で筆頭お抱え魔法使いをやっている中年男性
元一流の冒険者で、ヴェルの亡き師匠であるアルフレッドの師でもあった。その縁でヴェルの面倒を見ることとなり、魔法の精密なコントロールなどを教えている。ヴェルの第二の師匠と言うべき存在。大の好き。
クリムト・クリストフ・フォン・アームストロン
ヘルムート王の王宮筆頭魔導士で、通称“導師”。
身長2m10、体重130㎏の筋肉に覆われた大柄な体と強面な顔付きが特徴。
“王の最終兵器”とも謳われており、おそらく作中最強魔法使い。ただし魔法を身にっての近接戦闘に特化しているため、外見も相まって全く魔法使いらしくない。
見た通り、放磊落で事を気にしない脳筋な性格。「某(それがし)」「~である」という独特の喋り方が特徴。
ヴェルの亡き師匠であるアルフレッドの友人で、ブランタークとも知己の間柄。
ヴェルブランタークと共に巨大老の討伐に成功しており、その後ヴェルとルイーゼに身体強化等の魔法を使った魔法格闘術の稽古をつけることとなった。ヴェルの第三の師匠と言うべき存在。
ちなみにとてもそうは見えないがエリーゼ叔父でもある。

関連商品

原作

コミック

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%AB%E7%94%B7%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%21

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

八男って、それはないでしょう!

48 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 21:22:42 ID: CxE7C2yWdR
>>45
8男である必要性なら実家からの支援がない裸一貫の成り上がりを書きたかったんだろう。幼少期から実家貧乏だってのは書かれてて、達には就労支援(王都への渡航費用のみっぽい)があったけど主人公にはそれすらなかったよ。冒険者学校の学費は特待生になって無料にしたよ
49 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 15:04:16 ID: QchEPhKAxg
八男である必要性は本編でかなり書かれてたと思うが
騎士の八男だけどギリギリ貴族だから貴族として扱われる&貴族としての義務がのしかかる
騎士の八男だから飲み騎士の子がとか割と馬鹿にされることが多いし、苦労をして周りの心よくしなきゃならないとか悲哀が書かれてたし
貴族と、貴族の子の違いなんかも書かれてたし>>44動画はちょいとクソって思い込みが先行しすぎてその辺読み取れてない
50 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 02:02:57 ID: ucYKQrGCmJ
>>44動画は楽しませてもらっているけどかなり本人の嗜好や偏見に左右されたレビューになっているからなあ、

スマホはそこまで悪くないけど百錬クソ
スライム倒して300年は面いけどリゼロは吐いた
ヒール肥溜めだけど賢者の孫はなろうの中では上澄み

まあ投稿さんも偏りのある感想だと自覚しているしだからこそ面動画になっているんだが
51 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 23:16:10 ID: IXfWUiBsAt
本妻子供長男、次男、三男、四男、五男、八男
レイラ子供が六男、七男、長女、次女だが、クラウスの方が有能かつ立つ内部の敵のような扱いが難しい味方なので空気兄弟クラウスの手下やおまけ扱いになってる(しかもヴェルハーレム愛人アグネスレイラ子供アグネスと名前が被った)

八男所か貴族社会は三男以降で対応が似たようなものだからな
貧乏貴族の場合、無能田舎貧乏貴族満足している小悪党な長男よりも予備で貧乏領土に縛り付けられる次男が一番不幸だった
(三男以降は実次第で出世できる可性があった)
ぶっちゃけた話、無能で小悪党な長男長男の失脚で正式にあとを継ぐ次男、思いの有能な五男、五男思いの主人公の八男がいれば最低限の本筋の話は回る
52 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 08:20:16 ID: xbE3g2wLfA
兄弟の方は「ちょっと多くない?」だけど
は間違いなく「多過ぎる」な
この作品はとにかくと女が転がり込んでくる作品だけど
あんな大量に出して結局管理しきれてないというね
53 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 20:20:16 ID: ucYKQrGCmJ
正直キャラ立ちや技自然に親密度を積み上げた経緯を考えるととして残すんなら エリーゼ ヴィルマ アマーリエ の三人ぐらいかな、あとは要らないや

領土経営の心とするならいかにも主人公にとって都合のいいキャラとして現れたローデリヒではなく、の為なら時には主人公をも利用するオーベルシュタインタイプキャラ立ちもしっかり行ったクラウスを宰としてむかえさせたほうが人材に厚みに説得を持たせられたと思う
そもそも武官としても文官としてもあれだけ有能なローデリヒが士官に苦労してバウマイスターでようやく士官できたうえ万執事として才が開するってめちゃくちゃ主人公に都合がよすぎる展開すぎて
正直ローデリヒのような、人格ともに問題ない面味のないキャラを出すよりクラウスのような有能だけどに一物ありそうな謀臣タイプを重用したほうが領としての主人公が上がったと思うんだが
結局はいまいち性格が好みではないクラウスを重用することはく相談役に留めたとあるがそれ以降クラウスの出番は特にない
クラウスのような頭のいいキャラ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
54 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 22:30:07 ID: JKxeHOdYWY
謀臣タイプクラウス老使ったら使ったで、話に面みがくなるような。
困難を魔法力技で解決して、たまにそれだけじゃ上手くいかないってのが醍醐味であって。
55 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 21:44:17 ID: QchEPhKAxg
物語的には増やしすぎってのは分かるけど
最強クラス魔法使い+超絶持ち+王で上位の権者って貴族視点で見るとむしろあの程度のの数で済んでるのが凄いなってなる
56 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 23:45:10 ID: xbE3g2wLfA
個人的な考えだけど
を多く囲うのって、年取ってから若い側室を多くらすってイメージがある
主人公がまだ若いのにあの数だからな
多分死ぬまでにの数3ケタ行きそう
57 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 00:07:43 ID: IXfWUiBsAt
そういえば漫画5巻にヘルター公爵という飛竜持ちの貴族がいたが、そいつでさえ24人の妻がいて、エリーゼ25の妻にしようと決闘を申し込んできたな(ホーエンハイムがエリーゼ殺しヴェルに進めた本当の理由でもある)
ヴェルハーレムゲットマスターになってweb版で打切り的終わり方をしたのはその阿呆貴族の所為だな
王道を外した王道という所がアニポケに似ているわ