ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター単語

ヴェンデリンフォンベンノバウマイスター
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターとは、ライトノベルコミックアニメ八男って、それはないでしょう!」の登場人物である。

概要

本作の主人公バウマイスター騎士八男
地球に居た青年一宮を覚ますと、何故か異世界の「ヴェンデリン」という名の少年憑依(転生)していた。
 (スピンオフにて元々のヴェンデリンの意識は入れ替わり一宮の体に憑依したことが判明したが、何故か「幼少期の信」に憑依している。主人公の記憶と矛盾するため、元の世界ではなく別の並行世界の信憑依したものと思われる。)

実家貧乏環境から脱却すべく、一の才である魔法を使って冒険者として活躍するはずだったが、振りかかってくる難題や事件を解決していく内に、いつの間にか王でも有数の大貴族へと出世した。

人物

身長15歳時点で175。焦げ色ので、容姿は均以上には整っている(イーナ談)。

性格は基本的にマイペースだが、政治的な話が絡んでくると慎重になる。師であるアルフレッドから課せられた訓練を毎日こなすという努な面もある。

基本的は女性には優しく、この手の主人公の常として雪だるま式に周囲に女性が増えていく。メインヒロインであるエリーゼと後にとなる「ある女性」に対しては特に情を深く持っているようだが、他のヒロインたちにも特にえこ贔屓せず、大事に扱っている。

ただ、自らが数多くの恵まれていながらもほとんどが政略結婚か、打算のもとに付いてきたが相手であり、いわゆる「純愛」「恋愛」には程遠いものである。また、前世である一宮としての人生でも、さすがに女性との付き合いの経験はあるものの、結婚を考えるほどの「恋愛」と呼べる関係に至ったことはない。

そのため、「幼馴染からの自然カップル」「リア充恋愛カップル」などに対しては異常嫉妬心をむき出しにすることがある。もっとも、たちとは例外なく順調にを育んでいることもあり、周囲からは「発作」としてギャグ的に処理されてしまうが。

かなりの食楽でもあり、地球の知識を使って世界日本食旋をを巻き起こしている。のちに日本に近い食文化を持つあると交流をもつことで、ますます日本食を広めていくことになる。

バウマイスター騎士爵家の家族構成

※年齢はヴェンデリン5歳(慎憑依した時期)の頃のもの。
レイラとその子は貴族としての格が低い為、本家とはほとんど交流がない。

来歴

幼少期(5歳~)

地球青年一宮が、騎士八男ヴェンデリン(5)の体に転生。
はヴェンデリン(以下ヴェル)として生きていくことを決意するが、バウマイスターの悲惨な財政事情や貧しい食卓絶望することとなる。年齢が大きく離れている為かたちとはほとんど交流がかったが、同ではひとつ上のエーリッヒから気にかけてもらい、仲良くなる。
魔法の存在を知ったヴェルは、水晶玉を使って自身に魔法の適性があることを確認。その後書斎魔法の教材書を読み漁り、修練に励んで中級までの魔法の習得に成功する。
から近隣のへの探索許可をもらい、上級魔法の習得を兼ねて狩猟生活に勤しむ。多くの野生動物プロでも仕留めるのが難しいホロホロ鳥を捕まえたりした為、食卓料理が賑やかになる。と同時にヴェル狩りの成果にアルトゥルは息子魔法の適性があったことを確信するが、ヴェル督争いに巻き込んで用な波を立たせない為にあえて気付かぬふりをした。

いつものように探索していたヴェルは、り死人(理性のある亡霊)のアルフレッドという青年と出会う。
魔法の達人であったアルフレッドから誘われ、ヴェルは彼に師事することとなる。それから2週間、ヴェルアルフレッドの下で魔法の基礎や応用を学びめきめきとをつけるが、理性を失う寸前だったアルフレッドヴェル卒業試験として魔法を習得させ、アルフレッド成仏させた(その際アルフレッドから遺産を譲り受けた)。

ヴェルが七歳の誕生日を迎えた頃、長男クルト結婚。それに伴い、三男パウル・四男ヘルムート・五男エーリッヒバウマイスター騎士から独立し、王都へと渡った。エーリッヒという一番の理解者が居なくなった為、異世界に転生して初めてのぼっち生活を強いられることとなった(しかしその後、クルトの妻であるアマーリエと打ち解けた)。
その後11歳に至るまで、飛翔魔法で各地を探索したり、狩りで小稼ぎをしたり、調味料を開発したり、臣である名クラウスの陰謀でお家騒動に巻き込まれそうになったりもしたが、12歳になり晴れバウマイスターを離れ、冒険者予備校への入学を果たした。

少年期(12歳~)

ブライヒブルクにある冒険者予備校入学。そこで騎士の五男・エルヴィン(以下エル)と出会い、友人となる。
エルと共に狩猟で資稼ぎをしていたところ、オオカミの群れに襲われていたイーナとルイーゼに遭遇し、彼女たちを助ける。その縁でエル・イーナ・ルイーゼとパーティーを組むこととなった。

ブライレーダー辺境伯ヴェル実家の寄親)から園遊会に招待され、そこでブライレーダー辺境伯アルフレッドの師・ブランタークと出会う。アルフレッドは先代ブライレーダー辺境伯のお抱えだった為、現ブライレーダー辺境伯の立会いの下、彼の財産は正式にヴェルへと相続されることとなった。その際アルフレッドの屋敷を譲り受けたので、パーティーメンバーと共に拠点を移した。

五男エーリッヒ結婚式に参加する為、パーティーメンバー+ブランタークと共に飛行船で王都に向かっている最中、アンデッド古代から襲撃される。これをヴェルブランタークの二人で撃退に成功し、同じ飛行船に乗り合わせた政商・アルテリオと知己を得る。王都に着いた後、付き添いのアルテリオと共に国王ヘルムート三十七世と謁見し、古代討伐の褒賞と準男爵爵位を得た(この時点で実家よりも爵位の高い身分となる)。

エーリッヒ結婚式が終え、王都の観光で一息つけるかというところに、国王から巨大な属性ドラゴングレーグランド」の討伐を命じられる。まだ未成年の冒険者見習いであるヴェルだったが、なまじ実があり且つ命だったので逆らえるはずもなく、ブランターク、王筆頭魔導士アームストロング導師と共に討伐に成功した。そして準男爵から男爵へと陞爵し、またも大な褒賞を得ることとなった。

以前成り行きで受けることになった本洗礼の為に教会に向かうと、教会の重役・ホーエンハイム枢機卿から孫のエリーゼを紹介される。ヴェル社交辞令とばかりに冗談混じりで彼女に欲しいと言ったところ、言質を取ったとばかりにホーエンハイム枢機卿は正式にヴェルエリーゼを婚約させることを決定した(この時点で既にホーエンハイム枢機卿は国王から婚姻許可を取り付けており、ヴェルの失言がくても婚約成立は避けられなかったと思われる)。
その後はエリーゼとの仲を深めたり、イーナやルイーゼとも婚約をしたり、アームストロング導師から稽古を付けられたり、胡散臭い不動産屋から瑕疵物件を紹介されたり、王貴族から決闘を申し込まれたりと色々あった王都での生活から3年が経ち、15歳になってついに冒険者デビューすることとなった。

成人後(15歳~)

パーティーメンバー回復魔法が使えるエリーゼが加わり、冒険者登録を行う。
ところがまたも王強制依頼により、冒険者デビュー戦は多くの行方不明者を出している封印遺跡の探索になった。
南役として同行したブランタークのサポートがあったものの、遺跡内で悪なドラゴンゴーレムから襲われた。その上に転移魔法陣によるにハマり、多数のゴーレム軍団を相手に数日にも渡る戦いを強いられ、全滅危機してしまう。死を振り絞って何とかゴーレム軍団を壊滅させたヴェルたちは、そこで魔導具関連の施設を発見し、約一週間ぶりに遺跡からの脱出を果たした。

から大な報(ryを貰った後、今度はブライレーダー辺境伯から魔のに巣食うアンデッドの浄化を依頼される。魔のバウマイスター騎士爵領内にあった為、進入許可を得る為に久しぶりの実家への帰省となった。
パーティーメンバー+ブランタークと共にバウマイスター騎士に辿り着いたヴェルだったが、そこでヴェルの躍進劇に嫉妬し当継承の座が危ぶまれると勘違いした長男クルトから憎悪の感情を向けられてしまう。
浄化作業は事に済んだものの、クルトによる暗殺の可性があるとして、エドガー軍務卿から彼の養女ヴィルマをヴェルの護衛兼側室補として宛がわれることとなった。
案の定ヴェルの命を狙ってきたクルトとその一だったが、協者から預かった魔導具により自滅し、当の座は次男ヘルマンへと移ることとなった。
暗殺未遂事件後、ヴェルはこれまでの功績により男爵から伯爵へと二階級陞爵することとなった。またバウマイスター騎士不始末を解決したとして、バウマイスター騎士爵領の未開地の大半をバウマイスター伯爵領として編入されることとなった。この時にヴィルマも正式に婚約者となっている。

未開地開発の傍ら、冒険者として魔の探索を行っていたところ、同業者のカタリーナという少女と出会う。
“暴”の二つ名で有名で実もあるカタリーナは、冒険者としてどちらが上か決めるべくヴェルに勝負を挑んできたが、結果は彼女の惨敗で、和解の後ヴェルパーティーメンバーとして参加することとなった。

その後の展開と、バウマイスター伯爵家の家族構成(130話時点)


   

 

注意 この項は、物語の重大なネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 


































カタリーナの冒険者としての行動原理は、没落した自らのヴァイゲルの旧領地と臣たちを養うことにあった。魔のの地下遺跡探索を通じてそのことを知ったヴェルは、ヴァイゲルの復に手を貸すことにする。色々考えた末にでた結論は、ヴェルがカタリーナをに娶り、生まれてくる子にヴァイゲルを継がせるというものであった。かくして、5人の婚約者が出来ることになった。

つづいて、ヘルマン騎士爵領において発生した反乱騒ぎをきっかけに、東のブロワ辺境伯の陰謀が明らかになる。このブロワブライレーダー辺境伯の紛争に加え、ブロワが危篤になったことによる息子兄弟の跡争いが加わり、情勢は混沌とする。

結局、末の庶子・カルラが手引したことで叔父ゲルトがブロワを継ぐことになり、一応この騒動は終わった。ヴェルはブロワから紛争賠償として未開のヘルタニア渓谷を得て、石のモンスターが闊歩するこの地域を魔法で開放。大な地下資(ry。なお、この時エルカルラしたが、カルラは騒動後と縁を切り、以前から交際と婚約をしていた男と一緒に立っていった。つまり、エルはしばらく立ち直れぬほどの大失恋をしたのである。

16歳となり、ヴェルはついに5人の婚約者たちと結婚式を上げた。当然、ヒロインたちは伽を重ねることになったわけだが、その中でヴェルと行為をした相手の魔が増大するという事実が発覚する。これが世に知られたら、ヴェルの貞操を狙いに魔法使いたちが殺到することになるのは火を見るより明らかだったため、関係者以外には秘密とされた。

そして、クルトの妻であったアマーリエは、実家マインバッハの領地を立てる約束で、ヴェルの「あてがい女」(つまり、行為の練習台)とされていたが、結婚後も関係は続くことになり、エリーゼら妻たちも黙認することになる。

アーカート聖帝への親善訪問の際には、選帝侯の一つであるフィリップの当、テレーゼに内縁の夫の補として見初められてしまう。しかも、時を同じくして起こった選帝侯の一人であるニュルンベルク公爵が起こした反乱に巻き込まれ、彼らが発動した「移動」系魔法の妨装置によって「瞬間移動」や「飛翔」、「通信」を使用できなくされてしまう。

これで王に帰るどころか連絡すらも満足に取れなくなったヴェルは、テレーゼの率いる解放軍に傭兵として加わり、妻たち、エルブランターク、アームストロング導師とともに1年にも渡る戦いの日々を過ごすことになった。途中、野戦の舞台となった地域での巡回看護でエリーゼが村長から孤独少女、フィリーネを引き取る。このは実はブライレーダー辺境伯の隠し子であることが判明するのであった。

敵の「英霊召喚」によってこの世に再臨した師匠アルフレッドとの再会と戦などを経てついに都に到達するものの、策略により第三勢との着状態に陥ってしまう。王へ帰還するために帝国内乱を一刻でもく終わらせるべきという王貴族としての判断から、ヴェンデリンフィリップを見限り先の三男ペーターを擁立。ニュルンベルク公爵を打倒し、新たな皇帝となったペーターからは、帝国での名誉伯爵称号と膨大な報奨(ry。ようやくバウマイスター伯爵領に帰還したが、フィリップの当の座から退いて隠居の身となったテレーゼがついてきてしまった。なお、失恋の傷の癒えたエル帝国内の独立であるミズホサムライガールハルカと出会い、後に結婚まで至ることになる。

日常をとりもどしたヴェルたちは、今度はバウマイスター騎士爵領とブライレーダー辺境伯領を隔てる山脈に、古代文明時代の遺産であるトンネルが存在することを発見する。トンネルそのものは土砂に埋まっている両入口付近を発掘すれば、すぐに使用可だった。だが、ブライレーダー辺境伯領側入口が、実はオイレンベルク騎士爵領にあったことが判明。事態が一気にややこしくなってしまう。

オイレンベルク騎士爵親子は、膨大なトンネル利権を欲せず、これまでの農耕による生活を続けることを望む。だが、そこで現れたのはオイレンベルク騎士爵のであり、冒険者としてヴェルたちとも知己であったカチヤである。彼女実家の躍進の種になるトンネル利権を惜しがり、自ら婿をとって引き受けると言い出した。

カチヤは王都で武芸大会を開き、その中で「自分より強い貴族独身男性」が現れたら婿とするという。だが、そんな都合いい人物は結局現れず、王の勅命によってヴェル彼女と勝負する流れになった。カチヤはヴェル敗。6人の妻となった。こうしてヴェルトンネル利権(ry

今度は凄腕でイケイケの冒険者「ブリザードリサ」がカチヤの噂を聞きつけてやってきた。彼女はカチヤが以前より魔が増えていることに感づくが、それを追求されまいと煽りまくったテレーゼとの間で諍いとなり、一ヶの後に魔法勝負となった。戦いはリサの圧勝となったが、結局行きがかり上ヴェルとの勝負となった。その時のアクシデントで裸を見られてしまったリサは、実はとんでもなく地味コミュ障本質明らかになり、責任を取る形でヴェルが7人の妻とすることになった。

…と、ここまでが130話時点までのあらすじである。130話でついに父親となるヴェルであるが、その時点の家族構成をここに記しておこう。

ヴィルマ、カタリーナはイーナ、ルイーゼより後に婚約したが、貴族子女であるため陪臣である2人より序列が上となった。カチヤの扱いは不明。

2人は柄等に問題があるため、関係を表していない。公式な身分はテレーゼ居候アマーリエはメイド長

関連商品

原作

コミック

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター

1 ななしのよっしん
2015/12/31(木) 16:03:57 ID: et+JXnHi3l
何が彼の背を押した?
2 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 17:12:11 ID: BzKhqNkMvp
アニメ化の可性が出てきた記念なのかヴェンダリン一宮憑依した話が連載開始になったな。
異世界転生か、異世界憑依か不明だった部分が異世界憑依と正式に判明したが、一宮25歳→ヴェル5歳ヴェル5歳一宮0歳との憑依時期がずれている為、一宮のいた地球とは違うヴェル憑依した一宮が存在するパラレルワールド地球に飛ばされた模様。
本物のヴェル5歳の時点でかなり頭がよく一宮として生活している。
3 ななしのよっしん
2020/03/21(土) 08:31:47 ID: Qe2cIVNpk0
>>2
世界跨いでの君の名は。
4 ななしのよっしん
2020/06/11(木) 22:04:08 ID: YiSnkvFq3f
>「幼馴染からの自然カップル」「リア充恋愛カップル」などに対しては異常嫉妬心をむき出しにすることがある。もっとも、たちとは例外なく順調にを育んでいることもあり、周囲からは「発作」としてギャグ的に処理されてしまうが。


そこまでしてやっかむ姿勢を取ってる時点で、彼が如何に面倒臭いキャラであることが、ひしひしと伝わってくる('';)
5 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 16:18:37 ID: K+aQ7MyxZ+
>>4
まだ面倒くさいだけなら笑えるがみそっかすで両人の了承も得ずに嫉妬心でくっつけようとしたのは本気で引いた
しかも男の方は妊娠中の妻がいるのに全くそちらのメンタルに全く配慮していないし
6 原作もアニメも、問題大有りって、それはないでしょう!
2020/09/11(金) 01:45:28 ID: YiSnkvFq3f
その男って、のことを言ってるの?
7 ななしのよっしん
2020/09/16(水) 12:55:57 ID: K+aQ7MyxZ+
>>6
カチヤのファイト
ファイト本編では妻以外の女性はいらない、他の女をあてがわれるぐらいなら貴族の地位を捨て駆け落ちするとまで言っただったがみそっかすで主人公が両人の気持ちを確認さえせずギリギリまで秘密にしてくっ付けた、ちなみにファイト本妻妊娠中という不安定な時期なのに彼女メンタルに全く主人公は配慮していない
8 ななしのよっしん
2020/09/19(土) 17:29:35 ID: YiSnkvFq3f
>>7

そうなる前に、ファイトマリタに駆け落ちに入り、1ヶ過ごさせた方が良かった。

こういう時のために、駆け落ちが必要なのに、惜しいことしたと思う。
9 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 11:40:16 ID: YiSnkvFq3f
嫉妬心から、ギャンギャン恨み辛みをぶちまけていたからね。

結局、女性に集中火を浴びせられたことで、ファイトマリタの結婚を渋々認めたけど、内心ではその後も2人に嫉妬し続けていたから、あんなことしたのかも。

ただ、エル正妻ハルカと楽しんでいたり、彼に幼馴染がいたというだけで、異様なまで敵意と憎悪を剥き出しにしてる時点で、心が貧しすぎる。
10 ななしのよっしん
2021/02/20(土) 23:24:13 ID: YiSnkvFq3f
>>4

そこまで底的に毛嫌いしてるのなら、冒険者予備校で臨時講師をしてた時、どういうの吹きまわしで、わざわざ学園祭と修学旅行を自ら実施したんだ?

万が一それで生徒の中に、リア充カップルが誕生したら、どうすんだよ┐(´д`)┌

おすすめトレンド