星をみるひと単語

672件
ホシヲミルヒト
9.6千文字の記事
  • 50
  • 0pt
掲示板へ

「ねつが でて くるしい」

星をみるひととは、1987年10月27日(同年11月18日説もある)にHOT-B(ホット・ビィ)から発売されたファミリーコンピュータソフトである。
同じくHOT-Bの発売した「サイキックティ」の続編にあたるゲームだが、世界観は別となっており、ストーリー上でのつながりはい(ロングジャンプの登録ほか、システム面における続編といった扱い)。

なお、HOT-Bはこれを出した6年後「バズー!魔法世界」というソフトの発売翌日に倒産した。

概要

退廃的な近未来舞台にしたSF物のRPG
じゃんく に とつぜん であった。 勧善懲悪から外れたストーリー選択肢によって変わるエンディング、当時としては非常に画期的なシステムや、評価の高いBGMなどを備えていたが、それら好評価を覆すほどのゲームバランスの悪さと操作性の悪さ、「かりう」に代表される独特のひらがなセンスにより伝説のクソゲーとしてられている。

ファミコンソフトの中でも異を放っていたソフトだったためカルト人気があり、後に有志によって本作をリスペクトした「STAR GAZER」という同人ゲームが頒布されている。

また2015年には「STAR GAZER」にを受けて作成された「ロマンシングステラバイザー」が頒布され、「フリゲ2015 あなたが選ぶ今年のベストフリーゲーム」で13位に入る健闘を見せた。

2013年2月にはシティコネクションが「Rom Cassette Disc In HOT-B」としてサウンドトラックリリース。「バズー!魔法世界」などのHOT-Bの他作品のBGMも同時収録されている。2015年にはAmazonなどでDL販売も開始。

2016年に本作の版権がスターフィッシュエスディ(HOT-Bのスタッフ倒産後に設立したとされる会社)からシティコネクションに売却された。

発売から33年経った2020年5月1日シティコネクションよりNintendo Switch向けの配信が発表された。配信は同年2020年 7月30日〔木〕。壁紙用のイラスト応募や、参加企画も予定されている。
Nintendo Switch版では、
・ZRボタンを押している間、移速度が2倍になる「さいこうぉーくサイコウォーク)」、
・ZLボタンゲームの進行を巻き戻す「さいこりばーすサイコリバース)」、
・どこでもセーブロードができる「
さいこめもりーexitサイコメモリー」、
レベルや所持ゴールドアップした状態でゲームを始められる「にゅうがめぷらすNewGAME+ / ニューゲーム+)」と、ゲームの進行を助ける新機が追加されている。

さいこめもりーに関しては3つまでセーブデータが作れる。つまりパスワードが不要となる!

ストーリー

※ 以下の内容はゲーム開始までに一切説明されません。
  説明書にしか書かれていないので、説明書なしの中古品だとネット等で調べないと知る方法がありません。

巨大都市アークティ」では、「クルーIII」という巨大コンピュータが全てを管理していた。
そのコンピュータの管理は人々の心の中にまで及んでおり、ほんの僅かでも都市の管理にとって不都合な思考が芽生えた場合、即座にマインドコントロールによってその思考は消され、い思考に書き換えられていた。
このマインドコントロールによって、人々はクルーIIIに管理されているということすら記憶から消し去られ、何も知らずに暮らしていた。

しかし人々の中にはこのマインドコントロールを受け付けない者達が居た。
クルーIIIはこれらの人間を「サイキック」と名付け、あらゆる手段を用いてサイキック狩りを始めた。
これによって多くの人々が捕らえられアークティに連れ去られてしまっていた。

主人公少年みなみ」は、気がつくとそこにいた。自分が何者なのか、ここはどこなのかも分からなかったが、ロボット異形生物、軍隊が列を成して自分の命を狙う。それは、みなみサイキックに属するからであった。

注:本ゲームには「ESP超能力)」「サイキック」という言葉が登場するが、「サイキック」は通説の「超能力者」というより上記の通りマインドコントロールを受け付けない人間全般をし、両者は明確に区別されている。

登場人物

みなみ
本作の主人公。「ぶれいく」のESPを最も得意とする。
得意ESPの関係で攻撃用ESPを多く覚えるため、終盤では戦闘の中心となるキャラクター
特に最上クラスの攻撃ESPは彼専用であり、与えるダメージの大半を担うことになる。
しば
2番仲間になるキャラクター。「じゃんぷ」のESPを得意とする。自分や敵や熱や空気など色んなものをテレポートさせまくる。また、フィールド上で予め登録した場所にワープする「じゃんぷ」のESPコマンドは彼専用。また状態異常を治療できる一のESP「にゅうえあー」も彼専用のESP。
なお、「みさ」と違って知らない人が多いが、しばも仲間にしなくてもクリア。しばが居ないと通過出来ない(飛び越せない)地形はあるが、その地形はぶれいくで破壊する事も可なので必須ではない。
あいね
どの場合)3番仲間になる女性キャラクター。3番でも隊列は4番に入る。
「てれぱし」のESPを得意とし、最強ESP「でふまいんど」「ばどてれぱし」は彼女が覚える。特に後者彼女専用。
また、終盤において必須の会話にてれぱしレベル5以上が必要であり、てれぱしレベル5彼女しか習得しないため、仲間にしないとクリアできない必須キャラ
みさ
最後に仲間になるキャラクター。だが、どの人は仲間にせずに終わることがほとんど。
「しーるど」のESPを得意とする。仲間にする手順が非常に複雑な上に、しーるどのESPが必要になる場面が特にいために仲間にしなくても大して問題がキャラクター。必要になる場面はい訳ではないが、ダメージ床のダメージを軽減するだけであり、レベルが低いだけで他のキャラでも出来る事である。
というかダメージ床を避けて歩く事も出来る。
「じゅくれんど」(物理攻撃に相当)が一番伸びるという特徴があるが、終盤では最強武器を持ってもろくにダメージが通らないため、ESPを連発するみなみべれば微々たる攻撃にしかならない。
「でふまいんど」を習得するため、いないよりは戦になるのは間違いないが…。
ちなみにフィールドでのESPコマンド3種のうち、みさも「ぶれいく」を使う事が出来る。
まむすののしーるどの人
町の南端の建物にいる人。傷を治してくれる宿屋代わりの人。「しーるど」の者とは本人の談。
なお、こちらのメンバーで実際にHP回復ESPを覚えるのは「しーるど」のみさではなく「てれぱし」のあいねである。
でうすのじいさん
ねつが でて くるしい。だがなぜか屋外を歩きまわる。
かつまたいさ
かつま大佐。「かつまた」ではないので注意。ゴールドIDカード無限にくれる。

良点悪点

ダメな所

良い所

パスワード入力画面(星をみるひと)
967
タイトル画面(星をみるひと)
14245

雑誌での扱い

星をみるひとの「謎」

出入り口の謎

先述の通り、このゲームでは町やダンジョンから出ると入ったときとは全く違う場所に放り出される事が多々ある。
原則として、MAPの外周から外に出たときに、それまで居た場所のエリアに応じて一特定の場所に飛ばされる。
MAPの外周から外に出るしか別のMAPに行く手段がないMAPの場合、どうあがいても特定ポイントに飛ばされるしかないという事になる。MAP内の階段や建物入り口などの、別エリアに行くためのポイントを通ってMAPを移動する場合はきちんと対応した行き先に飛ぶ(例外あり)。

MAPの外周から外に出る事が出来ないMAP割愛
なお、この「飛ばされる先」は「てれぽーと」で失敗して飛ばされてしまうポイントでもある。

MAP外周に出るパターン以外で繋がりがおかしい例外として、はじめの世界の「発電所」は北側入り口と南側入り口が存在するが、北から入ってすぐにそこから出ると南に出る。
逆もまた然り。当然、北から入って発電所の中を通り抜けてもう片方の出入り口から出ると北に戻される。

「かりう」の謎

戦闘で一部の敵が「かりう」という物を投げてくることがある。
これを浴びせられると病気になって一切行動できなくなり(ドラクエでいう麻痺)、自然回復もしない上に「全員病気全滅」といった措置もないため、全員病気になってしまうと主人公たちが殺されるまで延々リンチされる様を見せつけられるという、割と深刻な状態異常である。序盤のザコさえもかりうを投げつけてくるため、序盤や一人旅のときはこれ一発であっさりやられることが多く、終盤はこちらのHPが膨大なので全滅までに凄まじく時間がかかる。「かりう」で負けが確定したら、さっさとリセットしよう。

触れると「体中に寒気が襲う」とのことだが、「かりう」自体が聞き慣れない言葉なのでどんな物体なのかである。
さらまんどが投げるので「火竜」という説や「ナトリウム-カリウム」というexitもあるが、火竜では寒気がするという文の筋が通らず、ナトリウム-カリウムは腐食性がある上大気に触れると大爆発して炎上するため、どちらも「病気で死ぬまで麻痺してしまう」説明がつかない。つまり訳がわからない。

ちなみに薬剤師に作ってもらえるが、自分で使うとどうやらこれも扱いらしく自分で飲んで病気になる。
シャドウゲイト」に通じる自爆ぶり。「顆粒(かりゅう)」だろうか?

武器の謎

最初の町には30ゴールドで買えるお手ごろな「れいがん」から、300ゴールドする「らぐらんじゃ」まで売っているが、「まずはお手ごろ価格の武器を買ってレベル上げをしよう」などと考えるとゲームが詰んでしまう場合がある。

このゲーム素手の時と武器を持っている時のダメージ計算が異なる。
素手の時は関わらず与えるダメージは常に0~3の間でランダム。こちらのレベルが上がっても増えない代わりに、相手の防御にもされない。一方武器を持つとこちらのレベル武器の攻撃に応じてダメージが増えるが、相手の防御によってダメージが減らされる。

つまり武器を持っていると相手によっては何回攻撃しても全くダメージを与えられないという状況が発生し得るが、レベルが低いうちに弱い武器を装備してしまうと、序盤の雑魚相手でも1ダメージも与えられなくなる。
ドラクエメタルスライムのように1ダメージ当たる事もある、と言った切な事はなく、攻撃が足りなければ永遠にミス。先述の通り武器は新しい武器を買う事によってしか装備変更出来ないが、この状態に陥ると外で戦ってお金を稼ぐ事も出来なくなる。つまりゲーム終了。

おこゲームの敵の強さは順番に強くなっていくのではなく、ゲーム全体で3段階しかない
つまり特定の場所から急に敵が強くなるので、十分なレベルがあっても武器を装備していると敵の強さが1段階上がるといきなり敵にダメージが通らなくなる。
例えば、順当にゲームを進めていくと2段階の敵が出る場所に最初に行くのはレベル10弱だが、武器を持っていると、その時点で手に入る最強武器「らぐらんじゃ」を以ってしても、レベル14~15くらいないと2段階の強さの敵には全くダメージが通らない。
弱い敵と戦って稼ぐ事は出来るので詰みではないが、物凄い時間をかけて延々レベリングをしないと先に進めなくなるため、順当にゲームを進めたいならば最終段階の敵を倒せるようになるまで武器は何も装備してはいけないという事になる(順当に、と言ってもHPの高さに物を言わせて0~3ダメージでちくちくと攻撃し続ける戦闘とレベリングとどちらが楽かという問題があるが)。

サイキックたちの出自の謎

本作のプレイヤーキャラ一行は、基本的に「クルーによる排除の対にされているサイキック達」以上の身の上はほぼられていない。ただ、そのあたりについての示唆とも取れる要素はゲーム中にいくつか存在している。

例えば主人公一行の名前はいずれも何らかの数字語呂合わせ外国語訳(みなみ373、しば→48、あいねEine(1)、みさ→33)とも解釈できるものになっており、特に終盤のキーキャラクターとなるあいねには「1」という特殊な数字が当てられている。また、レベルに応じて子供から成長していくグラフィックは「短期間に急成長している」ようにも見えるし、主人公であるみなみ過去について「記憶喪失」ではなく「過去記憶ない」という表現が使われたりもしている。

これらの要素から「主人公たちは人工的に生み出された存在で、あいねはその中の成功例なのではないか」と考察するプレイヤーもいる。ただしこれはあくまでこまごました要素を拾い上げて推測しているだけで、公式に言及があったりしたわけではないことには留意する必要がある。正直、いわゆる「メリケンサック説」と大差ないレベルの話ではある。

バッドエンドの分岐について

最後のエンディングの分岐においてある項を選ぶと、ラスボスとの戦闘になるかと思わせておいて強制バッドエンドになる。これについては、DQ1の「世界の半分をやろう」的なトラップを狙ったものというよりは、単に容量や開発期間の不足などで最終ボスとの戦闘が省かれてしまっただけである可性がある。

なぜかと言うと、この強制バッドエンドではラスボスと戦いはしたが負けてしまったという事がられているが、そう選択した上でなお戦って勝ったという4つエンディングが未使用データとしてROM内に残っているからである。

説明書に関する誤報?

以前、当記事では「数々の理不尽な仕様の理由」と称し、「最初の町(まむすのむら)がスタート地点のすぐ左にあって不可視である事」が説明書に「きちんと書かれている」と記されており、この仕様が意図的に仕込まれたマニュアルプロテクトである可性が摘されていた。

だが、2023年7月に、「Nintendo Switch版では説明書のスキャン画像が閲覧できるが、その説明書内に上記のような「最初の町の位置」の内容は含まれていない」という摘が以下の動画でなされた。

さらに続編の動画では、「ファミコン版の説明書のスキャン画像をアップロードしていたファンサイト「星をみるひと非公式ホームページexit」(消滅済)のインターネットアーカイブexitを確認したところ、そちらでも掲載されていなかった」との内容がられている。

つまり、どうやら「最初のの位置はちゃんと説明書に載っている」という説は「記憶違いか何かによる誤り」だったという疑いが濃厚であるようだ。「疑い」であって断言できないのは、「出荷時期などによって説明書にもバージョン違いがあって、そのことについて記載されたバージョンの説明書もある」という可性が否定はしきれないため。ただし、そういった説明書が実際に発見されない限りは、基本的には「誤りの可性が濃厚な話」と扱っておいた方がよいだろう。

上記の動画が「この説明書に書いてあるって話は誤りじゃね?」と摘した最初の例というわけでもなく、Twitter上では2012年には既に「説明書を読んだはずだがそんなの書いてあったかな」といぶかしんでいる[1]人がおり、2017年には「誤報」だとして憂いている[2]人もいたようだ。

さらに、この「最初のの位置はちゃんと説明書に載っている」説の最もい記載例を探してみたところ、ニコニコ大百科の「星をみるひと」の記事(そう、あなたが読んでいるこの記事だ)の2011年6月16日の編集による追記が、発見できた中では最初の例だった。今後より以前の例が発見できない限り、どうやらこの記事がこの誤報の震源地ということになってしまうのかもしれない。てへぺろ

ちなみに、最初のの位置の件と同様に「きちんと書かれている」と記されていた「パスワードで再開すると一定以上のお金経験値くなること」については、確かに「ごーるどは、おおくて255ごーるど()かれます。けいけんちは、おおくて3()かれることがあります。」との記載が説明書内にあるようである。[3]

ただ、「ゲームを再開するだけでお金経験値が減ってしまう」という仕様は、プレイヤーからすれば先に教えられていたところで対処のしようもないし納得もしがたいことであり、理不尽であることには何ら変わりがない。これをもって「意図的なマニュアルプロテクト」と解釈するのは理があるだろう。

関連動画

プレイ動画・実況

TAS・RTA

BGM・データ集など

関連商品

関連項目

関連リンク

余談

……とまあ非常に難の多い本作ではあるが、そのった部分に魅を感じる人間も少なくない(冒頭でも言及されているが、挑戦的な世界観やストーリーマルチエンディング、画期的なシステム、評価の高いBGMなど)。

しかし、それらをまとめて台しにする、ゲームバランスと操作性の悪さ。ではどうするか?
ならばその悪い部分を、すでに高い評価を得ている別のRPGのものに変更すれば、良い部分を残しつつ悪い部分だけを善することが出来るのではないか……と作者の方々が考えたのかどうかは定かではないが。

しかし、そのやり方で「星をみるひと」を同人ゲームとしてリメイクしたものがある。しかも2つ。

2004年には「Sa・Ga2 秘宝伝説」の操作システムを用いた「STAR GAZER」が、2015年には「サガフロンティア」「アンリミテッド:サガ」などの操作システムを参考にした「ロマンシングステラバイザー」が、それぞれフリーソフト同人ゲームとして開されている。

それぞれのゲームの詳細については、対大百科記事の方を参照して欲しい。

脚注

  1. *Shrike」(@shrike0366exit)氏によるツイートexit
  2. *かげろう」(@kagelou_kagerouexit)氏によるツイートexit
  3. *上記の「星をみるひと非公式ホームページ」のインターネットアーカイブexitに残る説明書9ページ目のスキャン画像exit、「GSY-TKS」(@Gsy_Tksexit)氏による説明書の画像付きツイートexit、「すみのふ」(@goroundhurry11exit)氏による説明書の画像付きツイートexit、「ろく」(@roku666roku1exit)氏による説明書の画像を掲載したnote記事exit)

【スポンサーリンク】

  • 50
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

ブルーアーカイブ -Blue Archive- (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: さん
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

星をみるひと

422 ななしのよっしん
2023/12/18(月) 23:09:19 ID: 5XNdPeKAl2
タイトル画面のだけじゃない。このゲーム全部音楽がめっちゃ良いよ
👍
高評価
2
👎
低評価
0
423 ななしのよっしん
2023/12/22(金) 03:18:10 ID: JuQ74K9P3U
説明書に関する誤報の部分、途中から文章がウザくなってるのはなんかのネタなのか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
424 ななしのよっしん
2024/01/03(水) 01:57:23 ID: CDdV/fT8mV
このゲームBGM、凄くいいし個性も感じるけど
作曲したのか不明なんだね
同じ人が作った曲をもっと聴いてみたいけど今なお不明ならもう判明することはないのかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
425 ななしのよっしん
2024/01/05(金) 08:31:02 ID: 3YIw69Y0fD
町の曲のてーてれーててーてれーてれーの部分同じアホなら踊らにゃそんそん感がして好き
👍
高評価
0
👎
低評価
0
426 ななしのよっしん
2024/03/17(日) 00:04:17 ID: pRnwwz7b+l
いや、BGMクソだろ
BGMが良いって言ってるファミコンの音が好きなだけ
👍
高評価
0
👎
低評価
4
427 ななしのよっしん
2024/03/17(日) 00:26:30 ID: aKNmNWAwpm
エアプタイトル画面も見ないしとパスワードもしないからな
👍
高評価
3
👎
低評価
0
428 ななしのよっしん
2024/03/23(土) 02:22:44 ID: pRnwwz7b+l
>>427
エアプ?そもそもプレイしたなんて言ってないけどw
クソみたいなBGM聞きながらRPGなんて出来ないよw

曲を限定しちゃった時点で大半の曲はゴミってもう認めてるよなw
その2曲もはっきりいってストレスく聞けるレベルなだけのゴミだけどね
ウィザードリィとかドラクエとかとべてどう思ってるの?
というか、同時代に出た全てのファミコンゲームべてもBGMは下の下でしょ。
同じくHOT-Bから出たゲームなら武田信玄2とかはどう?
こんなゴミゲーのクソ音楽持ち上げてるが聞いたら感動して卒倒しちゃうんじゃない?

この手のクソゲーBGMを過剰に持ち上げるってヤンキーがたまにちょっと良い事したら過剰に聖人扱いされるのと同じ。
ちゃんとしたBGMを作ってる他のファミコンゲームに対して失礼なんだよ。
👍
高評価
0
👎
低評価
6
429 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 22:19:29 ID: 9ciVA473Zc
プレイヤーキャラが見た進化するっていうのはなかなか面い試みだったかもしれん
ポケモンを先取りしてる
プログラマーって大事だよなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
430 ななしのよっしん
2024/04/03(水) 23:37:54 ID: aKNmNWAwpm
>>428
そんな腐りきった認識で何かを較すること自体が全てに失礼だ
潰してとも関わらずに引きこもってろ
👍
高評価
2
👎
低評価
0
431 ななしのよっしん
2024/04/04(木) 20:04:59 ID: HNttG3Fsou
BGMがいいクソゲーといえばサンリオタイムネットだが、星をみるひとはまあ並なんじゃないかな…プログラムが悪すぎて相対的によく見えるだけで
👍
高評価
0
👎
低評価
1