義経(大河ドラマ)単語

ヨシツネ

義経(大河ドラマ)とは、2005年に放送された第44NHK大河ドラマである。

概要

1966年に放送された大河ドラマ源義経」以来となる、義経主人公にしたものの大河ドラマ演はタッキー滝沢秀明。「源義経」が純義経の一生を描いたのに対して、本作は宮尾登美子平清盛などの人物を新解釈で描いた「宮尾版物語」を原作にしていることからも分かるとおり、平清盛をはじめとするの描写の重がかなり高くなっている。

物語の大きな軸として、清盛が側室に迎えた常磐の連れ子となった若(義経)と親子のようなで結ばれるようになり、義経は幼き頃に清盛から聞かされた「新しき」をすために戦い続けるというコンセプトになっている(清盛が持っていた福原の都の完成予想図の屏が重要なキーアイテムとなって、終盤まで登場する)。

しかし、の描写にを入れた反面、肝心の義経の活躍場面が大幅に削られてしまい、義経を描きたいのか、清盛を描きたいのかという、中途半端でどっちつかずな印を与えてしまったことは否めない。また、永井路子や司馬遼太郎から「義経軍事天才だが、政治的には無能」と酷評されていることもあり、義経の考える「新しい」が最後まで抽的で伝わりにくかったという点もある。

義経に関わる登場人物のキャラクターは、クレジットでは資料提供となっている村上元三の小説源義経」(1966年大河ドラマ原作小説)をほぼそのまま踏襲しており、こちらもまた事実上の原作と言える(義経幼馴染うつぼの存在や、伊勢三郎に似た顔のムードメーカーであることなど)。

キャストは後述の通り、NHK連続テレビ小説ヒロイン経験者が多数出演している他、若手アイドルからベテランまでバランスの良いキャスティングとなっている。特に常磐御前を演じた稲いずみの美しさは絶賛され、それまでトレンディドラマの出演が多かった稲はこれ以降、「篤姫」の山、「八重の桜」の照など、大河ドラマで多くの当たり役を演じるようになった。また、義経少年時代を演じた神木隆之介は、7年後の2012年に放送された大河ドラマ平清盛」で、成人した義経役を演じている。また、大河ドラマの常連俳優でもあった大御所俳優丹波哲郎は、本作が大河最後の出演作となったが、放送時には肺炎の病状が進行してがげっそり痩せこけてしまい、ファンに衝撃を与えた(この翌年、丹波は霊界へと立っていった)。

なお、本作が放送される直前には、うつぼ役の上戸彩が出演したオロナミンCCMでは、滝沢若丸に扮して登場するバージョンテレビに流れて話題となった。

伝説の最終回

本作のチーフディレクターである黛りんたろう作曲黛敏郎息子アニメーターりんたろうとは別人)は、大河ドラマ秀吉」や連続テレビ小説すずらん」できらびやかかつ幻想的な演出を手掛けている。本作ではこうした演出がさらにパワーアップしたのだが、ウィキペディアではべた褒めしているのに対して、ネットでは賛否両論が耐えなかった。五条大橋の対決のバック明らかに巨大すぎる義経の八艘飛びで飛び散る砂義経を追いかける平知盛くらましにするため、部下の喜三太がばらまいたという演出)、静御前が鶴岡八幡宮で舞うと吹雪のように降り注ぐ紅葉、といった具合である。

その中でも、義経が衣の戦いで自害するクライマックスの場面。義経に首を当てて自害したその間、立てこもった持堂が突然爆発したかと思うと、持堂から天空に向かって吹き出し、オープニングに登場する義経の魂らしい)がいななきながら、を掛けていくというものであった。あまりにもシュールな展開に、多くの視聴者が呆気にとられて、当時の2chなどでは格好のネタになり、俗に義経ドッカーンと揶揄され、その様子を再現したAAまで作られた。一方、弁慶の立ち往生は、演じた松平健の顔写真を貼り付けたりぼてに、矢が突き刺さるという妙にしょぼいものであり、この落差がさらに拍を掛けたのは言うまでもい(「源義経」の緒形拳や、「武蔵坊弁慶」の中村吉右衛門がそれぞれ演じた弁慶の最期が壮絶な名シーンだけあって、期待していたファンの失望も多かったらしい)。

この最終回がどんなものだったか、以下のリンク先exitを見ればおのずから理解できるだろう。

スタッフ

キャスト

朝ドラヒロインだらけの大河ドラマ

大河ドラマでは、その少し前に連続テレビ小説ヒロイン役でブレイクした女優を出演させるケースがよく見られるが、本作では朝ドラヒロイン経年者が7人も出演しており、これは歴代大河で最多となる。但し、尾野千子とマリ演した「カーネーション」は本作の6年後に放送された作品であり、「カーネーション」でブレイクした尾野は当時、まだ知名度の低い若手女優であった。

義経の配役 朝ドラ演作(主人公の名前)
戸田菜穂 ええにょぼ(朝倉希)
中江有里 門院滋子 走らんか!(今宮美
高野志穂 まごめ さくら松下さくら
中越典子 建礼門院徳子 こころ末永こころ
石原さとみ てるてる家族岩田子)
尾野千子 カーネーション小原糸子)
マリ 丹後局 カーネーション(晩年の小原糸子)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BE%A9%E7%B5%8C%28%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

義経(大河ドラマ)

1 ななしのよっしん
2014/08/07(木) 13:36:45 ID: SqqtJTe2hm
どう見てもファンタジーだけど、全てにおいて霊が行きかうファンタジー平安時代としては
実に適切な描写であったと評価している
特に遮那王の修行時代が好きだ
2 ななしのよっしん
2014/09/06(土) 04:51:31 ID: t6MXyv7PdS
義経ドッカーンより第44回のが色々面過ぎる。
ゴーストバスター弁慶とか、一法眼とか。
3 ななしのよっしん
2015/01/04(日) 20:56:17 ID: P/cXOYPSt0
最終回アレ義経ドッカーンって言われてたのか。
あの頃丁度家族全員フジリュー封神演義にドはまりしてたから「義経が封された」ってでは言ってた。
4 ななしのよっしん
2015/03/23(月) 23:15:11 ID: ycEzDxIWv7
記事作成乙です

義経ドッカーンは最初のうちはWikipediaにも載ってたんだけど
すぐに消されちゃったんだよねえ…
5 ななしのよっしん
2015/04/24(金) 13:31:26 ID: M2y6cBfOYy
思ったより面かったけど、平教経敦盛、忠度が出ないのが残念過ぎる(教経と忠度は名前だけ登場してたはず)。

その分、知盛がかっこよかったけど・・

あと、最終回が酷過ぎる。
6 ななしのよっしん
2015/06/03(水) 13:11:59 ID: 6PSmpDRVXI
平教経敦盛、忠度が出ないのが残念過ぎる

義経物語物語だけど、あくまで義経メインだからね
いずれメインの大河をやってもいいかもしれん
ただし平清盛が評価は高かったけど視聴率が伸びなかったからねえ
NHK戦国幕末を脱する勇気が残っているかどうか

それと問題は役をにするか。平宗盛だと脚本家が大変だし
俺なら建礼門院にするけど、たぶん一部大河オタが猛反発するだろうし
が推す二番手は見所が多い平重衡だけど、この人退場がいんだよね
7 ななしのよっしん
2015/06/06(土) 18:24:34 ID: M2y6cBfOYy
>>6
忠度や敦盛は、岡部忠澄や熊谷直実を出さないといけないこともあって仕方ないとしても、教経は佐藤継信を射殺して義経に八艘跳びをさせた義経ライバル的名将なんだから出して欲しかったな(何故か資盛が代わりに継信を射殺してたな)。

チョイ役の大庭親とか出すくらいだったら・・・

まあ、天地人では前田慶次が出なかったし…

あと、メインの大河って、滅亡するから難しいかもね。。

も建礼門院役というのはありだと思うわ。
8 ななしのよっしん
2016/03/25(金) 19:30:25 ID: 4Q8F+qURFX
もういっそのこと教経を大河主人公
9 ななしのよっしん
2018/07/31(火) 01:54:38 ID: rfPKZGhBrn
渡哲也清盛中井貴一の頼は最高だった
滝沢義経と郎党達は天才的な軍事センス政治音痴義経従を上手く演じてたと思う
実際に新しきの構想を描けた清盛、頼とは違って義経は最後まで迷走してた感が強い