BNW単語

161件
ビーエヌダブリュー
4.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 もしかしてBMWBLT

BNWとは、

  1. 1993年中央競馬クラシック三冠路線でライバルとして争った3頭の競走馬ビワハヤヒデナリタタイシンウイニングチケットの総称。由来はそれぞれの頭文字から。
  2. 競走馬擬人化したメディアミックス作品『ウマ娘 プリティーダービー』において、1. の3頭をもとに擬人化した3人の総称。
  3. Civ5BNW(Sid Meier's Civilization V: Brave New World)。
  4. Black 'N' White(Black and White)の略。白黒イラストのこと。
  5. ACBNW(アーマード・コア ブレイブニューワールド)。
  6. こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する、ニコニコモーターズ(当ニコニコ動画とは関係)が製作したBMWの類似商品→フュラーリテスタオッサンドナイシテマンネンの記事を参照

本項では1.と2.について記す。

1の概要(競走馬)

93年、日本ダービー

きさえ許さない、3つのプライド突。
熱狂の2分25

2012年 JRA 日本ダービーCMexit_nicovideoより

3頭とも1990年に生まれたで、1993年クラシック三冠を分け合ったライバル。BNWはビワハヤヒデ(Biwa Hayahide)、ナリタタイシン(Narita Taishin)、ウイニングチケット(Winning Ticket)の頭文字自動車メーカーBMWをかけて名付けられた。平成三強とも呼ばれる。

3頭の概要

詳細は各記事を参照されたし。勝クラシック三冠レース以外時系列順で重賞のみ。

ビワハヤヒデ(B)

シャルード :パシフカス Northern Dancer
菊花賞(1993)デイリー杯3歳S(1992)、神戸新聞杯(1993)、京都記念(1994)、天皇賞(春)(1994)、宝塚記念(1994)、オールカマー(1994)

騎手岡部幸雄

芦毛。いわゆる持込産地としては非常にしい福島県。半三冠馬ナリタブライアンがいる。顔がでかい

ナリタタイシン(N)

:リヴリア タイシンリリイ :ラディガ
皐月賞(1993)ラジオたんぱ杯3歳S(1992)、目黒記念(1994)

騎手武豊

鹿毛リヴリアの初年度産駒としては遅生まれの6月生まれ。

ウイニングチケット(W)

トニービン :パワフルレディ マルゼンスキー
日本ダービー(1993)弥生賞(1993)、京都新聞杯(1993)

騎手柴田政人

黒鹿毛(のちに騸馬)。1994年リーディングサイアーとなるトニービンの初年度産駒

対決の歴史

齢の旧年齢は数え年で1歳多い(例:旧4歳→現3歳)

クラシック前まで

ビワハヤヒデ新馬戦で大差をつけて圧勝。初重賞となるデイリー杯3歳S(GIII)も余裕の勝利。続く朝日杯3歳Sでは2着に敗れるもののクラシック戦線の本命として名乗りを上げた。
ウイニングチケット新馬戦条件戦オープン戦と3連勝を決め、ビワハヤヒデに次ぐ有として名を上げた。
ナリタタイシンは2戦で初勝利したが福島3歳Sや千両賞では2着に敗れた。しかしその後のラジオたんぱ3歳Sでは1着。徐々にを蓄えていった。

タイシンとチケットは皐月賞の前戦である弥生賞で直接対決。結果はウイニングチケット1着、ナリタタイシン2着。

クラシック戦線

第1戦となる皐月賞では、ウイニングチケット(1番2.0倍)→ビワハヤヒデ(2番3.5倍)→ナリタタイシン(3番9.2)の人気順。タイシンがあまり勝ててないことからやや落とす形となった。しかしゴール寸前でナリタタイシンが2頭を差し切ってクビ差で勝利。ハヤヒデ・チケットの2強とされていたところにタイシンが入って3強となった。

第2戦は日本ダービー。この年は記念すべき60回の開催であった。人気順は前回同様(W→B→N)でオッズは3.6→3.9→4.0。評価は3分することとなった。ハヤヒデ・チケットは先行~中段から、タイシンは後方から様子を伺う形で進行し、最終直線では3頭が伸び切ってゴールイン。最後の最後で根性を見せたウイニングチケットダービーを制した。その上の柴田政人騎手は19回の正直で悲願のダービー制覇となった。

それぞれ神戸新聞杯(B)、高松宮杯(N、2着)、京都新聞杯(W)を挟んで第3戦は菊花賞。2回とも惜敗したハヤヒデの間に鍛え直しての挑戦となった。オッズはB(2.4)→W(2.8)→N(11.1)と、ここで初めてビワハヤヒデが逆転。ナリタタイシンの間(高松宮杯後)に出血を患いぶっつけ本番なこともあり人気を落としてしまった。結果はビワハヤヒデレコード勝ち。チケットは善戦したが最後に大きく引き離され3着。タイシンは全くいいとこなく17着と大敗した。

その後

ビワハヤヒデはその年の末にトウカイテイオー有馬記念対決奇跡復活を遂げた彼に次ぐ2着。これらの実績で年度代表馬、最優秀4歳に選ばれた。その後も京都記念からオールカマーまで4連勝。三冠馬へ突き進むナリタブライアンとの有馬記念での対決も注されたが天皇賞(秋)屈腱炎を発症していることが判明して引退兄弟対決に終わった。しかしの連勝が評価され1994年の最優秀5歳以上に選ばれた。

ナリタタイシン目黒記念復活を遂げるも天皇賞(春)ではビワハヤヒデに敗れ、その後骨折下痢を起こすなど体調面で不調が続いた。BNW久々対決が期待された天皇賞(秋)屈腱炎を発症して辞退。1年以上のブランクを経て翌年宝塚記念に出走したがライスシャワーの悲劇の裏でシンガリ負け。その後に屈腱炎を再発して引退となった。

ウイニングチケットジャパンカップに出走。古もいる中で3着と善戦したが有馬記念では先述の奇跡復活劇の裏で11着と大敗。そのあとは海外遠征を計画していたが体調不良で頓挫。7月にようやく復帰するも柴田政人騎手は落事故がもとで引退、その後2回のレースビワハヤヒデに勝つことができずに天皇賞(秋)屈腱炎を患い引退となった。

となってからはタイシンとチケットは(重賞勝ちはあるとはいえ)あまりいい成績を残せず、ハヤヒデは圧倒的な成績を残したものの長く活躍することはできなかった。またタイシンが辞退した天皇賞(秋)でハヤヒデとチケットが故障引退を余儀なくされたことにより、BNWのそろい踏みもわなかった。

その後3頭は種牡馬入り。チケットだけがどうにか子孫にGIの勝ちを出すことができた(レイパパレ)以外はあまりいい成績は出せなかった。種牡馬引退した後もなんだかんだで長生きし、ビワハヤヒデナリタタイシンは30歳(2020年)、ウイニングチケットに至っては33歳(2023年)まで存命であった。

2の概要(ウマ娘)

競走馬擬人化した作品『ウマ娘 プリティーダービー』では全員実装されている。チケットが大ボケ、ハヤヒデがまとめ役兼小ボケタイシンツッコミといった漫才トリオみたいな日常。それでもライバルであり、かけがえのない友人である。

CDSTARTING GATE 11」では3人のボイスドラマ、各々のソロ曲、ユニット曲「BLUE」と全体曲「うまぴょい伝説」が収録されている。

アニメ1期のBDBOXに収録されているOVA「BNWの誓い」では3人が主人公となって話が進む。

ゲームメインストーリー3章はウイニングチケットを軸として話が進む。「涙ひかって明日になれ!」は3人が歌唱する楽曲である。

3人の概要

詳細は各記事を参照されたし。ここに記載されている誕生日は実誕生日でもある。

ビワハヤヒデ(B)

誕生日3月10日 身長171cm 体重:増減なし スリーサイズ:B93/W61/H88 CV近藤唯

理論ウマ娘顔がでかいとか頭でっかちとかは禁句。史実で半だったナリタブライアンということになっている。

育成ウマ娘としては3で実装実装時はアニメ2最終回直前だった。

ナリタタイシン(N)

誕生日6月10日 身長145cm 体重:計測拒否 スリーサイズ:B69/W50/H73 CV渡部恵子

った態度のウマ娘。小柄で華奢ローディングの1コマではその体を心配されている。ウマ娘のなかで最も遅生まれ(多くは3月5月生まれ)。

育成ウマ娘としては3で実装。3人の中では一番最後に実装された。

ウイニングチケット(W)

誕生日3月21日 身長:157cm 体重:増減なし スリーサイズ:B88/W57/H85 CV渡部優衣

うるさい感情豊かなウマ娘濁点が全文字につくぐらいに感動して泣くことが多い。日本ダービーに強い思い入れがある。

育成ウマ娘としては1で実装。3人の中では初期から実装されており、入手難易度も低い。

対戦成績(3頭のうち2頭以上が走ったレース)

競走名をクリックすると各動画へ行けます(オールカマーニコニコになかったのでYouTubeリンク弥生賞動画が見つからず)

レース ビワハヤヒデ ナリタタイシン ウイニングチケット 参考:優勝
弥生賞 - 2着 1着
皐月賞exit_nicovideo 2着 1着 4着
日本ダービーexit_nicovideo 2着 3着 1着
菊花賞exit_nicovideo 1着 17着 3着
有馬記念exit_nicovideo 2着 - 11着 トウカイテイオー
天皇賞(春)exit_nicovideo 1着 2着 -
オールカマーexit 1着 - 2着
天皇賞(秋)exit_nicovideo 5着 - 8着 ネーハイシーザー

関連動画

競走馬

ビワハヤヒデ

ナリタタイシン

ウイニングチケット

2010年久々の再会(ビワハヤヒデウイニングチケット)

ウマ娘

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BNW

7 ななしのよっしん
2021/08/01(日) 18:03:20 ID: p28KLMYSRl
「それぞれ互いを補い合うような個性的な三人組」で丁度『ゲッターロボ アークアニメ化と時期が被ったからかウマ娘の方のBNWってやたらゲッターロボパロ見かけるような……。

ゲッターチームか、そうでなければサンバルカンパロディネタにされる」のはキャラクター造形がよくできた三人組の宿命なのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 19:34:36 ID: ivVMfKw4jC
藤田和日郎漫画に出てくる最強婆さん三人衆みたいになった晩年のBNWも見てみたいんだよな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2021/12/22(水) 08:18:51 ID: 1YhiHgi6lV
コンドウユイ
ワタナベユイ
ワタナベケイコ
名前名字で繋いだのはスタッフのお遊びでいいのかね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 18:44:38 ID: bqQOdFEeNT
春天宝塚勝してて古となってはあまりいい成績を残せず、強いて言うならってのは弊があるのでは。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2021/12/31(金) 11:56:14 ID: pb/uxLmJnv
最近の大種牡馬平均寿命を下回る死にを顧みると、種牡馬として失敗→引退で功労としてのびのび余生を送れたことが三頭長寿に繋がったんじゃいかなとも思えてくる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 09:40:15 ID: PAtRAHP7RK
某所でジャングルポケットアグネスタキオンマンハッタンカフェJAMとか言われ出してるのは笑う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2022/02/26(土) 13:12:36 ID: bqQOdFEeNT
>>11
どうなんだろうねぇ。サドラー・ミスプロダンチヒ・ストームキャット日本ではNT・BTは長生きだったから、結局は自身の体質が大きそうだけども。
均よりく死んだSSもディープも現役以前からちょこちょこ病気にかかってるから丈夫な方ではなかった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2022/03/01(火) 19:05:38 ID: r5HwfbsDXA
ドコモオカシクハナイネ
>>im10842529
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2022/05/12(木) 05:02:05 ID: XRnc2zzyTG
ボルト・ナット・ワッシャーの略
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2023/02/18(土) 16:47:21 ID: Dij/RuH7O2
ウイニングチケットも永眠。
全員が30歳をえた3強、天国でも走り回ってますように。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改