ビワハヤヒデ(ウマ娘)単語

ビワハヤヒデ
6.7千文字の記事
  • 21
  • 0pt
掲示板へ

論理こそが、勝利への明であり確信にもなる。君も少しは勉強したまえ」

ハヤヒデ

ビワハヤヒデ(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ビワハヤヒデ」をモチーフとするウマ娘である。 CV近藤唯

概要

誕生日3月10日 身長171cm 体重:増減なし スリーサイズ:B93・W61・H88

いかなる問題も計画的に打破する理論。頭でっかちだが、実践実行を重んじるので、机上の空論に終わることはない。全ては実妹ナリタブライアンの圧倒的才に対抗するため、磨いてきたである。
ナリタタイシンウイニングチケット同期の良友。

ビワハヤヒデ|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

毛の銀髪美しい、冷静沈着でクールウマ娘レースを分析し、論理と計算により勝利を導き出す。とても理性的で堅物と思われがちだが、本人は少し軟化したいと思っている。ナリタブライアン

リニューアル前)

とてもボリュームのあるウェーブヘアを持つ毛のウマ娘。本人はこのが原因で頭が大きく見えると気にしている。知的で理論だが理屈に偏ったところもあり、そのことを「頭でっかち」などと摘されるとコンプレックスを刺されてキレる。頭だけでなく身長171cmと体格も大柄で、小柄なナリタタイシンゼンノロブロイなどと並ぶとその頭の大きさがよくわかる。

また、史実を反映してバナナが大好物(本人はエネルギーになる栄養が豊富だからだと言っている)。アニメではさほど強調されなかったが、ゲームではバナナ食と言いったり、トレーナーからのあだ名が(密かに)バナナ先輩になるイベントがあったりとボケの大半がバナナネタである。

勝負服ブラウスに濃ピンクブレザー模様のスカートスカートにはスリットが入って素肌が見えており、走っている時は非常に立つ。原案イラストではマフラーを引っ掛けているがアニメゲームレースシーンでは身に着けていない。

アニメでの活躍

OPアニメではトウカイテイオーに競り負ける(後に2期で描かれることとなる)場面が描かれており、本格登場前から毎回負ける羽になっている。

10話にてダスカウオッカデート買い物中にナリタブライアンと一緒の姿で登場。仲まじく会話していたが最終的に頭でっかち呼ばわりされて怒った。

その後EXTRA R(第13話)で行われたウィンタードリームトロフィーの出場選手の一人として登場。史実ではとなったナリタブライアンとの姉妹対決に闘志を燃やしている。このレース番・ウマ番は史実で縁のある番号が振られているが、ハヤヒデのみ上手く収まらなかったようで特に由来がく、ブライアンと同に入っている。

Blu-ray第4コーナーの新規エピソードBNWの誓い」ではメインキャラクターの一人として登場。ライバルナリタタイシンウイニングチケットの他、ブライアンとのも描かれている。

Season2ではOPアニメボスキャラっぽい雰囲気をい登場(8話のみ特殊OPのためカット)。本編ではその8話から登場し、タイシンおよびチケットと共に新聞に載る間接的な登場に加え、京都レース場で天皇賞(春)を単身観戦。自身をOPから追い出したライスシャワー走を見届けている。

11話ではリハビリの傍らで他のウマ娘を偵察していたトウカイテイオーの前に現れる。なぜか自販機1500ccペットボトルコーラを誤って買ってしまい、しかも振って飲む飲料と間違えていたためコーラ手に吹かせてしまっていたテイオーに対して、「ほう 炭酸抜きコーラか…たいしたものだな」と理論の説明を始めた。多くの視聴者が思わず「オイオイオイ」とツッコんだことだろう。そしてブライアンから「顔が広いな」と褒められたのを「の頭がデカイって!?」とまたもや勘違いもはなはだしい返事をしている。

12話では菊花賞を圧勝し、スピカの前でその実を知らしめる。そして沖野Tの「BNWの中では頭一つ抜けてやがる……にまた一回り大きくなりやがったな」という寸評を地獄耳で察知して機嫌を悪くした。

13話では有馬記念の1番人気として出走。満を持して物語ラスボスとして立ち塞がった。
しかし、その役回りを強調するためか他のウマ娘レースで意気込みを表す中でも全然喋らない。なのでラスボスなのに会話はギャグシーンばかり立つ結果に。
レース後はウイニングライブに出演し、喋らない代わりにしっかり歌い踊っている。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:pf.Victory formula...

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
85 93 82 93 97
バ場適性
ダート
A F
距離適性
距離 マイル 距離 距離
F C A A
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
E A B E
成長率
  • 根性+10%
  • 賢さ+20%
固有スキルwin Q.E.D』
最終コーナー以降に前の方で追い抜く勝利の方程式を導き、速度を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:ノエルージュ・キャロル

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
83 99 76 96 796
成長率
固有スキル『Presents from X』
スタート後からレース後半まで好位置を維持し続けるとレース中盤に勝利への筋を見出し速度を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

概要

サポートおよびCPUライバルとしては初期実装されていたが、2021年3月18日3[pf.Victory formula...]として育成実装。同時にサポート追加されたイクノディクタスと共に眼鏡の新を吹き込んだ。
2021年11月29日には、うまよんネタ「地獄の背走サンタ」をまさかの本採用したクリスマスバージョン3[ノエルージュ・キャロル]が登場した。

育成標にはクラシック三冠、シニアでは秋天皇賞に2大グランプリと高難易度の大レースがずらりと並ぶ中長距離で、因子やサポートカードっていないうちはただでさえ難しいタイプであるのに加え、メイクデビューと最初の朝日杯FS適性Cマイルを戦うことになるので、初心者には難易度が高め。
とはいえ自前の回復スキルがあるので長距離レースのスタミナ不足詰みは回避しやすく、因子やサポートカードステータスや適切なスキルを積めるようになればぐっと育てやすくなるので、ゲームに慣れてきた中級者以上向けのウマ娘と言える。

なお、史実では朝日杯FSでもハナ差2着の好走、デビュー直後には1400mのデイリー杯3歳Sレコード勝ちという実績があるので全距離にある程度適性があってもおかしくない気がするが、残念ながらあまり反映されていない。3歳2戦若葉ステークス上が岡部幸雄になって以降は2000m以上しか走っていないので、距離適性はそちらが重視されたのだろう。

脚質適性は先行A、差しBだが、両バージョン共に先行前提の構成なので基本は先行での育成になるだろう。

ウイニングチケットナリタタイシンとは相互に育成中のライバルとなり、ストーリー中での登場機会も多く、特にクラシック三冠レースでのこの2人は非常に手強いライバルとなる。後半はナリタブライアンとの関係も前面に出てきて、最後の有馬記念で、史実では実現しなかったこの最強との直接対決を迎えることになる。

固有二つ名勝利の探者」の取得条件は「全レースで2着以内で、菊花賞天皇賞(春)宝塚記念勝利し、標を全て達成し育成を了する」という史実再現+α(史実では最後のレースとなった天皇賞(秋)レース中に屈腱炎を発症し生涯連対を逃した)。特別なことをする必要はないが、適性を上げないと最初のマイル2戦で事故ったり、スタミナ育成や回復スキルが間に合わずに菊花賞春天を落としたりと、意外と獲れそうで獲れないことが多い二つ名である。
特殊実況の条件は「宝塚記念で5バ身差以上をつけて勝利」。こちらはシニア級で育成が順調であれば、史実同様強ライバルがいないためそこまで難しいわけではない。

サポートSR検証、開始]とR[トレセン学園]が初期実装。どちらも友情トレーニングパワー。通常ヒントはほぼ環境スキルのみだが、イベントでは長距離対応スキルを教えてくれる。SR版は2つある固有イベント両方で体低下が絡むものの、固有ボーナス込みでトレーニング効果アップが最大+15%まで伸びる事から育成効率を高める補助役として優秀。

メインストーリー3章ではウイニングチケット主人公のため友人ライバルとして出番も多い。レースパート3R皐月賞」ではタイシンとともにSランクで登場。第2章のミホノブルボン級の化け物だが、条件は3着以内なので勝たなくてもいい。というか生半可なウマ娘では勝負にもならない。

各バージョンの特徴

[pf.Victory formula...]は、所持スキル的には実用に堪える回復スキル2つとそう悪くないが、成長率ボーナスが優先順位の劣る根性と賢さ、そして何より最終コーナー限定で追い抜く必要がある固有スキルの使い勝手が悪く、対人環境的には正直パッとしないという評価であった。
ただし賢さについては程なくして評価がめられ、そして1周年まわりで「余裕綽々/スタミナキープの性善」「固有条件が最終コーナー以降になり、不発しにくくなる」「根性の存在意義も向上」と全体的に追いが吹いている。

ノエルージュ・キャロル]は手堅い成長率補正を獲得。ハヤヒデにその名前付けたかっただけだろという感じの初登場レアスキルVIP顔パス」も優秀であり、スキル面も手堅い。
固有スキルは「好位置を維持し続ける」という特殊な条件を持つ中盤速度スキル。先行だと安定なように見えて前方の人数次第では順位が落ちて条件未達成になるリスクが結構あるが、位置取り合戦において特に重要と言える中盤かつ後半のタイミングで発動できるところは魅

楽曲

手綱と
作詞作曲編曲坂康(SUPA LOVE
CDSTARTING GATE 11」収録。
ユメヲカケル!個別記事
アニメ2期OP。最終話ウイニングライブで歌唱し、ゲームでも歌唱対応している。
涙ひかって明日になれ!個別記事
作詞エリカ 作曲原田篤(Arte Refact) 編曲富(Arte Refact)
メインストーリー第3章の追加楽曲で、BNW3人での歌唱曲。

関連ウマ娘

ナリタブライアン個別記事
モチーフは1歳下の半(異)で、ウマ娘ではウマ娘においては子などは基本的に血縁として織り込まれないため、希少な血縁関係のある間柄となっている。
彼女には「姉貴」と呼ばれており、ライバルとしても意識されている。アニメなどでは普通に仲が良いが、ゲームではえる才覚を持ったへの複雑な感情も強く描かれる。
ナリタタイシン個別記事
ウイニングチケット個別記事
ライバルであり二の友。熱血ハイテンションなチケットと、斜に構えたタイシンという対照的な2人をまとめる緩衝材の役割を果たしている。3人の中では理論のハヤヒデツッコミ担当……と見せかけてわりとボケ担当。モチーフクラシック戦線で3強を形成し三冠を分け合った同期ライバル
テイエムオペラオー個別記事
ルームメイトオペラオー部屋薔薇まみれにされたり、中等部のオペラオーに勉強を教えようとして「数学歌劇に教えてくれ」と無茶振りされたりと振り回されている。モチーフには特に繋がりはないが、「クラシック三冠を『ナリタ』冠名を含む3頭で分け合った」「その3頭のうち古戦線で最も活躍した」というあたりが共通点だろうか。まさか世紀末覇者」と「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!」という繋がりでもあるまいし。

史実

94年 宝塚記念

ファン投票で集まった、14万8768の期待。
そのにとっては、重圧でなく、自信だった。
されるから強いのか、あるいはその逆か。

身差の余裕。ビワハヤヒデ

の強さは、スリルすら拒む。

1993年菊花賞ウイニングチケットナリタタイシンクラシック三冠を分け合った「BNW」のB。毛の雄大な容姿、そして顔だけ白毛化が進んでいたことから「顔デカ」だの「死神」と揶揄面の子」と呼ばれされた。

1990年生まれのSharroodシフカスNorthern Dancer胎内にいる時に一緒に輸入された持込である。入時の検疫で待たされたため成田空港から北海道に移動する前にが産気づき、産地ではない福島県で生まれたというしい経歴を持つ。

1992年9月デビューすると新馬戦を大差圧勝、続く2戦をいずれもレコード勝ちとの差を見せつけるも、朝日杯3歳ステークス(旧年齢表記/現:朝日杯FS)は僅差の2着に敗れる。

クラシックの有補として迎えた3歳シーズン共同通信杯を惜敗後、上がから岡部幸雄に代わって迎えた若葉ステークスを圧勝。皐月賞ではウイニングチケットをかわしてゴールする寸前、ナリタタイシンに差され2着。3頭の人気が拮抗した東京優駿(日本ダービー)岡部同期柴田政人が騎乗するウイニングチケットの2着に敗れる。は心機一転メンコを外して顔のデカさが印付くようになり神戸新聞杯勝利した後、菊花賞を当時の日本レコードで圧勝、念願のG1タイトルを獲得する。有馬記念では3歳ながら1番人気に支持されるが、前年の同レース以来の出走となったトウカイテイオーに僅差で敗れる。

4歳はG2京都記念を圧勝後、天皇賞(春)は直線で追い込むナリタタイシンを並ばせず勝利ウイニングチケットの復帰が遅れ、ナリタタイシンも怪で離脱した宝塚記念ではもはや敵はおらず、2着に5身差をつけて圧勝する。産経賞オールカマーウイニングチケット勝。クラシック戦線で圧倒的なを見せていた半ナリタブライアンとの兄弟対決に期待が高まるが、天皇賞(秋)レース中に屈腱炎を発症、全治1年と診断され引退を余儀なくされた。

16戦10勝。怪をした天皇賞(秋)を除いてデビューから15戦連続で2着以内(連対)、その2着も軒並み僅差という並外れて安定した戦績を残したが、接戦になると顔のデカさ勝負弱さが立つという弱点も摘されていた。く本当の欠点はの不足であり、差し切られるところを僅差に食らいつけたのは勝負根性の賜物であったという。

引退後は種牡馬入りしたが中央の重賞を勝った産駒く、2005年種牡馬引退2020年7月21日未明、老衰のため死去。4月13日と先に立ったナリタタイシンと共に30歳の大往生だった。

詳細は当該記事へ→ビワハヤヒデ

関連動画


関連静画

地獄の背走サンタ

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 21
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ビワハヤヒデ(ウマ娘)

495 ななしのよっしん
2022/08/31(水) 10:34:46 ID: E1343lZf2q
>>493
去年のバブリーランドでもダスカ水着とか実装されてないし理やろ
サンタと合わせてBNW3人衣装違い実装されたって事で頼むわ、って事や(並べるとハヤヒデだけ浮きそうだが)
まあ衣装違いいけど、サポカは配布にしては有能評価だし、ストーリーでは一番立ってたし満足
(というかガチャにされてたら石が持たんかった)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
496 ななしのよっしん
2022/08/31(水) 23:21:02 ID: eB0Rz68CNd
バブリーランドに限らず毎回そうだから今回だけ配布されるはずもない
配布サポカだけでなくガチャサポカのイラスト上の衣装実装してほしいのたくさんあるよな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
497 ななしのよっしん
2022/09/01(木) 00:06:12 ID: w54vWFyUvH
まだ前例はないのね
今後にかけるか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
498 ななしのよっしん
2022/09/01(木) 04:41:06 ID: 1CxKjcPy+l
配布SSRストーリー良かった
ブライアンは口数は少ないけど姉貴
信頼してるのが凄くほんわかした

そしてお約束の顔デカw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
499 ななしのよっしん
2022/09/02(金) 07:19:00 ID: jAscZHaAB6
実家屋って明言されたの今回のが初めてだっけ?
史実のシフカス馬主が醸造だったらしいのでそれが元ネタかしら
👍
高評価
0
👎
低評価
0
500 ななしのよっしん
2022/09/02(金) 08:17:45 ID: bwRE6okQ+J
>>499
なるほどぉ・・・本当に細かいところから拾うなあ。でもってそんな回りになりがちのをフォローするブライアンもまた良い
👍
高評価
0
👎
低評価
0
501 ななしのよっしん
2022/11/06(日) 11:34:05 ID: jAscZHaAB6
シュヴァルグラン→才のある姉妹に対するコンプ持ち
メジロラモーヌ→実名で出ているウマ娘姉妹
と共通項もちが2人も増えたし、今後どっかで関わるシーンが出てくるかな

シュヴァルグラン実装時に、キタちゃんシナリオバクシン(自身の個別シナリオにおける本人であることを匂わせてる)みたいなポジで出てきたりしないかと思ったけど
あっちは史実だと孫と祖だからってのもあるし難しいか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
502 ななしのよっしん
2022/12/02(金) 07:59:01 ID: nEAXzfAbQw
この時期のハヤヒデは最高にあったかいんじゃないのか・・・?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
503 ななしのよっしん
2022/12/18(日) 19:59:53 ID: +CuJPhnyto
事中ノエルージュ・キャロルの賢さ初期値がえらい事になっとるな…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
504 ななしのよっしん
2022/12/21(水) 21:36:26 ID: 9hmgH7K1UO
>>502
顔がデカいと誤解されてしまうぐらいのモフモフ髪の毛があったかそう
👍
高評価
0
👎
低評価
0