Dies irae単語

ディエスイレ

7.6千文字の記事
掲示板をみる(2,334)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(29)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Dies iraeとはキリスト教における終末論の一つ。「怒りの日」と和訳されることが多い。

  1. Dies irae - 上記の終末思想。キリスト過去を含めた全ての人間を復活させ、その生前の行いを審判し、天国に住まわせ永遠の命を授ける者と地獄で永劫の責め苦を加えられる者に選別するという思想である。
  2. Dies irae - それを題材としたクラシック音楽におけるレクイエム。かつてはカトリックにおける葬儀ミサの正式な典礼文であったが、現在はそうではなくなっている。詳しいことは怒りの日の項を参照。
  3. Dies irae -Also sprach Zarathustra- - 2007年に発売され、色々と騒動を巻き起こしたエロゲ。本項にて解説
  4. Dies irae ~Acta est Fabula~ - 上記のゲーム完全版2009年に発売された。本項にて解説

では一つ、皆様私の歌劇をご観覧あれ。

Atziluth――」

Atziluth――」

その筋書きは、ありきたりだが。

「Du-sollst――」

役者が良い。至高と信ずる。

「Res novae――」

ゆえに面くなると思うよ。

「Dies irae」

Also sprach Zarathustra」


概要

Dies iraeとは、ユーザー怒りの日のことであった。

きちんと説明すると、2007年12月21日lightから発売された正式名称『Dies irae -Also sprach Zarathustra-』という18禁アドベンチャーゲームのことである。

2006年冬の日本を舞台ナチス・ドイツにより生み出された魔導兵器聖遺物」を操る者たちの死闘を描いた伝奇バトルアドベンチャーゲーム(いわゆる伝奇モノ)であり、体験版の出来の良さや同社の『PARADISE LOST』を担当した正田崇氏がシナリオを担当するとあって、発売当初から並々ならぬ期待が寄せられていた。

しかし、度重なる発売の延期、攻略キャラと思われていたキャラ攻略できない、公式HPにあったCGゲーム中に存在しない、シナリオライターが実は複数いたことがEDで判明するなどなど、とてもではないが完成したとは言えないできであったために、ユーザーからは「怒りの日」と呼ばれ、地雷認定を受けてしまった非常にもったいないゲーム。いわゆるOP詐欺ゲーの一つに数えられていた。

ただし、世界観とCGの出来は良い、という意見も多く、「最高の素材を調理し損ねたいい例」として引き合いに出されることも多い。なお、ディエス・イレとはラテン語で「怒りの日」を意味し、奇しくもタイトルそのものがユーザーの気持ちを代弁するものとなり、この事件は「怒りの日事件」と俗に呼ばれるようになり、一時は地雷ゲーのことをゲームの用を使って「スワスチカ」と呼ばれるほどであった。

その後、ユーザーの強い希望もあってか完全版製作告知が行われ、2009年7月24日マリィ・香純ルートを大幅に加筆・修正した『Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-』が、2009年12月25日に全ルートを収録した『Dies irae ~Acta est Fabula~』が発売された。

シナリオ加筆や修正、設定の変更だけでなく、新規CGBGMが追加されており、2007年版とは較にならないほどの出来に仕上がっている。どちらも2007年版のユーザーIDパスワードがあれば無料アップデートでき、ファンにとっては待ち望んだ未知が実現されたのである。

ゲームの構成としては、香純・マリィ→の順でロックがかかっており、全てのを終えることで全ての伏線が回収され、クライマックスを迎えるという形になっている。なお、推奨ルートは香純→マリィ→の順。また、初回特典に付属した画集+設定資料集の通称:本には、作中ではられない設定が数多く盛り込まれたファンにとってはたまらない仕様となっている。現在、初回版がロットアップしたこともあってか、オークションなどでは高値がついている。

その内容故にCS化は困難と思われていたが、2012年6月28日ドラマCDの内容を収録し、様々な加筆・修正が施されたPSP移植版『Dies irae ~Amantes amentes~』が発売され、移植版のPC版も同年8月31日に発売された。

なお、2011年9月30日に発売された『神咒神威神楽』は本作のIFを描いたものであるが、実質的な続編とも言える内容となっており、『PARADISE LOST』と合わせて『座万シリーズ』を構成している。

メディアミックス

2015年4月24日light設立15周年記念事業の一環として、アニメ化企画が進行中であることが発表(公式HPexit)。Dies自体が古い作品となっていたタイミングでのアニメ化だったため、今まで応援してくれたファンの意向を確認し、またアニメそのもののクオリティアップを図るために3,000万円を標としたクラウドファンディングが実施された。

業界でもしかったため注を集めたこのCFは、2015年5月9日の開始日1日にして標の3,000万円の支援を達成し、最終的に5,187人の支援者から9,656万858円の支援を集め、作品そのものの根強い人気明することとなった。この成功を受けて同年12月に正式にアニメ化が発表された。

そして、2017年10月6日より地上波及びネット配信にてTVアニメ『Dies irae』が放送予定である。アニメーション制作ACGT、監督工藤進が担当。全18話で構成され、地上波で12話を放送したのち、残り6話を配信予定。ニコニコ動画でも配信予定とのこと。

また、アニメとは別にスマホアプリ『Dies irae PANTHEON』が開発中である。こちらはDiesだけでなく座万シリーズソーシャルゲームであり、歴代座のキャラクターが総登場する言わば「スーパー座大戦」になるとのこと。

ストーリー

1945年5月1日ドイツ首都ベルリン。陥落寸前のこのにおいてある儀式を行う者たちがいた。

彼ら・・・『十三騎士団』は、戦争の犠牲となった夥しい数の民衆を儀式の生贄にげていたのである。

戦争終結後彼らの存在は歴史の闇に消えた。

その61年が経過した、2006年日本

諏訪に暮らすごく普通学生藤井蓮友の遊佐司狼と、殴り合いの喧嘩を起こし、2かもの入院生活を送ることとなった。

その後退院し、幼馴染綾瀬香純や先輩氷室玲愛と共に元との学園生活に戻りつつあった。

そして、12月

諏訪では首が切断されるという連続殺人事件が発生していた。

はその頃から、毎日のように自分が断頭台で首を刎ねられるというにうなされるようになった。

しかしそれは、これから起こる狂った日常への序章に過ぎなかったのだ・・・

 

登場人物

以下、原則として完全版の設定を述べることとする。なお、キャストは左がPC版、右が移植版。

用語

  • 聖遺物
    • 一般的にはキリスト教における聖人の遺物なのだが、本作においては人間の思念を吸収することにより自らの意思を持ち、絶大なを持つようになったアイテムの総称とされている。歴史が古ければ強いということはなく、どれだけ人を殺し、そのを扱えるようになったかで決まっている。
  • エイヴィヒカイト
  • 創造
    • エイヴィヒカイトの第三位階。いわゆる「必殺技」を取得する位階であり、『使い手の魂に刻まれた渇望をルールにした異界を創り出す』ことができるようになる。騎士団員のほとんどはこの位階に達しており、使用時には聖遺物が大きく形状を変えることが多い。「~だったらいいのに」という渇望を基に、自分の周囲の間を異界に変異させる「覇と、「~になりたい」という渇望を基に、自分自身を異界として体変化や特殊を付加させるの二つのタイプが存在する。
  • 十三騎士

制作スタッフ

主題歌

関連動画

 

関連商品

関連チャンネル

関連項目

関連サイト

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/23(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/23(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP