単語記事: 豊聡耳神子

編集

豊聡耳神子

豊聡耳神子(とよさとみみの みこ)とは、上海アリス幻樂団制作弾幕STG東方Project」の登場キャラクターである。

東方Projectの登場キャラクター

概要

種族:
二つ名士(神霊廟
     宇宙る全士(心綺楼
     資英邁の仙人(茨歌仙
登場作品:『東方神霊廟』6面ボス
       『東方心綺楼プレイアブルキャラ
       『弾幕アマノジャク』最終日ボス

テーマ曲:聖徳伝説 ~ True Administrator
:十人の話を同時に聞く事が出来る程度の能力
危険度:低
人間友好度:極高
な活動場所:

モチーフ聖徳太子
聖徳太子虚構説の化身のようなものである。

長き眠りから覚めた人。生まれた時から尋常ならざる才を持ち、人間をえるべくしてえた人物。
『豊聡(とよさとみみ)』は聖徳太子の別名である「豊聡皇子」から。
神子(みこ)』は巫女とほぼ同じ意味で使われるが、こちらの場合は聖徳太子が皇族(の血を引く系)であることからではないかと思われる。皇族を出したかったZUN氏は皇族を出せるギリギリのラインである聖徳太子を選択した。設定上、神子童(才知の極めて優れている子供のこと)であったことも関係しているのかもしれない。

後述するにより相手の本質を見抜くことができ、言葉はいらず全てを見通す。
着用しているあては、ゆえにが良すぎるため聞こえるのをある程度制限している。

性格は意外と軽く、相手をよくからかう事もあり、フランクでおちゃらけている。かなり口の悪い所もある。人間にも協的であり、魔理沙に小霊の扱い方のレクチャーをするなど意外と気さく(魔理沙は小霊の欲の聞き取りに対応できず、結果は失敗だったがそれ以降も彼女の他の子はまだ小間使いの段階なのに術を教えるから子にならないかと誘っている)。

しかし、直接対面すると全く隙を見せないどころか全てを見透かされている気分になり、畏れ多い気分になるという。圧倒的なカリスマの持ちでもあり、彼女のカリスマにあてられて早苗が一時道教宗してしまった。邪の気配はあまり好きではないようだが、妖怪も有効利用できると話す事やその存在の本質も理解しており、妖怪自体を嫌っているわけではない。口調は「~わね」と女性の標準の口調と敬語を交えて話すが、心綺楼では若干気取った男性的な口調でも喋る。魔理沙霊夢を気に入っており、仙術の修行に誘ったり、幻想郷平和を守る為の相談(そ.う.だ.ん)に乗るとも言っている。

だが、彼女もまた打算的な為政者でもあり、思想より実利を取る現実的な思考をするタイプ仏教的達成の手段としか思っておらず「仏教政治に利用するものだと思っているの。人心の乱れを正し、すべてを受け入れる事が修行なんて、為政者の為にあると言っても過言ではないわ」と白蓮るなど仏教を広めたのも的が一切の苦しみからの解放であるため、為政者に逆らう事が得をしないという刷り込みを行えるため民衆の定に都合が良かったからである。道教を選んだのも同様で自然宇宙そのものの不老不死を得るための手段に過ぎない。

学ぶものがない人間などいないとってはいるものの、自身の持つ数々の人的な(先、後合わせ)に裏打ちされた自信か魔理沙が3人の対談の際「々は普通の人間とは違う。抜きんでた存在だ」と思っているだろうと問い詰めた際、彼女は「いや、まあその思っていますが」と答えている。

しかし基本は温厚であり、妖怪にも敵対的ではなく、人間や霊夢達にも協的でスタンスも「和を以てしと為す」であり、闘う理由のない事や駄な争いはしない。実際二ツ岩マミゾウにも「媼」と親しげで、雲山にも「御仁」と言う。

人間の心理にも詳しく人間の心から妖怪が生まれるメカニズムを的確に分析した。分析もずば抜けて高く外の世界情報をわずかに聞くだけで状況を的確に把握した他、初対面(妖怪としては)にも関わらず秦こころ誕生の経緯とまで言い当てたほど。この高い分析異常聴覚をはじめとした人的から相手の言、非言手段問わず、数々の情報を収集でき、相手の動きや考え、欲を読む事ができる。

復活する際に宝に魂を宿らせ、その宝体に変化している。然るべき時が来たら依り代が今の体になり、前の体が代わりにその依り代の物体になる。つまり今の体は宝が変化した姿で代わりにと化した前の体は今はもうただの抜け殻にすぎない。
その際に姿を現代に変えたらしい(体を捨てているためその姿を自由自在に変える事が可)。

ちなみに部下達を神子聖徳太子と同様に元ネタだけで見た場合、蘇我屠自古であり、物部布都にあたる(実は自古郎女の母親については諸説あったりするが)。詳しくはそれぞれの記事を参照。

実際は彼女達との関係は門徒で、ZUN氏もこの事に聞かれると「屠自古は名前を厨二っぽくしただけの名前が似ているだけの別人です」と答えている。

なお、馬小屋で生まれたと言われていたが本人に聞いてみた所それは軽い冗談で「高な私がそんな臭う所で生まれるわけないでしょ」と話している(イエス・キリストの逸話にあやかったものらしい)。

布都は「太子様」と呼び、青娥は「豊聡様」と呼ぶ。彼女は彼女達を「布都」、「青娥」と名前で呼ぶ。

来歴

過去エピソード~『東方神霊廟』

幼い頃からその才を遺憾なく発揮していた神子であったが、天才であるが故に葛があった。
「大地は々の時代から変わらず、を湛えている。何故、人間は死を受け入れなければならないのか」
そう考えた神子は次第に人間の死の運命に対して不満を持つようになった。

そんな時、神子の評判を聞きつけた仙人、霍青娥神子道教を勧めにやってきた。不老不死を実現する宗教であると聞いた神子は喜んだが、すぐに道教の統治をするには不向きな宗教であると青娥に伝えた。
道教自然宇宙そのものの真理を理解して、そのが物にする。高みをす人間にとっては魅的な宗教であるが蔓延するとそのものに正邪がなく、でも人化する事ができる道教だと当然政治が成り立つどころか世紀末世界となる事が容易に想像できるため彼女は断ったのだ。提案をした青娥の事などどうでも良いと思っていた。現代でも道教は秘術が多く、秘術の悪用を恐れ、差し障りのない部分以外は大抵は門外不出である。
青娥はならばこうしよう、と殺生を禁じ、規の厳しい宗教である仏教を表向きには信仰させようと提案した。それならばも安定するだろう、とその条件を神子は飲み、表向きは仏教を広め、自分は道教の研究を進めることにした。

その前は毘沙門天を信仰しており、化身となった寅丸星を元とは随分変わったわねと話している。彼女が信仰していた当時は毘沙門天は護、戦勝のであったが、いつしか日本では福徳増進のご利益のある七福の一として奉られるようになった。寅丸星は七福としての毘沙門天の要素を強く受け継いでいるため、この発言にいたったと考えられる。

他の権者が仏教を信仰する一方、自分は道教の教えに従い人的なを発揮、後の世に虚構説が広まるほどに現実離れした離れ業をやってのけた。後世に残る伝説にはこのような裏があったのである。

最終標の不老不死の研究も怠らなかった神子であったが、その過程で不老不死をもたらすとされていた丹砂(硫化水銀、猛である)などにより、身体を壊してしまう。このままでは自分の身が持たないと判断した神子解仙になることを決意した。
しかし自分一人で実行するのを怖れた神子は、同じく道教を信仰している布都に話を持ちかけた。自らの死に呪いをかけ、らは解仙となり復活しよう、と。そしてまずは布都に先に眠りについて貰うように頼んだ。
神子を信じて眠りについた布都は、腐ることもなく眠ったままであった。それを確認した神子も眠りについた。

当初の計画では仏教限界を感じて、人をめた時に復活する予定であった。だがその思惑ははずれ、仏教は千年以上もこのを支配していた。
実は仏教ある僧侶達は神子の霊を封じ続けた為、復活することが出来なかったのである。神子の企みは筒抜けであった。

焦る必要はないと眠り続けていたある日、復活の時が来たのである。それは彼女の数々の伝説が作りものであると疑われたためである。今の人間に人的なを発揮するような幻想的なが存在するはずもなく、彼女の偉業全てが虚構であると疑われても仕方のいことだった。

しかしその幻想の否定により彼女は霊ごと幻想郷へと移動した。移動した当時、幻想郷に寺はく、いつでも復活する準備が出来ていたのである。
だがタイミングの悪いことに幻想郷にお寺、命蓮寺が出来てしまう。しかもそれは狙ったかのように霊上であった。命蓮寺僧侶白蓮は霊に封印されたものを危険なものだと判断し、押さえつけたのだった。

しかし押さえつけていた霊の封印がついに解け、神子に惹かれた霊が幻想郷に溢れることになる。

だが、本当は彼女はもう少し寝ている予定だったのだが上に寺を建てた事で彼女を刺してしまった事で彼女が復活のリアクションを取ってしまい、結果的に復活をめてしまうという皮な結果となってしまう。聖白蓮の話では「うちの宝探しが得意なナズーリンは他のメンバーからも大抵呼ばわりである)があそこに何かとんでもないものが埋まってるという報告をしてきて、調べてみるとやばそうな代物とわかり、頑って隠そうと思ったが、いかんせん不足で抑える事が出来なかった」と話している。彼女はそれが徳王とは知らなかったのである。

東方神霊廟封獣ぬえの設定テキストにも「白蓮が抑えていた人がついに抑えきれずに復活した」と書かれており、白蓮では彼女を抑える事が出来なかった程のである。彼女も「残念だったわね。名も知らぬ生臭坊主が私を封じ込めようたって」と跳ね飛ばした。

また何かを知ってそうだった西行寺幽々子も、妖夢からの報告を受け1400年前の人間が復活したのを「素敵で羨ましいわ」と話しており、どうも彼女も知らなかった模様。

『東方神霊廟』後日談

彼女は間を作り、仙界と呼ばれる世界場を建て、物部布都らと共に霊からそこに引っ越した。霊は今はもぬけのとなっている。霊夢も招待され、場はとても大きく、きらびやかできらきらしていて、作りやそこにある具類、小物類は界かどこかで見た事があったものだという(月の都に住んでいる人間は仙人や人っぽいらしい)。彼女達が寝ていた霊夢殿大祀廟で、今いる場(観)は神霊廟というらしい。沢山の仙人志望の者が修行している。

為政者の名残か全に俗世間との関係を断つことはせず、人里にもちょくちょく手を出しているらしく、彼女が人里に現れた時は十の話を同時に聞く彼女の噂で持ちきりであったらしい。彼女に子入りを志願する者も多く(今の所仙人補生は小間使い扱いで雑務中心)、今は人になるために場での修行をして々自適に暮らしている。人々が自分を必要とすれば出てくると話しており、望むならば為政者になると話している。

『東方心綺楼』

弾幕アクションゲーム、「東方心綺楼」に、まるで魔王のようなカッコいいマントを引っさげて参戦。
道教の代表として人気を奪い合った(とは言っても彼女に道教を広める気はなく、人身が荒している今の状況を憂い自分が民衆の希望になり、世界を救おうとした。まさに太子信仰。

布都決闘の理由を後から説明するというアフターケアを頼んだのは「本気で戦うために決闘前に理由は言わない」からとの事。

等のネタ満載のはっちゃけを見せてくれた。
聖白蓮とも戦ったが、負けても素直に相手を認めたり、共闘することもある等、立場は対立していても仲が悪いわけではないようだ。
ラスボス秦こころ元ネタ通り、神子が作ったお面であり、神子こころの親とも言える立場にある。
このことから、こころお父さん(なぜかお母さんではない)のように振る舞う二次創作が増えつつある。

ただの具に戻す発言にしても最初に希望の面を与えて戻そうとしたのも感情が暴走したままの状態では辛いと思ったからであり、その後人里で民衆の感情を暴走させる暴挙を彼女がまた(今度は自分の意思)起こしたからこそ生みの親としてのケジメをつけようとしたのである。同じくその場にいた白蓮霊夢も彼女の行動の結果なのかその発言に反対はしていない。霊夢も「宗教の本分は感情の定。あなたを大人しくさせるのが私達の仕事。恨むなかれ」と発言してる。白蓮も反論してない事から同じ考えと思われる。

こころに新しく作ってあげた希望の面酷いセンスは必見。ミコダヨー。しかし彼女が他に作った閻魔に寿命の報告に行くを執拗に追いかけ、捕らえるようプログラムされたアイテム『四ちゃん』は普通の造であるし、前の希望の面お地蔵様のような顔で普通の造である。造センスはともかくとして璧な希望の面具としての効果はもが認める所(実際あれをそのまま使うと元の66個あるお面の均衡に戻ってしまう)彼女の高い具作成スキルがうかがえる。材料は希望の結晶(人気)との事。

『弾幕アマノジャク』

東方輝針城』後もなお逃走を続ける鬼人正邪の前に、八雲紫聖白蓮幻想郷大物達と共に最終日に参戦した。

シーン10-2のシーン名「にでもなったおつもりか」に対するスペルカードが「こそがなり」といった辺りがさすが太子様である。

能力

十人の話を同時に聞く事が出来る程度の能力

文字通り、十人同時に喋られてもその全てを理解することが出来るである。
豊聡耳神子の豊聡(とよさとみみ)とは、こののことをす。

やんごとなき柄の神子は、幼少の頃から周囲の役人達から愚痴のようなものを聞かされることが多かった。役人達はどうせ理解など出来るはずがないと思っていたが、神子はこれを全て理解し、的確な示を与えることが出来たのだ。その噂が世間に広まり、人として絶大な人気を得たのだという。

長き眠りで信仰のを得た神子は、相手の欲を聞くことも出来るようになった。相手の十の欲を聞くことで、その本質を理解し、相手の全てが分かるという。相手の生まれる前からの事柄を全て遡り、見えるばかりか、近未来の予測も含め、相手の全てを見通せる。これは本来十の欲のを同時に聞かねばならないため不可能なはずの行為であるが、彼女にはそれが可なため相手の本質を見抜くことができる。今作のサブタイトルTen Desires(十の欲望)』はこれのことをしている。彼女はこれを簡単な事だと事もなげに言っている。彼女の言う簡単とは常人の尺度とは随分と違うものだと思われる。

ただしこのも万ではなく、最初から生と死の欲がい半人半霊の妖夢のような欲が欠けているイレギュラーな存在の場合、その相手を全に理解することは出来ない。その理由を妖夢は自分は半分生きてて、半分死んでいるからだとったが、彼女のである亡霊の幽々子は生き返る解仙の話を聞くと自分も生き返るためにやろうとする(数日で飽きたが)などしている辺り、死んでいるから、寿命がないからといって生死の欲がないかは不明。妖怪も復活したり、幽霊になればいいやと死は恐れていないようだが、存在が否定されたり、忘れられたりして全な死を迎えるのを恐れている。また、心を閉ざしている古明地こいしにはこのは効果がない。

このは欲を読むと彼女の人的な身体と分析によるものの二つに分類する事ができる。彼女の異常聴覚で十の話をすべて聞き、覚え、理解し、的確な答えを出すがなければいけない。人の考えは時とともに変わるので順序立てて聞くと結果が変わってしまう。そのため十欲同時に聞かないと本当の姿は見えてこないのである。また、喋り方、表情、仕などから直接言葉にしない非言的手段から相手の考えや動きを読む分析が彼女はずば抜けて高く、何を欲していて、その欲が本人を形成してきた要因を時に読み取るのである。

彼女のは、古明地さとりの「心を読む程度の能力」に近いが、それと違う点は後者が記憶や今の考えを読むのに対し、彼女のは当人の資質と未来読み取る点である。現に霊夢を見た際に無限の可能性を彼女から感じたという。また、十欲同時に読めなくても妖夢の欲が足りないと摘するなど十欲の個々の欲望把握は可

能力の有効性についての考察

東方神霊廟において、豊聡耳神子魂魄妖夢と対した際、その存在について判断を誤っている。妖夢は自身に生死の欲がない理由を自分は半分生きてて、半分死んでいるからだとったが半分死んで、半分生きてる宙ぶらりんの状態である半霊という存在だったからこそ読めなかったのではないかという説もある。現に妖夢四季映姫から「生きている者と同じではないし、死者でもない。半分幽霊の不安定な位置にいる」と評されている。小野塚小町の魂の気質を気になぞらえて診断する幽霊診断でも「気はは活動の徴にして虚、生きたままその気質を得るのは大変な事だが死んだ者には多い気質。心にぽっかりの開いた幽霊になりそうだ」と診断されている。

また、人は功績や縁故などの例以外は界は基本死んだ人間が行く場所で死んでいない人間が人になる場合は生きる欲を含めた欲を断つ必要がありその者は生きながらにして死者と変わらない状態となっている。こう見ると妖夢人に近い性質があり、生死の欲にぽっかりが開いていたために神子が寝ぼけで判断が鈍っていたとはいえ読み間違え、修行中の人や仙人の類と勘違いして話を進めたのも自然な事と考える事もできる。

おこは人間限定ではなく妖怪にも通用するようで東方心綺楼では河城にとりの心を読んでいた。それ以外に、心を閉ざし心に何もなくなった古明地こいしにはが全く通じないことが判明している。また、欲を断って生きたまま人になったケース比那名居天子はこれを満たしていない)にもは効かないのではないかと推測される。ただ、様々な存在がいる幻想郷において、どのキャラにこのが有効か効なのかは原作において実際に神子を使ってくれないことには判断できない部分がある。例えば、幻想郷閻魔である四季映姫月人、亡霊である西行寺幽々子蘇我屠自古などにこのが効くのかは、判断が難しい。

その後の東方心綺楼東方深秘録、書籍等においてこのが活躍している様子はない。このに関連した言及は心綺楼における古明地こいしストーリー敗北時に「心が読めないなんて……」と発言した時と、心綺楼の対戦勝利台詞河城にとりに「私には判るぞ。素直に楽しめない不器用な心が。」と発言したのみで、を有効に活用しているとは言いがたい。心綺楼において二ッ岩マミゾウが自分に化けていた場面でも、戦闘が進んでマミゾウが化けるのをやめるまで相手が何者か理解できていない様子であった。 (仮にマミゾウとこの時点までに面識がくとも、活用していれば、相対した時点で相手の本質を見抜けているはずである)また、東方茨歌仙において茨木華扇と対話した際及び東方深秘録において茨木華扇との対戦勝利台詞においても、華扇が隠しているであろう正体について何か気付いた様子もなく、同じ仙人として対応したのみで、何かを示唆したりすることもなかった。これはをあえて使っていないだけなのか、一定以上のを持つ妖怪にはの効果がいのか、ストーリーの都合なのかといえる。

彼女の力

彼女は全く隙を見せず欲を読み取る以外にも人的なが備わってるとされる。道教の秘術による人化以前から彼女は既に人であり、十人の話を同時に聞き取れるのもシンプルで素だが、これは性のもので他の人的なも同様である。彼女は生まれ持っての人なのである。

白蓮が抑えきれなかった事や信仰そのものである幻想郷中の生き物の欲の念から生まれた欲の小霊を全て吸収した事から、信仰が強まるとを強める霊でもある彼女のはかなり強まっているものと考えられる。復活時点でも本調子ではなく小霊は全吸収はしていない状態であったが、青娥霊夢神社に来た時「あなたのは見事だわ、まさか豊聡様にも引けを取らないなんて」と話している。信仰そのものの小霊は全て吸収したが、小霊は強い欲から発生した欲の塊なだけで、彼女にはいつの時代も欲望という信仰が集まってきたと話している事から普通の欲という信仰は今でも彼女が布教など何もせずとも集まってきている。実際この欲という信仰が勝手に集まってくる『テンフォールドの垂聴』がある。また欲を集めて『デザイア魂』や『霊のプレスティ-ジ』として放出して攻撃できる。彼女には欲望という尽蔵の信仰エネルギーが絶えず供給されていることになる。

他にも迎えの死神が来ると脅されても良い余と余裕の自信である。魔理沙も今までの相手とはオーラが違うと話し、霊夢も彼女のの強さは幻想郷危機で本格的な準備が必要と感じていたほどである。妖夢も場合によっては自分は庭師だから関係なく、あんなの相手にするより庭師に戻ると一時投げやりになった程である。早苗も場合によっては徳王と知り、自分の手に負えないと一時撤退した。

霊夢神社に現れた際もかなり大きい石を片手で持ち上げるなど相当もあるらしい。東方心綺楼でもひっかき攻撃やかかと落とし、杓による殴打、投擲、からの撃やビーム攻撃などの格闘や射撃、仙界ワープを使った瞬間移動などを見せている。言われている人的な数々の伝説も合わせるとまだまだ彼女のは計り知れない。

スペルカード・技

東方神霊廟

名誉「十二階の色 Easy,Normal 聖徳太子蘇我馬子が制定したとされる位階制度「冠位十二階」から。
徳・仁・礼・信・義・智の六つをそれぞれ大小に色分けして十二段階の位とし、
姓や氏に捕らわれず、各々のを評価して、優秀な人材を登用した制度。
弾幕もそれに従い、順番通りに色分けがされている。ちなみに色は下から
小智大智小義大儀小信大信小礼大礼小仁大仁小徳大徳となっている。
名誉「十二階の冠位」 Hard,Lunatic
仙符「日出ずる処の士」 Easy,Normal 遣隋使小野妹子が隋の皇帝煬帝(ようだい)に渡した書の記述、
日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す々」から。
なお煬帝は「日没する~」の部分ではなく、天子と名乗ったことに関して立したという説が有
士は士の二つ名を持つ神子のこと。天子は君を表す言葉。
弾幕自体は太陽を模したもので、当たり判定が非常にシビアである。
仙符「日出ずる処の天子 Hard,Lunatic
召喚「族乱舞」 Easy,Normal
Hard,Lunatic
族とはその地域で強な地位や財産などを持つ一族の事。
蘇我氏(蘇我屠自古)も物部氏(物部布都)も族である。
召喚された二人は霊体なのか、当たり判定がない。あとキャラクターが喋りまくる
「たわむれはおわりじゃ!」
秘宝「斑鳩寺の球儀」 Easy,Normal
Hard
兵庫県揖保太子町にある斑鳩寺(いかるがでら、はんきゅうじ)は聖徳太子が建立した天台宗の寺院。
ここには聖徳太子ゆかりの物が納められており、「聖徳太子地球儀」もその一つ。
この地球儀には日本やユーラシアをはじめ、千年以上先に発見されるはずの南極
幻のムー大陸に相当する部分にも大陸が記載されていたという。
おこ地球儀飛鳥時代ではなく江戸時代に作られたものであるという説が濃厚。
オーパーツとはその時代や場所にそぐわないオーバーテクノロジー品のこと。
ちなみに球儀=地球儀ではない。役割や用途がまったく異なる。
特殊な回転をする弾幕は、球儀をイメージしているものであると思われる。
秘宝「聖徳太子オーパーツ Lunatic
符「救世観音の Easy,Normal 救世観音(ぐせかんのん)とは菩薩の一つ。法隆寺の夢殿安置されている像は
聖徳太子の等身像とも、彼の祟りを鎮めるものともいわれる。
ひかりごこう)とは像の背後にある飾りの一種。
この像には通常の像とは異なり、後頭部に後が打ちつけられている。
弾幕エターナルミークと同じく高速ばらまき弾のように見えるが、実は固定弾。
グセフラッシュ→救世→救世観音の
符「グセフラッシュ Hard,Lunatic
「十七条レーザー Easy,Normal 聖徳太子が考え出したとされる憲法十七条憲法」から。
条(じょう)とはレーザーのような線状のものを数える時に使用される単位である。
「逆らう事なきを宗(むね)とせよ」とは、十七条憲法の第一条である
「和(やわらぎ)を以(もっ)て(とうと)しと為(な)し、(さか)ふることなきを宗(むね)とせよ」から。
簡単に説明すると、諍いを起こさぬようにして、和を大切にしなさい、という意味。
弾幕はその名の通り、十七本のレーザーが発射されている。
「逆らう事なきを宗とせよ」 Hard,Lunatic
降る神霊廟 Easy,Normal 毎度染みのタイトルが含まれたスペルカードである。
上から降り注ぐ霊達は、人間(欲)に触れると引き寄せられるように追尾する。
ちなみに、聖徳太子の霊近畿地方を中心に諸説あるのだが、中でも法隆寺殿説と大阪府南河内太子町にある福寺太子説は特に有である。
「生まれたての霊」 Hard,Lunatic
霊大宇宙 OverDrive 秘宝「斑鳩寺の球儀」&秘宝「聖徳太子オーパーツ」を参照。大宇宙球?

スペルカード背景聖徳太子が建てた法隆寺の五重。背後に展開するのは様々なを組み合わせた仏教的装飾文様の一つである『宝相(ほうそうげ)』ではないかと思われる。

東方心綺楼

特技「職の為政者」により、人気度ゲージとは別に、人気度の上下に連動して上下するゲージ(通称・外人ゲージ)があり、このゲージの状態によって各種技の性が変化する。
通常状態(マントの色・外人ゲージ黄色)ではそれなりの性キャラだが、人気が高まったテンションマントの色&外人ゲージ)になるとガードポイントがついたり巨大判定になったりと凄まじい性キャラになる。逆に人気を失ったテンションマントの色&外人ゲージ)になると悲惨。
そのため、神子が戦う時はまず如何にしてテンション状態になるかが問われる。特に、各ラウンドにおけるファーストアタック(最初に一撃を入れる事)による人気獲得は初期状態から一発マントになれるため、ファーストアタックを取れるかどうかで勝敗が8割決まるとすら言われるほどの繊細なキャラとなっている。

通常技
A、AA 杓でく。ぺちん
テンションになるとリーチちょこっと伸びる
A3段
またはDA
杓をバトンのように回転させながら突撃。多段ヒットキャンセルなため使いやすい。
かなり高い位置を攻撃するため対や下潜りからの奇襲としても機する(ことがある)。 
A4段 マントで振り払って飛びのきつつ後退。
テンションだとガードポイントが付くため適当においておくだけで相当いやらしい
6+A4段
または6B
前方に火炎放射して攻撃。マントで隠しているため、何から火炎を放射しているのかは
多段ヒットの上受身不可能時間がやけに長いため様々なコンボに繋がる。
テンションだと炎が強化され判定とヒット数が増える。
8+A4段
または8B
少し飛び上がっての前方宙返りからかかと落としを行う。
リーチもそこそこあり、飛び上がる関係で相手の攻撃を避けながら攻撃する事が多々あり、差し合いの要となる技。コンボの繋ぎとしても非常に優秀。
テンションになると判定が巨大になる。宙返り距離が伸びてリーチも伸び、思わぬところから届いてしまうようになる。
2+A4段
または2B
斜め下に向けて両手のによる引っかき攻撃。
下に対して判定が強く、コンボの繋ぎとしても優秀。
テンションになると判定がさらに巨大化ヴァンパイアクロウではありません。 
A5段
またはTA 
前方に疾走しながら杓の横薙ぎ一
横へのリーチはそこそこあるが上下の厚みは見たどおりいのできちんとコンボを組まないと当たらない。
各種レバー入れB打撃と違い、同じモーションの技で性がかなり異なる。
A5段で出すと 当たった時点でスタン確定だがスペカ以上でないとキャンセルできない。
TAとして出すとスタンはしないが射撃からキャンセルでき、大抵繋がるコンボ始動として優秀な技。 
TB DAのような回転バトン攻撃からさらに杓をブーメランのように投げる攻撃。
弱射撃 杓から小さい線を放つ。1本のレーザーとして少しの間進んだ後分裂する。
信仰モードによって分裂の仕方が変わる他、テンションによって分裂する本数が増減する。
仏教以外のモードテンションでは分裂すると見せかけて分裂しない悲しい性に。
強射撃 こちらはを構えて強線を放つ。信仰モードによってレーザーの性質や射程や付属品が変わる。
弱射撃もだが横への射撃しかいため、神子は上下に対する牽制をほかの技に頼らなければいけない。
仏教モードではレーザーが端まで届かなくなるが上下にとても厚くなるため上記の弱点が緩和される。

※A・弱攻撃 B・強攻撃 D・ダッシュ T・トップスピード

スキルカード
縮地のマント 相手との距離に関係なくマントフェイントをした後、瞬間移動を行い、相手の背後や下にワープする。僅かな隙間から限の広がりを持て、どこにでも時に行ける仙界の間移動を利用した間を自分で作る事も可間移動は仙人をす者の憧れのスキルであるらしい。
硬直は少なくないためコンボの繋ぎなどには使いづらいが撹乱や逃げには使える(かも)。ただしやりすぎると人気低下の原因に。
七条レーザー して前方の間を切り裂くと、その切れから十七の線が放たれる。
出が遅い上に威が人気度依存が強いため癖が強いが、間を切ってしまえば発生保があり、なにより遠距離レーザーくなってしまう仏教モードでは重な端まで届く射撃。
ザイア 彼女に集まってくる欲という信仰のエネルギーを凝縮して、エネルギー弾として放出する。
放出すると当然自分の人気が減ってしまうため使いどころが難しい。特に性アップするテンション状態の時に使うと一発で通常テンションに戻ってしまうのが困りどころ。 
ジパング 間に極大のを生成し、敵を切り裂く。正面方向と上下の斜め45°方向から計3本の間から突き出す。
コンボに上下への牽制にと非常に便利なスキルだが、人気が減ると3本出るはずのが1本に減ってしまう。
東方インフルーエンス 周囲を手でなぞるとなぞった部分からが走り、彼女の周囲を取り巻く巨大なの輪となる。通称インフル
出は遅いが持続が長く起き攻めなどに役立つ。人気が上がると輪が広がり、リーチ伸びると共にポケットも大きくなる。
テンフォールドの垂聴 毎日欲望を聞かされ続けた彼女にはいつの時代にも欲という信仰が何もせずともひとりでに集まってくる。そのを使い周囲の人気という欲を集め、霊という信仰でを強める種族である自身の強化を行う技。
出すだけで人気が稼げ、その後出した欲を回収するとさらに人気が稼げるが、相手に横取りされる危険もある。
く者の慈 Ver1.30からの新技。へ手をかざし、から光の剣を大量に降らせる。
セットした方向によって間合いが変化。人気が上がるとの数が増加し威が上がる。
それなりに出がく、距離に応じたコンボつなぎ技として組み込むことが可

スペルカード
仙符「日出ずる処の士」 神子下から上まで円状の軌を描きが地からに満たされるように全方位にビームを発射する。
非常にやんごとない位置から放たれるフラッシュ
神子下から順に発生するというレーザーの発射パターンの関係で、相手の上に位置取るか相手の下に位置取るかでダメージコンボへの繋ぎやすさがしく変わってしまう。
符「の上の 周囲をがめぐる球儀を放つ。その周囲を回転するが次々に相手にぶつかる。
上記の「日出ずる処の導士」とは逆で、自分の上に球体を出すため上に対して強い。
人符「勧善懲悪は古の良き典なり」 Ver1.30からの新技。に帯びた宝を抜き、身から巨大なレーザービームを発射する。
人気度によって威が増減、人気度マイナスでも数値が反映され、どちらも100%が最高威となる。
レーザーの色は人気度プラス色、マイナスの場合は黒色となる。
徳符「霊のプレスティ-ジ」 周囲から欲を集めて塊として欲の小霊とした後赤青黄と色とりどりの欲の小霊をぶつける。
符「限条のレーザー 七条レーザーの上位版。こちらはレーザーの数が更に多い。
ラストワード「詔を承けては必ず慎め」 七条憲法三条からの条文の最初の文章。詔(みことのり)とは天皇のお言葉、命令の事 第三条は王の命令を受けたなら謹んで必ずそれに従いなさい。王は 臣下は地と万物の気が通い、バランスが取れているのでそれに従う事。が地を覆い、地がを乗せているが逆の事をしようとすれば和のバランスが崩れ、自滅するだろうという内容である。君が言う事に臣下は従え、上の者が行うところ下の者はそれに倣うべきだ。全仙と集めた人気を杓に乗せて、極大のと化して戦場叩きる。外見も設定もどう見てもセイバーエクスカリバー

弾幕アマノジャク

こそがなり」 全方位から中弾が神子のいる中央に向かって集まった後、全方位高密度レーザーが放射される。うおっ、まぶし!
全方位レーザー上白沢慧音スペルカード「日出づる天子」によく似ている。
「十七条憲法爆弾 上から3つの大玉弾がゆっくり降りてきた後、17条のレーザーを放って爆発する。同時に神子がばら撒く御札弾が地味いやらしい
このスペルカードから日本人皆が知る「十七条憲法」は爆発物だったという日本史学者驚愕事実明らかになった。
そのスペカ名と弾幕インパクトからネタ弾幕と揶揄されることがあるが、ノーアイテム攻略ではルナシューターですら数数千のリトライ数を重ねる高難度弾幕である。

種族について

彼女は人にカテゴライズされているが、本物の霊でもある。霊は霊の内として崇められているものをそう呼び、生きたままになったものと死後になった者がいる。八百万とは別のものであるがその本質と同じである。八坂神奈子も彼女は自分の知る限り神道においてもとっくにであり自分達と同じ存在と話しており、ZUN氏も「聖徳太子神様」という認識である。事実聖徳太子を対とした信仰は太子信仰と呼ばれ全の寺院に太子堂があり、観音菩薩の生まれ変わりなどご本尊扱いであり、かの親も熱心な太子信仰の信奉者であり英知、建築、木工の神様でもある。秦こころ物部布都に会った時『さっきの神様と同じ匂いがする』と言っている。

霊のは信仰のであり、信仰するものが多くなると人間や妖怪に対して大きな影を持つようになるが、逆もまた同じで信仰が減るとダウンする所もと同じであるが彼女の元にはいつの時代も欲という信仰が集まってきた。異変時に現れた霊はまだ霊ではなくその理由は後述する。1400年もの間信仰され続けた大神霊であり、おそらく人間としての彼女という存在が否定されたことにより、ここ幻想郷に来たのだと思われる。しかし仙界という幻想郷ではない世界に普段は住んでいる事から自で存在はできる模様(神様幻想郷外の世界自由に行き来できる)。

また、解仙の術を用い(術の概要体を全に捨てて、何かの物質に魂を宿らせ、然るべき時が来たらその物体が自分の姿となる術である。代わりに屍はその物体に変わる。彼女は依り代に宝を用いた。道教では解仙として最上位になれる者は類を用いる)、仙人ともなっており、彼女は人でもあり霊でもあり仙人でもあるハイブリッドと言える。神奈子の基準ではもう彼女は人間を辞めており、人間の範疇ではないとの事(実際は彼女と同じ霊という種族)。

彼女自身は覚めた当時は霊となった事に気づいておらず、霊化した理由を人間としての存在を否定されたことにより、人間からに等しい存在になったと解釈している(神奈子はそれに間違いないと断言している)。

『東方神霊廟』で現れた神霊との関係

東方神霊廟』時に霊界も含め幻想郷中に現れた霊は、まだ本当の意味での霊ではなく、欲の小霊と呼ばれる存在である。欲や強い祈りの念から生まれる消えたり、現れたりを繰り返すい存在である。欲の塊である霊の子供で霊とは違う存在である。彼女は毎日毎日十の欲望を聞かされ続けていたせいか、いつの時代も自分には欲望が自分から集まって来たという。青娥も「沢山の欲を抱擁出来るお方で欲が自分から集まってくる」と彼女の事を評している。それと同じ事が幻想郷でも起きたのである。彼女が復活のリアクションを起こした途端、幽霊含む幻想郷中の全ての生き物妖夢談)の欲や願いの念が彼女の復活を本で感じ欲の小霊として具現化、消えたり、現れたりを繰り返しながらも霊達は本物の霊になろうとし、彼女の復活の恩恵にあやかろうと自分達を受け入れてくれる人物である命蓮寺地下の霊にいる彼女の元へ惹かれ、進み続けた。霊夢達が来る頃には霊は地下にも関わらず、霊のでまるで広大星空となっているかのような膨大な数だった。

霊は意思を持ち(妖夢も自分の中から欲から生まれる小霊の意思を感じ取った)、言葉を話し、願いを訴えてくる。彼女はこの小霊からで欲を読み、小霊の過去現在未来情報から様々な情報を取得したようで小霊が幻想郷中から集まってくるこの状況をして、霊にいながらにして全てがわかる幻想郷アカシックレコードと評した。小霊は強い祈りや欲の念から生まれているのでそれは雑多な欲から信仰が生まれている事を意味する。東風谷早苗はこの小霊の本質にいちく気づき自身の信仰獲得のための手段にしようと異変解決に乗り出した。彼女が復活してもこの小霊は数は徐々に減ってはきていたもののまだ現れ続けたが、彼女が人里に現れるとぱったりと消えてしまった。彼女というあらゆる欲望を内包でき、本物の霊という存在に全て吸収されてしまったのである。

立ち絵及び設定についての考察

神子が所持しているは恐らく宝『七星剣』であると思われる。道教であり、聖徳太子の佩であったとされる。 聖徳太子は『丙子椒林剣へいししょうりんけん)』というも所持していたが、こちらは道教とは関係がない。
また神子解仙となる際に宝に魂を宿したという事実東方求聞口授にて判明した。

  • 大きく両側に『和』と書かれた当ては十人の話を同時に聞く事が出来たという逸話から。大きなのように見えるもその逸話と自身のを表しているようである。ちなみに神子当ては自身のにより聞こえすぎてしまうを遮断したり、逆に向性を持たせて消え入りそうなかなを拾うことも出来るという便利アイテムZUN氏によるとこの髪型ヘッドホンにしているからの代わりにつけたと話している。                           
  • 杓を手に持っているがZUN氏の中ではあれは根性棒で「たわむれはおわりじゃ!バシバシ!」とあれでイメージだという。
  • に使われているは、冠位十二階の一番大徳と二番小徳から。

二次設定

                /三三三三三` ‐-三三三
                /三三三三三   三三三
                `ー====- _ 三三三
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-三
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /::::::/ ̄ ̄`"`'゜`'`'‐、__:_:::::::::::::::::::::::::::::
         ノ::::::/            'ーz::::::::::::::::::::
       /:::::::l-- __            ノ:::::::::::::::::::
       '゜ ̄ノ::l '‐+-、     ‐- _    l::::::::::::::::::::::::
         /、ノ ‐`'゜ノ    ‐+- _   l::::::::::::::::::::::::
         /         、`-' `  /:::::::::::::::::::::::::
         l    /      ゜   /::::::::::::::::::::::::::
^i r‐、       l   `          〃l:::ハ::::::∧::::/
. l. l l      l   _           /゜) 、::/ 、::/
 l.l l     /   ヽ-‐ ̄ >       // ∨ レ
 ll l      、    `-‐' ゜      -‐ '゜l
 ´ l      ヽ    ̄      /    l
r―-、       ヽ       ,  ´     l
`‐、  ヽ       `-‐  T ̄        l⌒ヽ
ノ   l           l          l: : : l
   /          〃l         /: : / ヘ
   /        _ '´〃: l    /   /: : : : /ヘ ` ‐
  /   _ -‐ 二-'´〃: : l  /   /: : : : : :l /: : ` -、
 ̄7  /_ -‐'´: : : : ://: : : : l    /: : : : : : : ://: : : : : :
: : l /: : : : : : : : : ://: : : : : ヽ /: : : : : : : : : //: : : : : :

神子についての二次設定は様々であるが、初期の頃はギャグマンガ日和ネタが多かった。何を隠そう神子モチーフとなったのは聖徳太子であるため、同じく聖徳太子が登場する増田こうすけ著の『ギャグマンガ日和』と神子が結び付けられたのは自然の成り行きとも言える。また、神子スペルカードの一部である「十七条レーザー」や「グセフラッシュ」などのきが、同漫画上で太子が披露する義「フライング摂政ポセイドン」や「飛鳥文化アタック」のきとダブるためであろう。2011年8月14日日曜日)、livedoor したらば掲示板に立てられた「豊聡耳神子スレ あてその1」スレッド内では>>29レスにしてくも『ギャグマンガ日和』の太子AAが貼られており、pixivや他の個人絵サイトにおいても見覚えのある青ジャージを着用した神子の姿がくから見かけられた。

直接的なネタ以外に、本来の聖徳太子イメージだけならもっとっ当なキャラづけになりそうなところ、そこにアホの太子のイメージが混合したことでキャラづけがかなりボケ寄りになり、正しいようで何か間違っている「聡明なアホ」として扱われる場合が多くなっている。
これについて、初めのうちは物部布都が『ギャグマンガ日和』における小野妹子ポジションに据えられていたが、布都原作での挙動からアホの子という認識がされたためツッコミはもっぱら蘇我屠自古の役割となり、3名でのフリ→ボケツッコミというパターンが多くなっている。 

また、元ネタが男であることやライバル聖白蓮性が強いという描写をされやすい等の理由で魔理沙リグルと同様かそれ以上に「男」としての側面を強く持ったキャラクターとして扱われる。タイプとしては、心綺楼でのカッコ良さ重視の描写や人の人気を集めるという政治家的な側面、女性化したことで中性的な顔になったことなどによって所謂イケメンと化している場合が多い。上に散々書かれている通りスペッグも高く男としても申し分ないキャラである。

他にも「みこたんインしたお!ネタがある。これも藤原妹紅の「もこたんインしたお!」の前例が既にあったうえに、神霊廟のとあるエンディングの影もあってか、較的くから見受けられた。詳しくは「もこたんインしたお!」の項を参照のこと。

二次創作でよくある組み合わせ・カップリングとしては配下の族である物部布都蘇我屠自古や、生前より関わりのある霍青娥心綺楼ライバル関係が強調された聖白蓮ひじみこ)、自身の作り出した面が付喪となった秦こころなどが中心である。

特に秦こころは自身が作り出した存在であるためか、カップリング相手のを交えて親子的な描かれ方をすることも(ひじみこころ)。

また動物のような特徴的な髪型ミミズクを想起させることから、pixivなどではミミズク姿で描かれることも(pxiv百科事典:トヨサトミミズク)。当初は単なる二次創作ネタであったが、心綺楼においてマミゾウスペル「変化「二ッ岩の裁き」」で変身させられた姿がミミズクであったため、まさかの公式ネタとなった。

関連動画

わむれはおわりじゃ!

みこたんペロペロ

その発想はあった

関連静画

お絵カキコ

豊聡耳神子#70 東方神霊廟#2712 knuck(絵師)#211 神子 マヨネーズ(絵師)#503 ななしー(絵師)#2594 らくがき#8604 神子 らくがき#9036 らくがき#9534 >>3が理解できることが不幸#1201061 ななしー(絵師)#3489

【ドット】製カブ記事【改造ポケモン(東方人形劇編)】#627 【ドット】製カブ記事【改造ポケモン(東方人形劇編)】#628

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B1%8A%E8%81%A1%E8%80%B3%E7%A5%9E%E5%AD%90
ページ番号: 4698853 リビジョン番号: 2355680
読み:トヨサトミミノミコ
初版作成日: 11/08/14 19:29 ◆ 最終更新日: 16/04/29 20:23
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


神子

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

豊聡耳神子について語るスレ

1727 :   :2016/03/08(火) 03:28:59 ID: TjMxf4lT8l
1726
そうだな、そこを忘れていた
1724、〉1725もだけどこちらの勝手な考えの元おかしなことを書き込んでしまって申し訳ない
1728 : ななしのよっしん :2016/03/08(火) 06:50:25 ID: KMeuHi6BC9
死に怯えたというより、人が死ぬということに不満があった、才ありすぎた故に
だから人をえた、この人の才は人間の身では足りなかった
1729 : 名無しのよっしん :2016/03/24(木) 22:35:27 ID: SrCzVUx4eu
人の死に怯え、人間を辞めたって面では、神子の思想は根っこは同じなのかね。割り切る事が出来たらもっと仲良くなれそうな気もする。
1730 : ななしのよっしん :2016/04/19(火) 23:42:45 ID: LsZW9/0ypZ
最近読んだSS聖徳太子と五つの難題、っていうのが面かった とか仏教徒の宗教観や抱える矛盾と葛、仙人・スキマ妖怪蓬莱人の死生観なんかが練ってあって
まぁ見方によっては太子様のハーレムモノな点に注意、あと幽々子とか輝夜妹紅の前だと小物化しちゃう娘々とか気になるとこもあったけど
1731 : ななしのよっしん :2016/04/23(土) 02:31:52 ID: mui+fGipkQ
>>1729
わかる
神子って宗教的の部分や行動原理、人間をえるための方法や動機は対極的にも見えるんだけど
はたから見ると結構似たもの同士なんだよね

個人的には、深秘録での2人の絶妙の距離感好きだわ
対立しながらもお互いに相手を評価している雰囲気をそこはかとなく出してるのがなんか良い
あれこれ想像を掻き立ててくれる
1732 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 17:45:43 ID: aqwZHJuhXx
仮面ライダーゴースト劇場版アイコンで出演と聞いて飛んで来ますた。
1733 : ななしのよっしん :2016/05/18(水) 21:48:39 ID: KMeuHi6BC9
PS4深秘録でのさらなる活躍に期待しております
1734 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 00:48:35 ID: xWhEmKf8IJ
うどんげの欲は人間(地上の)と同じなのかねえ
1735 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 02:01:24 ID: /+nVCp0TuP
にゃんにゃんの事どう思ってます?
1736 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 22:35:00 ID: oneICIm6F6
腹黒い関係だからでも意外に殺伐としてる…かもしれない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015