クィン・セクトニア単語

クィンセクトニア
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

クィン・セクトニアとは、星のカービィシリーズに登場するキャラクターである。

概要

※ネタバレ注意※

クィン・セクトニア

星のカービィ トリプルデラックスラスボスドロシアに続く2人女性ラスボスでもある。ボイス担当はカービィも担当している大本眞基子。名前の由来は女王英語訳であるクイーン昆虫を示すインセクトのもじりだが、最後のニアNearの意味で彼女であってではない不思議な存在であるという意味も含まれている。

女王蜂のような姿をしており、長い間に渡って浮遊大陸フロラルドを支配してきた妖艶なる悪女一人称は「わらわ」で女王らしい高で威圧的な口調で話す。己の美貌とには絶対の自信を持ち、自らを「万物の女王」と名乗り、その自負に見合うだけの確かな実と高いカリスマ性を備えている。本拠地であるレベル6「ロイヤルロード」にそびえ立つ月影都セクトラトアには彼女をあしらった旗が掲げられている他、随所にの巣を彷彿させるような六角形の意が見受けられる。
直属の配下には操りの魔術師タランザがおり、それ以外にもで武装したアントラーというのような敵キャラで構成された親衛隊「バグズ」が存在している。さらに「セクトル五連」という大戦車まで所有しており、その武・権・兵はどれをとっても一級品である。
しかし、性格は極めて傲慢不遜でフロラルドの住民である天空の民を「無能な民」と見下して圧政を敷き、部下のことも消耗品程度にしか見ておらず、たとえ直属の配下であっても役立たずと判断すれば容赦なく切り捨てる冷酷非情な独裁者として君臨している。 
その性格を反映してか自身の住居もセクトラトアには構えず、都の上に魔で作り出した宝石で出来た宮殿に居を構えている。(この宮殿の下層にはがあり中監としての役割も持つ) 

戦闘力は非常に高く、の装飾に宝石の付いたゴールドロッドの装飾に宝石の付いたシルバーロッドという2種類の魔法を扱う他、剣術にも長けており2本の二刀流レイピアに変化させて鮮やかな捌きを見せる。
また、セクトニアの一族は「あやつりの秘術」というで他人に寄生し乗り移るという、ダークマター族と似通ったを持っており、このでより強く美しい者に乗り移ることを繰り返して権を維持し続けてきた。そのため、作中で見せる女王蜂の姿も他者に寄生して手に入れた物であり、元々のセクトニアの姿だったという訳ではない。長年フロラルドを支配し続けてきた彼女であったが支配欲は留まることを知らず、今度は下界をも手中に収めようと野心を燃やす。

長い間圧政に苦しんでいた天空の民たちはセクトニアの支配から解放されることを望み、下界の勇者カービィを借りるためにワールドツリーの種をプププランドに落としたが、その考えは既にタランザに見破られており、彼(彼女?)らは投された。
先手を打ち、さらに下界侵略の手駒として利用するためにセクトニアは部下のタランザに下界の勇者を捕らえて操るよう示。しかし、タランザは下界の勇者カービィではなくデデデだと勘違いしてデデデを連れて来てしまう。タランザデデデを操ってカービィと戦わせるも敗退。部下の相次ぐ失態にを立てたセクトニアは、助けをめてきたタランザ魔法で吹っ飛ばし、野望の成就を邪魔するカービィと対峙した。

一度カービィに敗れるも野望の炎は消えず、カービィをここまで導いたワールドツリーに寄生。ツタでポップスターを絡め取り、もろとも支配しようとした。ポップスターを救うため、最後の戦いが始まる。

余談だが、ラスボスにたどり着くまでにEXステージを含め順調に全てのサンストーンをコンプリートすると、ラスボス戦前だろうが関係なくコンプリート報酬としてレアキーホルダーのクィン・セクトニアが入手でき、先にステージコンプしようと思ったプレイヤー公式ネタバレをかましてくる仕様となっている。

バトルでのクィン・セクトニア

第一形態

その美しさで タランザ りょうする、
しはいしゅうちゃくした
悪しき女王 フロラルドを わがものとし、
 いく年天空の民たちを
 くるしめて来た の・・・くろまくだ!


ついにカービィの前に姿を現した黒幕戦闘BGMは「Dirty&Beauty」。

ワープ移動で翻弄しながら2本のと2本のを使い分けてカービィを攻撃してくる。シルバーロッドからは複数の魔法弾を飛ばし、ゴールドロッドからはを広範囲に落として攻撃してくる。を使った攻撃の中では特に裂突きが非常に危険で、まともに喰らうと多段ヒットし、ごっそり体を奪われてしまう。また、巨大なリングを身にってカービィに接近することを繰り返した後、画面に移動して巨大リングを投げ飛ばす「ブライトネスリング」は攻撃時間も長く非常に厄介

が一定以下になると、魔法陣から巨大な宝石クィンズジュエル」を召喚。カービィをその宝石の上へ吹っ飛ばし戦いの舞台が移動する。両端が奈落の底になっており、足を滑らせると即死する危険がある。ここからセクトニアの攻撃手段が変化し、小リング弾をいくつも投げ飛ばしてくる「リングショット」やバグズ召喚も行う。バグズが出現している間はセクトニアは姿を見せないので必ず全滅させる必要がある。バグズは色とサイズが異なる個体が全部で3種類存在し、それぞれ得られるコピー能力が違う。(レッドアントラー:ファイアグリーンアントラー:スパークホワイトアントラー:アイス)

さらにそこから一定のダメージを与えると、セクトニアは2本の宝石を破壊(この時宝石の中央にいると、が当たりダメージを受けてしまう)。またカービィが吹っ飛ばされ、最初に戦っていた場所へと戻される。ここからはを使った攻撃が体になり、多数の残像を出しながら何度もりつけてくる残像りとそれ以外の攻撃を交互に使用してくるようになる。バグズ召喚も引き続き行うがバグズがいる間は姿を見せなかった二段階と異なり、召喚した後はそのまま別の攻撃を行いなく巻き添えにする。このあたりにも部下を傷つけても何とも思わない彼女の冷酷な性格が見て取れる。
ここで体を削り切ると第一形態終了。セクトニアは一度地面に倒れる。

セクトニアヴァイン

セクトニアの いちぞくは あらゆる生き物
きせいし、のりうつり、しはい して来た。
かいほうされた 天空の民と 大王
きょうりょくし 女王のカラダに おおわれた
フロラルドを、このを・・・ すくうんだ!


セクトニアはワールドツリーに寄生し、ポップスターごと支配を論む。カービィデデデと協し、天空の民が持ってきた台で戦う。

セクトニアの前には幾重にも連なったツタが立ちふさがり、ワールドツリーに守られたセクトニア本体のところへカービィを送り込むため、妨してくるツタのカービィをぶつけて突破口をこじ開けることになる。
このパートでは3DSを傾けて照準を移動させ(スライドパッドでも代用可)、カービィをぶつけるという3Dシューティングのような流れとなる。が閉じている間はダメージを与えられず、むしろカービィダメージを受けてしまう。またも黙っている訳ではなく、ココナッツを発射して攻撃してくる。着弾前にカービィをぶつければ迎撃出来るが失敗すると、やはりダメージを受ける。は何度も開閉し、フェイントまで掛けてカービィミスを誘う。全滅させるたびに1つ→3つ→5つと数を増やしていき、最後の5つは蕾を閉じている時にぶつけると受けるダメージがそれまでより大きいトゲ付きの花になる

を3回全滅させると、ツタが一時的に消滅し、セクトニアへのが開く。この時にカービィを発射すると第二形態へ移行する。あまり時間を掛けすぎるとツタが復活し、新たに出現するトゲ付き3つを全滅させるところからやり直しになるので注意。

第二形態

美しくも まがまがしき すがたのセクトニア。
ワールドツリーに その身を やどし、
フロラルドせいふく のみならず ぼう走し
ポップスターぜんど をも とりこんでいく・・・
ようえんの悪女 に、 とわなる・・・ねむりを!


ワールドツリーと一体化したセクトニアとの戦い。ワールドツリーの最上部にあった桃色の巨大な蕾にセクトニアと同様の羽根が付き、開したの中央にはセクトニアの頭部が存在する(融合の過程で胴体部分は消失。頭部の触覚も6本のめしべのような形状に変化している)。戦闘BGMは「狂花水月」。

セクトニア本体はステージに鎮座しているので攻撃を当てることは出来ず、彼女が放った一つ「セクトニアフラワード」を攻撃することによってダメージを与えていくことになる。セクトニア第二形態の攻撃のどはこのから繰り出され、ブレード台といった様々な武器に変化してカービィを攻撃する。一定のダメージを与えるとは撃破され、その度にセクトニアによって引き寄せられ新たに出現したと戦っていくことになる。これを繰り返してセクトニア本体の元へ近付いていくのだが、近付くにつれ足場がどんどん悪くなり落下死の危険性も増える。さらに、セクトニアが使用するどの攻撃にコピー能力を落とす効果が付加されているため、運が悪いと落としたがそのまま奈落の底に落ちていってしまう場合もある。

を3回全滅させてセクトニアの元へ辿り着くと一度に4つものと戦わされ、ここからは本体も攻撃に加わり攻撃パターン変する。特に4つのと共に極太レーザーを発射する「デスブルーム」と4つのが電流で連結してカービィの逃げ場を奪う「フローラレイカルテット&デュエット」は威が高く被弾した時の硬直時間が長いので直撃してしまうと高確率コピー能力を失ってしまう非常に危険な攻撃。
ここで体を0にするとセクトニアがゆっくりと倒れていきムービーが挿入される。

倒されてもなお余を残していたセクトニアに隙を突かれて、ツタで締め上げられたカービィだったがデデデタランザの協危機を脱し、ビッグバンを得てセクトニアとの最終決戦に挑む。ここから戦闘BGMが「この星をかけた魂の戦い」に変化し、直後にが明け朝日バックに戦う演出は必見。

ここからはセクトニアの攻撃が一段と手になり、からミサイルのような種子を出して攻撃する他、本体からは巨大なミサイルが撃ち上がってくる。飛び掛かってくるをかわしビッグバン吸い込みでを捕らえると、残ったでバリアを展開。ここでまた3Dシューティングのようになり、バリアを生み出すに吸い込んだをぶつけてバリアを破壊していく事になる。守るのに必死なためかセクトニアヴァインの時とは違い、妨はしてこない。バリア時計回りに一定のリズムを刻みながら回っているが、の数が減ってくるとフェイントとして反時計回りも交えてくる。そのため後半になればなるほど当てづらくなる。

リアを全て破壊すると、セクトニアが放った極太レーザーファイナルデスブルー」とビックバン吸い込みの一騎打ちとなる。レバガチャ勝負となり、これに打ち勝つとようやく勝利になる。カービィによってレーザー弁はおろか体ゲージまで吸い込まれ、それらをめて放出されたことにより跡形もく吹き飛ばされた。

セクトニアが倒された後はワールドツリーの暴走も収まり美しいを咲かせてポップスターの新たな名所になったが、同時に亡き女王の忘れ形見になったともいえるだろう。

なお「格闘王への道」ではセクトニアヴァイン戦と第二形態後半のビッグバン状態でのバトルはなく、第二形態前半戦に勝利した時点で終了となっている。

クィン・セクトニアDX

セクトニアとタランザは、 それはなかのよい
2人であった・・・。 だが、ぜっせいどくりつな
セクトニアが美としはいにとりつかれて
からは、じょじょに 心をみにくくさせ、
ようえんの悪女となっていくのであった・・・


ストーリーモードクリアすると出現する隠しモードデデデでゴー!」で出現するクィン・セクトニア第一形態の強化版。全体的にっぽいカラーリングになり、細部が通常版にべて鋭的なものになっている。

通常版にべて全ての攻撃の攻撃範囲と速度が大幅に強化され、残像りではフェイントを織り交ぜてくるようになった。また、二段階でもバグズを召喚した後すぐに別の攻撃に移行するようになっている。
しかし、このモードでの彼女ラスボスではなく前座という扱いで、続けざまにとんでもない相手と戦うことになる。

上記の文章はボス戦の時にポーズ画面を開くと確認できるボス説明文だが、この文章によればセクトニアは最初から非情な暴君だったわけではなくタランザとも単なる側近ではなく非常に親しい間柄だったようだ。しかし、セクトニアが美と支配欲に執着し始めてからは性格の変化と共に少しずつ裂が生じていき、絶世独立独裁者と成り果てた現在では上司と部下というそれ以上でもそれ以下でもない関係になり、最後はお互いにを突き立てる結末になってしまった。

一体どこでを間違え何が彼女を変えてしまったのか?
ゲーム中でこの二人の過去について触れることはなかったが、後に後述する公式Miiverse開された詳細な裏設定でセクトニア変貌の相がられることとなった。 

トリプルデラックスのさらなるネタバレ注意

 

ーー

 

ーー

 

ーー

 

 

セクトニアソウル

タランザのおくる ささげものは、言葉は、
かのじょには もう とどかない。 すべてを
うしない ぼう走する かつて女王であった
悲そうな むくろ・・・。 世界をとりこみ なお美に
しゅうちゃくする かのじょに、 とわなる・・・ねむりを!


トリプルデラックス裏ボス。本作の最後に出現する隠しモード真・格闘王への道」の大トリとして登場する。
ストーリーモードカービィに倒されたクィン・セクトニアが4つの奇跡の実を取り込んでった姿。ワールドツリーと一体化した時の姿でったが色鮮やかな桃色弁だったストーリーモード版に対して、弁はくなって切れ込みが入り、瞳はく濁った生気を感じさせないものになっている。生前の意識はどなく、美への執着心と闘争本のみで動くゾンビのような状態に成り果てており暴走状態のままカービィに襲い掛かる。

ストーリーモードのクィン・セクトニア第二形態の強化版といえるボスなので基本的な戦術は同じだが、ストーリーモードでは四段階で4つに増えたがこちらでは三段階からになっているのでかなりい段階で攻撃がしくなり、さらに4つのがそれぞれ二体一組で違う技を繰り出して回避の隙を潰してくる。
また、新たにワールドツリーのツタでカービィを突きさす「ヴァイヴァインド」と強化版バグズのロードアントラーを召喚する技も使用してくる。 

倒すと爆発を繰り返しながら項垂れこれで勝利かと思いきや・・・。 

第二形態

いくどとなくきせいし、のりうつりつづけ
どれが 本当のすがたあったのか・・・
もはや 思い出すことも出来ない。
わたしをよぶもしたが 今はもう聞こえない。
このが明けるその前に、とわなる・・・ねむりを・・・


セクトニアソウルの体を一度0にするとムービーを挟んでこの形態に移行する。セクトニアの頭部がワールドツリーと一体化した下半身を引き千切り、上半身と羽根だけの状態になって襲い掛かってくる。文章にすると聞こえは悪いが実際に見てみると色の巨大な4枚羽根によりのような姿にも見え意外と綺麗。
情報全な初見殺し形態であり満身創痍の状態でセクトニアソウルを一度倒したプレイヤー絶望の淵に叩き落とす。

普段は奇を発しながらステージから手前に高速で移動することを何度か繰り返した後にカッター攻撃を行い、カッター攻撃を数回使用した後はステージに移動してヴァイヴァインドやフローラルカノンといった大技を繰り出してくる。ソウル繋がりでドロシアソウルを意識した技も持ち、体を細かく分裂させてのように降り注ぐ「スプラッシュラッシュ」と巨大な火球と化して飛び跳ね回った後に何度も突進してくる「デッドリーバウンド・サン」という2種類の大技も使ってくる。攻撃を当てられる機会が非常に少なく、高速移動中にステージ手前に接近してきた時とヴァイヴァインドで出現するツタに攻撃を当てることでしかダメージを与えることが出来ない。
倒すとに包まれながら背景が明け始め、日が昇るのと同時に断末魔を上げながら数の弁を撒き散らせて消滅する。断末魔の後に1枚の弁がゆっくりと落ちていく演出はどこか切ないものがある。

余談だが第二形態のボス説明文はこれまでの説明文とは明らかに文体が異なっている。まるでかの視点られている独のようであり、しかも自分が倒されることを望んでいるようにも見える。この独はもしかすると・・・。 

詳細な裏設定

発売後、多くのプレイヤーが本作のストーリー考察していたが、後に公式Miiverseでその設定の一部が開された。

https://miiverse.nintendo.net/posts/AYMHAAACAADMUKl7YhjPxgexit

https://miiverse.nintendo.net/posts/AYMHAAACAABnUYoFWYlLhgexit

  • きせきの実は食べる人によって、起きるきせきも違う
  • 「その実を与えられた最後の敵は、1度やぶれたにも関わらず、きせきによって再びよみがえります。 その代償として変わり果てを忘れてしまいましたが…。」

https://miiverse.nintendo.net/posts/AYMHAAACAADRUqGRdUsRIAexit

  • 「クィン・セクトニア」の「クィン」はそのままQueenの意味、「セクトニア」はインセクト=InsectとニアNearで、に近いけどではない不思議な存在であることを表している
  • セクトニアは、操りの魔法を得意としており、元々は身近に登場するの同族の側近に似た姿だった
  • ハチのような美しく強いあの姿も、その魔法を使って宿を変え続けた結果手に入れたもの
  • 元々の姿を知る側近は、どんな気持ちで姿の変わりゆく(あるじ)に従っていたのでしょうか。

https://miiverse.nintendo.net/posts/AYMHAAACAADMUKl-5L1SXwexit

といったまさに黒い任天堂全開な内容であった。
とはいえ「これらの舞台世界観、物語は全て、本作の遊びのテーマを盛り上げるためのものです。 物語を意識しなくてもゲームを楽しむ事ができますが、より一層、遊びのテーマを深く楽しめるようにと考えられたものになります。」とコメントしているように、あまり設定のことばかり持ち上げるのも本作の遊びの趣旨からずれていることを理解しておこう。

クローンセクトニア

こののしんりゃく時に見つけた巨大な
植物からデータをさいしゅ。不思議なことに、
こん女王クローンが生まれた。
データには1000にもおよぶ様ざまな
生物データがふくまれており、ナゾがたえない。

 
ワールドツリーから採取されたデータをもとにして復元されたセクトニアのクローンオリジナルべ全体的にがかった色合いになっており、各部についているハートマークの意が全てヒビ割れている。
星のカービィ ロボボプラネットの隠しモードメタナイトでゴー リターンズ」及び「かちぬきボスバトル」専用のボスとして登場する。
メタナイトでゴー リターンズ」ではメタナイトを新たなとして認めた星の夢が強い士と戦いたいという彼の望みを読み取り、その願いをえるべく作製され放たれた二体クローン士として戦うことになる。星の夢く「美しく舞うようにを操る最強女王」。

攻撃パターンはクィン・セクトニアDXのものがベースになっているがクィンズジュエルバグズ召喚を行わなくなった代わりに新技として2本ので地面を叩きクィンズジュエルの破片のような衝撃波を発生させる「クィンズクラッシュ」が加わり、士として作製されただけあって剣術に重点をおいた戦闘スタイルになっており、による魔法攻撃の後も即座に武器を持ち変えてによる追撃を仕掛けてくる。
撃破後は紫色のドロドロの塊になりながら爆散するが、その際に一だけタランザに酷似した姿に変化する。直前に戦うクローンボスも爆散する間際にの姿をとっていることからこれがセクトニアのの姿だと推測されている(よく見るとまつ毛のようなものが確認でき、髪型の形状もタランザとは微妙に異なっている)。

本作では上記のボス説明文によりオリジナルのセクトニアは最低でも1000年以上は生きていたという新たな事実が判明した。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クィン・セクトニア

445 ななしのよっしん
2018/11/13(火) 21:14:08 ID: A90Z1oQ9LP
復活とまでは言わないけどせめて生まれ変わって欲しい。少なくともそれだけでタランザは報われると思うの
446 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 23:47:07 ID: Lu9B0cEXCW
死んでも神曲を量産し続ける
447 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 19:38:17 ID: DpItkVYjGJ
そーいえば、姿だけなら初出から皆勤賞なわけか。




もう眠らせてやってくれよと思わんでもない。 社長は眠ってるだろうし
448 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 20:42:20 ID: itpNbzUqQ8
>>445
マルクマホロアソウル化して姿がかなり変わっていたのが元に戻って復活してたし
セクトニアももしかしたら一番最初の姿で復活してる可性あったりして
449 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 19:28:15 ID: RWXVylGLg8
クィンズファントムアホほど強すぎて
ボス戦時のタランザ君が大体セクトニア様の幻影にお願いし続けるだけの簡単なお仕事と化している
450 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 21:38:59 ID: yZWd1gCZ7q
この人とタランザが救われる可性はもうリメイクしかないな。
451 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 21:27:03 ID: 7kI2Mzjwxy
>>450
「しかない」ってリメイクの意味わかってて使ってるのか?
452 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 11:23:31 ID: L8SVA9yZI3
本人はもう死んじゃったけど偽物ゲームに出続けてるっていう点は
アイスドラゴンと似ている
453 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 16:57:29 ID: zM1JUzhVeS
ハルトマン生存?してたから
セクトニアワールドツリーから新種の実が実って
そこから邪念が消えたクモセクトニア再誕してってくれ……(切実
454 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 11:49:06 ID: L8SVA9yZI3
ソウル化した状態で生まれてきそう

急上昇ワード