ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ単語

ポケットモンスターレッツゴーピカチュウレッツゴーイーブイ

ポケモン > ポケモンソフト一覧 > ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイとは、2018年11月16日発売のNintendo Switchゲームソフトである。

概要

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/Let's Go! イーブイ
基本情報
ジャンル RPG
対応機種 Nintendo Switch
開発元 ゲームフリーク
発売元 株式会社ポケモン
販売元 任天堂株式会社
発売日 2018年11月16日
価格 5980円(税別)
年齢 CERO A
その他
ゲームソフトテンプレート

2018年5月30日に行われた「ポケモン新作発表会」にて公式発表されたゲームソフト

タイトルにある通り、 「Let's Go! ピカチュウ」ではピカチュウを、「Let's Go! イーブイ」ではイーブイ相棒として登場する。ほか基本的には第一世代のポケモンを中心に一部アローラ地方ポケモンも登場する。

基本は配信中のスマートフォンアプリPokémon GO」をベースにした画面構成となっており、野生のポケモンとは戦わずにモンスターボールを投げてゲットするのみとなっている。なおCPUトレーナーとのポケモンバトルは従来の本編と同じく豊富に用意されている。PVではオーキド博士ロケット団の存在も確認されており、また物語舞台カントー地方であることも明言された。

操作はJoy-Conの片方だけを使うシンプルなもので、モンスターボールを投げる際には投げる動きを実際に行うなどの操作もできる。また2つのJoy-Conを使うことで二人同時プレイも可

本作の関連商品としてモンスターボールの形をしたコントローラーモンスターボール Plus」が同時発売予定。ゲームの操作に使えるほか、ポケモンを中に入れて実際に連れだすこともできる。(音や振動などで実際に入っているかのような感覚が味わえる)

本作の特徴

主人公とライバル

今回は『赤・緑』のいわゆるレッドグリーンではなく、新しいデザイン主人公ライバルが新登場する。主人公男女から選択可。着せ替え要素も存在。ライバルは『赤・緑』のグリーンと似たような立場を担うが、性格はっ直ぐで素直、友人思いとグリーンとは似て非なるキャラクターとなっている。

また、作中ではレッドグリーンが「先にマサラタウンから立ち、図鑑作成に貢献した先輩トレーナー」として登場するほか、女の子も登場する。一説には一部の書籍で開されるにとどまったあのキャラクターではないかともいわれているが…?

相棒ポケモン

ピカチュウ』ではピカチュウを、『イーブイ』ではイーブイを最初に入手することとなる。この二匹は「相棒ポケモン」という特殊なポケモンで、常に主人公とともに行動する。ポケパルレのようになでたりすることができたり、着せ替えをすることもできる。また、様々な専用技を習得する(後述)。

ちなみに進化することはできない。バトルパーティーから外すことはできるが、その場合も主人公に同行する。ステータス種族値)は通常よりかなり高め、生まれつきの個体値)は全てMAXに設定されており、最後まで使えるポケモンとなっている。

イーブイバージョンで登場する相棒イーブイは通常の個体と異なり、性別による外見の違いが存在する(尻尾の模様が異なる)。

バトルシステム

技、タイプ相性、物理・特殊の概念等バトルシステムは最新の第七世代に準じているが、特性や持ち物といったシステム止されている(一方で性格は続投)。

収録されている技は従来シリーズよりかなり減少しており、持ち物や特性に関する技、メロメロのろいといった第一世代には存在しない状態異常を引き起こす技、フィールドに影を及ぼす技等は基本的に収録されていない。
すいとるがメガドレイン相当の性に、メガドレインギガレイン相当の性に引き上げられギガレイン削除されるなど第一世代を意識したと思わしき調整も施されている。

わざマシンは大幅に刷新され三色パンチやばかぢから、げきりんメガホーンちきゅうなげネコこばん、じゃれつくといった技がわざマシンとなっている。

また、メガシンカシステムを採用しており、持ち物止の関係上メガストーンを入手していると装備させなくてもメガシンカを行える。

今作はバトルサーチャーが存在しないので一般トレーナーとの再戦は出来ないが、代わりにゲームクリアパワーアップしたジムリーダーと1日1回再戦できるようになった。

育成

今回はポケモンを捕獲したさいに手持ちの全ポケモンに均等に経験値が入るようになった。また、バトルではバトルに参加したポケモン以外にも少量の経験値が入る。

ポケモンの成長システムに見直しがかかり、今回は基礎ポイント努力値)をそれぞれ200まで上昇させることで強化する。1回強化するごとにステータスが1上がるので、上限まで上げ切るとステータス200も強化される。強化にはポケモン博士に送ることで貰える「アメ」を使う。今回はポケモンを倒してもポイントは入らない。ちなみに通信対戦のノーマルルールでは反映されない。

タマゴシステム特性シンクロ」がないので基本的に入手するポケモンの性格は運任せだが、タマムシシティポケモンセンターにいるきとうしに話し掛け、質問に答えることで一定時間野生ポケモンの性格をしぼることができる。

つきのいしやポイントアップ等、リメイク前で数量が限られていた強化アイテムは1日1回隠しアイテムが復活するエリアで入手できるようになった。

個体値救世主すごいとっくん」も続投。特訓に使う王冠はアローラ地方と密接に関係するとあるキャラクターから一日一個もらえる。

二人プレイ

使ってないほうのJoy-conを使うことで性別の異なる主人公が登場、二人でプレイできるようになる。ポケモンは手持ちを二人で共有し、バトルは2対1になる。二人プレイすることで野生ポケモンを捕まえやすくなる等のメリットがある。

捕獲

今回はランダムエンカウントではなくフィールド上を行き来するポケモンと接触するとバトルに入るシンボルエンカウント方式となった。バトルでは従来の技のぶつけ合いをせず、『Pokémon GO』のようにモンスターボールを野生ポケモンに当てるバトル方式となった。同じポケモンを連続して捕まえつづけるとコンボボーナスが繋がり、高個体値色違い、果てには図鑑の生息地に記載されていないはずのポケモンが出現しやすくなる。

捕獲の補助をするきのみサークルなどのシステムも採用されている。捕獲したポケモンはボックスに預けるだけではなくオーキド博士に送ることもでき、送ったポケモンに応じた育成アイテム「アメ」を入手することができる。
ちなみに今回のポケモンボックスはパソコンではなく主人公リュック内に存在し、いつでも手持ちの入れ替えが行える。

システム上大量のモンスターボールが必要となるため、今回は各種ボールが大幅値下げされている。また、トレーナーを倒すと賞とは別にボールを入手できる。

なお、伝説のポケモンたちは従来のようにバトルをして倒し、捕獲に入るという流れとなっている。

リージョンフォーム

サン・ムーン』で登場した「アローラのすがた」のポケモンも入手できる。アローラ産なので野生では出現しないものの、アローラからの観光客などNPCとの交換で入手できる。交換は同種のポケモンで行われ、何回でも交換できるお得な仕様。もちろん『Pokémon GO』から送ることも可

ヒジュツ・相棒わざ

今回は秘伝技の代わりとなるフィールド技「ヒジュツ」が登場。邪魔な木を切る「ケサギリ」、を渡る「ミズバシリ」、を飛んで遠くのへひとっとび「ソラワタリ」等を相棒ポケモンが習得していく。これらはバトル用の技とは関係に習得していく。また、ラプラスに乗ってを渡ったりと一部のポケモンは秘伝技のようにフィールド上で特技を使用できる。

バトル面においては相棒ピカチュウ相棒イーブイ専用技相棒わざ」を習得することができる。なついているほど威が上がり、「相棒サイン」が出ているときのみ使える大技「ピカピサンダー」「ブイブイブレイク」のほか、
なみのりピカチュウ」や「そらをとぶピカチュウ」になって攻撃する「ざぶざぶサーフ」「ふわふわフォール」、進化後をモチーフにしたと思わしき「めらめらバーン」「びりびりエレキ」「いきいきバブル」等多様な専用技を習得する。

ポケモン連れ歩き

タイトルにある通り、 『Let's Go! ピカチュウ』ではピカチュウを、『Let's Go! イーブイ』ではイーブイフィールド上で連れ歩きができる。もちろんピカチュウイーブイ以外のポケモンも連れ歩きが可イワークも問題なく連れ歩きが行え、その迫は一見の価値あり。
またピカチュウイーブイ帽子などのコスチュームを着せ替えることもできる。主人公も着せ替え可で、おいコーデもOK。

キャラクターボイス

ピカチュウだけでなくイーブイの鳴きにもキャラクターボイスが割り当てられており、ピカチュウはこれまで同様大谷育江が担当、そのピカチュウに続く2例となるイーブイ悠木碧が担当する(相棒イーブイのみならず通常個体もボイス付き)。

ちなみに大のイーブイ好きである木、イーブイ役を演じるに当たってTwitterコメントを残している。

Pokémon GOとの連動

本作はPokémon GOと密接に連動しており、Pokémon GOゲットしたポケモンを本作に移動することができたり、逆に本作のプレイPokémon GOに影を与えたり…ということが起きる。
またモンスターボール PlusPokémon GO関連商品であるPokémon GO Plusとしても使用可

また、Pokémon GOに突如登場した幻のポケモンメルタン」の入手にも関わっており、Pokémon GOからおポケモンを送ることでPokémon GO側で「ふしぎなはこ」というアイテムを入手できる。このふしぎなはこを使うことで一定時間周囲にメルタンが出現、捕獲できる。

余談

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイexitポケモン公式サイト

【公式】ポケモン情報局@poke_timesの告知ツイート

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%20let%27s%20go%21%20%E3%83%94%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%BBlet%27s%20go%21%20%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

883 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 12:38:46 ID: 8u/d6Rtb63
>>877
今年のポケモン映画の前売り券で貰えるミュウツーピカブイで受け取れるけど折ならポケモン剣盾に送れるようにして欲しいと思ったプレイヤーは自分だけじゃなかったようだ
ポケモン剣盾でもメルメタル使いたい
884 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 23:35:03 ID: G9Bzy4wuk2
ピカチュウ版やってたから連れ歩きと触れ合いの良さは解る。対戦に関係ないけど欠かせない様なシステム感謝
相棒くるしいし所々懐かしいと感じれた。これだけで買う価値があった
885 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 13:27:44 ID: U9nyNhg497
新作でポケモン相棒実装してくれないかなぁ。
一体だけだけど種族値上昇+オール6V化と相棒専用教え技有りみたいな感じで欲しい。
886 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 20:45:43 ID: Jufxvu+/6E
スプンクラーのアニメオマージュとしてピカチュウをみずびたしを覚えさせて
イワーク電気技食らわせるとかやっても良さそうだったんだけどそれだとイーブイファンが不満か
887 ななしのよっしん
2019/06/03(月) 22:32:21 ID: WvwTR5cNjf
動いて歌うピカチュウイーブイタカラトミー ポケットモンスター「ねえ UchiPika(ウチピカ)」 「ねえ HelloVui (ハロブイ)」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5404294exit_niconews
888 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 18:09:28 ID: WyXYli+Rn7
将来的に剣盾ポケモン送れるようだし今のうちにれんぞくゲットで高個体値色違いっておいてもいいかもなー
シリーズ中でも較的楽だし
889 ななしのよっしん
2019/06/12(水) 07:05:56 ID: z5Yt3UutKQ
ポケモンホーム対応でピカブイポケモンが今後も使えるようになったのが正式に発表されたね
ただし剣盾ピカブイの全ポケモンが使えるかどうかは分からないけど…
890 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 12:17:36 ID: 7qA8TNCc4k
ポケモンの性格とか全然気にしてないんだがシオンからセキチクに向かう途中でゲットしたピジョン(すぐにピジョット進化させた)が何故かバトル時に経験値が「おおめに」と表示される。これは性格が関係してるのかな?
891 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 15:50:19 ID: WvwTR5cNjf
ピカブイイエローブラウンの組み合わせってどこかで見た覚えがあると思ったら、
和光市池袋間で並走する有楽町線副都心線ラインカラーだった。
892 890
2019/06/24(月) 17:53:00 ID: 7qA8TNCc4k
自己解決。ゲットした時点で進化レベルえてたからみたいだ。
進化させてからは普通経験値になった。