編集  

モンスターボール単語

モンスターボール

モンスターボールとは

1. 漫画ドラえもん』に登場するひみつ道具のひとつ。ボタンを押すと様々な伝説上の怪物が飛び出す。

2. ゲームポケットモンスターシリーズに登場するアイテム。本項で記述。


モンスターボールとは、ゲームソフトおよびアニメーション作品『ポケットモンスターシリーズにおいて、作中におけるポケットモンスター、通称ポケモンとよばれる生き物を捕まえる具である。

概要

主人公にとってなくてはならないものの一つであり、これがいとポケモンを捕まえることができない。一応、最初に貰う御三家(とトレーナーから譲渡されたポケモン)のみでの(縛り)プレイは可なものの、ポケモンリーグ踏破、あるいはポケモンずかん完成す一般トレーナーにとって不可欠であることは論を待たないであろう。

ポケモントレーナーが投げたボールは、一定確率ポケモンを捕獲でき、失敗するとボールから脱出されてしまいボールは失われる。ポケモンの体を弱らせたり、まひやねむりなどの状態異常にすることで捕獲成功率を上げることが出来る。ポケモンごとに捕獲難易度が個別に設定されており、コラッタミネズミなどの序盤ポケモンは安いモンスターボールでも捕まえやすく、逆にストーリー後半のポケモンは高性ハイパーボールもなかなか捕まらない傾向にある。

しかしゲームシステム的には、ポケモンにとって、ボコボコにされた後で捕まったら従か脱出かを迫られ、いずれはトレーナーに付き従わなければならなくなる脅威の兵器である。ただし、内部はかなり広大であり、なるたけポケモンストレスを軽減できるように設計されているらしい。200円でも。

金・銀クリスタル」以降、様々なボールが新たに登場している。

ちなみに、英語版では「Poké Ball」という名称になっている。

捕獲クリティカル

ブラック・ホワイト」以降のバージョンではボールを投げる際に、特殊なモーションが出ることがあり、通常より甲高い音で飛んだボールは、高い確率ポケモン一発捕獲できる。俗称で「クリティカルヒット」などと呼ばれていたが、ヒウンシティにいる住人との会話で「ほかくクリティカル」という名称である事が明らかとなった。いつもの「ぽぴゅーん」という音が「ヒューーン」となれば「捕獲クリティカル」発生。一回揺れるだけで捕獲了である。

XYからは野生ポケモンの体が少なくても必ずしも捕まえることができるとは限らなくなってしまった。

モンスターボールの種類

第一世代では5種類しかなかったが、現在では多くのボールが存在している。状況や捕まえるポケモンに合わせて選んで使おう。

名前 値段 ドット絵 備考
モンスターボール 200 モンスターボール もっとも一般的なポケモンを捕まえる為のボール。捕獲率も(当然)1.0倍。ゲーム中で、端に落ちているどうぐのアイコンもこのボールと同じ。
たまに「ビリリダママルマイン)」、「タマゲタケモロバレル)」だったりする時も。
スーパーボール 600 スーパーボール 一時期はハイパーボールより捕まえやすいという噂があった。捕獲率はモンスターボールの1.5倍。値段もお手頃で捕まえにくいポケモンゲットするのに重宝する。
ハイパーボール 1200 ハイパーボール モンスターボールの2倍の捕獲率を誇る。…が、価格が高いうえに捕獲倍率も2.0と低い。ダークボールクイックボールのような安いかつ汎用性が高いボールのおかげで存在感が大幅にダウンゲーム攻略本の「伝説のポケモンを捕まえよう!」のコーナーでは周りのハイパーボールが表示されている。7世代サン・ムーンでは遂に800円まで値下げされてしまったが、やはり値段は高く、使い勝手のいいボールが多い現状だが、の強いトレーナーの中にはハイパーボール用する人が多いなど何気に優遇されている。
マスターボール 非売品 マスターボール いかなる強ポケモンであっても、伝説に謳われるポケモンであっても、当たりさえすれば必ず捕まえることができる究極のボール原則各バージョンで1個ずつしか入手できなかったが、近年では運もからむが複数入手可
サファリボール 500/30 サファリボール サファリゾーンで貸与される。終了時には残りすべてを返却する。捕獲率はスーパーボールと同等(1.5倍)。これとラッキーに泣かされたトレーナーは多いはず。
パークボール(第二世代)
コンペボール
非売品 コンペボール 取り大会の時に使用するボール
これも捕獲率はスーパーボールと同等。
ダイヤモンド・パールで同名のボールが登場した為、ハートゴールド・ソウルシルバー以降は「コンペボール」に名前を変更している。
ルアーボール 非売品 ルアーボール
ルアーボール(HGSS)
竿でつれたポケモンを捕まえやすい。倍率3.0、
今となっては劣化ダイブボールは言わないお約束。何故かハートゴールド・ソウルシルバーでは色が間違っていたが、ブラック2・ホワイト2までに修正されている。
ムーンボール 非売品 ムーンボール モンスターボールと同じ効果金銀クリスタル
つきのいし」で進化するポケモンを捕まえやすい。
ハートゴールド・ソウルシルバー以降)倍率4.0
正直、昔から需要は少ない不遇のボール・・・。
ヘビボール 非売品 ヘビーボール ポケモンの体重が重いほど捕まえやすい。加減算で捕獲率が計算されるため、元の捕獲率が低いポケモンルギア、グラ―ドンなどなど)ほど効果が高い。
カビゴンを捕まえるのにもオススメ。
レベルボール 非売品 レベルボール 自ポケのレベルが高いほど,相手のレベルが低いほど捕まえやすい。
倍率は最大8.0。強化版ネストボールと言えるが、
ハートゴールドソウルシルバーのみ。
スピードボール 非売品 スピードボール コイルベトベターモンジャラを捕まえやすい(金銀クリスタル
相手のすばやさが高いほど捕まえやすい(ハートゴールド・ソウルシルバー以降)
倍率4.0 
ちなみにアニメでは素くないのにクヌギダマがこのボールにつかまったりする。
ラブラブボール 非売品 ラブラブボール 同種同性!?)のポケモンを捕まえやすい(金銀クリスタルアッー!
同種異性ポケモンが捕まえやすい(ハートゴールド・ソウルシルバー以降)倍率8.0
ゲーフリィィ!!」「ホモォ・・・」と言うのはご自由に。
フレンドボール 非売品 フレンドボール 捕まえたポケモン最初からある程度なついている
倍率は1.0、最初からなつき度が200/255
捕まえたポケモンなつきやすくなるのはゴージャスボール
初期のなつき度が低いポケモンにはこちらの方が有効。
ジーエスボール 非売品 ジーエスボール モバイルアダプタGB内の企画で入手可だった、セレビィを捕まえるのに必要なボールシステム上はたいせつなものである。アニメにも登場したが、結局なんのボールだったのか不明のままオーキド博士に手渡された。
ネットボール 1000 ネットボール 水タイプポケモンを捕まえやすい。倍率3.0
ダイブボール 1000 ダイブボール ダイビング中に出現したポケモンを捕まえやすくなる。
波乗りや釣りで出現したポケモンが捕まえやすくなる(つまり波乗り中に出会ったズバットキャモメにも有効)。倍率3.5(ダイヤモンド・パール以降)
ネストボール 1000 ネストボール 相手ポケモンレベルが低いほど捕まえやすい。
(40-相手のLv)/10倍 (Lv.30以上で最低の1.0) 
タイマーボー 1000 タイマーボール ターンがたつほど捕まえやすくなる。
(ターン数+10)/10倍 (30ターンで最大の4.0)
過したけど、それでも捕まらねえぞ!」と言うのは禁句。そんなこともある。
ピートボール 1000 リピートボール 所持したことのあるポケモンが捕まえやすくなる。倍率3.0
通信で図鑑登録させて後から捕まえるのも一つの手。
プレミアボール 非売品
XY200
プレミアボール モンスターボールを10個以上買うとおまけでもらえる。
XYではミアレシティにある「たまや」という店で買うことが出来る。
倍率は1.0で、性能面では普通モンスターボールとの違いが皆無
だがしかしデザインボールエフェクトその名に恥じぬ特別仕様
ゴージャスボール 1000 ゴージャスボール 捕まえたポケモンなつきやすくなる。倍率1.0
なつき度が加算されるときに+1のボーナスが付く。
ボールの中は広々しているらしい。
ヒールボール 300 ヒールボール 捕まえたポケモンHPが回復する。倍率1.0
しかし、既に手持ちが6匹いる場合、捕まえたポケモンパソコン転送され回復するため、このボールを使用する利点がなくなってしまう。
ダークボール 1000 ダークボール 暗いところで遭遇したポケモンを捕まえやすい。倍率4.0
倍率が高いうえ、「である」or「洞窟等の中」 という条件さえ満たせばよいので汎用性がとても高い。さらに販売価格がハイパーボールより安い。
アニメ映画セレビィ」で使用されたダークボールのように、ポケモンダーク化することはないので安心して使おう。それでも「暗いのに捕まらねえぞ!」と言うのはやっぱり禁句。
クイックボール 1000 クイックボール 戦闘開始直後に捕まえやすい。倍率5.0
こちらもなかなかの汎用性。アニメOP通り『まずは てはじめ クイックボール!』
でも「手く投げても捕まらねえぞ!」と言うのは禁k(ry
パークボール 非売品 パークボール パルパークで使用するボール。なんと捕獲率は100%…。
GBA版からポケモンを移動させる為のアイテムなので、捕まえてもこのボールに入る事はい。
それにしても元々同名のボールが有ったのに、何故この名前が与えられたのだろうか。
プレシャスボール 非売品 プレシャスボール イベント限定配布ポケモンに付属。このボールにはいったポケモンGTSによる交換に出すことは出来ない。特別仕様なのでポケモンリボンが既にある。
ドリームボール 非売品 ドリームボール ポケモンドリームワールドで仲良くなったポケモンを捕まえるためのボールハイリンクで、バッグにいつの間にか現れる夢のボール。投げるとかならず捕まえられる。
でも夢特性持ちがバレバレになるので使うかはお好みで。
ウルトラボール 非売品 ウルトラボール ウルトラビーストを捕まえるのに使うボール
このボールを使った場合のみ倍率が5.0にまで跳ね上がる。普通ポケモンにも投げることはできるがウルトラビースト捕獲に特化したためか、倍率は逆に0.1まで下がってしまうので捕まえるにはそれなりの根気が必要である。
警察によると、単価はなんと一個ウン万円
タイピングボール タイピングボール バトル&ゲット! ポケモンタイピングDSに登場するボールポケモンではなく、ポケモン情報ゲットする為のボール
スナッチボール 使うボールによる ポケモンコロシアムポケモンXDに登場した、「スナッチマシン」でモンスターボールスーパーボール等を改造ボールにした状態の総称であり、アイテムとしては存在しない。通常ボールとの違いは、トレーナーのいるポケモンにも使用できる『横取り(スナッチ)』である。『ひとの ものを とったら どろぼう!』
きんのたま 非売品
(5000)
きんのたま 端などに転がっているときもある、あのたま。見たモンスターボールに見える。
アイテムであり、売れば5000円になる。
ビリリダマ リリ アイテムボール 発電所などに転がっているときがある、あのたま。同じくモンスターボールに見えるが、調べると襲い掛かってくる。たまにマルマインが混じっていることも。
タマゲタケ たまげたなあ アイテムボール むらに転がっているときがある、あのたま。同じく調べると襲いかかってくる。たまにモロバレルが混じっていることも。

その他、映画版の小具やカードゲーム等でのモンスターボールなどを含めると総数は数知れない。有名なものでは、映画に登場した「ミュウツーボールモンスターボールに入ったポケモンも捕獲する鬼畜仕様)」やビシャスの使用した「ダークボールゲームとは別物)」がある。
アニメ劇場版ポケットモンスターの描写を見ると、オーキド博士子供の頃は開閉スイッチが今とは少し違うようだ。名前は飛ばされた時代に合わせ「レトロボール」と呼んでいた。

カードゲームではデッキからポケモンを持ってくる効果としてゲームに登場するものからオリジナルの物まで多数存在している。

タマゴとモンスターボール

XYではタマゴで生まれたポケモンが原則と同じモンスターボールに入るようになり、サン・ムーンでは、性別不明のポケモンからもボールが遺伝するようになった。これにより、入っているボールの種類で野生産やPDW産を見分けることができなくなったが、その代わり好きなポケモンを好きなボールに入れて対戦に連れて行きやすきなった。過去作でしか入手できないボールであっても、親個体がそのボールに入っていれば問題なく遺伝する。野生個体が出現しない種族、親個体がマスターボールまたはプレシャスボールに入っている場合以外は孵化厳選と同時にボールの種類を選べる。

巷ではと言う称が付き、個体値のみならず親となる個体を捕まえるボールまで厳選するトレーナーも現れている。ボールが違うと図柄のみならず出てくるときのエフェクトが異なるため、ポケモンイメージに合わせて種類が選ばれている。

なお、先述のようにマスターボールとプレシャスボールに関してはタマゴで引き継ぐことが出来ない。マスターボールであればポケトレで高個体値って捕まえる必要があり、厳選難易度は非常に高い。プレシャスボールであれば個体値も性格もランダムになるため厳選はできず、対戦で使いたい場合はどう上手に育てて戦わせるかが重要となる。また、どちらもタマゴから生まれるポケモンを入れることは出来ないため、タマゴ技は使えない。

モンスターボールの特殊性

このモンスターボール々の世界較すると、マサキ考案のパソコンポケモン保管・転送システムに並ぶオーバーテクノロジーである。カビゴンであろうが、ギャラドスであろうが、直径五センチ程度のボールに収めてしまう。さらに、どんなにポケモンが重くても収めればトレーナーが軽々と持てるようになり、燃え盛る唯一神などでも物理的影を一切シャットアウトできる(その一方でアニメではベトベトンの悪臭がボール越しで匂ってくる)など、驚異的な機が多い。しかもこれが最低200円で売られている。

設定として、モンスターボールポケモンが収納されるのはモンスターボール側だけの機によるものではなく、ポケモン特有の『体が弱った時に、非常に小さく丸まって、隠れられる場所に避難する』という習性を利用したものである。これは、とある研究者がオコリザルを対にした実験中に、誤ってオコリザルを弱らせてしまった際に、そのオコリザルが本来とても体が収まるようなスペースのないメガネケースに入り込んだという事態によって判明した。詳細はオコリザルの項を参照のこと。アニメではボール本体にも縮小機があり、持ち運びの際には小さくしてベルトに固定したりする。

一部地域では上記の事件以前から、ぼんぐりと呼ばれる特殊な実を加工してポケモンを捕獲していた文化があり、現在でもジョウト地方では、ぼんぐりモンスターボールに加工する、ガンテツ氏をはじめとするぼんぐり職人が存在する。

ちなみに、このモンスターボールに生産している会社は「キズぐすり」などで有名なシルフカンパニーであるが、対人感知システムでもあるのか、あるいは最後の良心からか、ロケット団などがモンスターボールを対人兵器として使用した例は少ない。しかしアニメでの一幕として、おにぎりを誤って捕獲(?)してしまうケースもあり、ポケモン以外を収納することも出来ないことはいようである。

余談

さて、余談ではあるが任天堂の対戦アクション大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」では、対戦中に出現するアイテムとして登場する。
拾って投げると、ボールが開きランダムポケモンが現れ、呼び出したファイターのサポートをする。という感じだろうか。

「For3DS/WiiU」ではさらに「マスターボール」も登場。
伝説のポケモンなどのしいポケモンのみが登場するアイテムという扱いである。 

ちなみにX以降ではポケモン以外のアシストキャラを設けるために「アシストフィギュア」が追加されている。 

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 2673577 リビジョン番号: 2516631
読み:モンスターボール
初版作成日: 09/04/03 22:35 ◆ 最終更新日: 17/08/20 20:33
編集内容についての説明/コメント: スナッチボールに文章追加、修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ウルトラボール

ボールアイコン

ドリームボール

モンスターボール

モンスターボール

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モンスターボールについて語るスレ

371 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 10:24:31 ID: h5vKuL3pMM
どうだっけな……たまやがなくなったのは痛いな
372 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 20:03:36 ID: GoaD56W79M
>>369
でも正常に機していても対少なすぎるから、企画段階から間違っているって言うね…
373 : ななしのよっしん :2018/05/30(水) 13:09:41 ID: ouN5LIi8c4
モンスターボールPlusに関する情報
音や振動などで実際に入っているかのような感覚が味わえる
というのが出たけど
ゲーム世界観的には
持ち歩いてるモンスターボールが蠢いたり鳴いたりしてたらかえって不便だよね
意味に音が鳴ったり震えることがあるスマホみたいなものだし

ボールが蠢いてたら持ち歩く時不快だろうし
バクオングとか持ち歩き中に鳴こうものなら近所迷惑になりそうだ
374 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 15:53:44 ID: WF+AHX2ELn
>>373
でも戦闘前の武者震いとか危険が迫ってる時なんかにガタガタッて揺れてトレーナーが察したりするとちょっといいなって思う…思わない?
防音とかそういうシステムはさすがにちゃんと備わってるだろう
音とか匂いとか漏れ出すようなら町に入れられないポケモンたくさんいるだろうし
375 : ななしのよっしん :2018/07/26(木) 20:54:36 ID: 1hp0NzhYBU
記事に書いてあるけどアニメだとベトベトンの悪臭漏れてんだよなぁ・・・。
めて考えるとポケモンそのものよりが多い気がするモンスターボール
376 : ななしのよっしん :2018/07/26(木) 22:15:49 ID: h5vKuL3pMM
ゲーチスポケモンステロって言われた時確かガタガタ揺れてたはず
377 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 08:39:29 ID: uxj0OfdKg1
>>373
ペットのケージを持ち歩いてるときに中から音やや振動がしたら不気味だねって言うようなもんじゃないか?
中の生き物の気持ちのサイン意味に音が鳴って不気味というのは流石にどうかと。

ところで、こないだのアニメザオボーが、どんな大きなポケモンでも収納できる科学に着想を得たと言って物を小さくして収納する機械を出してきたが、モンスターボールの設定変わったのだろうか?危機を感じると狭いところに入るのがポケモンの定義という設定
それとも、今は懐かしきアイテムボール具預かりシステムにあたるものなのだろうか
378 : ななしのよっしん :2018/08/20(月) 21:33:23 ID: oaP4+WG/w9
もしかするとありとあらゆるものがサイズ可変となる可性があるのかもしれない
たまたまオコリザルから発見されただけで
379 : ななしのよっしん :2018/11/17(土) 21:44:12 ID: qzJZTTsZjN
きんのたまおじさんならぬモンスターボールおじさんピカブイにて登場。
セリフきんのたまおじさん同様ひどかった…
380 : ななしのよっしん :2018/11/19(月) 19:20:05 ID: EdLYlMVQ/K
しかし世界の創造たるアルセウスディアルガパルキアや陸を支配するグラードンカイオーガレックウザまでもいとも簡単に捕獲してしまうマスターボールなんなんだ…
かといって弱ったからといってモンスターボールに入るアルセウスレックウザを想像するとなんだかおかしいけどね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス