ポケットモンスター赤・緑単語

ポケットモンスターアカミドリ
8.0千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

ゆめと ぼうけんと
ポケット モンスターの せかいへ!
レッツ ゴー!

ポケットモンスター赤・緑とは、ゲームフリーク開発、任天堂から発売されたゲームソフトである。ジャンルロールプレイングゲームあるいは育成・対戦ゲーム。本項では及びピカチュウバージョンについても触れる。リメイク版については別記事「ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン」となる。

緑 赤

概要

1996年2月27日に発売されたゲームボーイソフト。表ポケモンリザードンフシギバナ

今や世界中で知られるポケットモンスターシリーズ歴史的第1作で、「第1世代」にあたるシリーズ最初期のソフト。分類上はRPGだが、圧倒的な知名度の割りにRPGと言われてもピンとこないというも。

ポケットモンスター、ちぢめてポケモンと呼ばれるふしぎな生き物があちこちにいる世界
プレイヤーマサラタウンに住む少年となって、世界カントー地方)を冒険しさまざまなポケモンと出会い、それらを捕獲してポケモン図鑑完成させること、またそれに並行したくさんのトレーナーと戦い、ジムを制覇し、ときには悪の組織とも戦いながらトレーナーとして強くなっていくこと、この2つがおおまかな標となる。

ロールプレイングゲームとしての特色は、プレイヤー自身は直接戦闘に参加せず、捕獲したポケモン示をあたえて戦わせるというシステムである。ポケモンは育てることでレベルが上がり、さまざまなわざを覚え、そしてポケモンによっては姿形までも変化する『進化』をとげる。

RPGとして考えると「全てのキャラをいくらでも仲間にでき、それを自由に交換でき、自由に技をカスタマイズでき、育てればめきめきと成長し、人と交換したり戦わせたりできる」という驚異的な自由度を誇る。
また151種類もの個性豊かなポケモンがおり、さらにそれらは当時の一般的なゲームキャラクターと異なり個体ごとの違いが設定されていた。そのため自分が捕まえたポケモンは『メタ的に見ても世界中で自分だけのもの』で、育成とバトルの中で様々なドラマが勝手に生まれるという、シンプルながらも当時としては画期的な仕様だった。
そのため、自分だけの相棒と戦い抜くいはを注ぐと言うある種のキャラゲーとしての要素も多分に含んでいる。

バージョンの違い

も含めて、バージョンの色は最初に選ぶポケモン3匹(いわゆる「御三家」)にちなんでいる。ただしどのポケモンを選ぶかへの影は一切ない(たとえばリザードンが優遇されているとかいうのは一切ない)。

この「最初に3匹から選ぶ」というシステムは以後のシリーズほぼ全作で踏襲されている(例外はピカチュウバージョン、およびLet's Go! ピカチュウイーブイ。これらでは最初のポケモンタイトル名のポケモンで固定)。なお以後の作品ではパッケージ絵はピカチュウピカブイを除き全て伝説のポケモンになっており、最初に選ぶポケモンに由来しているのは何気にこの世代だけだったりする。

の違いは、に出現する一部ポケモンの種類や出現率の違いである。片方では山ほど出るポケモンがもう片方ではレアというケースがあるほか、片方のバージョンには全く出現しないポケモンも一部いる。
そのためポケモン図鑑完成にはどちらか片方のソフトだけでは不十分で、2本のソフトと2台のゲームボーイ、そして通信ケーブルを使い、場合によっては友人知人と協しての通信交換が必要である。また通信交換する過程でしか進化しないポケモンも一部いるため、この点でも図鑑完成には通信が必須である。

ゲームシナリオシステムには違いが一切ないので、単に1人用RPGとして楽しむ場合や、特に図鑑完成さない場合には、片方だけのカセットだけでも十分楽しめる。

その他の違いとしてはタマムシシティスロットの図柄が違う点どうでもいい・・・)や、スロットで交換できる品の種類や必要コイン数も挙げられる。

このバージョン間の差別仕様金銀以降も継承されているが、次作の金銀では伝説のポケモンの出現時期や仕様に影がある、ルビー・サファイア以降は伝説のポケモンが片方のみになりストーリーに差が出る、ブラック・ホワイトソード・シールドではジムリーダーが入れ替わったり全く違う町があったり、とバージョン間の差異は徐々に大きくなる傾向がある。

ちなみに外では「」となっており、外版内版に準じている。そのためか、内版外では発売されていない。

ブームとメディアミックス

の2バージョン同時発売という今までになかったソフト販売形態は、初めは驚きと不安を持って世間に迎えられた。

基本的なストーリーシステムは同じのため、『同じようなものを2本買わせるのか』という批判もあるなか、発売された『ポケットモンスター赤』『ポケットモンスター緑』は、口コミやコロコロコミックでの宣伝の効果により少しずつ人気が浸透していった。更にアニメを含めたメディアミックスが進んでいくにつれ、その人気拡散していった。

可愛いかっこいい151の多ポケモンたちと、通信による交換・対戦を全面に押し出しシステムは、単なるRPGにおさまらず、友人兄弟姉妹とのコミュニケーションツールとしても受け入れられ、やがて全規模の凄まじいブームを発生させ、紛れもない社会となった。売上は両バージョンを合計するとあのスーパーマリオブラザーズすらえると言う、未だかつていとんでもない規模のものとなっている。老人たち『あんただ~れ?』おねえさん『ああ~ん!』…え?何のこと?そんなCMは知らん。

作中に登場したポケモンの一匹であるピカチュウは、その絶大な人気からマリオリンクカービィなどとともに任天堂の看キャラクターとして世界にはばたいた。

発売前から宣伝を行っていたコロコロコミックも、ポケモン情報記事やマンガなどで全面的にタイアップし、ポケモンブームを支えたんだッピ!ポケモン関連商品では、メディアファクトリーが版権を取得し、ポケモンカードゲームを始め、多くの商品を開発、販売した。玩具ではタカラトミー体であり、ぬいぐるみなどを販売している。

アニメについては、発売から約1年後に放映が開始された。本作の設定を土台にしつつ、御三家を貰いそこねたサトシがしかたなくピカチュウ相棒を始めるという、ゲームとは異なるプロットとなっている。当初アニメはあまり長い期間続ける予定はかったらしいのだが、ゲーム人気に呼応するように安定したヒット作となった。割と初期にいわゆる「ポリゴンショック」により打ち切り危機したものの、その後は見事に全復活。現在に至るまで20年以上全世界で放送され生で定期的に映画まで作られるという、これまた長寿作品となっている。

後に、発売日である2月27日は「Pokémon Day」と呼ばれ、世界中で祝われる記念日となった。

ゲーム界への影響

この赤・緑のヒットとそれに始まった一連の社会ゲーム市場にも甚大な衝撃を与えた。

まず、携帯機という任天堂でほぼ消えかけていたフィールド一発全復活させた。当時のゲームボーイ市場はかなり低迷しており(1年間の新作発売予定が10本あるかないかだったとか・・・)、据置ハード全に飲まれつつある状況だった。しかしこの作品の特大ヒットと、それに続くポケモン類似ジャンルブームによってゲームボーイポケットバカ売れし、ゲームボーイ市場そのものが全復活を遂げた。任天堂という点でも、ゲームボーイハード寿命を11年と言う異例の長さまで牽引し、その後ソニートップシェアを奪われる据置ハードとは異なる活路を得て、現在3DSSwitchまで続く携帯ゲーム開発を突き動かす大きな原動のひとつとなった。業界全体で見ても、斜陽であった携帯機というジャンル自体に各社が再度テコ入れをはかるきっかけとなった。長らく新規ハードに乏しかった市場には本作の登場に続くようにゲームボーイカラーネオジオポケットワンダースワン、そしてゲームボーイアドバンス…と新機種が立て続けに登場し、見違えるように活性化した。

さらに、後続のゲームのあり方にも多大な影を及ぼした。

直接的には、この作品のように「モンスターなどのキャラを収集、育成して戦わせる」コンセプトゲームあからさまな2匹泥鰌狙いで多数登場することとなった。多くはうまく行かなかったようだが、ドラゴンクエストモンスターズのように大成してシリーズ化したものもある。

間接的には、収集や対戦の要素を持つゲームが増え、ソフトハードの両面でプレイヤー間交流機が強化されることとなった。ポケモンのようなRPGに限らず、通信要素の採用があらゆるジャンルえてゲームで普遍的に見られるようになった。

後の世代から見た特徴

システム面

現在2021年時点で現行はソード・シールド)のポケモンべても、実はゲームシステムそのものはあまり変わっていない。

  • 「とくこう」「とくぼう」が分かれておらず「とくしゅ」1つが両者の役割をする
  • 「もちもの」「とくせい」の概念がない
  • 一部のタイプが未登場(あく、はがね、フェアリー

と未登場の要素こそあるものの、それ以外の根本的なゲーム部分は今に至るまでほとんどがそのまま引き継がれている。

種族値」「個体値」「努力値」など今ではすっかりお染みとなっている廃人御用達の要素も実はこの頃から存在している。ただし努力値仕様現在のものと異なる。

野生ポケモンよりトレーナーが育てたポケモンの方が強いことは作中でも言及されており、ある程度ちゃんとプレイしている人は「どうも『ふしぎなアメ』を使わず、低レベルから敵を倒して育成していった方が同じレベルでのステータスは高くなるようだ」という事実にも気づいていた。また野生で捕まえたポケモンは個体ごとにパラメータが微妙に異なっていることも名言されており、「厳選」まで行かなくとも「何匹か捕まえて一番強いのを育てる」程度の選別行為なら普通に行われていた。

ただしそれらの仕様の詳細は一切表されておらず、当時はインターネットもまだ普及していなかったため、「自分たちで解析してパソコン通信で共有する」ようなごく一部のマニアでもない限り細かな内部値はほとんど知られていなかった。仕様自体が今にべればおおざっぱだったこともあり、1ポイント刻みでの厳選や育成に拘るようなプレイヤーは当時はまだごく少数だった。

本作は、対戦環境としてはエスパー最強ふぶきはかいこうせん最強、不遇タイプ多数、上位プレイヤーはほぼ全員ケンタロス採用…とかなり大味なバランスだった。それでも公式大会は複数回開催され、出場ポケモンの制限などの工夫により最後まで盛況を見せていた。なお今では大人真剣になってレートバトルに参加するのが当たり前だが、この頃の大会の役は全に小学生であり、原作者が制作にあたりイメージしたとる「カブトムシ相撲」のような、すべきコミュニケーションの姿がそこにあったと言えよう。これこそが本来あるべき姿である。

演出面

ピカチュウに代表されるように、シンプルな見たポケモンが多い。最強ポケモンであるミュウツーですら、フリーザよろしくシンプル駄のないスラッとしたフォルムが何とも言えぬ威圧感を放っている。よくまとまったデザインの初代発ポケモンは今なお好者が多く、後に導入されたリージョンフォームソード・シールド現在はほとんどがこの世代出身のポケモンで占められている。

ただドット絵については質が玉石混交なのが有名で、よく話のネタになる。ポケモン主人公後ろ姿ドットを引き伸ばしたかのような異様に粗い絵になっているのは擁護のしようがないが、よくにする正面姿はポケモンごとのクオリティの差が妙にしくなっている。カラカラポリゴンパラセクトなど今と印が変わらない既に完成された絵柄もある一方で、左右のの大きさが明らかに違うプクリンパーツサイズがどう見ても不自然キモいカイリキー、おケツを突き出して左手をくわえながら振り返っているようにも見えるエビワラーなど、どうしちゃったのというような、良く言えば味のある、悪く言えば崩壊したドット絵の特徴といえる。どういうわけか後出しのの方がさらに凄いことになってるけどね。

なお今やポケモン民的、世界タイトルであることは言うまでもないが、そのためかあからさまに品行方正で健全な作品になってしまった後のシリーズ作品にべるとかなり攻めたパロディネタオカルトネタ立つのも初期ならではの特徴。今では販売ギリギリだろこれ…と思うようなキワドいブラックユーモアも割と含まれている。

バグ

ポケモン赤は非常にバグが多い事でも知られる。その様子を収めた動画ニコニコ動画にも多数挙がっており、今でも当時の状況を知ることができる。

中でも、アイテム画面で並び替えに使うセレクトボタンを押した状態で画面を変えてアレコレするとメモリ内のデータが書き換わって色々大変なことになるという通称「セレクトバグは非常に有名。

製造ロットいものでは、当時151として「データはあるがゲームには登場しない」だったミュウを出現させる、レベル100まで上げる、アイテム増殖バグポケモン「けつばん」を出す、など多バグ技が可であり、具体的な方法までもが中学生の間で、に口コミによって浸透していた。

これらのバグ製作の努によるバージョンアップによって解消されていき、赤・緑の後期生産ロムバージョンピカチュウバージョンにおいては実行可バグは少なくなった(但し、バグで生まれたデータ転送は出来た)。

このバグの多さはデバッグ担当のスタッフが4人しかいなかったのが原因ではないかという話もある。

ちなみに、当時ミュウ以外の150匹が入った赤・緑が完成デバッグも終了済み)した直後、スタッフデバッグデータを消した所、約300バイトぐらいのデータきができ、「これだけあればポケモンあと1匹入れられるんじゃね?」という思い付きでミュウデータを入れたという話がある。(社長が訊く:HGSSexit)

青・ピカチュウバージョン

本作はマイナーチェンジ版として2種類の追加のバージョンが存在する。

は赤・緑と同様に出現ポケモンが違うのに加えてポケモンUIグラフィックが差し替えられているマイナーチェンジバージョン

ピカチュウバージョンアニメポケットモンスターの設定を取り入れストーリーの変更や追加システムを持ったマイナーチェンジ+アッパーバージョン

これらは、追加技やバトルを極める施設などに対戦関係のテコ入れを行ったり過去作のポケモン(特に伝説のポケモン)を再配布したりするのが特徴となる金銀以降の後発マイナーチェンジ版とは少し趣を異にするものとなっている。

これらのバージョンの詳細は各記事を参照。

ポケットモンスター青
ポケットモンスターピカチュウバージョン

リメイク版

後にゲームボーイアドバンスにて「ポケットモンスター ファイアレッド」「ポケットモンスター リーフグリーン」としてリメイクされている。

また本作発売から20年以上の時を経て、ピカチュウバージョンを元にした「Let's Go! ピカチュウ」「Let's Go! イーブイ」も発売されている。

詳細は各記事を参照。

バーチャルコンソール版

発売から20周年となる2016年2月27日、「」「」「」「ピカチュウ」の4タイトルニンテンドー3DSバーチャルコンソールとして配信されることが発表された。当時のゲームボーイ再現したモノクロの画面で、20年前の雰囲気を楽しむことができるようになっている。

元のゲームボーイ版を忠実に再現移植されており、通信要素も使う事ができる。と言っても3DSには通信ケーブルいので、VC作品としては特別に3DS本体のワイレス通信に対応しており、原作同様に友達とのポケモンの対戦・交換を行うことができる。
それどころか、なんとセレクトバグなどの重大な(そして多くの話題の元になった)大きなバグ技も全て再現されている。一部のプレイヤーは配信開始初日にゼニガメレベル100にしたり大歓喜であった。

また、このVC版初代ポケモン同士でしか通信できないのかと言うとそんな事はく、ポケモンバンクを通して第一世代から第六世代(サンムーン)へ直接ポケモンを送る事もできる。現状、対応予定が明言されているのはサン・ムーンのみでX・YORASは触れられていないが、これらは同じ3DS作品なので、これらの通信の仕様の如何によっては可になるかも知れない。
初代ポケモンのリメイクは今のところGBAファイアレッド・リーフグリーンしか発売されておらず、これらからポケモンを最新の第六世代ソフトに移してくるには、GBA→初代DSを使って第四世代→DSを2台使ってBWorBW2→3DSポケムーバーを使って第六世代、と言うとても手間のかかる転送を行わないといけなかった。
それを思えばポケムーバー1発なのは非常に楽。特に教え技も何もない第一世代から送ってくる必要性があるかどうかは別だが、初めてポケモンプレイした時を懐かしみながら初代を再プレイしたポケモンを最新作でも引き続き可がれるのはありがたい。

VCなのでニンテンドーeショップダウンロード購入できる他、当時のデザイン再現したパッケージダウンロードカードを封入し、さらに「カートリッジ再現マグネット」「取扱説明書シール」「タウンマップ」を同梱した特別版の販売、『ニンテンドー2DS』本体や「ミュウ」交換チケットなどをセットにした特別パックも発表されている。
何気に、ニンテンドー2DS本体の日本国内での一の販売でもある(ポケモンパックの発売をもって2DSの生産は終了しており、単体発売の予定もい)。

関連動画

ピコカキコ

タイトル No プレイヤー
マサラタウンテーマ 398
398
トキワシティテーマ 3611
3611
ハナダへのおつきみ山より 12675
12675
ハナダシティテーマ 3626
3626
マサキのもとへ~ハナダより 418
418
クチバシティテーマ 425
425
イワヤマトンネル 12676
12676
シオンへの~クチバより 12704
12704
シオンタウンテーマ 1866
1866
シオンタウンテーマ(惨劇回避ver.) 375
375
タマムシシティテーマ 3421
3421
グレンタウンテーマ 12688
12688
なみのり 12731
12731
最後の 12732
12732
ポケモンセンター 12706
12706
ポケモンジム 12716
12716
ロケット団アジト 12722
12722
ポケモンタワー 12753
12753
シルフカンパニー 12723
12723
ポケモン屋敷 12689
12689
ライバルあらわる 12678
12678
戦い(VSトレーナー 1499
1499
戦い(VSジムリーダー 12740
12740
勝利VSジムリーダー 12741
12741
ラストバトルVSライバル 1806
1806

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%B5%A4%E3%83%BB%E7%B7%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

ポケットモンスター赤・緑

637 ななしのよっしん
2021/02/01(月) 14:38:48 ID: dHSGwNAGes
1月18日加筆された「システム面」の記述について提案があります
「実はゲームシステムそのものはあまり変わっていない」っていう記述をやめて、
変わっておらずそのまま残っている点を具体的に列挙した方がいいんじゃないでしょうか?

というのは、まさしく「ゲームシステムはほとんど今と一緒なんだろ」っていう誤解に基づいて
急所率・技の効果・育成法といった細かい仕様は滅変わっていることに気づかず
-マルマインの攻撃種族値が50しかないのはいじめ
-コイキングを序盤で買えるのはむしろメリット、ぼったくりとか言ってるの方がおかしい
などとコメントするユーザーが結構多いからです

実際は「当時はだいばくはつの仕様が全く違うので、攻撃種族値50でも火力は申し分ない」
「当時のレベル上げの仕様上、初代でコイキングレベル20まで上げるのは割と苦行」だというのに
この手の誤解をこれ以上増やしたくはないのです
638 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 13:26:07 ID: mSs+yD5Fn7
それ、変わったのシステムじゃなくて個別の仕様環境じゃね?っていう
収集、育成、バトル世界観(マップアイテムの命名規則とかも)の基本的組みは同じなわけで、それが続く限りどんなに環境が変わってもが下敷きだという事実に変わりないのでは?
逆に「変わってない点はこれだけ」的な書き方だとその後を知ってることが前提になっちゃって微妙

現行の内容に「技の効果、ステータス仕様などは世代が進むごとに変更が加えられており、技の使い勝手や育成論、対戦環境は後の世代とは全く異なるが、」とか前置きするくらいにしておくのがいいと思う
639 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 18:05:32 ID: dHSGwNAGes
>>638
>現行の内容に「技の効果、ステータス仕様などは世代が進むごとに変更が加えられており、技の使い勝手や育成論、対戦環境は後の世代とは全く異なるが、」とか前置きする
一理ありますね
それでもいいです

ただ、個別の仕様環境だけじゃなくて(狭義の)システムにもいくつか変わったところはありますよ
一番でかいのが急所率の仕様変更
第1世代では急所率は全ポケ同じではなくて、素さの高いポケモンほど急所率も高くなるんです
マルマインが第1世代で強ポケ扱いだった理由の1つがこれ
640 ななしのよっしん
2021/06/06(日) 15:40:04 ID: mOLjHlD8o1
https://i.imgur.com/k9dqN7f.mp4exit

どっかで観たシーンだな
641 削除しました
削除しました ID: Y2DRm+26LW
削除しました
642 ななしのよっしん
2021/08/22(日) 13:32:32 ID: CseIqB9o4z
最初期に出回ったカートリッジのやつだと
ナツメに負けてもバッジをもらえるようになってたみたいだな。
643 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 19:56:50 ID: SpZjVlToLm
まさか今になってヨーロッパ18禁定食らうなんてなぁ…
たしかにタマムシゲームコーナーゲーセンというよりはカジノだったけど。
https://nintendoevery.doorblog.jp/article/11242859exit
644 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 19:59:18 ID: uWCAOJhLhr
>>642
セレクトバグはともかく、それは流石に開発中に分かったんじゃないかって思ってしまった
645 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 19:59:51 ID: ZPbnC/oQr3
暴力団運営してたし
残念だが当然
646 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 21:40:51 ID: Z4RZ7uRb/O
カジノコーナー消える前の全部でしょこ

大百科GPチャンピオンシップ

”王者級”超クオリティ記事はコチラ!

活字中毒 岐阜タンメン Suica Oculus Quest またキテレツじゃねぇか!