西安(エロ漫画家)単語

ニシイオリ

4.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。


曖昧さ回避

概要

西安(にし・いおりとは、日本成年向け漫画家イラストレーター原画家である。線の強弱を利用した非常に感的な女性の表現に定評があり、ほかにも衣装小物へのこだわった描き込みが評価されるいっぽう、幼〇から熟女まで幅広い年齢女性ネタとするため単行本の内容にまとまりがなく、特定年齢層のみを好む人には不評な面もある。成人誌で活躍する以前は「安西真」をペンネームとしていた。好きな戦国武将は「」。

広島出身・・・・・・らしい。小学五年生の時に、自衛隊に持つドイツミリタリーマニア友人がおり、その人物との交流をきっかけに軍事モノへとドハマりする。そのおかげか、西氏はエロ漫画の中では数少ない「メカもきちんと描ける」技量を持てたようだが、これによって自宅は未開封のプラモデルエアガン(と玩具と本と瓶)が積み上げられることとなり、いつ崩れて遭難するか分からない状態という。2003年には実際にエアガンが倒れてきて怪をした。

ミリタリー好きがこうじサバイバルゲームにも熱中し、仲間内で会報を出そうという時に「アサシン」というペンネームを使う。後の全年齢向けペンネーム「安西真」(あんざい・まこと)はこの「アサシン」の当て字安佐」を少し弄ったものであり、成人向けの現ペンネーム「西安」もそれをひっくり返したところからきているという。実は当初は「西」と書くつもりだったのが、電話口で名前を伝えたとき編集者に『「安」で「いおり」と読むのだ』という誤解が生じ、結局それをそのまま押し通した結果こうなった、という逸話がある。

高校卒業後、東京アニメーター学院に入学。が、これは絵で身を立てるべく上京するための口実であり、すぐに自退学。「フロムA」で募集のあったウルフチームに数点の絵を持ち込んでグラフィッカードッター)としての採用となり、制作したゲームスタッフロールに表示するため、初めて「安西真」というペンネームを使用する。しかしながら時は既にゲームバブルの収束期に突入しており、ゲーム仕事減して業務がパチンコグラフィック製作へとシフトするに従って会社の士気がガタ落ちし、結局就職から2年ほどで依願退職することになった。

そして同僚たちを中心にした新しいゲーム会社「すたじお実験室」(あるいは「実験室」、現在の「エーテルインターライン」)の立ち上げメンバーとなり、ゲームグラフィッカーおよびパッケージやノベライズイラストレーター等として働く。

1993年カドカワムックコンプRPG」にカードゲームリング★ドリーム』が付録として登場。これが確認できる限り、「安西真」の名が登場した最古の雑誌である。氏は同ゲームキャラクターデザインイラストを担当。のちにコンピューターゲームレッスルエンジェルスシリーズにも登場する「ソニックキャット」「ディアナ・ライアル」の師コンビもこの時にデザインされた。ちなみにこれがピンのプロ絵師としての初仕事である。

ソニックキャットの活躍のちに『リング★ドリーム』は「コンプRPG」誌上で展開されていた汎用TRPGシステムGURPS(ガープス)』のサプリメントになり、当時の女子プロ人気リプレイの面さはもちろん、氏のイラストの魅もあって、看板サプリメントルナルサーガ』に次ぐ人気を博した。その後、全日女子プロレスタイアップし、氏は「月刊少年エース」誌上に『ブリザードYuki』を連載することになるが、当のYuki々に引退したり、角川の分裂騒動などがあった上、氏が一般誌の刊連載に順応できなかったため、単行本1巻分のみで連載終了。さらにその後TRPGブームプロレスブームの下火化の中、『リング★ドリーム』も終了した。

以後はすたじお実験室を出て、フィールドを一般誌よりノルマの少ない成年誌へと移し、専ら成人向けペンネーム西安で活動することになった。氏の魅である感的な女性描写は、上記『リング★ドリーム』を通じて培われたと考えられる。作は、幼〇から30代熟女までを扱った多人数プレイボンテージ系コスチュームプレイが多いが、近年は少年を健全に育成したい偉い人たちの事情により、あまりにも幼い女性を扱うことは少なくなったが、そのぶん近年の男の娘ブームの到来によりショタ物が増えた。レ〇プ系もあるが数は少なく、基本的に和姦である。「描きたいモノを描く」ことを信条としているため、あまりにも外道な内容は描いてていい気分がしないから、ということらしい。断面図アヘ顔といった流行りをさほど取り入れないのも、この信条によるのかもしれない。そういう意味では安定した作家である。

エロ漫画に転向後、すたじお実験室が絡んだPCゲーム女神の破』で原画を担当。ほかに『狩―かるめす―』という作品でも原画を担当したが、以後はゲームに絡んだ仕事をしていない。同人業界ではサークル「脱脂粉」として作品を製作している。

作品解説

関連動画

関連商品

このほかの商品は貼ると偉い人に怒られそうです。

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/29(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/29(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP