シャーロック・ホームズ単語

シャーロックホームズ

7.1千文字の記事
掲示板をみる(195)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「なにしろ世界でたった一人この職業に従っている人間なんだからね」

世界一の民間探偵というわけかね?」

世界一の民間諮問探偵さ。探偵事件の最高にして最後の受理者はなのさ」

『四つの署名』

シャーロック・ホームズSherlock Holmesとは、架の私立探偵である[1]

概要

英国作家アーサーコナン・ドイルが発表した作品群・シャーロックホームズシリーズに登場する探偵。初出は1887年発表の『緋色の研究』。
世界でもっとも有名な探偵の一人であり、ホームズ自身の名が、推理小説における『名探偵』の代名詞としても使われる。

推理小説そのものはエドガーアラン・ポーがその先をつけたが、このホームズの登場とその人気によって、「探偵が難事件を解決する」という『探偵物』の様式が確立した。その結果、探偵物を含む推理小説が、大衆の読み物としての一ジャンルとして大きな人気を博す事となったのである。

内容は、ロンドンに居を構える探偵業を生業とするシャーロック・ホームズが、助手兼記録係の友人ワトソン(ワトスン)と共に様々な事件を解決に導くというもの。
シャーロック・ホームズシリーズの短編・長編は「ワトソンホームズの事件解決までのあらましを記録し、筋たてた物語にした上で表している」という設定のもとで執筆されている。
ただし、短編『獅子のたてがみ』および『面の兵士』はホームズ自身がしく筆をとった、という体裁で書かれている。

人物

イギリスロンドンイカ221Bにあるアパートに間借りしている。
シリーズ最初の長編である緋色の研究ワトソンと出会ってからは、彼がちょくちょくアパートを訪ねている。

身長183cm。痩せており、を思わせる鋭い鼻と突き出てばったが特徴的と表現されている。
常人離れした推理、観察を持つ。推理の基礎となる知識も相当なものであり、過去犯罪事件に精通している事はもちろん、タバコの鑑別に関しての著作があったり、血液検出の為の試を自ら作り出したりしている。(しかしこの試を使ったという描写は作中ではど出てこない)

反面、犯罪と関係のない知識に関しては一般人以下の準。たとえば地動説を知らなかったとしてワトソンに呆れられている。
もっともこれは単に無知だからというわけではなく、自分の仕事に関係のい知識は進んで忘れるよう心がけているためである。

格闘技においてはかなりの腕前で、ワトソンによると「棒術、拳闘および剣術の達人」。
ワトソンと出会う前には、ボクシングの大会でアマチュアとして職業拳闘業試合で渡り合ったことも。『最後の事件』においてモリアティ教授と戦った時は「バリツ」なる日本格闘技で生き延びる事ができた。

他にもヴァイオリン、変装、ピストル射撃などといった特技を持っている。特に変装の名手であり、浮浪者に化けるとワトソンでさえホームズ本人と気づかないことがあるほど。

マイクロフト・ホームズというがいる。表向きは下級役人だが、実は政府の政策全般を調整する重要な仕事をしており、時折事件の依頼をしてきたり、シャーロックの手助けをしたりしている。
それ以外の親族関係については一切ワトソンにもらず、不明。

探偵業について

鋭い観察拠を見つけ出し、それを元に豊富な知識(過去犯罪記録や科学的な知見など)を駆使して推理を行い、相を導く。
調の手駒として、ロンドンの浮浪児たちを幾らかの銭で雇って組織化した「ベイカ遊撃隊」(ベイカー・ストリートイレギュラーズ)を使うこともある。

仕事そのものが報酬」言し、引き受ける依頼に関しては報酬よりも、事件が興味深いものであるかどうかを重視する。
もっとも興味いわけではなく、たとえば『プライオリ学校』では「私は貧乏ですから」と、きちんと報酬をもらっている。彼が解決した事件の中には、欧の重要人や王族がらみの事件も多く、収入に関してはあまり不自由していない様子。

事件の犯人については基本的には警察に引き渡すが、法律上違法でなかったり、情状酌量の余地がある場合などはホームズの独断で犯人を見逃す事も少なからずある。これについてホームズは『玉』でワトソンに対し「自分は警察の欠陥を補うために雇われているわけではないからね」と述べている。

イメージがあるホームズであるが、犯人を取り逃がしたり、依頼人を殺されてしまったりするなど、時々失敗したりもする。諸事情でワトソンによって文章化されていない事件も数多いとされる。

悪癖

常に奇妙な事件との遭遇に飢えており、一度事件にのめり込むと寝食を忘れて没頭し、事件以外のことを気にかけなくなる。
しかし、彼を満足させるような事件がい期間が続くと、とたんに退屈を紛らわすため、モルヒネコカインといった麻薬に手を出してしまう。中患者というわけではないものの、医師であるワトソン健康面から度々これを問題視している。
しかし「生還」後はこうした物からは全に足を洗い、以前のような行動も幾分控えるようになった。引退後は田舎蜜蜂を飼い、健康的な余生を過ごしたという。

犯罪事件やそれに関係するいくつかの化学実験以外には興味がまったくなく、とくに女性との恋愛に関しては手を通り越して拒絶感すら抱いているため、生涯を独身のまま過ごした。
興味のあった女性といえば、『ボヘミアの醜聞』において見事ホームズを出し抜いた「あの女」ことアイリーンアドラーくらいである。

日本におけるシャーロック・ホームズ

多くの出版社から翻訳本が出されており、海外小説としての認知度・人気は高い。

古典的な名探偵といえば鹿撃ち帽インバネスケープにパイというイメージ[2]を植えつけた作品でもあり、助手的な立場の人間のことをワトソンくん」呼ばわりするパロディも随所に見られる。

小説ベースにした推理・アクションアニメ作品として、日合作名探偵ホームズがある。
登場人物は全て擬人化したキャラクターであり、シャーロック・ホームズとワトソンモリアティ教授一味の悪事を防ぐべく奮闘するストーリー子供にもわかり易い内容で、優れたアニメ作品であったため、ホームズといえばこちらのホームズを想起する人も少なくない(現在ニコニコ動画で有料配信中)。
近年だと後述するBBC版「SHERLOCK」が知られる。

漫画ではJETの「倫敦」が挙げられる。
シャーロック・ホームズ死後のロンドン舞台とし、彼を尊敬する主人公がその名を使って相棒と共にへっぽこ探偵業を営む。
ホームズが狼男ワトソン吸血鬼ハドソン夫人が幽霊と突拍子もない設定だが、掲載誌がホラーコミックだった為にスプラッタホラーとしての側面が強く、グロテスクな表現や展開がかなり多い。
一方で登場人物の造詣や設定は評価が高く、ストーリーにも原作リスペクトな部分があるため、ファンも多い。

テレビゲームでは、ファミリーコンピュータを代表するクソゲーに数えられる「シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件」が(一部では)有名。そのせいではないだろうが、内ではゲーム化される機会に恵まれているとは言い難い。
なお海外ではその性質上様々なジャンルゲーム化されており、Frogwaresからは『The Adventures of Sherlock Holmes』としてリリース2002年以来8作を数えるヒット作となっている。
特に2016年の『The Devil's Daughter』は『シャーロック・ホームズ 悪魔』と題し、初めて日本国内用ハードPlayStation 4Xbox One)で発売された。

関連動画

ゆっくりによる翻案。

関連商品

小説

上からだいたい原作(ストランド誌発表当時の)発行順。
関連は新潮文庫で統一してあるが、その他の出版社からも様々な訳者、本サイズで出版されているため、自分に合ったのを読むのが吉。児童文庫版は文体および表現が低年齢向けにやさしくなっており、普段小説を読まないひとで読みやすい。

シャーロック・ホームズの冒険(テレビドラマ)

イギリスの放送局グラナダTV(現ITV)で1984年から1994年まで放送されていたテレビドラマ。通称グラナダ版ホーム

原作に忠実に、鹿撃ち帽インバネスという誤ったホームズのビジュアルする、くない内容映像化に向かない内容をアレンジする、ヴィクトリアイギリス風景や習俗を再現など、底的に描写を突き詰めている。ホームズ&ワトソンコンビを描く、サスペンスドラマ傑作

ホームズ役のジェレミーブレットの外見や演技、身のこなしはまさに小説を読んだもが思い描くシャーロック・ホームズその人であり、世界中で人気を集めた。
ホームズ作品の映像化は彼にして欲しいとまで讃えられたが、ブレットにとって世界中のファンからの期待は精的な重荷となり、他にも様々な健康上の問題を抱えたことから、シリーズ後半では体が大きく変化してしまう。

残念ながら「恐怖」「緋色の研究」そして「最後の挨拶」といった著名な未映像化作品を十数作残し、ブレットは死去。だが現在に至るまで映像ホームズといえばグラナダ版と名高く、ブレット演技はこれからも新たなシャーロキアンを魅了するだろう。

アラサー以上の世代には、ブレットによる雰囲気たっぷりの名演と露口茂によるストイックな名吹き替えでお染み。イギリステレビ番組はたとえシリーズ作品であっても本編の長さが毎回同じとは限らないことで知られる。そのためNHK放送版では放送に合わせるためにカットが入る回もあった。
2010年に発売された完全版DVDでは要登場人物の声優大御所引退・逝去などのためか、カット部分の吹き替えは全て新規声優が行った。

 

シャーロック・ホームズ(映画)

汚らしく散らかったベイカの自宅、バリツ全開で肉体言語に訴えるホームズ、おなじみワトソンとの毒舌の掛け合いなど、既存の古き良きノスタルジックホーム世界イメージを破壊しつつ現代的リアル路線で再構築した、ハイスピード推理探偵バトルアクションムービー演はロバートダウニーJr

暴力的なのは監督ガイ・リッチーだから仕方がいが、「妙に気取った冷静沈着な安楽椅子探偵」というイメージが固定していた映像ホームズに、原作お茶で武闘な要素を取り入れたとしてシャーロッキアンからの評価は決して低くない。
またホームズのを際立たせるために愚鈍な設定が多かった映像ワトソンを、有能女性にモテるというこれまた原作に沿った要素を入れている。

続編の『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』ではモリアティ教授との対決が描かれている。

三作製作が決まっているが、ガイ・リッチーロバートダウニーJrが忙しいお陰でなかなか進行していない。

SHERLOCK

BBC英国放送協会)で2010年から断続的に放映されたテレビドラマ。全4シーズン
日本では2011年NHK BSプレミアム2012年AXNミステリーで放送。また2013年NHK総合でも放送され、地上波初放送となった。

演はベネディクトカンバーバッチ。吹替は三上哲が担当。
英国ドラマでは定番のミニシリーズと呼ばれる放送形態を取っており、1シーズン90分×3話という短い構成なのが特徴。

コンセプト「21世紀のロンドンにおけるシャーロック・ホームズとワトソンの冒険」
原作ホームズは19世紀後半から20世紀前半に活躍していたが、このドラマでは現代に翻案している。そのためこのドラマではホームズがスマートフォンをいじったり、自らホームページを開設するなどしている。
ストーリーに関してはドイル原作を下敷きにしてはいるが、筋はほとんどオリジナルである。たとえば第1話「A Study in Pink」は、死因や事件現場のシチュエーションなどはドイルの「緋色の研究(A Study in Scarlet)」を踏襲しているが、殺の動機や犯人は全く違っている。

また、ホームズの社会不適合者としての側面が強く描かれているのも特徴。
警察関係者からサイコパスと言われ、それに対してホームズ自身が自分を「高機ソシオパスだ」などと返す場面があるなど、過去の作品とは似て非なるホームズ像が見られる。また「マインパレス(精の宮殿)」という記憶術を会得しており、膨大な知識を地図のように配置して記憶、必要な時に引き出して閲覧している。
対するワトソンアフガン戦争に従軍した軍医という設定。物語開始時にはPTSDにより左手と右脚に不自由を生じ、をついていた。しかしホームズと共に行動をした事で症状は解消している。
成り行きでルーシェアしたはいいが生活ゼロホームに代わり、買い物や請書支払いをしぶしぶ担当している。男二人で同居している関係上、周囲からゲイカップルと誤解されるのを嫌がって否定するが、かえって誤解を深める一幕もある。

登場人物は原作とほぼ共通しているが、何人かオリジナルキャラクターも登場する。

人形劇「シャーロック・ホームズ」

日本NHKで放送されたテレビ人形劇。脚本は三谷幸喜ホームズ役は山寺宏一が担当。
ロンドン郊外にある全寮制学校舞台とし、ホームズをはじめとした登場人物は生徒または教職員として設定されている。

基本的に原作に沿った内容ではあるが、学生寮で起きる事件であるため殺人以外に置き換えられている。
またホームズが少年なため原作べるとうっかりミスが多く、保健のアイリーン先生の色香に惑うことも。
三谷作品らしく声優俳優率が高いのも特徴。

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

アメリカの放送局CBSで2012年から放送されたテレビドラマ。全7シーズン日本ではWOWOWおよびスーパー!ドラマTVテレビ東京で放送された。
演はジョニー・リー・ミラー吹き替え三木眞一郎が担当。

タイトルの『Elementary』というのは、『シャーロック・ホームズ』が初めて舞台化された際に生まれた「初歩的なことだよ、ワトソンくん」(Elementary, my dear Watson.)という台詞から取られている。

現代社会犯罪を行うシャーロック・ホームズ』という点はBBC版と共通している。
それと大きく異なるのは日本副題にもあるように、舞台ロンドンではなくニューヨークであること。更にワトソン女性であり、アジアアメリカ人という設定である。

ホームズの設定および俳優英国人。元々はスコットランド・ヤードで捜をしていたが、父親によってアメリカにある依存リハビリ施設に入所。出所後に英国時代の知り合いが居たニューヨーク警の顧問になるという経緯で、ニューヨーク舞台になる。

突拍子もない発想で捜関係者を翻弄したり、頭の回らない他者を小馬鹿ににするなど、頭明晰で皮屋なところは原作譲り。数カ所身体に刺青があったり、女性関係(×恋愛関係)が多いところがオリジナル要素。
依存者の社会復帰を支援する付添人としてホームズと出会うのがジョン……ではなくジョーン・ワトソン。従軍経験はいが原作同様医師である。
自由気儘なホームズに手を焼き、慣れない犯罪現場に同行して戸惑うが、次第に事件捜への興味探偵としての才が開。付添人から探偵助手へとポジションを切り替えて彼と共に行動するようになる。

上記のようにBBC版との共通点があるため、番組放送前から賛否両論の飛び交う状態であった。
特にワトソン女性化が様々な憶測を呼ぶこととなったのだが、実際本編では両者の関係は「信頼の置ける相棒」の範囲から外れることはない。
原作モチーフにした登場人物やストーリーも散りばめられているが、単純に一話完結の推理・刑事ドラマとしても見ることが可である。そういう海外ドラマに慣れた人には敷居が低めなのがポイント

ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎

1985年アメリカ映画監督は『レインマン』でアカデミー賞を受賞したバリー・レヴィンソン。

上記のドラマ人形劇さきがける形で、寄宿学校を部隊としたホームズとワトソンの出会いと冒険を描いている。
突拍子もない展開や設定もあって「ホームズの名前借りただけでは?」という意見もあるが、青春活劇・アドベンチャーものとしてはそれなりに成立している。

関連静画

関連項目

関連サイト

脚注

  1. *しかしながらシャーロキアンシャーロック実在論者)と呼ばれる熱心な人々にとっては、紛れも実在した最高の名探偵である。
  2. *パイプはともかく、帽子とコートについては挿画の影が強い。文中では「彼の当て付き旅行帽」(his ear-flapped travelling cap)にアルスターコート(Ulster 。肩掛けのついたオーバーコート(膝下丈の防寒コート)の一種)と描写されている。
この記事を編集する

掲示板

  • 193ななしのよっしん

    2021/08/08(日) 23:46:26 ID: VFXEj0UwtI

    【誤解を招く(は言ってない)シャーロック・ホームズ紹介文】
    物語の中で彼にまつわる最初の情報は「変わり者」だとされ、死体を殴打するなどの奇業の説明がなされる。
    彼を紹介された医者行動を観察した結果、麻薬の使用が疑われ、後日この判断が正解と判明した。
    その後幾度となく彼は警察官の訪問を受けることになり、ある時など人のの中で焚火を始め、
    警官が「火事だ!火事だ!」と騒ぐ展開になったほど。

  • 194ななしのよっしん

    2021/08/19(木) 16:20:31 ID: VFXEj0UwtI

    個人的に読み直してたら笑えたのが、ホームズの(懐具合の)成長。

    『緋色の研究』だと来客は(ハドソン夫人の許可を得て)そのまま進入、『四つの署名』だとハドソン夫人が取り次いでいるんだけど、『婿失踪事件』から時々給仕の少年が出てくる。

    有名になって懐あったかくなったんで人雇うようになったのか。

  • 195ななしのよっしん

    2021/09/11(土) 18:48:52 ID: OrGDq9uMFU

    ペルシャ靴とかの毛皮とかホームズがふらっと出かけて買ってきたみたいな物いいよね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/17(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/17(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP