今注目のニュース
ハラスメント対策と働き方改革の板挟み…管理職3人の嘆き
“同棲解消”考えたアンゴラ村長、おぎやはぎ指摘に震える
YOSHIKI、台風15号のボランティア活動参加で「新しい自分を発見しました」

ukyo_rst単語

ウキョウアールエスティー

掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ukyo_rst(うきょうあーるえすてぃー)とは、絵と料理の上手なスーパーマルチクリエイター芸人である。
呼称は「うきょうさん」、「うきょさん」など。わおーん

概要

ニコニコ生放送ゲーム実況配信芸を披露している。ソロ・協・対戦、またゲームジャンルに関わらず、視聴者を楽しませてくれるエンターテイナー。
基本的には自信過剰気味に大胆なプレイを展開してからの失敗、または予想外ランダム要素を呼び込む、という芸であり、フラグを立てるのも回収するのも一級の腕の持ちである。特に可燃物にはめっぽう強い。ただし本人も言うように、豆腐メンタルなので生み出した数々のギャグトラウマとなっていたりする。
絵は上手く、特にPainterの扱いに長けている。その他、PhotoShopなども駆使する。お絵かき配信中にはツールの使い方を教えてくれることもある。
また眼や口腔やや(薄)布といったパーツに非常にこだわりを持っており、「眼球をめる(眼ペロ)」とか「口腔は性的」など数々のフェチシズムを提唱している。そのあまりの熱心なりぶりに、ある種の尊敬の念を込め「教授」「う教授」と呼ぶ者も多い。
芸人としての活動の傍ら、同人活動も行っている。オリジナル作品や東方Projectなどの二次創作メインで、イラストから漫画まで何でも描く。稀に商業誌でイラストレーター仕事をすることもある。
意外にも近年まで直接的なエロ絵は描いていなかったが、2011年頃よりR-18方面の創作を活発化。一度だけR-18用に「うらかた右京」のペンネームを使用して(ukyoさんは別人だと言いっていた)、同人誌を発行していたものの、現在は「ukyo_rst」名義に統一している。
2012年には、オリジナルゾンビ娘リョナ・屍姦などのハードコアな内容(ukyoさんく、キチガイの所業)の同人誌を発行するまでになり、色々な意味で反を呼んでいる。ukyoさんのリビドーは留まる所を知らない。
絵は本当に素敵なので一見の価値あり。下記リンクからどうぞ。
料理
何でもできる事に定評のあるukyoさんだが、最近になって料理プロ級である事が判明した。
多種多様な調味料を使いこなし、某ラーメンチェーン店のモツ煮込みラーメンを越える物は作れるとする程である。
特にグリーンカレーには自信があるらしく、記念すべき初めての料理配信で作った物もグリーンカレーであった(詳細は後述)。
この事により、「一家に一人ukyoさん」が現実味を帯びることとなり、熾な争奪戦が繰り広げられる事が予想されている。

トラウマの数々

先述の通りukyoさんはゲーム実況配信を行っているのだが、ここではそこで生じた数々の心的外傷をまとめる。

放火魔事件(2011年3月18日)


ukyoさんは2011年2月26日よりMineCraft実況配信を行っているのだが、この事件はそれより約3週間後、プレイングも慣れてきた頃合いにゲストを呼んで楽しく配信しようと思った矢先に起きた事件である。
生放送開始直後ランダム世界を生成した結果、やたら高低差のある崖や大規模な砂漠や砂利で出来た山などの妙ちくりんMAPが生成されたのだが、その地表でukyoさんはあるものを発見してしまった。
マグマである。
本来地下に生成される溶岩が初めから地表に出てきているのは稀なのだが、それを見たukyoさんは何を思ったのか 「ここに家を建てよう」 などと供述し(明かりと敵MOBの撃退に役に立つという理由)、木の趣のある優しい印を与える木造建築建築することとなった。
作業に移り1時間ほど着々と木材による建築を行っている中、火事を期待する心配するリスナーに対して「何度かMineCraftやってマグマの扱いには慣れてるんですよー」とフラグを建てたところ、やらかした
の庭のマグマが近過ぎたために、建築中のに炎が燃え移ったのだ。 ukyoさんが慌てて素手で(チェストの中)延焼を止めようとするも火の勢いは止まらず、建築途中のは木材ブロック1個を残し全焼。ukyoさんの心にトラウマを植え付ける結果となった。

しかし、この日の惨劇はこれだけでは終わらなかったのだ。

さらに数時間後ゲストを一人追加し、数々の死亡事故リスナーを沸かせながら建築に着手していたのだが、悲しいことに事件は起こった。
の中にネザーから持ち帰った燃え続ける石ネザーラックを邪教の祭壇のごとく配置し、前回の反を活かし炎を木材ブロックから4マス離すという方法で木造のの中に炎を存在させるという画期的な殿を作成。リスナーを沸かせたが、その中には興味深いコメントがあった。
「燃えてね?」
そんなはずはない、燃える要素は排除したはずだ。とukyoさんは焦りつつ周りを見回すが特に変わったところはない。なんだ気のせいか、と安心したがパチパチと何かが燃える音がする。天井が燃えていた。
焦るukyoさん、今度はで延焼を抑えようとするが、1ブロックを消すと2ブロックは燃えているという悪循環に至り、為す術天井消失した。
うなだれukyoさん、笑い続けるゲストリスナーukyoさんは1日で2度敗北を知った。

しかし、この日の惨劇はこれだけでは(ry

1軒を散々燃やしたukyoさんは次の居住場所を探していた。初めのから山を一つ抜けたところ、ukyoさんはまたしも地表にマグマを発見した。もうゲームが笑いをめてくるレベルである。
しかし2度の敗北を経たukyoさんは細心の注意を払い、マグマの直上に高床式の建築することとなった。もちろん木造建築フラグビンビンである。
流石にマグマの扱いにも慣れが出てきたukyoさんはの周りにを作成し、さながらここをの中のオアシスとするべく建築を進めて行った。
ゲーム上での明け。から少し離れたところに設置したマグマタワーまでクリーパーを誘導し、見事にクリーパーを焼くことに成功してどや顔をしている隙に横から別のクリーパーに襲撃されるという芸が成立した時、事件は起こった。
火種がから火の手が上がり、が全焼したのだ。
マグマからはしっかり離していたのだが、不規則な育ち方をした木からの延焼は想定していなかった木造建築は柵と具のみを残し全焼した。 ukyoさん3度敗北である。

この日、リスナーゲスト2人の心に笑いを与えたukyoさんの心にはトラウマが刻まれることとなった。

火炎入道にジェノサイド事件(2011年4月28日)

ukyoさんの配信上でのトラウマる上で忘れてはならない事件である。

唐突に友人のhounoriさんとのWiiVCを使用した風来のシレン対戦会が開催された。同時に素潜りを開始し、先にコンドルを助けた方が勝ちというルールであったが、基本はhounoriさんが先行しつつ敵NPCの汚いにより村に返されukyoさんがリードするかと思ったらすぐ汚いに引っ掛かるという、スピードが重視されるこのルールで延々村に戻り続けるというgdgdな展開になりつつ、これは今日中に終わるのだろうかというリスナーの心に疑問が生まれ始めた頃、事件は起こった。
hounoriさんがゴール寸前まで辿り着き、タイム的に即降りしなければ間に合わないというタイミングukyoさん側のシレン地雷を踏み、周辺にいた火炎入が爆で増えて囲まれるといういわゆる詰みの状態になった。
しかしその時、m9やを生やし続けるコメントの中で一際コメントがあった。
「火炎入ジェノサイド投げればいいんじゃね?
ukyoさんはこのコメント明を見出し、手持ちの白紙の巻物にじぇのさいどと書き込んだ。そして意気揚々と火炎入に向かってジェノサイドの巻物を投げたのだが、火炎入特性として投げられたものは全て炎で燃え尽きて効果を成さないという特性があり、四面楚歌の状況でのukyoさんはこの知識に関する記憶が曖昧だったため、ジェノサイドの巻物は当然通用せずに炭となって消えた。
村に返された間、hounoriさんのゴールが決まり、ukyoさんの性の芸人気質をリスナーに知らしめる結果に至った。
このトラウマは未だにukyoさんの心に深く根付いており、 豆腐メンタル叩き潰す時にはよいネタとして扱われる。

燃える!うきょうさん2(2011年4月28~29日)

ジェノサイド事件の直後にあたる。

風来のシレン配信での敗北を認めたがらないukyoさんは同じくVCで配信されているロックマン2を付けた。
プレイしていたということでアドバンテージを得たつもりになり、 自信を持って勝負を仕掛けたukyoさんであったが、相手のhounoriさんは度々ロックマン2の武器縛りタイムアタック配信を行っている実者であった。それを知っているリスナー謀なことを・・・と半ば呆れていたが、プレイを開始する二方。1ステージは流石に

落ちる。ティウンティウンする。燃え上がる。

ボスに会うことも出来ずにゲームオーバーを連発するukyoさん。それをにあまりにもサクサク進むhounoriさん。二人の差は歴然であった。リスナーの多くは思っていただろう、「うん、知ってた。」
この時生まれた名言「いやだー!!!しにたくないー!!!」である。だが死ぬ。

ukyo敗北!屈辱のわおーん☆伝説(2011年5月3日)

火炎入ジェノサイド事件と並び、ukyoさんの心に根強く残っているトラウマである。が、最近は割と慣れた。

風来のシレンロックマン2での散々な敗戦をよしとしないukyoさんがリベンジとして再び同じルールでの対戦配信を行った。開始今日はツイてるなどと根拠のい自信をかざすukyoさん。リスナーのほぼ全員hounoriさん側に付いたり、火炎入が出る度に「ジェノサイド投げましょう」などと精を蝕むコメントを続けるという全にアウェー間の中、先にコンドルへ辿り着いたのは、なんとukyoさんであった。

期待を裏切られ現実を直視出来ないがhounoriさんを慰めるリスナー、悦に入ってドヤ顔をしているのがキャプチャ画面から透けて見えるかのようなukyoさん、明らかに悔しそうな負けず嫌いのhounoriさん。だがhounoriさんにもプライドはある。「ロックマンやりましょう!」 対戦の舞台は予約による負けたら扱いという罰ゲームを賭けた、双方のプライドを賭けるロックマン2へと移る。

まともにやってhounoriさんにukyoさんが勝てるはずがない。それはリスナーはもちろん、本人ですら前回の敗北でわかっていた。案の定サクサク進むhounoriさんに対し、動画で見た知識を使うも失敗して普通に歩きながら後を追うukyoさん。しかし、ukyoさんにはこの状態を打破する秘策があったのだ。
hounoriさんがワイリー倒す前にヒートマンステージの消える床をクリアしたら勝ちってことにしてください」
プライドクソもない。が、それを了承するhounoriさん優しい。プライドなどい。
しかしクリア出来ない。hounoriさんがワイリーステージに入ってからもゲームオーバーを繰り返すukyoさん。やっぱり駄だったよとすっかり敗戦ムードが漂う中(初めから)、なんとukyoさんが足場を軽快に飛んでいく。しかし対するhounoriさんも宇宙人メカにとどめを刺そうとバスターを構えた。次の間、ukyoさんは対へ辿り着き、hounoriさんがグロメカに引導を渡したことにより、ほぼ同時に決着が決まった。
ほぼ同時に勝利条件を満たした為に、結果判定は同時に放送を見ていたリスナーによる判断に委ねられた。
結果は、hounoriさんの勝利勝利エフェクトの一後にukyoさんが着地したと判断され、同時にukyoさんの敗北が決定した。
そして当初の約束の通り、ukyoさんを扱いすることが決定したのだが、「鳴けよ」とのゲストであるみやさんのらしく鳴けとのの一に従うukyoさん。

「「わおお~んちょっはずかしっ」」

セルエコーまで使い、伸びる感じのらしく鳴くukyoさん。プライドなどい。ウケるかなと出来心でやったエコーがかかったが自分で聞いてみて予想以上に恥ずかしかったらしく後悔しているようだが、今でもリスナーが「わおーん」などと煽る場面もよく見られる。

一度は勝っているのにこの仕打ち、リスナー鬼畜さがうかがえる。

ukyo狩り現る!?(2011年11月11日)

この頃ukyoさんはダークソウルで擬態を利用したガチ対戦の様子を実況配信を行っており、そのガチ勝負の様子はリスナーからも好評価だった。この日はマッチングシステム善後久しぶりの対戦。肩慣らしを終え、対戦相手の世界へ侵入し、さあ擬態を…というところで後ろから攻撃を受け負けてしまう。あまりに一の出来事に「ずるい、卑怯だ」と鳴くukyoさんと爆笑するリスナー。このときの対戦相手(仮に"ハンターさん"とする)は、侵入場所付近で待ち伏せをしていたのだった。
突然の出来事だったが、「相手がうまかった」「これも擬態対策だ」と冷静に分析し、ちょっとしたハプニング程度といった認識でukyoさんもリスナーも引き続き対戦プレイを楽しんでいた。

――このとき、もこの配信の結末を知らなかった――

その後のukyoさんは、一礼を送る相手に容赦なく攻撃をぶち込みガチ勝利を挙げ、リスナーから「これはひどい」「このクズ」といったコメントtwitterでは友人たちから叩きリプが飛び交うなど、配信を大盛況に導いていた。

そして何度かの「次は本気出す」宣言で挑んだ終盤戦、再度ハンターさんの世界に侵入してしまう。
全に油断していたukyoさんは、またも擬態しようと防備になっているところを後ろから襲われ速攻で倒される。
「またさっきの人かwww」「リスナーだろwww」「ukyo狩りwww」と、ハンターさんの再登場にリスナー大盛り上がり。ukyoさんの精に大ダメージが蓄積されていった。
さらに、これで終わらないのがukyoさん。2度あることは何とやら、2回連続3度となるハンターさんの世界へ侵入してしまい、「お前連続じゃねーか!」の断末魔とともに、3度敗北を喫した。

そしてこの日の配信最終ukyoさんはハンターさんにおびえながらも侵入を繰り返す。
相手にたどり着く前に岩につぶされたり、武器の属性を変更した直後にその属性に耐性を持つ装備の相手に当たったり、 トイレ慢してたり、相手を前にしてステージ装置によるピタゴラスイッチで落下死したりと内容は散々。
全に心も折れ、の時間も残りわずかとなったため、「最後の侵入」として入った世界――
「最後は倒してを飾ろう」と気を振り絞るukyoさんが侵入した世界――

そこには元気にukyoさんの背後でを振るうハンターさんの姿が!

3度ならず4度、まるでリプレイのように背後からられ悲鳴を上げるukyoさんと、璧なオチに賞賛と歓喜のを上げるリスナー。ついに配信には「神回」のタグが付けられたが、ukyoさんはまた一つ心に大きな傷を負ったのだった。

烏帽子鳥描いてください事件(割といつでも)

帽子描いてください」

上述のようにukyoさんは絵の上手な芸人であり、たまにPainterphotoshopによるお絵描き配信も行っているのだが、そこでリスナーから来たお題がこれだ。STG斑鳩の熱狂的プレイヤーで知られるukyoさんであるが、うろ覚えで描いた帽子の姿は…

割と今でも引きずっている。

†現代社会の闇ukyo†(2012年4月15日)

現在仕事がひと段落すると週末に不定期で原寸(1024×768)お絵描き配信をしているukyoさんだが、作業中にリスナーから「何年絵描いているんですか?」的なニュアンスコメントが寄せられる度に、HDD上に残っている過去黒歴史絵を開して笑い話にしている。

この日も例に漏れず自らの黒歴史絵を開していたのだが、いつもの絵の後にHDD上に残ってる最古の絵ユキちゃんを引っり出してきてリスナーを笑いの渦に飲み込んだ。昔のLe○fっぽい!色塗ってなんとか見れるようにしようぜ!などと煽られたukyoさんは芸人として笑いの種を放っておけなかったのか、
「あの絵トレスして色塗るわ」
と宣言。過去トレスに入ったが、予想以上に黒歴史を見続けるのはつらい。しかしギブアップせずに顔のパーツだけ今の技術で描くという悪足掻きを行うことで、少しでもクオリティアップを計るukyoさん。余計につらい。
塗っていく度に失われていくSAN値しいアゴや太い首に苦しめられながら色塗りを遂したukyoさん。完成したユキちゃんの作業ファイルにkuso.psdと名前を付けて保存し、安心して元の絵に戻ったのだが、photoshopからの反応がい。情な強制終了。
どう考えてもユキちゃんの呪いである。
再起動した後、小顔に成形したり、肩幅を大きくしたり、小顔にしたことで伸びた首を誤魔化すためにセーラー服の襟を立てたり、口に葉っぱを咥えさせたり、機関銃を持たせたりと迷走したが、結局強制終了前あたりの状態で落ち着くことになった。
ユキちゃんの画像はukyoさんのtwitpicに上げられているので必見。
ちなみにユキちゃんの画像は著作権フリーとなっている。二次創作するもよし、漫画モブにそのまま使うもよし、加工してテクスチャに使うもよし、駄コラを作ってもよし、作者を騙ってもよしの大盤振る舞いとなっている。それほどまでに手元に置いておきたくないのだろうか。
すいません 他に好きな人がいるんです

ukyoさんインタビューを受ける(2014年1月頃)

キルミルタルの発売にあたり、特設サイトで著者とイラストレーターインタビューが掲載された。
著者の緋色友架先生の受け答えと較して、ukyoさんは…
拙い受け答えをするukyoさんの方が可らしいのは然の秘密である。
こちらexitからどうぞ
本も要チェック

ukyoさん怒りのお料理配信 in 修羅場(2014年6月8日)

売れっ子になり多数の締め切りを抱える事となったukyoさん。
この日も翌日に締め切りを控えた修羅場で、サボり防止配信を行っていたのだが…視聴者希望により、急遽料理を取り料理を始めた。 視聴者の期待に応える芸人の鑑である。
作業用デスクを片付けてその場で調理をするという突貫作業であったが、料理教室先生のような手際の良さで解説などの時間を含めて30分でグリーンカレーを作り上げるという腕前を見せる(実食やおさらいの為にもう一使ったが)。
最終的には料理カテで1位を取るほど大盛況となり、コミュニティも多数の登録者が増えた模様。あれ、何のコミュニティだっけ?
当初はTSを残さない予定であったukyoさんだが、その盛況に応えてTSを残してくれる事となった。
だが、TSを残さない予定だった理由が「一発勝負で失敗したらかっこ悪いから」であるのがまた可らしい。(結婚しよ)
なお、前述のように修羅場っ最中のである為、当然視聴者からは「仕事しろ」と冗談交じりでツッコミを入れられるのだが、「お前らがやれって言ったんだろ」と逆ギレするukyoさんが笑いを誘った。
ちなみに、この時の配信コメントは「当コミュニティはお絵かきコミュニティです」である。またまたご冗談を

魔王マグロナ

魔王マグロナとは、魔界(名古屋の左下の方)出身のアイドルである。

概要

いな二本の美しい赤髪シアンの入った綺麗な瞳が特徴的な美少女。あとおっぱい
魔王とつくが、所謂ファンタジー世界魔王のことではなく、魔界(名古屋の左下の方)のトップアイドル称号のことらしい。一人称は「余」。
2018年6月5日からバーチャルYoutuberとして活動している。




で、なんでukyoさんの記事に書いてあるのか?だって?

中の人ukyoさんだからだよ!!!!

どうしてこうなった

2018年5月イラストレーターの巻さんと漫画家リムコロさんがYoutubeチャンネル「りむとまきchannel」を開設。バーチャル美少女受肉(通称:バ美肉)の布教を始める。
以前からLive2D興味があったukyoさんは、動画を参考に半日程度でマグロナちゃんを作成。
マグロナちゃんをFacerigで動かしているうちに「余、かわいいな!めっちゃかわいいな!」と嬉しくなっちゃうukyoさん。
速、作業配信で被ってみるものの、が致命的にかわいくないというにぶち当たる。
マグロナちゃんのかわいさを追求する上で、おじさんはその璧さを損なってしまう要因であった。
最悪、マグロナちゃんは中の人を募集して、自身はバーチャルヒャッハーモヒカンに受して活動しようとすら考えていたらしい。しかし、中の人と解釈違いを起こしてしまったら絶対に耐えられない…そんなことになるくらいならもうおじさんの方がマシと開き直る。
そんなこんなでアバターとして使おうと思ってた矢先、ふとボイスチェンジャーを使ってみるのは?と啓を得るukyoさん。適当検索して出てきたフリーソフト恋声」を落とし、適当に設定をして使ったところ、ukyoさんのボイチェン適性が異様に高いことが判明おじさんが話しているはずなのに、全く違和感のない女の子なのである。これにはさすがのukyoさんも困惑。とはいえ、ネックであったおじさんクリアしていたので、とりあえず配信でお披露したところ大好評。
調子に乗った勢いに乗ったukyoさんはVtuberごっこをすべく、Youtubeチャンネルを開設し、それっぽい動画投稿したのだが…これがなんと一ヶで登録者数2万人える盛況振りを見せるのであった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目・リンク

掲示板

  • 62ななしのよっしん

    2019/08/27(火) 23:56:25 ID: wPrKwSxcGz

    忙しさ的な話なのか銭的な話なのか知らんけど
    仕事的には多い部類の人よ
    同人も売れてたし

  • 63ななしのよっしん

    2019/09/27(金) 06:10:40 ID: gO1aEMJ7we

    Twitter全にマグロナちゃんの活動報告になっててukyo_rstとしては最近どんなお仕事してるんだろう?とは思う。
    普通イラストレーターさんとかって「(ラノベなりゲームなりTCGなり)のなんちゃらのイラストを描かせていただきました」って報告というか宣伝するのにそういうの全然ないのよね。
    TwitterプロフィールのとこにURLある自分のサイトもお仕事履歴2015年から更新されてないからわかんないし。
    コミケ同人の本出したよ!以外の情報発信もしてほしいなあと。

  • 64ななしのよっしん

    2019/10/02(水) 18:08:06 ID: rQD93Oy8Ab

    >>63
    大昔に「開時期が分からなくていつ宣伝していいか分からない仕事が多いからいつも宣伝や告知するのを忘れる」って言ってた覚えがある
    ニコ生で商業関連の作業配信してても結局その後何の仕事絵だったのか分からないことがほとんどだったし
    せめて把握してる分だけでもちゃんと告知してくれればなあ

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP