ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章単語

ドラゴンクエストレツデンロトノモンショウ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章とは、1991年1997年まで『月刊少年ガンガン』にて連載されていた漫画である。

単行本は全21巻、後に最終決戦などに加筆修正を加えた完全版が全15巻刊行された。
原作・設定:千秋、脚本:小柳順治、作画藤原カムイ

概要

ドラゴンクエスト世界舞台として描かれた漫画DQIIIDQIDQIIという本編時系列の中で、本作はIIIとIの間に位置する物語(時代的には限りなくIに近い)として設定されており、実際にゲーム本編に出てくる地名やキャラも多数登場する。

テレビアニメ化はされていないが、メディアミックスとしてドラマCD化とアニメ映画化がされている。

また、後に『ガンガンYG』(『ヤングガンガン』の前身となる雑誌)にて新作『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 Returns』(全3回、全1巻)が連載され、その後に『ヤングガンガン』にて続編『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 ~紋章を継ぐ者達へ~』が2004年より連載されている。

作中時期が6年間の連載に合わせてほぼリアルタイムに遷移しており、これにあわせて各キャラも加齢している(後述)。

ストーリー

勇者アレルが大魔王ゾーマを倒し、勇者ロト称号を受けてから100年後、勇者の2人の息子たちは地上へと帰還し、それぞれが新しいローランとカーメンして繁栄していた。しかし、新たなる邪悪の影「異魔神」が現れ、世界は再び邪悪なる者たちによって危機を迎えていた。

魔神の襲撃により、ロトの子孫のは陥落。勇者の血を受け継ぐ主人公アルスは間一で難を逃れるものの、もう一方のロトの血を受け継ぐローランの王子は呪われた名“ジャガン”の名前を与えられ、異魔神の配下として育てられることになる。

その十数年後、アルスはかつてロトとともに戦った3人のケンオウの子孫を探し、異魔神を討つに出る。

世界観

前出の通り、ロト三部作のドラクエ3ドラクエ1の間、ドラクエ1に近い時代が舞台であり、登場する地名は基本的にドラクエ3のものである。

作中アルス達が実際に立ち寄る地名でゲームにも登場するものは、順にアッサラーム、バラモス(カーメンになっている)、ネクロゴンド、テドン(造船のとして復している)、アリアハンジパングレイアムランド。その他作中には女王(ローラになっている)、ノアニール(を構える程に発展している)、ルザミ、ロマリアポルトガ、ラダトーム、イシス(ヤオを主人公としたサブストーリー舞台)が登場し、名前だけだがカザーブ、サマンオサ、バハラタの地名も見られる。

登場人物

勇者ロトの子孫

アルス
本作の主人公
ロトの二男カーメンの子孫として生を受け、その直後に異魔神の襲撃から逃れるためにカーメンから連れ出され聖域で育つ。
3人のケンオウの子孫を仲間にし、一度はジャガンとの戦いの中で息絶えたこともあったが、世界樹の葉と霊界からの愛しい人たちからの励ましのによってよみがえり、勇者として大成した。
な装備品は光の剣オルテガ剣、アルス剣、レプリカ勇者レプリカ、ロトの紋章など。
冒険開始時10歳、最終年齢15歳
ジャガン→アラン
魔神に呪われた名前“ジャガン”を与えられたせいで、魔人王として生きる羽になったロト長男ローランの子孫。異魔神配下の4魔王の一人として人類を脅かし、一度はアルスを殺するも、復活したアルス敗北する。
そしてアルスとの再度の決闘を経て死亡するものの、霊界での両親からの祝福により復活。ジャガンという名前から本来の名前である“アラン”にめ、勇者として覚醒する。
な装備品は王者の剣、勇者(いずれも当初は異魔神の呪いを受けてくなっている)、ロトの紋章など。
魔神王戴冠時10歳、最終年齢15歳。作中ではかなり大人びて見えるが、設定上はアルスと同い年である。
アステア
アレフガルドからやってきた3人勇者ロトの長女フローラの子孫。竜王に支配されているラダトームの奪回のため、助めて地上のロトの子孫たちに会いに来る。ラダトームを奪回した後は再度地上を訪れ、復活した異魔神との戦いに身を投じる。
な装備品はなるナイフ旅人、ロトの紋章など。
最終年齢15歳ラダトーム王子名乗り、見た少年のような格好をしているが、実は少女である。設定上の構想はあったものの、本作の連載中には性別は明かされず(ただし、作中で女性的な素振りを見せる場面は少なからずあった)、その後の新作『Returns』でようやく、性別が女であることが明かされた。

ケンオウの子孫

かつてロトとともに戦ったフルカス拳王フォン、賢王カダルの子孫や後継者。アルスとともにをする。

キラ
フルカスの子孫。あえて呪われた装備を身にまとうことにより戦闘力を上げる幻魔剣の使い手。な装備品ははやぶさ剣、呪われたはやぶさ剣、生きているブラックシーザーなど。なお、幻魔剣で受けた傷は治療が不可能になるという特性を持っているが、対魔王軍戦では傷口を噛みちぎるなどの方法で効化されることが少なくなく、真空牙による攻撃が武装であった。
冒険開始時13歳、最終年齢18歳(アルスの3歳年上)。
拳王ヤオ
拳王フォンの子孫。体術を得意とし、更に気を操る波動撃を得意とする少女
肉弾戦が得意で身のこなしも軽く、装備している降る腕輪がさらにそれを補助する。な装備品は降る腕輪など。過去トラウマからヘビ嫌いのため、ヘビの飾りのついているは装備していない。
初登場時12歳、最終年齢16歳(アルスの1歳年上)。他の二人と異なり最初から拳王として訓練を受けているためか、較的最初から戦士として完成していた感があった。
遊び人ポロン→賢王ポロン
賢王カダルの後継者。カダル子であった魔法使い僧侶を持ち、さらにカダルの秘術によりその知識を引き継いでいる。
初登場時は伝説の遊び人ポロンを名乗っており、アルスたちに出会い強引にについて来ることになる。モンスターと心を通わせることができ、お供としてスライムドラキーゴーストの3匹のモンスターを引き連れていた。
王グノンとの戦闘の際、タルキンや3匹の死を受けて賢王として全に覚醒する。2つ以上の呪文合体させ、全く新しい呪文を生み出す合体呪文の使い手で、最終的には究極魔法マダンテをも習得する(ちなみにこの作品におけるマダンテは『ドラゴンクエストVI』以降のマダンテとは設定が異なる)。
初登場時10歳、最終年齢13歳(アルスの2歳年下)。ちなみにポロンという名前は本名ノロップのアナグラム(NOROP→PORON)。

魔王軍

魔神
本作のラスボス。元々は魔界に住む魔神で、1万2000年前にムー帝国魔導師ゴルゴナによって不死の体を与えられ復活させられるも、精霊ルビスによって体を封印されてしまった。
その後は精だけの状態で魔王軍への示を出し、終盤に復活。「高密度魔法」により勇者軍を圧倒するも、最終的にはミナデインを受けて倒される。
竜王
3魔王の一人にして族を統括する支配者。実は『ドラゴンクエストI』に登場する竜王の若き姿である。
冥王ゴルゴ
3魔王の一人。いローブをかぶった得体の知れない魔導師。その正体はかつて異魔神を復活させたゴルゴナ率いる科学者たち7人の融合体であった。
王グノン
3魔王の一人で、膨大な数の軍団を率いる。普段は人の姿を取っているが、正体を現すと巨大な四足の姿になる。

その他の主な登場人物

ルナフレア
カーメン騎士団長ボルゴイのであり、アルス達の師匠。勇敢で男勝りな性格の持ちであるが、包容もあり、アルス達にとっては母親代わりでもあった。魔剣ネクロスに支配されたサーバインとの戦いで幻魔剣の傷を負い、治療法が見つからないまま命を落とす(皮にも治療法が見つかったのはそれとほぼ同時であった)。しかしながらその存在はその後もアルス達に大きな影を与え続ける。
序盤のカーメン脱出の直前に「今日初陣」という発言があるため、冒険開始時は20台後半であると思われる。
タルキン
カーメン大神官であり、ルナフレアと共にアルスを連れて落ち延びた一人。人のよい老人であるが、時折C調な素振りを見せる。僧侶呪文のみならず一部の魔法使い呪文も使いこなす万選手であるが、一方で老齢ゆえそのには限界があり、肝心の回復魔法は「ベホイミがやっと」であった。グノンとの決戦において万策尽きた際、活路を見出すためにメガンテを使用、壮絶な最後を遂げる。彼と、ポロンのお供のモンスター達の死はポロンに戦う意志を与え、覚醒を促す切っ掛けとなった。
タオ
アルス達が落ち延びた仙人の里に住んでいる仙人。外見的にはタルキンと大差ない年齢である。細いが特徴的な好々爺と言った体であるが、その出自には物語の根幹に関わる、ある重大な秘密が隠されている。乗り物に乗り胡座をかいたまま浮遊して移動しているが、あまり高くは飛べない模様。
ティーエ
アルス達が落ち延びた仙人の里の住民の一人である妖精少女。明るく快活な性格の持ちで、アルス女性には親しく接するが、その他の男性にはキツいツッコミお見舞いするパーティーのムードメーカーである。自然と対話し、植物の成長を促すを持つ。一方でどうしても戦としては非力で(呪文も使用できない)、タイターンの針によるゴーレム召喚が出来るようになるまではサポートする場面が多かった。その身にはある秘密が隠されているが、作中ではほとんど触れられていない。
ダル
かつて勇者アレルと共に大魔王ゾーマを討った賢王カダル当人。時の砂の呪文若返りを繰り返しつつ、秘術の研究を行っていた。冒険に出て間もない頃のアルス達の前に現れ、彼らに修行を施す。その後はポロンを移すため最後の秘術を使用し消滅した(自身は子孫を残せない体のため、その代替策)。額にもう一つの眼が表れており、それをサークレットで隠している間は妙に軽いノリになる。なおポロンが賢王として覚醒した後は、彼には「大賢者様」と呼ばれていた。
ルイーダ
アリアハンで冒険者の集まる場を経営している女性勇者アレルが後のケンオウ達と出会った「ルイーダの酒場」の店ルイーダの子孫に当たり、当然ながら件の場も当時から継続して経営されているものであるが…。
イズナ
ジパング一の鍛冶師・リハクの一番子である青年仙術という超能力のようなを操る。その教えを活かし、アルス用の「ロト」たる王者のを鍛えた。女王であるイヨに惚れ込んでいるが、リハクく「に敷かれるのがに見えている」。
サクヤ
ジパング少女。ごく普通民間人である。歳が近いためかポロンと親しくなり、それが切っ掛けで物語終盤には彼に再起を促すきっかけの一つになった。エンディングの後日談では成長した彼女ポロン結婚式が描かれているが…

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E5%88%97%E4%BC%9D%20%E3%83%AD%E3%83%88%E3%81%AE%E7%B4%8B%E7%AB%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章

112 ななしのよっしん
2018/08/24(金) 04:53:03 ID: 8rba1n0m28
ダイ大とべても見劣りする設定じゃないんだよ。ただ脚本と魅せ方が悪かったとしか言いようがない。
終盤の戦闘もわざわざ読者から冒険者デザイン募集しておいて、やった事といえば補助魔法を遠巻きに掛けただけで、直接活躍したのはタオギラン、ジパングの面々と言ったネームドばかり(しかもほぼ死に)
ラストは人になったせいで普通に一両断されて絶命とか盛り上がる訳がなかろう……アルス自体に必殺とかもいし(新生王者のの産の威は一体なんであったのか)
バラモスゾンビの同情すら誘う末路とか、タルキンの最期とか、アルスの自分に足りないものを仲間から吸収しようとする展開とか王道な部分はキチンと抑えているはずなんだけど、終盤のすぼみ感を思うと
ドラクエ漫画として見ると吉崎DQM+の方が打ち切りとはいえドラクエを髣髴とさせる期待感があった気がする。

最近読んだハーメルンの続編が個人的にはクソ地雷だったので、晩節を穢してそうであんまり読みたくないんだが、魔法のないドラクエ世界って、もうそれでよくない?
113 ななしのよっしん
2018/08/24(金) 05:29:38 ID: wf5gZoi9L8
ロト紋ダイべて低評価だと感じた事はないなぁ
知名度に差があるってならわかるけど
魅せ方で言うなら、単なる作品性の違いってだけで、ロト紋の魅せ方を悪かったと断じるのは浅慮だと思うぞ
114 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 16:53:54 ID: EnrwmWeapm
>>111
そもそもアリアハン現実世界地図と対して当てはまるものがないムー大陸的なだったはずなのにな
115 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 12:37:41 ID: WX5MxCfV7R
>>113
は途中までなら甲つけがたしって感じだけど
ロト紋は最終決戦大分評価を落としたかな
ダイ大も最終決戦はご都合とか批判あるけど、それでもロト紋べると大分しまってると感じるほどあれはない
116 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 18:22:35 ID: ffHtX2mAum
>>112
>やった事といえば補助魔法を遠巻きに掛けただけ
そら、キャラキャラ差し置いた活躍なんかさせたらあかんわ。かなりの大量の人数採用してたし、端っからモブとしての採用だったんだろ。
117 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 20:43:25 ID: bxKgzTESej
>>113
受け取り方が人それぞれである以上、浅慮も何もない
いまいちだと思ったならそれがその人にとってのすべてだし、
良作だったと思ったならそれがその人にとってのすべてだ。
ま断定的に言うのはどうかというのももっともだけど、
あくまで一つの意見だと思って適当に受け止めりゃいいんだ。
118 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 20:53:32 ID: qNU1chevNa
単にジャンプガンガンの差でしかないと思うよ
期にリアルタイムで読んだかどうか、数の差は大きいからね
119 ななしのよっしん
2019/03/07(木) 23:57:23 ID: 0dh3d5qF5c
ダイよりロトの方が好きだな
120 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 18:12:54 ID: ccF6bbkVwa
もっと言うと評価の差というより知名度の差だよな
121 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 23:06:09 ID: 1AoD7kuoqP
やっぱラストの異魔神戦、せめて巨大形態を膚なきまでに倒してから最終形態させるべきだったなあ