森保一単語

モリヤスハジメ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

森保一(もりやす はじめ)とは、日本の元プロサッカー選手であり、導者である。

現在日本代表監督東京オリンピック代表(U-23日本代表)の監督を兼任している。

概要

1968年8月23日生まれ。174cm68kg。称は「ポイチ」。現役時代のポジションMF
いわゆる「ドーハの悲劇」のメンバーの1人である。

静岡県掛川市で生まれ、父親仕事の関係で小学1年生から長崎県長崎市に定住。小学5年生の頃からサッカーを始め、高校長崎日本大学高等学校へ進学。国体長崎選抜に選ばれたものの、高校時代は全大会に縁はく、全的には名のプレイヤーだった。

現役時代の経歴

高校時代の監督今西和男総監督が知り合いだったこともあり、1987年JSLのマツダ現在サンフレッチェ広島)に入団。当初はチーム内での評価は低く、サテライトチームプレーしていたが、1987年監督に就任したハンスオフトに素質を見出される。その後チームJSL2部に降格したことでオフトはチームを去るが、3年となる1989年JSL2部でデビュー1991年プロ契約を結び、この年のマツダの1部昇格に貢献する。

1992年4月オフトが日本代表監督に就任すると、日本代表に招集される。このとき、まだ名の存在だったため他の代表選手の大半が保のことを知らず、「もり やすかず」と名前を間違われたこともあった。だが、オフJAPAN初戦となったアルゼンチン戦でスタメンに抜すると、以降日本代表不動のボランチとして定着し、ダイナティカップ優勝AFCアジアカップ1992優勝に貢献。ちなみに、日本ボランチの役割が認知されるようになったのも保の役割の重要性が注されるようになったからである。

1993年5月Jリーグが開幕。同年10月カタールのドーハでおこなわれたワールドカップアメリカ大会アジア最終予選に出場。出場停止となった韓国戦を除く4試合にスタメンとして出場するが、最終戦となったイラク戦でロスタイムに同点ゴールを許してあと一方でワールドカップ初出場のを逃す、「ドーハの悲劇」をピッチ上で経験する。

Jリーグでは、スチュワート・バクスター監督のもと組織的なチーム作りの中核を担い、風間とのダブルボランチとして1994年1st ステージ優勝に貢献。しかし、バクスター監督が去ってからのサンフレッチェ広島は、クラブの経営悪化の影もあって成績が振るわず、自身も1995年7月に右足首関節脱臼折という重傷を負い、日本代表にも962月を最後に呼ばれなくなる。

1998年恩師であるオフトに誘われて京都パープルサンガレンタル移籍。翌年広島へ復帰するも、怪森崎和幸の台頭によって出場機会が減ってしまう。出場機会をめて2002年ベガルタ仙台へ移籍。しかし、翌年チームJ2降格となり、戦力外通告を受ける。2004年1月現役引退を表明。

J1リーグ通算293試合出場15得点日本代表35試合出場1得点

指導者としての経歴

現役引退直後の2004年サンフレッチェ広島の強化部育成コーチに就任。2005年からU-19日本代表コーチを兼任し、2007年FIFA U-20ワールドカップにも参加。大会後広島トップチームコーチに就任。このときの監督がミハイロ・ペトロヴィッチ(ミシャ)だった。2010年からはアルビレックス新潟ヘッドコーチに就任し、ドーハの悲劇チームメイトだった黒崎久志の右腕を務めた。

2012年からペトロヴィッチが退任となった古巣の広島監督に就任。クラブ史上初となるチーム生え抜き監督となった。経営難に苦しむチーム事情もあって大補強が困難なチーム事情の中、ペトロヴィッチのスタイルを踏襲しつつ若手を積極的に登用し、チームを初のJ1年間優勝に導く。翌年は最終節を2位で迎えながら劇的な逆転劇を演じ、連覇に導く。2015年も年間勝ち点74を記録し、チャンピオンシップ決勝でガンバ大阪を破り、4年間で3度リーグ優勝を果たす。その年のFIFA クラブワールドカップ 2015でも快進撃を演じ、3位入賞を果たす。しかし、その後のシーズンでは成績が思ったように伸びず、2017年7月4日成績不振を理由に辞任。

2017年10月12日東京オリンピックでのメダル獲得を標にするオリンピック代表(U-23日本代表監督に就任。事実上のチームの立ち上げとなったAFC U-23選手権2018では準々決勝でウズベキスタンに大敗する。2018年4月西野朗電撃的に日本代表監督に就任したことに伴い、コーチとして入閣。2018 FIFAワールドカップに参加する。

2018年7月26日東京オリンピック代表と兼任という形で日本代表監督に就任。ロシア大会からチーム若返りを敢行し、中島翔哉南野拓実堂安律冨安健洋らをに抜する。南の強ウルグアイと好ゲームを演じるなど就任後敗のまま初の公式戦となるAFC アジアカップ2019に挑むも、決勝でカタールに1-3で敗れ、準優勝に終わる。この年スタートしたカタールワールドカップアジア3次予選では格下相手ということもあって順調に勝ち進むも、6月コパ・アメリカ 2019ではグループリーグ敗退。オリンピック代表も2020年1月に開催されたAFC U-23選手権 2020でグループリーグ敗退に終わり、細かい戦術やゲームプランを設定しない選手任せの采配に批判が集まり、兼任の悪影摘するも増え、当たりが強くなっている。

新型コロナウィルスの影により、代表チームの活動がストップになり、カタールW杯アジア予選や東京オリンピックも延期となる。およそ1年ぶりにおこなわれた日本代表としての試合となる2020年10月オランダ遠征、11月オーストリア遠征では史上初となる全員海外チームに所属する選手によるメンバー構成となる。

プレースタイル

現役時代は、地味ながらも中盤の底でピンチの芽を堅実に摘み取るプレーに定評があり、相手のボールを奪い取るや相手の攻撃を遅らせるプレーを得意としている。日本代表では、運動量に陰りの見えていたラモス瑠偉サポートする役割にしていた。一時リベロトップ下でプレーしたこともある。

その他

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A3%AE%E4%BF%9D%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森保一

1 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 00:14:24 ID: 1yg5skmlR+
この人が代表でやってる方向性を一言でいうのなら、「劣化アトレティコ」。人戦術気味にひたすら守るのがベース。ただし、ゾーンいろはは浸透しておらず、前線の守備のデザイン確立されていない

メオネのアトレティコが最近勝ち切れない試合が多いのも、ボールをもって導権を握ったときのチームモデルがうまくいっていないから。なので、日本代表が陥りがちな屈した展開になることが多い。大きな違いはシメオネは攻撃のデザインした形を作ろうとしているが、ポイチはそんなことはしておらず、基本選手任せ。だからこのチームのSHで起用されて久保がいきない展開になってしまうというのも必然