花燃ゆ単語

ハナモユ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

花燃ゆとは、2015年1月4日から12月13日まで放送された、第54大河ドラマである。全50回。

概要

演は連続テレビ小説おひさま」のヒロインを演じた井上央。幕末の大河で長州役になるのは、1977年に放送された「」以来となる。吉田松陰文の生涯を通して、吉田松陰とその門下である松下村塾の志士たち、そして維新後は初代群馬県知事として活躍する夫・楫取素を中心に、動の幕末を駆け抜けた長州の人々が描かれる「はず」だった・・・。

無名の主人公・楫取美和

本作の主人公である文(楫取美和)は、吉田松陰の末にして、陰の子・久坂玄瑞および、初代群馬県知事を務めた楫取素の妻である。が、ただそれだけの人物であって、近年の幕末大河の女性主人公である篤姫新島八重と異なり、歴史的業績もなければ、これといった逸話もなく(蔭に関わる逸話が多く、の寿は幕末から県時代まで楫取を支えた賢婦として知られるが、美和個人のエピソードはほぼ皆無)、身内が偉人というだけで本人は全く名の一般人である。むしろ近年の連続テレビ小説花子とアン」「マッサン」の主人公モデルとなった、村岡花子政孝のほうがよほど歴史上の人物と言えるだろう。
そのため、「花燃ゆ」の制作が発表された時は、「誰だこいつ?」というネット上は騒然となった(なお、この当時Wikipediaには楫取美和の記事もまだかった)。

しかし、視聴者の中には「」や「八重の桜」の前例から、美和が主人公というよりもいわゆる「狂言回し」「り部」的な役割で、彼女の周りの人物(吉田松陰久坂玄瑞高杉晋作、楫取素など)が物語を牽引する群像劇になると予想したり、また1980年に放送された大河ドラマ獅子の時代」は、主人公が架の人物ながら、オリジナルストーリー歴史上の出来事に違和感なく染ませた傑作であったという例もあるため、脚本次第では良い作品になるのではと期待する人もいた。が、こうした希望的観測は、見事なまでに裏切られることとなる。

迷走する本編

問題となったのは、当初は脚本が大島・宮村・金子の3人による複数体制(金子は中盤から参加)による齬を生んだこと、近年の大河によく見られる、登場人物の思考が全に現代人そのものであること、そして何よりもストーリー主人公・美和の周辺に限定されたホームドラマばかりに偏り、長州をはじめとする歴史の流れがほとんど描かれなかった点である。NHK側は政治ドラマに視聴率の要となる主婦などに受けないと判断したのであろうが、視聴率だけはそれなりに高かったが大河史上に残る駄作と悪名高い「天地人」や、同様の作で視聴率すら低かった「江〜姫たちの戦国〜」という負の遺産があるにも関わらず、制作側は視聴者のニーズを全く理解していなかったようである。

それでも序盤は、美和の吉田松陰物語を牽引していたのでまだ良かったのだが、陰が「安政の大」で処刑され退場してからのドラマ本編は、惨憺たる内容へと変貌していく。井伊直弼役に数多くの大河ドラマに出演した名優・高橋英樹を据えたにも関わらず、その最大の見せ場といえる「桜田門外の変」が丸々カットされたのを皮切りに、イギリス使館焼き討ち、長州ファイブの密航、高杉晋作古事記演説など、かつて「」で描かれた長州歴史的なイベントはことごとくナレーションだけで済まされ、ほとんど描かれることはなかった。
それでは、「花燃ゆ」では何が描かれたかというと、その大半が「義・楫取への美和の片想い」「久坂との新婚生活や夫の浮気への嫉妬」「長州版大」と、大河ドラマ歴史ドラマファンにとっては、はっきり言ってすこぶるどうでもいい誰得な内容ばかりであった。
以前ならこうした薄っぺらい内容でも女性視聴者に媚びればそれなりの視聴率を稼げたのだろうが、時勢が変わった今ではこうしたスイーツ(笑)的なものなども望まなくなっており、視聴率は序盤から低飛行のままほとんど変化しなかった。

この低視聴率と本作へのしい批判に対して、NHK制作が取った行動は、第一次長州征討後の長州家老切腹の如く、3人の脚本家責任を押しつけて更迭、そして高視聴率を取れると判断したのか、「どんど晴れ」「天地人」のシナリオを手掛けた小松江里子を新たな脚本担当に任命した。しかしこ小松江里子は、主人公メアリー・スー化や、主人公の言動に沿わないキャラクターをことごとく小な悪役に貶めるなど、稚拙で質の低い脚本に定評があり、ネットにおいては「粗末先生」と揶揄されるなどその評判は極めて悪い。こんなく付きの人物が良い作品を作れるはずもく、一時視聴率は持ち直したもののすぐ元の低視聴率に戻り、ドラマの内容もさらに酷いものに悪化していった。
特に脚本が小松に代わった群馬編になってからは、「未開で野蛮なグンマー原住民に、美和と楫取が文明をありがたく教えてやる」的な上から目線で描かれており、下村太郎などの実際に楫取を支えた人物達を排除して、久沢という楫取に敵対するオリキャラを出したり、実際は東大で講師を務めた地元の名士で俳句の才にも長けた流人であった老農・船伝次[1]を、まるで原始人のようにみすぼらしい姿で底的に田舎者として描くなど、悪意を感じるほどに貶めていた。当初は地元に大河ドラマを誘致できたことを歓迎していた群馬県民も、ドラマ本編でのあまりの扱いに、徐々に怒りのすら湧き上がるようになっていった。こうした現状は、小松が脚本を手掛けた「天地人」放送後の長岡市と同様であり、群馬県内でも本作の存在は黒歴史になりつつある。

花燃ゆの悪評に更に輪を掛けたのは、同年10月から放送が始まった連続テレビ小説あさが来た」の存在である。朝ドラながら幕末から物語が始まる本作は、時代設定がちょうど「花燃ゆ」と重なるが、シナリオの質の差もさることながら、こちらは登場人物が当時の価値観に基づいた言動をちゃんと取っている点で、時代錯誤甚だしく異様なまでに現代人感覚丸出しの「花燃ゆ」と大きく異なっていた。「あさが来た」の主人公であるあさのモデル・広浅子は、歴史的功績の全くない一般人にすぎない美和と違い、歴史上の偉人に相応しい業績を残した人物であり、「今年の大河と朝ドラは『あさが来た』だ。『花燃ゆ』?『まれ』?なにそれおいしいの?」というすらあがる程であった。視聴率も圧倒的に大差が付き(「平清盛」のように視聴率と評判が一致しない作品も近年は増えつつあるが)、「あさが来た」と較されることで「花燃ゆ」の失敗がさらに強調されることとなった。

こうして後述の音楽ナレーションを除き、ほとんど良い評判をにすることもないまま本編は終了したが、演の井上央はクランクアップ時に自分を責めて号泣するなど、井上にとってもキャリアに傷が付く、黒歴史同然のものとなってしまった。その一方、制作統括者の土屋勝裕は公式サイト公式ガイブックインタビューで「今までにない良い作品が作れた」など、終始自画自賛を続けて作品の不出来や悪評を省みることが一切かった。
さらに、これまで幕末大河は人間関係の複雑さなどから低視聴率が多いものの、駄作と言うべき作品は存在しなかったのだが(戦国大河は「武蔵」「天地人」「江」などが救いようのない駄作と評される)、遂に幕末モノの大河で失敗作が生まれることとなってしまったのである。奇しくも、大河ドラマファンの間では同じ長州舞台の「」を幕末大河最高傑作に挙げる人も多く、皮を感じざるを得ない。

見せてもらおうか!花燃ゆのオープニングとやらを!

散々な内容たるドラマ本編に対して、音楽ナレーションは概ね好評であった。

音楽連続テレビ小説梅ちゃん先生」やアニメ攻殻機動隊」「機動戦士ガンダム00」などを手掛けた川井憲次が満を持して大河ドラマに初参加。今作も川井節は健在であり、オープニングテーマ男声合唱に加えて、志方あきこソロを歌い上げた。その歌詞も、吉田松陰が処刑される前にしたためた遺書「留魂録」を引用しており、他の大河ドラマに劣らぬ名曲である。

そしてナレーションは、機動戦士ガンダムシリーズシャア・アズナブルをはじめ多くの人気アニメキャラを務めた池田秀一が担当する。実は、声優として活躍する以前、大河ドラマにも何作か俳優として出演しており、「」では本作にも登場する寺島三郎を演じた経歴を持つ(大河の参加は、この「」から実に38年ぶり)。女性主人公ホームドラマ系大河ということで、ネットでの反応が薄かった今作において、池田の抜は今作最大のサプライズとして反も凄まじいものであった。実際、彼のナレーション当てで視聴する人も少なくなかったらしい・・・

が、オープニングテーマは後半からの余計なSEが付けられたり、本来描くべき歴史の出来事も池田ナレーションだけで済ませて「シャア無双」と揶揄されるなど、ドラマ本編の内容の酷さによって、本作の数少ない長所や魅も削がれてしまう結果となってしまったのが残念でならない。

スタッフ

キャスト

関連動画

関連商品


関連項目

脚注

  1. *群馬地誌の基礎教養である「上毛かるた」で取り上げられているため、現代群馬県民における知名度は楫取夫妻よりはるかに高い(かるたの絵札に描かれた肖像と、ドラマボロを着ている姿とのギャップも大きい)。演じた石原良純は出演にあたって伝次について調べたといい、「楫取と出会わなくても世に出ただろう優秀な人」とっ当な人物評をインタビューで述べる一方、劇中の衣装については、NHKを通じてのコメントですら「帯もないというので驚いた」「ミノムシみたいな恰好」と、冗談めかしつつも不満げなものになっている。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%B1%E7%87%83%E3%82%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

花燃ゆ

198 ななしのよっしん
2020/09/09(水) 21:31:42 ID: BghUUxWmo6
>>195
龍馬伝高杉花燃ゆ陰だったあれが捕まって
199 ななしのよっしん
2021/01/04(月) 16:03:19 ID: fMOFmsSYm2
>>184
手帳貰いに行ったん?
200 ななしのよっしん
2021/02/09(火) 16:39:41 ID: 6z+QVQTVfw
オープニングはケチのつけようのない名曲
褒めるところはそれだけかな
いや、1年視聴した人のも褒めるべき点だわ
201 ななしのよっしん
2021/02/09(火) 17:35:21 ID: 0gF9XV1kk4
花燃ゆの失敗は宮尾登美子の名著という原作あってこその篤姫の成功を自分の手腕とプロデューサーが勘違いした故の悲劇といえる
夫人の性格を捻じ曲げた上で大パクったエピソード捏造なんぞせず普通幕末史描いとけば良かったんや
202 ななしのよっしん
2021/02/09(火) 17:42:35 ID: 7J8gB9ad6S
>>200
1年間見続けたによると
途中から日曜20時が近づくと「もし奇跡が起こって今週から面くなったらどうしよう」という不安にかられて、21時になると「良かった、今週もクソだった」と安心したらしいぞ
203 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 23:44:59 ID: komjhmSjhY
悪いけどいいカモだなお兄さん
同じ会社の同じ人達が作ってるのは明らか朝ドラをこっちの方がいい!とageる人達もなんとも滑稽だが…
204 ななしのよっしん
2021/02/24(水) 00:35:42 ID: KbzhxwoXhm
関連項目の追加を名悪意を積み上げるのはどうかと思うんですが
205 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 17:56:40 ID: TlsKCRSsGM
例えば会津長州の感情的対立構造とかちゃんと現存してるし
近代史はやっぱだめだね
ドラマのために悪役を仕立てる事が必要とは言え、滅多に脚を浴びることのないマイナー地方の偉人とかでそれをやってしまうと・・・
その地方が丸ごと敵に回して死んでも許されないってことだね
206 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 23:41:15 ID: 0gF9XV1kk4
>>205
そもそも会津は民衆に重税を課してた上に下士からも優秀な人材を取り入れてた土佐とも違って身分制度の壁が非常に厚く有能でも身分が低いと相手にされず民衆のフラストレーションが非常に溜まっていた。そういう体制を全に打ち壊した戊辰戦争での新政府の征討軍は会津住民から大歓迎されてたのに住民虐殺とかする訳ないんだよな。

第二次大戦後に地域おこしの為に司馬遼太郎一なんかの著作を利用した会津観光史学が勃して常に対立構造が残ってたかのように誤解され結局消えない炎になってしまった。マジクソだわ。
207 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 23:43:49 ID: dbnE1/fpFO
5ちゃんでは幕末の大河で佐幕と倒幕叩き合いがひどい。