T-90単語

ティーキュウジュウ

T-90とは、ソ連(ロシア)が開発した第3世代戦車である。称は「ウラジーミル」。
ポンコツ戦車の代名詞となってしまったT-72進化した姿である。

概要

T-72に、T-80であるT-80Uの技術を盛り込んだ。T-72と同じ125mm滑腔だが、対戦車ミサイルの発射が可になっている。照準装置やセンサー近代化され、ミサイル誘導のレーザーをキャッチすると自動的に妨のための赤外線を照射する防御装置も備える。元々輸出を念頭に置いて開発されており、価格も安いので数カ1000輌以上が採用されている。[1]

T-90開発までの経緯1 ~T-72、運命の湾岸戦争~

時は1990年代イラククウェート侵攻から始まった湾岸戦争のいわゆる「100時間地上戦」において、イラク陸軍の装備するソ連戦車T-72は、イギリスアメリカ連合軍のM1エイブラムスチャレンジャー1との戦闘虐殺とも言えるほど一方的に撃破されてしまった。当時、ソ連兵器は安くて強い兵器として発展途上国を中心に世界中で使われていたが、湾岸戦争での惨敗によりその評価はガタ落ちになり、これ以降輸出市場での販売実績が大きく落ち込んでしまった。
また、ソ連崩壊後はT-72の上位機種であった人食い戦車T-64T-80戦車開発の拠点であったウクライナ独立してしまい、新規車両の調達やメンテナンスパーツの供給が不透明になったことも、開発要因の1つでもある。

この事態を挽回する為、ソ連崩壊後のロシア連邦は「西側第3世代戦車に対抗できて、尚且つ安い戦車を作れ!」と割とな要ウラル車両工場第520設計局に依頼し、そして開発されたのがこのT-90である。

T-90開発までの経緯2 ~T-72、惨敗の検証~

開発はまず、湾岸戦争において何故T-72が惨敗したのかを検証した。これにより以下の問題が判明した。

  • 貧弱なベトロニクス
    また、搭載されているベトロニクスも西側第3世代戦車とはべ物にならないほど劣っていた。
    当時の西側第3世代戦車の標準装備であったレーザー測遠器は搭載されておらず、かわりにステレオ式測遠器が搭載されていたが、1.5km以上の射撃で命中弾は到底望めなかった
    また、西側の第3世代戦車は2~3km先まで見通す事が出来る赤外線暗視装置を実用化していたが、ソ連は電子産業が貧弱で実用化出来ていなかった。この為、夜戦においては視界外の敵から一方的に破壊されてしまった

これを受け、それまでの東側諸のドクトリンであった「量で質をカバーする」ドクトリンは、あまりに隔絶していては転化できないことが明された為、この後ロシアは質の向上をすこととなった。

T-90の特徴 ~T-72より強く、T-80より安い!~

これら判明した問題点を受けてT-90は本仕様T-72Bをベースに開発が進められた。
開発においては安さと性の両立がめられた為、既存の本仕様T-72や上位機種であるT-80の装備が移植されており、コストの節約に一足買っている。

  • T-80のベトロニクスを移植
    T-72が装備していたポンコツFCSに代わって、ソ連の精鋭部隊向けの高性戦車T-80FCSを移植
    これにより命中率が向上しており、走行中の射撃でも高い命中率を誇っている
    には自動装填装置と手用の1A43間射撃管制装置とTO1-KO1熱線映像装置を装備しているので、間でも1.2km~1.5kmの視界を得ることが可である。
  • 仕様と同じ複合装甲の採用
    T-72Sの紙装甲に代わり本仕様の複合装甲を装備している。
    この複合装甲は5層で構成されており、1997年アメリカドイツ協同で行われた試験で、当時最新の120mmAPFSDS弾を用いても貫通する事ができなかったほどの防御を誇っており、これにより防御が飛躍的に向上している。

T-90の評価と配備

T-90は、安価で堅T-72のコンポーネントを利用してT-80並みの新戦車として開発された優秀な第3世代戦車の一つであることは間違いない。 攻撃、防暑、機動性に関しても世界準でありながら、極めて安価であるT-90は第3世代戦車としては申し分ない性を有していると言っていいだろう。
強いて言うなら、同世代のM1エイブラムスべると、ロシアの伝統である小さな体に押し込まれた多数の機器と低い高、幅広の履帯などから、居住性較的悪く、隠蔽率と引き換えに乗員への負担が大きくなっている。

元々輸出を眼に開発されたT-90は、安く、そして高い性を活かしてこれまでのT-72に代わって他に対しても積極的な売りこみが行われている。その甲斐あって現在契約段階も含めてインドを始めとする世界9ヵで採用されている。また、ロシアでは上位機種であったT-80コストの高さと装備の複数化の弊などを理由にロシアでの生産打ち切りが決定し、新戦車として予定されたT-95の開発も中止された事により、ロシア連邦軍でも当面の戦車として採用配備される事が確定している。

今後、T-90は今までに輸出した旧式戦車を運用している第三世界々に輸出が拡大されるだろう。
しかし、ウクライナチェコポーランドなどの東欧旧ソ連の共和T-72T-80ベースに西側技術を導入した独自の戦車を開発しているため、これらの戦車とのしい輸出競争が繰り広げられることが予想される。

T-90のバリエーション

T-90にも、兄弟であるT-72T-80同様に幾つかのバリエーションが存在する。

T-90 / K

T-90の最初期。当初はT-72BMと呼ばれていたが、エリツィン大統領が独自の名前に変えるよう示した為、現在の名称が与えられた。

Kは、指揮官向けに線機と航法装置を強化したモデル

T-90A / AK / A1

T-90の現在ロシア連邦軍に採用されているモデル
が、新の複合装甲を備えた溶接式の「ウラジーミル」に換装されている。

また、AKは指揮官向けに線機などの揮装備を充実させたモデル

A1は、A型現代化改修バージョンで、に新55口径125mm滑腔2A46M-5、自動装填装置、燃料タンク、スモークディスチャージャーを搭載したモデル

T-90E

T-90の輸出仕様アクティブ防御システムTShU-1-7シュトーラ-1」は搭載されていない。

T-90S / SK

T-90Aのインド輸出
「T-90C」と表記されることがあるがこれは間違い。(キリル「S」表記が、アルファベット「C」二つな為)
輸出仕様のEと違って、「TShU-1-7シュトーラ-1」が搭載されている。

また、指揮官向けに線機と航法装置を強化したT-90SKも開発されている。

T-90S「ビシューマ」 / SKA

インドライセンス生産されたT-90S。
熱線暗視装置レーザー検知装置、消火システムなどを、フランスタレス社やウクライナペレングス社製のものに換装している。作動中は赤外線が垂れ流しになる事を懸念してか、「TShU-1-7シュトーラ-1」は搭載していない。代わりにアクティブ防御システムを搭載しているとか。

アージュン「あの…は...?」

T-90AM / SM

T-90Aシリーズの最新。資料によってはMと表記される。SMAMの輸出仕様

T-90Aに全周旋回可長用サイト、新の滑腔、自動装填装置、フランス製の新FCS、1130の新エンジン「V-93」、新ERA「レリークト」、12.7mm機関銃を装備したRWSなどを備えている。乗員用のエアコンも備えているとか。(陸自隊員「チッ……」)
これらの修により、重がT-90Aから1.5t増加して48tになっている。

ちなみに、地味修だがトランスミッションマニュアルからオートマに変更されている。えっ!?
なお、アメリカ戦車M60の時点で既にオートマであった。(論、マニュアルトランスミッションにもトルクの面などで利点はあるが)

T-90の派生型

BREM-72(WZT-3)

T-90(またはT-72)を基に開発された装甲回収
インチ、クレーン、ドーザーブレードを備える。クレーンは5.8~8mまで伸ばす事ができ、重量15tまでり下げることができる。また、損傷した味方戦車修理する為の溶接・切断装置を備えている。

MTU-90

T-90(またはT-72)を基に開発された、ロシア連邦軍の最新架戦車
方式はシザース式。3つに分割された26mのを架けることができる。

IMR-3

T-90(またはT-72)を基に開発された戦闘工兵
ショベルカーのようなショベルアームを備えたものと、バケットローダーのような大きなバケットを備えた2種類のタイプがある模様。ドーザーブレードマインプラウ、シャベル(バケット)アームを備える。

BMR-3

T-90(またはT-72)を基に開発された地雷処理戦車
を取り外した体に、地雷処理ローラマインプラウを取り付けたもの。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *世界最強戦車Top45竹内2012 ユナテッドブック

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/t-90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

T-90

62 ななしのよっしん
2018/04/05(木) 02:34:21 ID: 895X/vI5uw
なんか最近のT-90って装甲隔とかつけてるしあと若干体とか少し大きくなったり、新複合装甲、爆発反応装甲と滑積んでるそうやね
てかT-72といってもかなり中身修したら脅威にはなるけどね
63 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 02:57:53 ID: qKzD3m9Eiz
>>61
そんなこと言ったらレオ2A7も所詮レオ2ベース戦車だし…
世代的にはT-72と大差ない
64 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 20:21:15 ID: V/zq943XmJ
今のドイツ連邦陸軍戦車部隊の惨状だとT-72Bロシア戦車部隊にボコボコにされても驚かない
65 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 23:55:56 ID: 895X/vI5uw
ロシア軍の装備計画でT-72B3やめてT-14T-90Mを量産配備するのか…
てかB4空挺軍向けになるんやね
66 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 14:14:57 ID: GBdejzaRiP
北の将軍様「これ売ってくれよ…」(懇願)
67 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 16:06:19 ID: 9z7i1+zP2W
ハンバーガー
68 ななしのよっしん
2019/03/06(水) 09:24:56 ID: 895X/vI5uw
T-90Mについて

1.ERAT-14カクトゥースとレリークト搭載、複合装甲も二重で搭載された新(ウラジーミルではなく、MSを大幅良したシリアイラクでの戦訓をフィードバックした模様)、体も新T-90MS体をさらに良したで増加装甲付き

2.125mmは2A82-1M(Mでは排煙器付き)、T-14のヴァキューム(劣化ウラン弾)も使用可、2A82-1Mのおかげで発射速度も高まり、有効射程も高くなった

3.長席にペリスコープを全周に向けて装備しているだけでなくハンターキラーも付与、全周にカメラもついているので周囲警も可

4.エンジンはV-92S2Fエンジン1130)搭載

T-72B3もそうだけどT-90系列も進化してるなぁと思う(T-90Aは72の大幅強化・だがM72B3同様ほぼ別物)
69 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 12:27:48 ID: tFceOZFrL/
>>63
基本形で見るとT-72は内容的にも技術的にも74式と同様の第2世代後発組でレオ2とはそもそもの世代からして結構違う
開発開始年や登場年的にはT-72レオ2にそこまでの差はなく今の観点で見れば同時期っぽく感じるけど、
冷戦初期ほどではないにせよ技術の進歩がくまだまだハイペースで新が出てきてた時期でもあるし、
第四次中東戦争が勃発してその戦訓を取り入れながら開発できたレオ2等の初期第3世代連中と違いT-72でそれができたのは量産始まった後の後日と、
良に次ぐ良で性上げてきてるけど設計やコンセプト根本が古い分の不利はどうあがいても存在する
70 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 12:58:41 ID: 895X/vI5uw
>>69
ただ問題なのが現用のT-72ソ連時代のT-72って結構構造変わってるからそう言えるのかが問題なんだよね
少なくとも再評価される車両としてはされるべき車両ではある
71 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 02:49:34 ID: vxtQdoVyIx
のちにT-90となるT-72Bの開発が始まったのは1986年、試作(オブイェークト188)が完成してテストを開始したのが1988年だから、記事にあるような「湾岸戦争での惨敗が理由で開発された」って話はなんだよなあ…

急上昇ワード