鬼畜王ラムザ単語

キチクオウラムザ

5.6千文字の記事
掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 

! ! ! 注意 ! ! !

この記事にはファイナルファンタジータクティクスに関する非常に多くのネタバレが含まれています。

本稿を読む前にファイナルファンタジータクティクスプレイし、

そのストーリーシステムを理解することをお勧めします。

 


 

鬼畜王ラムザとは、アミノさんことアスコルビン(nyororon)氏が投稿しているFFT制限プレイexit_nicovideoにおけるラムザの呼び名である。

また、ラムザ鬼畜な事をしているFFTプレイ動画にも付けられる。

    概要

    イヴァリースの獅子戦争にて活躍した英雄王ディリータ

    しかしその影にはもう一人の王の活躍があった。

    今、その物語ろう・・・

     

    次のような逸話が残っている。

    などなど。

    キュクレイン

    「またれい若人よ。なるほど、たしかに(なるべく)一人旅をするうえでは合理的な手段だ。しかし、これはあんまりではないかね?」   

    ラムザ「知ったことか。・・・とはいえ方のもわからんでもない。元の聖人だと思うから話が面倒になるのであって、元から鬼畜だと思えばいいんだ。」 

    ムスタディオ

    (その発言は、むしろ人としてどうかと思うんだが・・・)

     

     

    ラムザの活躍が教会に隠蔽されるのも納得できるだろう。

     とはいえ、ゲストキャラ達はラムザ鬼畜っぷりに理解を示すことが多い。また、レベルが上がりすぎた際には、わざわざレベルを下げるための労も惜しまない。

    行動鬼畜だが、決して嫌われ者ではないともいえるかもしれない。

     

    趣味チョコボ養殖(業者に売る的な意味で)のようだ。

    主な登場人物

    • 鬼畜王ラムザ

    ラムザ 物語主人公イヴァリースを代表する名の出身ながら、その残虐さから鬼畜王二つ名を持つ。JP稼ぎその他のためにあらゆる行為に手を染め、あらゆる物を利用する。行った悪事は強盗詐欺脅迫殺人と数知れず、その手口も悪質極まりない。現在石の強奪の他いろいろな理由でその身を追われている異端者。

     

       鬼畜王ラムザと行動を共にする仲間であり、友人でもある非常に重な人物。鬼畜王の行為をいちいちることからと呼ばれる。(人数合わせのために)戦場では石化を手に取り、石像となって戦士たちに自分の雄姿を誇示する。その々しい姿から石化ともいわれている。Chapter4-10において門の開放に巻き込まれ、その安否が気遣われていたが、事に回収された。

       物語ヒロイン。冷静な解説、および視聴者の保養として重要な役割を持つ。もともと王女オヴェリアの護衛であり、さらわれたオヴェリアを追う立場だったが、なぜか今も鬼畜王一行の一員である。鬼畜王重な話し相手の一人。

       苦情王キュクレインの発言のせいで視聴者にあらぬ妄想をされ続けている。

       バリンテン大公という武器オタクにこき使われていた兄妹。非常にしい暗殺術を身につけているが、ほとんど役に立った試しはない。実質的にバリンテンを殺した鬼畜王に恩義を感じて仲間になる。

       普通にプレイしていたら全然使う機会のない連中だが、ラムザ史上最大のピンチイカと協して助るという一最大の見せ場がめぐってきた。現在暗殺者としての経験を生かし偵察・諜報要員として、鬼畜王が交戦する予定の敵軍や戦場について詳しく調し報告している。ラファが。隠しアイテムを見つけても拾ってこない。

       鬼畜王ラムザの元友人であり、苦楽を共にした戦友でもある。後に英雄王ディリータとして歴史に名を残すことになる。鬼畜王飼いの息子であり、鬼畜王の部下になることが約束されていた。恐らく、鬼畜王趣味であるチョコボ養殖も、彼の影によるところが大きいと思われる。

       鬼畜王にこき使われる遇に耐え切れず、下克上すようになる。しかし再会して共闘するたびに鬼畜王に気絶させられている。

       没落した名の子孫であり、の再している騎士見習い。一時期ディリータ鬼畜王行動を共にしていた。

       その暴走ぶりからアイドル的な人気を博している。「家畜に神はいないッ!」という発言が余りにも有名。家畜王称号を持つ。暴走しすぎたことが原因で英雄王の怒りを買い、部下と折り合いが悪かったこともあり、最後は覚醒した英雄王と部下の裏切りによってお様になる。

       民の出であるディリータの敵にしていたが、実際の仲はそれほど悪くなかった。戦場で一緒に寝することが日課であったほどである。

       元東騎士団の騎士だったダークナイト不運にも路頭に迷った鬼畜王の上となってしまった。ベオルブと組んでオヴェリア誘拐事件に加担するが、その裏切りすらも計画の一部として鬼畜王に利用される。本人は鬼畜王社会の厳しさを教える心算であったが、最終的には身包みを剥がされた挙句、稼ぎに利用されてライオネル門で憤死した。

       暗の使い手だが、ゼイレキレのでは非売品であるはずの村雨を投げるという芸当をやってのけ、一部の視聴者から錬金術師二つ名で呼ばれている。

       グレバドス教会異端審問官を勤めている初老の男性教会内ではエリートらしい。

       異端認定された鬼畜王を補導するために鬼畜王の前に現れた、が、見つけるや否や「異端者を殺せー!」と気勢を上げて鬼畜王に襲い掛かるというチャージマン研ばりの暴走を見せる、が、やっぱり相手が悪かった。鬼畜王の捜索を始めた数時間後、教会全裸になりながら「なんていなかったんや!」とわめくザルモゥを保護した。

       再び鬼畜王と対峙した彼は、失った信仰心を取り戻そうと部下に信仰ドーピングを施してもらうが、それがとなりバハムートに一撃の元に滅せられてしまう。という悪夢を見せられた。部下とともに手を抜いていた鬼畜王瀕死にまで追い詰めるが、悪口で逆上してしまい、稼ぎの踏み台にされた後、教会屋根の上で殴殺された。

       どちらかといえば嫌われ役である彼だが、この世界ではしく利己心がなく、きわめて高潔かつ清廉な人物であったことを忘れてはならない。ありがとうザルモゥ。さようならザルモゥ。

       淡域に生息するマインフレイアというイカの一種で、鬼畜王の忠実な部下。得意技のレベルブラスト鬼畜王レベル調整に尽する影の功労者である。瀕死状態でも献身的にご人様にレベルブラストする様子は多くの視聴者に感動を与えた。こんないい子がモンスターのはずがなく、正体はメイド服少女といわれている。

       表向きは凄腕の自称ドラゴンハンター、しかしその正体は元ライオネル騎士団長で、やっぱり凄腕のナイト。鬼畜王とともにホーリードラゴンを 救出する。しかし、とある事情により(もちろん鬼畜王のせい)敵がいきなり覚醒したため、戦闘ではほとんど行動できずにアイテム士やドラゴンから殺され ていた。オルランドゥと並ぶチートユニットとしての実を全く出すことができないままゲスト参戦を終えた。

       「これはひどいな」

       殿騎士団長であるヴォルマルフであり、自らも殿騎士団に所属するディバインナイト。のイズルードを殺したのは鬼畜王であるというごく自然な 勘違いから鬼畜王を襲撃した。しかし、悪口を言われたり衣服を全部盗まれて裸にされたりとあまりにもひどい辱めを受けての退却を余儀なくされた。

       ランベリーのの地下墓地鬼畜王と再会。「聞は一見にしかず」を地でいく性格を発揮して鬼畜王一行に加わる。父親と再会するチャンスが到来したときには「話すことは特にない」と非常に淡な反応を示した。父親弟殺しを素直に信じたことからも、メリアドール一家は崩壊状態だったようである。

       ベオルブ。北騎士団を率いる軍団長であり、自らも様々な武芸に精通している。騎士の誇りとベオルブの正義を持った厳格な人物だが、家畜王に「構わん、やれ」と言っちゃったり、鬼畜王を「下賤」呼ばわりするなど、やはりある程度の貴族意識はあったようだ。長の非を許せず反抗したが、近衛兵たちに囲まれた挙句、装備を剥がされたり、殴られたりと散々なにあったため、一部からはサンドバッグ兄さんの呼び名がつけられた。

       憤怒霊帝ドラレメクの手によって殺されるも、ヴォルマルフに利用されアンデッドとして転生。最期は鬼畜王の手によってまばゆい光の中に消えていった。鬼畜王が態々ジャンプを中断してセリフを聞きにきたり、他の敵キャラべて較的まともな最期だったことからも、彼が慕われていたことが覗えるだろう。合

       ベオルブラーに仕える軍師。優秀な人物だが、己の野望のために友、君、そして鬼畜王をも手にかけようとする。軍師と言う割には様々な技や魔法を習得しており、ある意味では次よりもアグレッシブイグーロス戦ではを失いながらも素手で北斗砕打を放ったことから、北斗神拳の伝承者なのではないかと噂されている。最期はルカヴィと化して鬼畜王に襲い掛かるが、「ジャンプ嵌め」によってあっけなく倒された。

      ルカヴィになったおかげで遠慮なく倒せますしね」(By 鬼畜王

       ランベリー地方を治める武人。家畜王アルガスが所属していた騎士団を有している。先の大戦では大活躍した戦の達人らしいが、騎士団崩れの盗賊に拉 致されたり気づかないうちに戦争で死んでたり、物語の前半ではなかなかのヘタレっぷりを見せてくれる。戦闘ではチートレベルアビリティを持つ強敵のはず だが、鬼畜王の前ではハメどるで自滅しかけたりジャ魔法殺されたりと全くいいところがかった。しかも、ダテレポで長距離逃げ回るので非常に陶し く、サラサラ銀髪の池面設定が台しの真性ヘタレキャラに成り果ててしまった。最後はルカヴィとしての正体を表して鬼畜王に再戦を挑むが、その代わり非常 に不細工になり、池面設定をも失って正正銘のヘタレキャラに。

       ランベリー地下での戦いにおいては、何故か自分の死因を忘却していたため、忘却王エルムドア二つ名を授かった。事実は、黒本と共謀して全FFTプレイヤーを敵に回した罪に加え、レアアイテム回収に二度連続して失敗(10%×10%=1%)した鬼畜王八つ当たりに遭い怒りを買い、打撃・アルテマともに999えるオーバーキルの大ダメージによって記憶を吹き飛ばされたものと思われる。

       年齢差のある二人の美女に、わざわざ同じ髪型と格好をさせて連れまわすというかなりフェチ臭いことをしているが、断じて変態ではない。断じてセ○ィロスのパクリではない。絶対にだ。

       グレバドス教会が擁する殿騎士団の団長メリアドールとイズルードの父親だったが、すでに人間ではなく、ルカヴィとして転生している。教皇フューネラルの野望を利用して”血塗られた天使”の復活を論む。子供との関係がうまくいっていないのは、彼の職場内の人間関係が原因のようだ。特に同じ剛使いの殿騎士ローファルとの関係は非常に良好である。もう一人の部下・クレティアン魔法使いだが・・・

       グレバドス教会の総本山ミュロンドで鬼畜王と初めて戦闘した。二人の部下共々全裸にされて体と体がぶつかり合う男の戦場に発展、最後は「ここでやられるわけにはいかないッ!」と全裸逃げ出し、屈辱の敗北を喫した。殿騎士全裸に剥かれることが多く、騎士団長である彼の心中は察するに余りある。


         苦情王キュクレイン

         ドラクロワ枢機卿の身体を乗っ取ったルカヴィ。苦情王という名にふさわしく何度負けても言い訳を繰り返し、ラムザの前に強敵として立ちはだかった。が、最後は稼ぎに使われもっとも哀れな形で成仏した。
       そのときの言い訳っぷりが視聴者の印に強く残り、今も度々動画に現れてはクレームをつけていく。動画をけなす様なコメントをしているのはアンチではなくてキュクレインさんだ。間違えないようにしよう。
       鬼畜王だけでは飽き足らず、ものまね士の旅にまで苦情を言いに行ったという逸話が残されている。

      「私の解説だけ隠されているのはあんまりではないかね?」


       黒本

       FFT攻略本エルムドア侯爵と結託してとあるデマを大々的に流し、多くの純少年少女に多大なショック絶望を与えた。

        「大丈夫ファミ通攻略本だよ?」

      ファンアート

      どんどん描いてね(はぁと

      英雄王ディリータさんについて一言石化王メリア姉さん赤いメイド服の少女赤いメイド服の少女

      関連動画

      関連商品

      関連項目

      この記事を編集する

      掲示板

      • 109ななしのよっしん

        2014/01/04(土) 12:57:00 ID: NQbBTJPU6m

        エルムドアのくだり、
        「ハメどる」じゃなくて「ハメドる」な

      • 110ななしのよっしん

        2014/05/03(土) 00:58:39 ID: vFTz4irYDg

        セリアをハメ撮る…
        「息根止」
        アッー!

      • 111ななしのよっしん

        2014/05/20(火) 12:07:24 ID: M87fmaJUzl

        ここの記事ってただの舐めプレイ(制限しないプレイ)のほうは
        書かれていないよね。やっぱりこんがらがるからか。

      おすすめトレンド

      急上昇ワード改

      最終更新:2021/10/24(日) 23:00

      ほめられた記事

      最終更新:2021/10/24(日) 23:00

      ウォッチリストに追加しました!

      すでにウォッチリストに
      入っています。

      OK

      追加に失敗しました。

      OK

      追加にはログインが必要です。

                 

      ほめた!

      すでにほめています。

      すでにほめています。

      ほめるを取消しました。

      OK

      ほめるに失敗しました。

      OK

      ほめるの取消しに失敗しました。

      OK

      ほめるにはログインが必要です。

      タグ編集にはログインが必要です。

      タグ編集には利用規約の同意が必要です。

      TOP