オデッサ作戦単語

オデッササクセン

オデッサ作戦とは、「機動戦士ガンダムシリーズで行われた戦いおよび作戦

概要

一年戦争中の宇宙世紀0079年11月7日から9日にかけて、オデッサ(現ウクライナ南部)で行われた。交戦勢連邦ジオン公国宇宙世紀での地上戦では最大規模であり、一年戦争の転換期となる戦いの一つとされる。

作戦までの経緯

一年戦争序盤でのブリティッシュ作戦一週間戦争)で人類の30パーセントを死滅させ、それに続いたルウム戦役において連邦宇宙軍を壊滅させたジオン軍であったが、捕虜となったのちに帰還した連邦中将であるレビルによる「ジオンに兵なし」演説により連邦は継戦を選択し、期講和の芽は潰されてしまう。連邦の継戦意思を削ぐには宇宙での勝利を重ねても意味、と判断したギレン・ザビはここに至って地球侵攻を決断。キシリア・ザビに命じて3月にオデッサ・バイコヌールに地上軍を降下させ、戦場宇宙から地上に移ることになる(ジオン地球戦線を重力戦線と呼称)。

ブリティッシュ作戦によるコロニー落とし被害により連邦軍はすでに壊滅しており、地上軍も汎用性が高く機動性に優れたMSに対抗出来ずジオン軍は当初こそ破の勢いで勢を拡大。北東欧から西アジアにかけた地域に確固たる足場を築く。ジオン軍も半年ほどで地球を制圧できると言う楽観的な見通しを立てていた。

しかし、地の利や現地住民の支持(一部、ジオンについた既存の反連邦はあったが)は概ね連邦にあり、巧みな後退戦術とゲリラに苦しめられ9月になりようやく西欧方面において大西に達したにすぎなかった。連邦軍本拠地である南ジャブローには本格的な攻略の足場さえ作れず、戦線はしだいに着。9月の時点で極東、東南アジアアフリカベルファストを中心とした旧イギリス地域で散発的な戦闘に終始する形となる。

一方の連邦軍も事態はさほど芳しくはなく、MSへの対抗手段は自殺同然の61式戦車による攻撃かMS特技兵による待ち伏せしかない状態が数かほど続く。9月ルウム戦役の影を受けて4月に開始された連邦軍によるMSRXシリーズ)開発およびテスト計画であるV作戦がようやく始動。これはジオン軍少佐であったシャア・アズナブルの攻撃により一時頓挫しかけるも、サイド7の難民たち(のちのホワイトベースクルー)特にMS開発を導していたテム・レイ息子であったアムロ・レイの活躍により曲がりなりにもMSの有用性をめて明することに成功した。

同時期に開発が進められていた連邦軍の量産型MSであるジム陸戦型ジム)とこれを支援する陸戦強襲ガンダンクも非常に限定的ながら実戦配備が始まり、反攻作戦を実施する機運が高まった。標もジオン軍地球上の頭保となっており、資基地があったオデッサに定まった。オデッサは資に乏しいジオン軍にとって生命線とも言える拠点だった。地球降下作戦で、ジオンっ先に占領した所を見てもその重要性がえる。

10月に入りレビル将軍欧州での一大反攻作戦を開始。イギリスおよび北欧方面から進軍し、欧州から東方へ向けて一気に軍を進めた他、他の方面からもこれに呼応し欧州を奪還すべく進軍を開始した。ジオン軍は全方位から囲まれる形となり、これに対処することができず後退を続け、11月までにオデッサ近辺を除く欧州のほとんどが連邦に奪還されるという結果となった。

ジオン軍側は連邦軍の行動から、近々大規模作戦が実施される事を察知していた。オデッサのマ・クベは北方面軍に増援をめ、闇夜のフェンリル隊派遣してもらっている。また、犯罪者部隊のウルフ・ガー隊が襲撃した連邦軍補給基地にはオデッサ向けの物資が山積されていた。

ジオン軍の戦力

中心はもちろんMSであり、MS-06ザクⅡFまたは地上であることを考えるとJであった可性が高い。これらに付随する形でマゼラアタックなどの支援戦車が配備されていたと思われる。ドムグフとその生機グフカスタムといった機体の投入も確認されているが、それぞれザク程の数は投入されていない。大陸戦艇であるダブデも数艘配備されており、いくつかの艇には水爆ミサイルが装備されていた。

これ以外にもオデッサの各地には多数の小規模な基地のほか、トーチカによる強固な防衛ラインが敷設されていた。また、一部では敵の侵入を防ぐための巨大なまでもが掘られており、中に落ちた連邦MSを撃破できるよう爆弾が仕掛けられていた。ただし、連邦軍はあらかじめジオン側にスパイび込ませており、トーチカの配置についてはかなり詳細な情報が漏洩していた。

ジオンの総兵は約98万とされる。

連邦軍の戦力

中心はまだ61式戦車航空機などの各種通常兵器であった。量産が始まったばかりのジム陸戦は虎の子であり、作戦開始時点では独立混成第44団などの一部部隊にのみ配備され決定的な局面で投入される予定であった。他に懲罰部隊に3機が配備された陸戦強襲ガンタンクや補給隊の護衛に付いていたMS特殊部隊第3小隊陸戦型ガンダム等、少数ながら各種MS戦闘に参加している。
その他、大陸戦艇または陸上戦艦と呼ばれるビッグトレーやヘビィ・フォークも導入。ビッグトレーは一艘がレビル将軍の座乗艦となり旗艦として機したほか、ビッグトレーとへヴィ・フォークを集中運用した陸上戦艦第4打撃部隊が前線への支援撃のために活動した。また、正規戦とは言い難いが小アジア方面からホワイトベースが西進しており、両軍の作戦を少なからず拘束していた。

参加部隊は第3軍団と第4軍団。総数は不明だが、一説によると戦闘部隊370万、後方支援部隊400万と言われている。これは連邦軍の地上戦の3割に相当した。何にせよ概ねジオン軍の数倍の戦を有していたとされることが多い。

作戦推移

0079年11月6日または7日未明、ホワイトベース隊が黒い三連星マッシュを撃破。これを好機と捉えたレビル中将はオデッサ作戦開始を下は第3軍団であり、牽制のために北方にいた第4軍団と共に侵攻を開始した。当初は内通していたエルランのサボタージュもあり戦闘は不活発であったが、ホワイトベース隊の活躍によりエルランが逮捕され逆に彼の担当地域から集中攻撃を受けることになる。油断していたジオン軍は後退を重ね戦局は一気に不利となった。

8日、連邦軍は陸戦型ジムを導入。しかし、144高地でダブデの抵抗にあい阻止されて戦線は一時的に停滞。9日になりこの戦線に大量の陸戦艇と陸戦型ジム、強襲陸戦ガンダンクを導入。特に強襲陸戦ガンダンクの献身的な特攻によりダブデ2艘が撃破されると一気にジオン軍内部に浸透を開始した。また、ガンダムとの戦闘により黒い三連星全滅ジオン軍特殊部隊闇夜のフェンリル隊」によりビッグトレー1隻が撃破され、揮系統が混乱する一幕もあったが、戦局に寄与する事はかった。

追い詰められたジオン軍マ・クベ大佐水爆ミサイル連邦軍を恫。しかし、レビルはこれを視して進撃を続行。昂したマ・クベは宣言通りミサイルを発射するが、ガンダムの活躍により阻止されてしまう。ここに至り勝敗は決しジオン軍宇宙や地上の友軍拠点への退却を開始した。

その後

ジオン軍は地上での頭保と資の採掘・運搬基地を喪い、これ以降は地球での優勢は連邦軍に移ることになる。地上の一大拠点を喪ったジオン軍宇宙へ逃げるか、各地の友軍拠点に撤退する事を強いられ、連邦軍の追撃もあってその逃避行は過酷なものになった。宇宙へ逃げ延びたジオン軍部隊は連邦軍の落ち武者狩りに遭い、少なくない犠牲を出しているが第603技術試験隊の活躍により大多数が救出された。一方、地上のジオン軍アジア方面やアフリカ方面に脱出したが、こちらも連邦軍の追撃で犠牲が出ている。

オデッサの戦いに勝利した連邦軍は、この事実プロパガンダ放送によって全世界に放映。11月10日には観艦式を挙行して、祝勝。一方、ジオン公国の総帥府はオデッサ鉱山基地の放棄を正式に発表。以降、補給は宇宙艦隊を優先するとし、地上軍は実質見捨てられる形となる。

ジオン軍地球方面軍はその後もベルファストやジャブローへの攻撃を続けるが、これらは陸両用MSによる破壊工作に近く恒久的な占領を図ったものではない。ただし、資についてはジオン軍マ・クベの「あと10年は戦える」発言を見ても分かる様に、すでに宇宙に十分な量を輸送しており効果は限定的だったようだ。もっとも、人的資については占領政策のために多数を地球に降下させており、この作戦以降は撤退もままならなくなったため枯渇状態となり敗因の一つとなった。ジオン軍敗残兵の末路は悲惨であり、ゲリラの襲撃や補給の途絶により戦争終結までの2か(場合によってはそれ以降も)不慣れな地球での厳しい戦闘を余儀なくされた。

一方で連邦軍の損も甚大であり、基幹戦であった61式戦車に至っては作戦に参加した内8割を喪失したとも言われるが、こちらは想定内であり、むしろMSに装備を更新したいレビルにとっては体のよい厄介払いだったともされる。事実、以降の連邦軍は宇宙のみならず地上もMSとするようになった。

著名な戦闘参加者

ジオン軍

連邦

その他

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

オデッサ作戦に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%B5%E4%BD%9C%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オデッサ作戦

2 ななしのよっしん
2014/12/19(金) 01:02:02 ID: 04xYUvLkv1
この戦いでジオンの地上での敗北が決まったようなものなんだよなぁ
後のジャブロー戦はジオン地上軍の最後の賭けだったんだな
3 ななし
2015/02/03(火) 06:39:51 ID: 2/1atJkfob
オデッサ作戦ユーリ・ケラーネ少将が「気化爆弾核兵器と偽って使用した」って断言できる模写公式設定はい。統制が困難な撤退戦で核兵器を使ったら、それこそ被ばくで味方殺しになるし、部下思いの指揮官って設定からも外れるから、普通に気化爆弾と考えた方が合理的かと
4 ななしのよっしん
2015/03/07(土) 22:34:30 ID: +TRWv4lFR8
劇中の描写を見る限りはどっちとも断定できないかな
5 ななしのよっしん
2015/03/14(土) 01:22:11 ID: p7JlC++8c6
レビルがマ・クベの恫を全く相手にせずに進撃するのは使わないと踏んでだったのか使われても勝てる自信があったのか
一年戦争の開幕から全面核攻撃くらってるわけで今更何を言っているんだという立場なのかも知れないが
6 ななしのよっしん
2015/05/16(土) 05:27:38 ID: ZR4wWTJtvF
南極条約で禁止されている兵器ジオンが使うはずがない、もし使ったら
それを材料に非人的行為であると敵味方に喧伝できると考えていたんじゃないかと思う。
7 ななしのよっしん
2016/04/27(水) 18:22:45 ID: TKMz/+cDGX
レビルの階級はこの時点ですでに大将だったと思う。
ジオンに兵なし演説の後に昇進したんじゃなかったっけ?
ちなみにオリジンでは開戦時から大将
8 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 02:28:41 ID: MaVf0SBR9Y
>>3
気化爆弾の塊(喩)のMSを消滅させられませんぞ
9 ななしのよっしん
2017/04/25(火) 13:44:12 ID: Ga0D6TMKhY
>>3
「気化爆弾核兵器と偽って・・・」じゃなくて「核兵器を気化爆弾と偽って・・・」じゃないのか?

むかしのガンダムファクトファイルにもそんなことが書いてあったけど、ケラーネは「ただの気化爆弾さ・・・まさかな・・・・・・?」とだけ言ってたから劇中ではケラーネが、導して爆弾を使った描写自体なかったから、あれが核なのか気化爆弾なのかをケラーネも知らなかったみたいだし、そもそもケラー少将が使用したってのが話が違う気がするよ。
10 ななしのよっしん
2018/09/27(木) 19:29:22 ID: OxrdRe1sfy
核爆弾使ったのはユーリじゃなくて別の部隊だと思うよ
で、ユーリは「やべぇもん見ちゃったな…」と思うけど、純な気持ちで戦ってるルネンを汚い手なんか使ってないぞ、という意味で安心させるために気化爆弾なんて言ったんだと思う

08自体がかなりガバ多い作品だから駄な考察だとは思うが一応
11 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 22:09:09 ID: MaVf0SBR9Y
連邦戦車兵&戦車将校の皆さん「へぇ。8割が消えたのに厄介払いで済ますんすか。流石戦略()違いますなぁ。戦車が全部人と勘違いしてるんじゃないですかねぇ」