ハンガリー単語

ハンガリー
  • 6
  • 0pt
掲示板へ
基本データ
正式名称 ハンガリー
Magyarország
国旗 ハンガリー国旗
国歌 賛歌exit_nicovideo
公用語 ハンガリー語
首都 ブダペスト(Budapest
面積 93,030k世界108位)
人口 1000万人(世界80位)
通貨 フォリント(HUF)

ハンガリー英:Hungary)とは、中央ヨーロッパ国家である。 現地での名称はMagyarország(マジャルオルサーグ)。

概要

正式名称もハンガリー。やや東よりの中央ヨーロッパ内陸部に位置する国家で、公用語ハンガリー語首都ブダペストである。土の大部分は「プスタ」と呼ばれる平原地帯で、土中央部をドナウが流れる。 また、ヨーロッパ随一の温泉である。民の6割以上がキリスト教カトリックの信徒であり、プロテスタントのカルヴァンの信徒も2割ほどいるとされる。

民はロシアウラル山脈周辺から移住してきた民族を祖として、多くの民族の影を受け誕生した「マジャル人」である。アジア系の影を受けているためか、人名の表記を姓→名の順にするのが特徴。名称が似ていることから、「フン族」の末裔であると紹介されることもあるが、あくまでも俗説である。

国家の詳細はWikipediaも参照のこと。

歴史

土のハンガリー平原古代においては「パンニア」として知られ、先住のパンニア人のほか、ルーマニアの祖先の一部として考えられるダキア人も住んでいた。紀元前35年に初代ローマ皇帝アウグストゥスにより征が進められ、前9年にはローマ帝国領、「属州パンニア」となりローマ化していった。属州パンニア森林オート麦、大麦などの資に恵まれた豊かな土地でもあった。

4世紀にアッティラ率いるフン族が侵入して以降は、パンニア(ハンガリー)はローマ帝国より独立した。アッティラ没後は政治混乱期に陥り、6世紀には遊牧民族のアヴァール、8世紀にはフランク王国と支配者がころころと変わっていった。

フランク王国が分裂し衰退し始める9世紀になると、ウラル山脈より遊牧民族マジャル人パンニアに侵入を開始した。大首長アールパード率いるマジャル人は現バイエルンなどの南ドイツにも侵入し、当時のヨーロッパではヴァイキングと並び恐れられた。これに対し、東フランクオットー1世(後の神聖ローマ皇帝)は対策を講じ、955年、レヒフェルトの戦いにおいてマジャル人を撃退する。

ハンガリー王国(1000年 - 1918年)

以後、マジャル人が治めるこの地はドイツ神聖ローマ帝国)に対する独立性とヨーロッパ世界における王権の正当性を維持・獲得すべく、積極的にキリスト教ローマカトリック教会)を受容した。997年にハンガリー王となったイシュトヴァーン1世(後にカトリック人)は、西暦1000年に土着のアニミズムからローマカトリック教会宗し、ハンガリーをキリスト教世界(=ヨーロッパ世界)の一員とした。かくして名実ともに中欧の大ハンガリー王が誕生したのだった。

はハンガリーのほか、現在に当てはめるとスロヴァキアクロアチアルーマニア西部トランシルヴァニア)にまで至る広大な領域を治めていた。すぐ南にはキリスト教ギリシア正教)である東ローマ帝国が位置していた。このためハンガリー王カトリックであり西欧文化圏にありながら正教圏ともよく接触し、東ローマ皇帝婚姻同盟を結ぶことさえあった。中欧という位置のせいか西の神聖ローマ帝国とは緊関係が続くことも多く、この点は北のポーランド王国も同様であった。また、ハンガリー王クロアチア方面でアドリア海に接し、婚姻関係からナポリ(南イタリア)に影を示すこともあり、ヴェネツィア共和国とも面倒な関係になることが度々あった。

1240年のモンゴル軍襲来により、ハンガリー王土は著しく荒する。ドイツ人の入植による復と要塞増築によりを回復させていったハンガリーは、14世紀にはナポリポーランド王国同君連合の形をとるなど勢を伸ばしていくが、1396年、東南のバルカン半島より来る新オスマン朝との戦いに破れる(ニコリスの戦い)と、絶えず「トルコの驚異」にされるようになる。1526年のモハーチの戦いにおける惨敗を機に、土の大半はオスマン朝の直轄領となり、王位神聖ローマ帝国ハプスブルクに転がり込んでしまった。

以後ハンガリーは20世紀に至るまで、名上はオーストリアハプスブルクが治める(彼らからしてみれば)屈辱的な体制が続いた。

1683年、神聖ローマ皇帝かつオーストリアハプスブルクの当レオポルト1世は、名将オイゲンポーランドの有重装騎兵隊の助けもあり、オスマン朝による第二次ウィーン包囲を跳ね除けると、それを契機にハンガリー領はハプスブルク領という形ではあるものの大幅に回復していった。以後ハンガリー王ハプスブルク帝国の一部となる。

オーストリア=ハンガリー帝国(1867年 - 1918年)

19世紀に入り、ハプスブルクのハンガリーを含む「オーストリア帝国」がドイツや北イタリアでの覇権を喪失し、諸民族民族意識に敏感になっていくと、帝国内でのマジャル人の半独立や自治の要が加熱していった。皇帝フランツ・ヨーゼフは、ドイツ人だけでは帝国人口の過半数にはならないが、ドイツ人とマジャル人を合わせれば帝国人口の過半数になるという事実から、ハンガリーに大幅な自治特権を与え、号を「オーストリア=ハンガリー帝国」とした。

しかし帝国政府がハンガリー(マジャル人)にのみ優遇したことに憤慨したチェコバルカン半島の諸民族は納得せず、民族運動はなおも落ち着きを見せなかった。諸民族はあくまでも「帝国という強大な保護の下で」自治等を獲得しようと奔走していたが、サラエヴォ事件を機に始まった第一次世界大戦では帝国敗北全に崩壊し、諸民族独立国家を建設していった。ハンガリーもその例に漏れず、1918年に独立する(ハンガリー民主共和。第一共和とも)。

独立から冷戦期まで

独立当初の貧弱な軍備によりハンガリーはトランシルヴァニアルーマニアに、北部地域をチェコスロヴァキアに奪われてしまう。1920年にはホルティミクローシュの政権下で再び王めるも、パリのトリアノン条約により賠償と失地が確定してしまう。

復権をすハンガリーはその後、枢軸国の一員としてナチス・ドイツと協し失地回復を推し進めたが、第二次世界大戦において劣勢と判断するや否や単独講和に踏み切る。しかしこれがナチス寄りの政党逆鱗に触れてしまい、ホルティは失脚した。そして1945年には、ソ連軍により首都ブダペストされた。ドイツは敗戦し、翌1946年にはハンガリー王制止された。ハンガリーはソ連下の東側諸としてのを歩むことを余儀なくされたのである。

1950年代には反スターリン運動が起こり、政府は民衆懐柔案として人気のあったナジ・イムレを首相に再就任させたが、これがソ連とその軍の介入を招き、2万人ほどの死者と20万人ほどの難民を出してしまう。政府は動乱を収めるべくソ連との協調路線に踏み切ったが、1980年代ソ連ゴルバチョフが「ペレストロイカ」を推進すると、ハンガリーは急速的に民主化していった。一党独裁を捨て、西欧流の社会民主主義を導入し、号を「ハンガリー共和国」とした。このようにハンガリーの民主化は他の東側諸べ幾分かくに行われた。

1989年西ドイツへ亡命を試みる東ドイツ市民が参加した政治集会、いわゆるピクニック事件がオーストリアとハンガリーの、「カーテン」をえて行われると、ソ連は瓦解へと向かっていき、1991年には崩壊し、冷戦は終結した。

現代

1996年には経済開発機構(OECD)、1997年には北大西洋条約機構NATO)に加盟。また同年、経済は好転し旧東側諸の中では較的安定した国家となった。

2004年には遂にヨーロッパ連合(EU)に加盟した。2012年には号を「ハンガリー共和国」から「ハンガリー」へと変更し、現在に至る。

日本とハンガリー

2000年にハンガリー建1000年を祝して日本で「ハンガリー・フェスティバル」が催されるなど、日ハ間の文化交流は極めて良好である。2009年は両140周年かつ外交再開50周年にあたり、「日・ドナウ交流年」として様々な記念文化行事が開催された。

イギリスHPClickclickclick.com」が開催する「世界クリック選手権」において、日本とハンガリーは熾な優勝争いを繰り広げている。2007年リーグ2008年リーグではいずれも日本勝利を収めたが、各ゲームごとではハンガリーが優勢になることも多く、2009年リーグでも両のデッドヒートが見られた模様。

著名なハンガリー人

上記の通り、名前はすべて姓→名順の表記である。 半角括弧内はより一般的な表記・呼称。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハンガリー

93 削除しました
削除しました ID: FKCmepv+fg
削除しました
94 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 19:13:53 ID: eqYo9c2PDg
中国はあんななのに世界平和のため々といって社会に対して優等生アピールしてるけどね
95 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 19:20:20 ID: FKCmepv+fg
オルバンってのはこういう人だぞ?
https://www.newsweekjapan.jp/kimura/2018/04/post-43.phpexit
>「自由義的でも、おそらく民主主義的でもないシンガポール中国インドロシアトルコといった々が成功を収めている。自由国家福祉国家の次に来るのは『就労に基づく国家』で、ハンガリーはそこに向かっている」

彼にとっちゃドイツなんてのは所詮蔓。
これまでにハンガリー人から奪った利益をいかに取り戻せるかという勝負の相手でしかない。
急進的な反米政策を取ったベネズエラがそうなったように、全に断交すれば内に失業者が溢れるから付き合って「やってる」だけで、心は全に中国ロシアの方を向いている。
それが嫌だと言うなら、ドイツが、EUが、頭を下げて態度をめる他いだろうね。
96 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 21:03:51 ID: ZDKB1twIoZ
最近の極右は、中露をユートピア視するばかりか、思想的にもマルクス義に染まって
ドイツが他を支配し搾取しているんだ」という国際政治の従属理論を復活させているんだよね
だがもちろんオリジナルの従属理論と同様に、全体主義圏の宣伝にしかならず何のソースもない

中露はもちろん全体主義世界を支配できるなら支配したいところだろうが、
オルバンは別に中華人民共和国欧州匈奴自治区的な従属す気はないだろう
同じく中国に支配された中央アジア民族のウィグルで何が起こっているかはちゃんと把握しているだろうし

まあそれでも、ハンガリー瀬戸際外交はEU内でだいぶ悪評高いんで、あんまり要エスカレートさせるとイギリスの二の舞に転落するかもしれん
97 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 14:36:43 ID: ZDKB1twIoZ
オルバンがEUとの対立と協調を繰り返す強気姿勢なのは、ウクライナが親EU政権なのも大きいだろうね
これがもしウクライナが親露政権になると、中露軍はいつでもハンガリーに攻め込める状況になる
そうなると、オルバンは一転してひたすらEUの安全を要するようになるだろう
いまさらハンガリー動乱を再現して政権崩壊・逮捕外に連行・処刑とか喰らうのは、流石のオルバンも嫌だろうし
98 ななしのよっしん
2019/06/22(土) 14:58:09 ID: FKCmepv+fg
お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな。いや、この場合ドイツの中ではな と言うべきかな?
プロパガンダとしては模範解答だね。感動的だな

まあ現実には旧共産圏はもちろん、かつての盟友イタリアオーストリアまでもが反EU親中露にを切っているわけだが。フランスではルペンが復活し、イギリスなんか新党立ち上げてまでブレグジットを強行しようとしている。
むしろドイツ四面楚歌になりかけてるけど大丈夫現実逃避したくなる気持ちも分からんではないがね。

だいたい一般人の認識ではまずクリミアざまぁいいぞもっとやれ大合唱だったじゃんよ。
チェチェンウイグル宗教は何だ?だからフリーチベットとは言ってもフリーウイグル流行らないんだろ。
保守主義視点で見たからこそあれらが理想の民族自決であってすべき国家像になるんだよね。
99 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 22:01:45 ID: HNfrEhEELc
オルバンは独裁化、権威義をしてるって言われてる割には
トルコエルドアン見たいに大統領に就任して権集中する政策していないだけでも
腐っても民主制の形を崩さない線は保ってるんだよな
憲法改正が面倒だとか内閣制で十分って考えているだけかも知れないが
100 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 22:11:36 ID: ZDKB1twIoZ
EUに権益を寄越せと要するが、諸が追放で合意しようとすると急に低姿勢になったり
本気で全体主義して生き残る根性もい模様

まあ、トランプ水割りみたいなもんで
彼自身、EU割って中露に味方する器じゃないね
101 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 00:05:52 ID: eqYo9c2PDg
ぎりぎりのところを攻めてるつもりなんだろね
本心としてはEUが潰れる事自体には喜ばないはず
102 ななしのよっしん
2019/10/17(木) 10:07:44 ID: FKCmepv+fg
>>95の宣言通り速さエルドアン擁護派に立っててァ!
いらない子はどんどん粛清ちゃおうねえ
ああ、次はロマ人だ・・・

急上昇ワード