風立ちぬ単語

カゼタチヌ

 

Le vent se lève, il faut tenter de vivre.
(風立ちぬ、いざ生きめやも)

ポール・ヴァレリー、訳:辰雄

 

風立ちぬ(かぜたちぬ)とは、

  1. 辰雄小説。3.の原作のひとつ。現代に書くと「が吹いた。さあ生きようか」というような意味(らしい)。
  2. 松田聖子の楽曲。作詞松本隆作曲大瀧詠一。1度だけ大滝も歌っている。実はこれも1.にインスパイアされた作品。「今は」を「今川焼き」にする替え歌がちょっと流行った。
  3. スタジオジブリ宮崎駿監督の長編アニメ及び漫画平成25年7月20日開。

本項では3.について記述する。

日本の少年よ、概要は読んでいるか?

 

かつて、日本戦争があった。
大正から昭和へ、1920年代の日本は、不気と貧乏病気、そして大震災と、まことに生きるのに辛い時代だった。
そして、日本戦争へ突入していった。当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?
イタリアのカプローニへの時えた尊敬と友情、後に神話と化した零戦の誕生、薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。
この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く。
生きねば。

宮崎駿

 

後に零式艦上戦闘機ゼロ戦)やYS-11の設計主任者となった堀越二郎モデルとし、同時代の小説家辰雄の同名小説「風立ちぬ」からタイトルと後半部分の展開を、同じく小説「菜穂子」からヒロインの名前とエピソードの一部を拝借した、半ノンフィクションセミフィクション映画映画エンディングでは、スタッフロールの前に

堀越二郎 辰雄 に敬意を込めて」

というテロップが映る。ちなみに、写真を見ればわかるが、両氏の容姿は二つである。

音楽久石譲が担当。題歌は、松任谷由実の『ひこうき雲』。

なお、ひこうき雲松任谷由実荒井由実)が高校生の頃に作った曲で、デビューアルバムファーストトラックにも収録されている。

宮崎駿久々監督作品であるということ、また主人公である堀越二郎声優を、エヴァンゲリオン庵野秀明が担当したことでも話題となった。なお、この映画開前に宮崎自身による漫画版も連載形式で発表されたが、現時点で単行本化の予定はない。当初、宮崎監督は「映画子供たちにもわかるものを」という範疇を逸脱することから、『風立ちぬ』の映画化には反対していたという。

試写会では、細田守樋口嗣、神山健治ら業界関係者からも大絶賛され、宮崎監督自身も自分の作品で初めて泣いたっている。

なお、この映画開された5ヵ後に同じ零戦モチーフにした映画永遠の0』(こちらは題歌サザンオールスターズ』、作者は「探偵!ナイトスクープ」のチーフ構成作家としても知られている百田尚樹)が開予定となっており、映画開前後から零戦の関連書籍が相次いで発売されている。

ストーリー

堀越二郎は、少年の頃から飛行機に憧れ、念願の航空機の設計技術者となる。しかし初めて設計務として携わった飛行機が試験中に墜落。そんな失意の中、軽井沢病気療養中の里見菜穂子と出会う。

そしてのちに神話とまで化した零式艦上戦闘機、通称ゼロ戦の設計主任者として名をはせる。

大正から昭和にかけて、関東大震災世界恐慌、ファシズム世界大戦の動の時代を葛しながらも、航空機設計に情熱を燃やした青年の半生を描いた純愛青春物語

史実の堀越二郎と堀辰雄

先述の通り、この映画堀越二郎辰雄両氏をモデルとしている。

但し、主人公の名前ともなっている堀越についてだけでもかなりの部分が史実とは異なる。

たとえば後半の軸になる菜穂子との悲全な創作であり、この部分はの実体験に拠るもの(小説版「風立ちぬ」と同様の展開)で、実際の堀越は劇中の時代には既に結婚もして妻子があり、長野(映画とは異なり、松本市)に疎開していたのは二郎一人で妻子は群馬県に住むという状況であった。ちなみに、実際の妻・須磨子氏は当時としては結構な美人であったらしい。なお、これらの変更については事前に遺族からの了承の下で描かれている。

映画ラストだけを観れば、(以下ネタバレ防止のため反転

菜穂子の死後、二郎は生涯独身を貫き、設計技術者としての人生の終焉を迎えた時、最の人と再会を果たした。

とも取れるが、実際は敗戦後飛行機開発に携わり、戦後初の旅客機YS-11の原設計にも携わっているほか、1965年には「人の操縦する飛行機の飛行性の善に関する研究 :昇降だ操縦系統の剛性低下方式」という論文で工学博士ともなっている(つまり、堀越博士と呼んでも間違いではない)。

晩年に至るまで飛行機に対する情熱が衰えることはく、1982年1月に永眠するまで東京大学日本大学といった21世紀の現代においても工学技術者航空学者を多数輩出した大学で教をとり、次世代育成を行っていた。

一方、辰雄の方はというと、彼も長野に住んでいた時期があり、こそが軽井沢に身を寄せていた人物そのものである。29歳で肺結核を病んでおり、療養先であった軽井沢で出会った女性が、里見菜穂子のモデルである矢野子である。ここからは映画と似ているが、矢野は婚約はしたものの、結婚には至らず。また、映画では二郎のみが仕事を続ける展開だったが、史実のは二人で療養施設に入っていた。このときの実体験に基づいて執筆された私小説が彼の代表作にしてこの作品のタイトルともなった『風立ちぬ』である。

ちなみに、はその失恋後、加藤多恵という生涯の伴侶と出会い、肺結核との闘病と執筆活動を続けながらも彼女に尽くし続けた。1953年に夫人に看取られながら没したが、多恵夫人はというとなんと2010年4月とごく最近まで存命であった。辰雄没後も彼に関する書籍を多数執筆し、全集の監修も務めるなど、夫が没してなお彼に尽くし続ける大和撫子であった。そしての倍となる96歳の大往生を遂げた。「夫が先立つと妻は夫の分まで長生きする」を体現したかのような女性である。

なお半一利氏との対談によると、主人公には宮崎駿自身の父親像も投影されているという。父親堀越二郎辰雄よりも年少の1914年生まれ。関東大震災を経験し(の手を引いて逃げたのが自慢とのこと)、早稲田大学在学中に学生結婚。しかし一年もたたないうちに妻を結核で亡くしている(駿氏の母親とは再婚)。親族が社長飛行機部品会社で工場長をつとめ、終戦まで零戦製作戦闘機月光」のの先の組み立て等をしていた。

その他

・本作の効果音はほぼ全て『人間』を加工して造られたものである。鈴木らは後述の通り栄エンジンが現存することから、実在の音を用いることも提案したらしいが、宮崎監督は「そんなことに何の意味がある」と拒否した。

・アプト式時代の信越本線横川軽井沢間(横軽、碓氷線)が登場する場面があるが、実際の同時代には映画で映っている機関車(EC40形)はほぼ引退状態で、既にアプト時代の終焉まで運用されるED42形が流になっていた。それ以外にも関東大震災後に登場している客列車は客デザイン大正時代のもので、昭和時代の客がほとんど登場しない。

映画だけ観れば、現代にゼロ戦は1機も遺っていないように思われるかもしれないが、鹵獲された機体が僅かに保存されており、内でも大和ミュージアム国立科学博物館で静態保存されているほか、外ではオリジナルの栄エンジンを搭載した飛行可な機体も現存している。

・ちなみにゼロ戦戦闘はホンモノで、中国での初陣から数年は一機たりて撃墜されることはなかったうえ、全機全部隊が帰還ということも少なくなかったという。しかし、ミッドウェー海戦前後にほぼ傷の機体が鹵獲されたことで、底的なリバースエンジニアリングにより「極限の軽量化による性向上」「軽装故の防弾性の脆弱さ」といった点が解明され防御性で勝る米国機による「ドッグファイトはするな」「複数機で挑め」といった対"Zero fighter"マニュアル確立された。大戦末期には優秀なパイロットも不足し、特攻隊作戦が展開されてしまったのはご存知のとおり。

過去宮崎作品に見られた魔法の石や失われた文明、科学の産物といったファンタジー要素がほぼ皆無で、戦前~戦中日本を描いた現実世界舞台にした異例の作品である(二郎の夢のシーンはこの限りではない)。震災、不気、戦争といった21世紀の現代日本に通じる要素が多数あるため、「説教くさい作品である」と評するもある。一方で、後半部分の秀逸な描写から「感動する映画である」との評もあり、若干評価は分かれている。

映画開前には小惑星探査機「はやぶさ」が向かった小惑星イトカワの名前の由来となった日本ロケット技術の英夫博士堀越手紙が発見され、昭和航空技術史上の頂点に立った二人に交流があったことが明らかとなっている。

・また、これも映画開前に明らかになったことであるが、偶然にもモデルになった二人、堀越は同じ霊園にられている。

・この他に、映画開後にはゼロ戦の後継機として開発中だった「烈風」の設計図が発見された。戦後航空機統制にて破棄されたと思われていたが、堀越本人が故に親戚宅へと密かに隠したのでは?と考えられている。

切り出し素材の「ジュラルミン」が出てくる場面がある。その後、二郎が設計した零戦に使われたのはこれを更に良した「々ジュラルミン」という日本が独自に開発した新素材

・後半に登場する「頭鋲」であるが、実は現代でも三菱航空機で使われている。もし実現すればYS-11以来の旅客機となるMRJにおいてこれをさらに良、フラット化したリベットが使われ、燃費向上や軽量化に貢献しているという。

宮崎監督の長編作品ではタイトルに「の」の字が入っていない(短編では「On Your Mark」がある)。

引退会見によると「生きねば」のキャッチコピーは、宮崎駿ではなくプロデューサー鈴木敏夫によるもの。鈴木は本作を「宮崎監督の人類に対する遺言」だとしている。

・幾つかのジブリフレーズを作ったコピーライター糸井重里キスシーンの多さを摘して「自分ならキャッチコピーを『してる』としたかも」と当時Twitterで発言した。

・余談だが各種サイトの作品紹介や予告映像より、公式サイト企画書が一番本映画の内容に近いと思われる。

キャスト

スタッフ

主題歌

ひこうき雲
作詞作曲編曲・歌:荒井由実

片手で関連動画を見る選手権なら僕が世界一だな。

ユーミンの「ひこうき雲」は動画削除となるので注意。

批評・評論

一個も関連商品買ってくれませんでした。

公式サイト

http://kazetachinu.jp/exit

読みたまえ。いい関連項目があるんだ。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A2%A8%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

風立ちぬ

428 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 01:16:19 ID: RoahvWhMaG
>>427
作り手線か。論、当時の自分は全に受け手感覚で風立ちぬを観ていたのであのような感想を述べたが、それ以外の見方をすればガラリと変わることもあるか。まあ一回二回観たくらいではわからない部分もあるし、そういう線で観てみるのもアリか。

ただタバコシーンを言われて思い出したんだけど、まあそのシーンはいじらしいっちゃいじらしいんだろうけど、舞台が戦中時代とはいえ宮崎にもそういう女性像を描きたい気持ちがあったんだなとめて意外に思ったよ。演出のためなのかもしれないけど。
いくらリベラルと見做されていても人間像、女性像には割と保守的な見方を持ってるんだ、その辺は昔の人っぽいなとは思った。
例えるなら映画ALWAYS三丁目の夕日を観て涙する団塊世代みたいなもんか。
429 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 01:20:08 ID: tL+GuYk+ml
紅の豚」が戦後の話とすると、「風立ちぬ」は戦前で作り手の話なんだよな

風立ちぬ」の戦後を作るとしたら手なものになりそう
430 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 02:57:58 ID: Xq0jwhK5NA
横から急にすまないけど、ひょっとしたら菜穂子は保守的ではないかもしれないね
堀越二郎が強なエゴ(創作欲)の持ちとして描かれていて、だから保守的に見えるかもしれないけど、
その創作に向くエゴを自分に向けさせようとする一面は、ある意味その堀越二郎とどっこいどっこいかも。
騒動にもなった煙草があるから見えにくいけど、当時の結核の人がどういう扱いだったのか、とか、
その結核の菜穂子がどうして山を降りて会いに来たのか、という見方を自分はしていて楽しかったので。
431 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 11:17:16 ID: DhzPjICvdj
昔ながらのの大工の親方、画理系の研究職、プログラマーシステムエンジニアとかの開発職、舞台監督演出舞台俳優アニメーター漫画家ゲームクリエイター料理人とかにはこれほど刺さる作品はいだろうな

家族を犠牲にしても、多くの貧しい人がいても関係ない、それが人殺しの具だと知っていても「自分の好きなモノを作りたい」
ある意味モノづくりに関わった人なら絶対わかってしまう感性だもん
432 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 20:46:32 ID: UpmIVRpURD
ジブリとか宮崎駿って看ついてるからみんな理くりに面いと思ったり思い込もうとしてるだけだろこれ
本当に臭って感じの映画だったぞ 
取っ払ったら褒め称える連中とか絶対手のひら返すわ
433 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 21:51:14 ID: Xq0jwhK5NA
むしろ逆に「ジブリ作品だから面い・万人向け」と思っていた人が手のひら返しているように思う
個人的には宮﨑駿がこの作品を作った(そして恐らくを出しまくっている)事自体が楽しい
434 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 07:05:19 ID: P2okbUtF+q
内容は良かったけどどう贔屓に見ても野の演技はひどかった
質は悪くないけど棒過ぎて何度も現実に引き戻される
野の声優起用に賛のもあるけどさ、賛否両論の時点で声優としてどうかと思うわ
435 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 14:51:42 ID: /uMNouvDF5
>>432
まぁ、確かに、世界的大監督である宮崎監督個人的な映画を作ったのが凄いのであって、新人監督が創ったんなら「独りよがりな映画創んじゃねぇ」で終わりだわな。ある意味宮崎監督知ってれは知ってるほど面い変な映画だよ。
436 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 15:07:57 ID: tyifE6Kvv5
何十年と積み上げたちゃんとした実績がないと、こういうのは評価はされないからな
今の若手監督は結構い段階で個人的な方にを切ってしまうから、ヒットがあまり続かない
個人的な映画ばかり作ってた新海誠が大衆向けに作った「君の名は」で大ヒットしてしまうのも皮だったな
437 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 12:50:27 ID: ObI/D+oXKk
>>432
はまさにこの映画を作ったのが宮監督じゃなかったら感動もなにもしない人間だわ
トトロとかもののけ姫は作ったのがだれであっても作品自体が面いからいいんだけど、
この映画エンタメじゃなくて宮監督の自伝みたいなもんなのよね
ジブリ、とりわけ宮監督という個人に興味を持っている人間が楽しめる、そういう意味では邪映画だと思う。
だからこそ宮監督鈴木Pに映画化を提案されたとき難色を示したんだろうし。
としては以前から宮さんとパクさんと鈴木Pの青春時代を描いたアニメが見たかった(アオイホノオ的な)んだけど、それが部分的とはいええられて満足している