ひぐちアサ単語

ヒグチアサ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ひぐちアサとは、月刊アフタヌーンで活動している女性漫画家である。

概要

埼玉県浦和西高等学校卒、法政大学文学部心理学科卒。

りぼん」の連載漫画と接医にあった漫画に「ドカベン」とか)に熱中した子供時代を経て中学高校ではソフトボール部に所属。その後、いつの間にか漫画家になることをしていた彼女大学にてスポーツ心理学を学ぶ。1998年、アフタヌーン四季賞に、「ゆくところ」をひぐちアーサー名義で投稿したところ、四季賞を受賞、8月にて投稿作をもって漫画家デビューを果たす(本人く「ホント、よくこれを拾ってくれたと思います」)。アフタヌーン投稿した理由は絵柄こそ少女マンガだが、野球漫画を描きたかったひぐちは男性誌に投稿することを決意、迷った末に連載作家の中に有遠藤がいたことがポイントとなった、月刊アフタヌーン催するアフタヌーン四季賞へ投稿することに決めたという。それまでは中学2年時に投稿した作品で「りぼん」Aクラス大学時代投稿した作品で「スピリッツ」努賞を受賞していた。

当初は家族人とのを描いたややハードな作品が多かったが、高校の頃から描きたかった高校野球モノを描きたくても技術や知識などが納得いく部分にいっていなかったこともありっていたが、「ヤサシイワタシ」でネタがつきかけた挙句にネタが降りなかったことがきっかけで描き始めたのが「おおきく振りかぶって」であった。綿密な取材と担当と練りに練った設定やらシナリオを準備し、自身の経験や知識も加えたこの作品はあっという間に連載誌のメイン層である男性だけでなく、女性にも読まれるほどの人気作品となった。

主な作品

ゆくところ

デビュー作。「ゲイ」「身体障」「アルコール依存症」「崩壊した親子関係」と、連載誌を考慮してもハードな一面を持つ作品であり、作者の意図もあって読むのに一苦労する作品でもある(どうやら連載誌ではカッテが出来ないために自由に書いた結果らしい)。

家族のそれから

再婚して間もない妻に先立たれた夫と、義理の子供たちとの生活模様と、複雑な心理を描いた作品。この作品が初の連載作品である。

ヤサシイワタシ

同性が見ても絶対に関わりたくないであろうクズ女と、それを救おうとする青年とのと破局の物語最終話前後の展開は今でも賛否両論であるとの事。恐らくドラ向け。

おおきく振りかぶって

いわずと知れた代表作で、現在連載中。詳しくは当該記事を参照。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%B2%E3%81%90%E3%81%A1%E3%82%A2%E3%82%B5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ひぐちアサ

1 Knuckle Key
◆.xjSlLbq9U 2013/07/26(金) 10:51:09 ID: R4HAJWa7aB
このご時勢に「ヤサシイワタシ」を他メディアでやったら
ものすごい勢いでクレームが来るだろうな。
でも、やってほしいジレンマ
2 ななしのよっしん
2013/09/02(月) 22:12:45 ID: y+RzDztXVp
「ヤサシイワタシ」のヒロインクズ女って訳じゃないだろう。
むしろどこかしら(嫌な意味で)共感してしまうから
自己嫌悪も手伝って「クズ女」呼ばわりしたくなるんじゃないかw
3 ななしのよっしん
2015/08/07(金) 04:17:32 ID: 2NSLYpE3pW
野球少年達の思考回路がどう見ても女子なのは
何とかならんのだろうか…
4 ななしのよっしん
2017/07/19(水) 13:33:00 ID: GRSMGESy5p
大なり小なり程度の差はあれど、本当に気遣いとか情動が女の子だよね、おおふりの野球少年達って。嫌いじゃないけど。
というか女性って本当にすげーな、って読んでて思う。自分の高校生時代とかをみて、(一応)運動部長やってたけど、の付け所が本当に違うなぁ、と。女性部員も多かったから、今にして思えば、もっと話していたら色々勉強になったし良かったのに、って思う。出会えたのが遅すぎた作品。
逆にヤサシイワタシは連載時丁度く年齢だったこともあってか自分にとって大事なマンガベスト10入りしてる。

急上昇ワード

2020/01/23(木)08時更新