徳弘正也単語

トクヒロマサヤ
1.3千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

徳弘正也とは、日本漫画家である。別名「土佐の暴れん坊」

概要

1959年3月1日生まれ。高知県長岡大豊町出身。代表作は「ジャングルの王者ターちゃん」「狂四郎2030」「シェイプアップ乱」である。男性マッチョ女性はグラマラスに描くことが多い画。作品中における下ネタ率が高く、男性勃起を表すオノマトペもっこり」を世に広めるきっかけとなった。だが、ギャグシリアスを問わずどの作品にも一本スジの通ったヒューマニズムがある。デビュー作は「彼女の魅は三筋?」

かつては集英社漫画雑誌週刊少年ジャンプスーパージャンプ)にて活動していたものの、2010年に「ふぐマン」(スーパージャンプにて連載)が打ち切られた後小学館に移籍しており、ビッグコミックスペリオールにて「亭元気でがいい」を連載、2011年3月30日には小学館ではじめての単行本が発売された。連載終了後は再び集英社に戻り、スーパージャンプの後継誌であるグランドジャンプにて「門さま~助さんの憂~」を連載。2021年ではグランドジャンプにて「もっこり兵衛」を不定期連載中。

関連動画

作品一覧

シェイプアップ:初連載作品 掲載週刊少年ジャンプ 発表期間1983年1985年

ターヘルアナ富子:二作 連載のために作者が医療器具や寺院病院関連の資料を集めまくったらしい。 掲載週刊少年ジャンプ 発表期間:1986年

ふんどし刑事ケンちゃんとチャコちゃん:初の青年誌作品 掲載スーパージャンプ 発表期間:1986年1990年

ジャングルの王者ターちゃん❤・新ジャングルの王者ターちゃん:代表作 サバンナジャングル舞台とした物語 掲載週刊少年ジャンプ 掲載期間:1988年1995年

ともだちカッパマンWrestling with もも子:掲載週刊少年ジャンプ どちらも単騎で打ち切られ、週刊少年ジャンプ本誌から去ることになった。

狂四郎2030:近未来SF冒険SEXYバイオレンスラブロマンスせんコメディ漫画(by作者)『ターちゃん』に並ぶ代表作 掲載スーパージャンプ 掲載期間:1997年2004年

昭和不老不死伝説バンパイア未来不老不死伝説バンパイアSF漫画 死と再生を繰り返す女性を巡る争いを数十年単位で描いた作品。掲載スーパージャンプ 掲載期間:2005年2008年

ふぐマンフグの遺伝子を取り込んでしまった男の物語ギャグ漫画 掲載スーパージャンプ 掲載期間:2008年2010年

元気でがいい小学館移籍後初の作品 ギャグ漫画 主人公の一人が死んだ後に・・・ 掲載ビッグコミックスペリオール 掲載期間:2010年2013年

門さま~助さんの憂 :集英社に戻っての作品。水戸黄門の部下「助さん」の苦労を描く。掲載誌:グランドジャンプ 掲載期間2013年2015年

もっこり兵衛:前作『門さま~助さんの憂~』と同一の世界間での作品。とある剣術師範だった物語。掲載誌グランドジャンプ。掲載期間2015年~ 2021年時点では不定期連載になっている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BE%B3%E5%BC%98%E6%AD%A3%E4%B9%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳弘正也

33 ななしのよっしん
2020/03/27(金) 23:41:35 ID: +QUOHW1HPa
やっぱジャンプ黄金期にいただけあって格闘戦が抜群にうまい
とかとかの帯びるような軌はどこにもないこの人の個性で
戦闘シーンは見どころある
まあ本人的には他の所褒めてとツッコまれそうだけど
34 ななしのよっしん
2020/09/06(日) 03:12:11 ID: j+QC4V0kHZ
>>33
わかる
それプラス人体の断面だな
あの残酷で匂ってきそうなウゾウゾとした断面がいいんだ
35 ななしのよっしん
2020/10/05(月) 15:24:03 ID: Q7NtWaWY5s
この人の最大の特徴は、話にも絵にも強に漂う生臭さだろうけど
こと絵に関して言えば、何よりも体だな
筋肉と女体にかける情熱

どちらも欧的嗜好なのが独自性であり、微妙にウケない原因でもある
的嗜好といっても紛れもなく日本センスなのがまたややこしい
36 ななしのよっしん
2020/10/27(火) 00:38:14 ID: s/+RtpM3Ad
尾田ッちの師匠って聞いたけど
それ感じるエピソードって、なんかあります?
37 ななしのよっしん
2020/11/04(水) 15:01:27 ID: +QUOHW1HPa
>>36
>>19にもあるけど
カッパマン1巻に「鳥山先生命のO氏」ていう漫画があったはず…
そのアシスタントO氏が尾田栄一郎らしい
塚、手塚パーティー会場で鳥山先生サインがもらえなかったO氏に
先生鳥山先生のひかえ室まで連れてってくれるて話
見事なオチまでついて面かった

あとはネット探せば対談とか尾田先生の書庫に徳先生漫画あったりと本当に尊敬してる
あとおっぱいの好みが本当に似てるw
38 ななしのよっしん
2021/02/12(金) 16:58:04 ID: ea6M0DDiFe
シリアスとそこにぶっ込まれるギャグ塩梅でこの人の右に出るものはいないと確信してる
そういうのは普通ならけるはずがキツい話の中和剤としてだけでなく、ギャップによる相乗効果的に面さを増すというのは並大抵の手腕ではできない
39 ななしのよっしん
2021/02/13(土) 01:57:31 ID: vHNSsTmiEB
この人の凄い所は元週ジャン作家で数少ない(一か?)旧作に頼らず全新作を書き続けてること。
高橋とか田とか宮下はちょっとは見習えよ。
40 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 11:18:43 ID: s/+RtpM3Ad
>>37
言い方を間違えたわ

が言いたかったのは
「尾田ッちの尊厳破壊徳弘正也譲りって聞いたけど
徳弘正也尊厳破壊にはどんなのがあるの?」
ってききたかったんです、ハイ
41 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 12:30:50 ID: 9q6YiWatOy
徳弘正也尊厳破壊といったらターちゃんアイアンマスクじゃないかな…
あれはアニメマイルド化されるのも止む
42 ななしのよっしん
2021/03/27(土) 20:25:12 ID: +QUOHW1HPa
>>40
尊厳破壊は狂四朗2030見れば一番かな
八木少将ユリカ犯罪者の中に落として助けを乞うように仕向けて征しようとする描写も結構くるものが…
北海道ラストも結構絶望感強い
ユリカの状況こそが尊厳を捨てて生きる術でありながら
その後ろめたさが自由への足かせになる構造になってる