編集  

松井優征単語

マツイユウセイ

松井優征とは、日本漫画家である。男性。代表作は『魔人探偵脳噛ネウロ』『暗殺教室』。

概要

1979年1月31日埼玉県生まれ。音楽家に持つ。

好きな色は肌色食はファンレター(いずれもジャンプ掲載時のハシラ文より)。ひいきのプロ野球チーム読売ジャイアンツ趣味・特技はフカキョンの顔マネ。

ボボボーボ・ボーボボ』の作者澤井啓夫の元アシスタントであり、『ボーボボ』単行本アシスタントページに何点かカットを描いている。この縁からか、『真説ボボボーボ・ボーボボ』の第49話には『ネウロ』第4話に登場した至郎田正影ドーピングコンソメスープゲスト出演を果たした。
なお全くの余談であるが、『ボーボボ』『ネウロ』ともにアニメ化時の主人公声優子安武人である。

自画像は上下にぱかっと割れた眼球から顔が覗いているというもの。
週刊少年ジャンプ1連載されている『ヘタッピマンガ研究所R』(村田雄介)には、魔人モードネウロイメージした姿で登場し、自身の漫画に対する考え方をるとともに「死ねイイのです……!」の台詞を残すなど強インパクトをもって描かれた(これは本当に言ったかどうか不明)。なお『ヘタッピマンガ研究所R』では毛の長い好青年としての描写もあり、『魔人探偵脳噛ネウロ23巻の著者近影でこれにかなり近い実際の容姿が明らかになった。ていうかイケメン
近年は『暗殺教室』のヒットに伴いテレビや雑誌への顔出しが増加している。

作風など

個性的で魅あるキャラクター気のある画、独特の構図など、いずれも独創性あふれた作を持つ。週刊少年ジャンプ2008年52号に掲載された読者向けのオリジナリティ講座では、「羊羹好きのお様が気に入るのはどのお土産?」[1]というそれ自体既にオリジナリティーに満ちた例題で読者に自分の考えを示した。

イラストレーター石原人を手本にしている。十二傑新人漫画賞の審員を務めた際のインタビューで、「自分の絵は雑でいい加減で粗いので、雑でいい加減で粗い絵でしかかけない画面、上手い人には真似できない絵を理想としている」という旨をっている。

ここという場面では凝った構図が多く見られる一方、それ以外の場所はなるべく簡単な絵になるようにしているとのこと。
一方前述の『ヘタッピマンガ研究所R』では「構図にこだわるのなんてキャラに心血を注ぎきってからでいい」ともっている。そのキャラクター作りに関しては、全てのキャラクターにおいて「何かに関して純で、ひたむきであること」にポイントをおき、それは『ネウロ』作中でも登場人物の「芯」として言及されている。

作中にイメージ画像や風刺的意味合いを持ったイラストが挿入されたり、登場人物の名前などがパロディや一定のテーマに沿ったものになっているなどの遊び心も見受けられる。

「商品としての漫画」を常に心掛けていることでも知られている。アンケートの結果に左右され打ち切りの可性が常にある週刊少年ジャンプでの連載のため、連載開始の時点からいつどこで打ち切られても物語が綺麗に終わるように計画して執筆している。これは「商品(=漫画)を提供する側は消費者(=読者)に完成品を手にして貰うべき」という思考に基づく。
この構造を踏まえた上で『ネウロ』や『暗殺教室』を読むと、「ここではどうやって終わらせる予定だったんだろう?」とまた違った読み方が出来るようになるだろう。

ファン層は老若男女幅広いが、2016年にとある雑誌に掲載されたインタビューで「『ネウロ』の時はびっくりするぐらい子供ファンが付かなかったので『暗殺教室』ではそれをした」と発言している。

略歴・作品

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *参考→
  2. *魔人探偵脳噛ネウロ23巻に収録。
  3. *掲載から時を経ること約5年、『暗殺教室』最終巻に収録。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E5%84%AA%E5%BE%81
ページ番号: 2887814 リビジョン番号: 2425971
読み:マツイユウセイ
初版作成日: 09/04/22 17:33 ◆ 最終更新日: 16/11/08 20:56
編集内容についての説明/コメント: 祝・デパート戦争単行本入り
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松井優征について語るスレ

178 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 22:34:32 ID: cy0qHV6f1y
>>177
離婚調停のルカちゃん松井作品の女の子キャラの中で一番かわいいと思う
179 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 00:02:47 ID: DXcXjptRgS
またネウロみたいなの書いてほしいけど何してんだろう
180 : ななしのよっしん :2018/06/20(水) 00:09:21 ID: tt66iwaB/X
溜めてるんだろう(と思いたい)。原稿出すまでが遅い人らしいから、あと数年はかかるかも。
181 : ななしのよっしん :2018/07/02(月) 21:25:26 ID: H0ZEBmSWuY
今週のジャンプインタビューで自分は才がないって言っていたけど
個性爆発ネウロ暗殺教室ヒット飛ばしていて、読者から見れば十分天才・奇才の部類だけど本人はそう思ってないんだな。
でも、自分が凡人であると思っているからどういう作品を描けばヒットするか考えて情報収集を怠らないからヒット作が描けるんだろうな。
インタビューによると次回作を構想しているそうだし、ジャンプという戦場に戻ってくる日も近いかもしれない。
182 : ななしのよっしん :2018/08/17(金) 22:39:23 ID: srIX2A/Z2W
>>181
バクマン。で言うところの「漫画が好きで好きで描きまくってたら何かヒット作になってた」人と
読者の好みや連載のペース等々を計算し尽くして描いてヒット作にした」人の分類で言えば
間違いなく後者で、「前者にはなれない」という意味で「才がない」って言ってるんじゃないかな先生
後者は連載を長期化させることが難しいとも言うし、その辺で悩んではいそう)

ただ、先生すごい頭いい上に引き出しもたくさんあるから
今後も息切れすることなくやっていけるんじゃないかなと思う
願望も込みだが
183 : ななしのよっしん :2018/08/18(土) 16:35:01 ID: gQmMWrUBrZ
ジャンプ展で大きく特集されてて「そうか…こういう扱いを受けるぐらいの人気作家になったんだなあ…」とネウロ読み切り時代から追っている身としては感慨深くなった
久々ネウロと弥子が見られたのも嬉しかったし、というかまさかフィギュア自作できる手先の器用さとかびっくりしたわ
本当に天才肌の人だよなあ
でもインタビュー記事で「ネウロ時代は熱ファンは多かったが全然売れなかった」って言っててその辺は購買に繋がらないファンすまんかったな…って気持ち
184 : ななしのよっしん :2018/10/24(水) 20:43:00 ID: tkNCqIOHGy
>>182
だが、今の漫画ヒット作を見ると
漫画が好きで好きで描きまくってたら何かヒット作になってた」
という人はもう今後められないように見える
185 : ななしのよっしん :2018/11/01(木) 15:57:44 ID: eMPJSyal8j
たまたま手に取ったジャンプに連載に関する読み切り載ってたから買ってしまった
やっぱこの人の漫画は読ませるがあるなと思う・・・
ネウロ漫画は絵じゃねえ中身だと思わせてくれた人だった
186 : ななしのよっしん :2018/12/03(月) 18:22:27 ID: srIX2A/Z2W
>>184
天才が腐るほど所属してる集英社中心で見てるからそう見えるんじゃないか?
出版社は今どこもジリ貧だし、中堅以下の出版社なら好きで好きで描きまくれる人材はいくらでも欲しいと思うぞ
もちろん週刊・刊雑誌に載せるだけでいい時代じゃなくなってるが、
じゃあどういう方向で人材を活かすかってのは編集者の方が考えることなわけで
187 : ななしのよっしん :2018/12/03(月) 18:30:17 ID: srIX2A/Z2W
>>186追記
まあ、今は漫画読者人口全体の減少で、漫画ヒットを出すこと自体のハードルが上がっているから
編集者の方も有能じゃないと、好きで好きで描きまくれる人のが活きなくなってしまっている、
ってのはあるかもだが
(計算尽くしでヒット出せる漫画家の場合は、頭の方は足りているから編集者でも構わない)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス